ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲレイロの移籍を容認!!ゲレイロはパリSGと交渉へ!《ドイツの反応》

【Sport.de】

guerreiro.jpg


移籍が近づく!ゲレイロ、パリSGと交渉へ!



ボルシア・ドルトムントは、来シーズンラファエル・ゲレイロがいなくても良いと思っているようだ。ドルトムントはポルトガルでユーロチャンピオンになったゲレイロとパリSGとが交渉する許可を出したとされている。


“パリ・ユナイテッド”が伝えたところによると、ゲレイロの代理人、ファリ・ラマダニが正式にパリSGと交渉することが許されたとのことだ。


ゲレイロはすでに長い間パリSG移籍が噂されていた。なぜなら元BVB監督のトーマス・トゥヘルがゲレイロの大ファンとされているからだ。トゥヘルは2016年に彼をドルトムントに連れてきている。


この24歳は、度重なる負傷のため、チームの主力になる事がなかった。昨シーズンは15試合でプレーしている。さらに新監督ルシアン・ファヴレの下でもこのワールドカップ参加者はあまり出番がなかった。


“ビルト”の報道によると、BVBは左サイドバック、左サイド、中央でプレーできるゲレイロの放出に反対していないとのことだ。ゲレイロの移籍金は3000万ユーロとみられている。





以上です。

シュメルツァーじゃあもう厳しいと言われて数年が経っていますが、ここでゲレイロを放出するなんて、ドルトムント幹部は何を考えているのでしょうか。3000万ユーロというのは非常に現実的な金額ですから、これはおそらく移籍となるでしょうね。


これが実現してしまったら残念です。それにしても今シーズンのヴィッツェルとディレイニーの持ち上げ方は本当に異常ですね。これはいったい誰がそうさせているのでしょうか・・。ゲレイロはユーロチャンピオンのポルトガルでレギュラーだったのに、彼ら二人のような扱いは一度もされませんでしたよ。まあトゥヘルが起用して結果を出してからはメディアも騒ぎ出しましたが・・。





[ 2018/08/20 09:00 ] ゲレイロ | TB(-) | CM(28)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。