ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

宇佐美、ドイツ紙インタビュー!「監督がバイエルン語を学べって言うんです!《ドイツの反応》




アウグスブルガー・アルゲマイネ】


宇佐美、多くの面でより良い成果を!



entry_img_1434.jpg
引用元:アウグスブルガー アルゲマイネ


宇佐美貴史は2度目のブンデスリーガ挑戦では、より多くの面で成果を上げたいと思っている。そのために彼はドイツ語を勉強している。


それは、長くため息のような“ヤー(はい)”だった。これは緊張していますか、という質問に対しての答えだった。ここスペインのマルベラで集まったジャーナリストを前に初めてドイツ語でインタビューを行うのだ。この24歳のアウグスブルクの選手にとっては一つの挑戦だ。
続きを読む
[ 2017/01/11 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(6)

ドイツ紙「アウグスブルク宇佐美は良いドイツ語でコミュニケーションがとれている。」《ドイツの反応》



アウグスブルク・プレス】1月8日



FCアウグスブルク、マルベラ・トレーニング合宿

entry_img_1432.jpg
引用元:アウグスブルク ・プレス


合宿5日目、マニュエル・バウム監督は午前中のトレーニングの後で、選手たちに午後から自由時間を与えた。選手たちはそれぞれ好きなことをして過ごした。何人かはこれまでの厳しいトレーニングの後で睡眠をとったり、何人かはコーヒーを飲みに街へ繰り出しり、浜辺を散歩したりした。

なのでこの一日は、疲れをとる一日となった。マニュエル・バウムは午前中のトレーニングでも、アルクマールとのテストマッチの疲れをとる練習を課していた。

続きを読む
[ 2017/01/10 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(8)

宇佐美アウグスブルク!多くの謎が残る監督解任の真相とは?!宇佐美にとって追い風となるか?《ドイツの反応》




ビルト



選手は監督解任をWhatsAppで知ることに・・・


ビルトがシーズン最も驚きとなった監督解任について答える。



entry_img_1395.jpg



監督、ディルク・シュースターの解任は様々な憶測を読んだ。なぜ彼が166日で去らなければならなかったのか。



ビルトがその謎に答える!

▶アウグスブルク(13位、14ポイント)側の理由とは?

スポーツ面での理由だ。マネージャーのシュテファン・ロイター:“我々はチームの成長を見ることができなかった。そして一緒の共通点を見つけることができなさそうだと感じていた。一緒に目的を達成する事に対して疑問があったんだ。”
続きを読む
[ 2016/12/16 18:33 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(4)

宇佐美2戦連続出場!独紙「宇佐美、この小さなチャンスを掴まなければならない!!」《ドイツの反応》



【ラッテンクロイツ】12月5日


entry_img_1377.jpg
引用元:ラッテンクロイツ


アウグスブルクの責任者たちはこの夏、遠い東から一人の選手を獲得した。彼は決してブンデスリーガで無名だったわけではない。宇佐美貴史の移籍金は150万ユーロだった。この24歳はブンデスリーガ3シーズン目にして大ブレイクを待っているところだ。

続きを読む
[ 2016/12/07 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(17)

「アウグスブルク、宇佐美のブレイクに期待!!」ケルン戦は好印象!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト


アウグスブルク、宇佐美のブレイクに希望!


entry_img_1363.jpg
引用元:Bild


ディルク・シュースター監督を説得するのに12分間のプレー時間は十分だっただろうか?宇佐美貴史はケルン戦で試合終了前に途中出場し、すぐにその存在感を示し、アウグスブルクのプレーに勢いを与えた。
続きを読む
[ 2016/11/29 18:55 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(17)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。