ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ソクラティス:トゥヘルとの不仲を認める!移籍の可能性も!《ドイツの反応》



【Sport.de】

entry_img_1686.jpg



ボルシア・ドルトムントに関しての噂が尽きない。センターバックのソクラティスは、間接的にトーマス・トゥヘルとの不仲を認めた。


“あまり良くない状況下で、すぐにそうしたことが外に出てしまう事は良くないね。”と彼はWAZのインタビューに対して、チームと監督の関係が良くないと語っている。
続きを読む
[ 2017/05/26 06:50 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(29)

ドイツ紙「ファヴレはドルトムントにどのぐらい合うだろうか?」《ドイツの反応》




ビルト

ニースの監督をビルトがチェック!

ファヴレはBVBにどのぐらい合うだろうか?


entry_img_1669.jpg
引用元:Bild


ドルトムント監督候補のルシアン・ファヴレをめぐるポーカーは進んでいる。


このスイス人は 、昨日ニースでBVB移籍について聞かれたが、“それについては話をするつもりはない。”と答えている。
続きを読む
[ 2017/05/18 06:22 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(6)

ドイツ紙「ファヴレは本当にトゥヘルよりも良いのか?」《ドイツの反応》




ヴェルト


entry_img_1668.jpg
引用元:ヴェルト



ルシアン・ファヴレはトーマス・トゥヘルの後継者として扱われている。そして彼のクラブも交渉に応じる姿勢を見えている。しかし過去に目を向けると、ファヴレがBVBの問題を解決できるかどうかは怪しい。


ニースのトレーニングセンターの形ができつつある。控室、トレーニングルーム、会議室、事務室など、様々な機能を有した建物が夏に完成する。さらに6つのトレーニング場がすでに完成している。“クラブはインフラが整備されて初めて成長することができる。”と現在フランスリーグで3位に着けている、ニースの会長ジャン・ピエール・リヴェールは語る。
続きを読む
[ 2017/05/17 05:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(15)

ドルトムント!ファブレ監督と合意か?ファブレはBVB移籍実現のために現クラブと交渉中!《ドイツの反応》



ビルト



ファブレ!BVB移籍実現に向けて戦う!

entry_img_1666.jpg
引用元:Bild


ドルトムントの今シーズンは、11日後のポカール決勝フランクフルト戦で終了する。その後BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケとマネージャーのミヒャエル・ツォルクはトーマス・トゥヘル監督と一緒に今シーズンを総括する。


しかしトゥヘルが2018年まで、契約を全うする可能性はここ最近の騒動の後では低くなっている。
続きを読む
[ 2017/05/16 06:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(28)

ドルトムント!残り1試合!3位でフィニッシュするための条件は?ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ



ボルシア・ドルトムントはアウグスブルク戦で1ポイントを獲得した。競争相手のホッフェンハイムは5:3でブレーメンに勝利した。



entry_img_1663.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ



では?トーマス・トゥヘルは試合後に“今の状況の方が、(この前よりも)良いと思う。”と語っていた。なぜなら3位になるためにはチームが最後の試合で勝利しなければならないことがハッキリしているからだ。これはチャンピオンズリーグ直接参加をかけての戦いとなる。これはBVB幹部がシーズン前に出した目標だ。

続きを読む
[ 2017/05/14 18:10 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(7)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。