ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!新たなデンベレーを獲得か?《ドイツの反応》





フォーカス】



ボルシア・ドルトムント!新たなデンベレーを獲得か?




ボルシア・ドルトムントは、なんとかチャンピオンズリーグ入りを決めた。ペーター・シュテーガー監督はたった半年で、クラブを去った。彼の後継者はルシアン・ファヴレだ。


ボルシア・ドルトムントはどうやらサイドアタッカーのレンヌに所属するイスマイラ・サールの獲得を希望しているとビルト紙が伝えている。

続きを読む
[ 2018/06/14 06:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(12)

ドルトムント!もう一人守備的中盤の選手を獲得か!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



BVB次なるミッドフィルダーに注目!このウルグアイ人がトーマス・デラネイの隣でプレーする?



ボルシア・ドルトムントがトーマス・デラネイを獲得してからまだ数日しかたっていない。しかしBVBは、次なるミッドフィルダーの獲得に動いている。


ドルトムントが注目しているのは、ルーカス・トレイラだ。このウルグアイの6番の選手は2020年までジェノバと契約している。しかし契約には解除条項が付いているようだ。
続きを読む
[ 2018/06/10 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(9)

ドルトムント!ブレーメンのデラネイを2000万ユーロで獲得!《ドイツの反応》




ビルト】


ブレーメンのスター!サインをしにドルトムントへ!


ドルトムント!デラネイを獲得!



entry_img_2342.jpeg



これで決まった!

トーマス・デラネイはブレーメンからボルシア・ドルトムントに移籍する。すでに数週間前にビルトがBVBへの移籍の可能性を報じていたが、両クラブはついに合意に達したようだ。

続きを読む
[ 2018/06/07 18:19 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(7)

ゲッツェ、カストロ!ドルトムントの選手達の市場価格が明らかに下がる!《ドイツの反応》



WELT】



BVBの選手たちの市場価格が明らかに下がる。



entry_img_2340.jpeg



トランスファーマルクトが新たな市場価格を発表した。ボルシア・ドルトムントではマリオ・ゲッツェがほぼキャリア最低となる域に達している。


トランスファーマルクトの市場価格は、現在では非常に重要なものとなっている。このサイトは冬と夏に2回市場価格を更新している。そしてそれにはシーズンの活躍が反映されている。多くのゴールや優れたパフォーマンスはプラスとなって反映されるが、ベンチ座りはその逆だ。

続きを読む
[ 2018/06/06 17:49 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(13)

ドイツ紙!香川らワールドカップに出場するBVB選手を紹介!《ドイツの反応》



フォーカス】


これらのBVB選手たちがロシアワールドカップに出場する。



entry_img_2339.jpeg

ブンデスリーガ1部、2部を合わせてワールドカップに出場する選手はたった52人だ。そしてBVBからは、たった7人の選手がプレーする。その7人とそれぞれのスタメンのチャンスを紹介する。




スイス

スイス代表としては二人のドルトムントの選手が出場する。ロマン・ビュルキとマニュエル・アカンジだ。グループリーグで彼らはブラジル、コスタ・リカ、そしてセルビアと対戦する。ビュルキはグラートバッハのゾンマー、そしてライプツィヒのムヴォゴとポジション争いをしているが、ゾンマーがレギュラーとされている。アカンジもジュルー、ファビアン・シェーとポジション争いをすることになり、こちらも補欠の可能性がたかい。

続きを読む
[ 2018/06/06 05:53 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(14)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。