ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、バルセロナからアジアの至宝を獲得か?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



ボシュにアジアの至宝を?


ボルシア、バルサのリーを狙う!



entry_img_1728.jpg


BVBに新たなアジアの至宝が?



7月の13日から19日にかけて行われるドルトムントの日本、中国ツアーは、新監督ペーター・ボシュを伴ったPRツアーだ。そこでは日本のポカールチャンピオンである浦和レッズ、そしてACミランと対戦する。もしかしたら韓国のスーパータレントが同行するかもしれない。

続きを読む
[ 2017/06/19 18:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(46)

チェルシー、アーセナルがドルトムントのソクラティスを狙う!!ドイツ紙《ドイツの反応》



【Sport.de】



BVB要注意!イングランドのトップクラブがソクラティスを狙う!



entry_img_1719.jpg



ボルシア・ドルトムントを牽引する存在放出の危機か?イングランド・プレミアリーグの強豪2クラブがBVBの守備のボスを熱望している。

“Goal”の情報によると、優勝したチェルシーやFCアーセナルがこのギリシア人を狙っているようだ。その報道によると、ソクラティスもイングランド移籍は想像できるようである。その理由:この29歳はさらなるタイトル獲得を目指している。
続きを読む
[ 2017/06/12 06:05 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(25)

ドルトムント新監督!ペーター・ボシュに決定!公式会見は本日14:30~《ドイツの反応》




南ドイツ新聞



ドルトムント、ペーター・ボシュを新監督として獲得!




entry_img_1709.jpg


ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントがオランダのペーター・ボシュを新監督として獲得した。これはメディア全体の報道でも一致している。この53歳は最近ではアヤックス・アムステルダムを率いてヨーロッパリーグの決勝まで進んだ。

続きを読む
[ 2017/06/06 17:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)

ドルトムント!フライブルクからフィリップを獲得!!移籍金は2000万ユーロか?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



次のBVBの移籍もどうやら決定!ボルシア・ドルトムントが払った金額は?



entry_img_1708.jpg


ボルシア・ドルトムント4人目の補強がどうやら決まったようだ。エマ―・トプラク(レヴァークーゼン)、ダン・アクセル・ザガドゥー(パリSG)、モー・ダフード(グラートバッハ)に続いて、マキシミリアン・フィリップをブンデスリーガのフライブルクから獲得することになった。ビルトによるとこの攻撃選手の移籍金は2000万ユーロとされていた。
続きを読む
[ 2017/06/06 06:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(18)

ドルトムント次期監督候補!ペーター・ボシュってどんな監督?理想はクライフ!ドイツ紙《ドイツの反応》




【ビルト】


entry_img_1707.jpg



ペーター・ボシュは、来週半ばにでもBVB監督として紹介されるとされている。ファンたちは喜ぶ事が出来るだろう。このオランダ人は非常に魅力的なサッカーが好きとされている。


彼が最後にブンデスリーガにいた時は、まだ髪の毛がふさふさだった。そしてそのまま去ってしまった。彼は再びブンデスリーガへ帰って来る。はげ頭で。そして大きな目標を抱えて。


ボシュはドルトムントの新監督になるとされている。ビルトの情報によると、今週半ばにも公に紹介されるようだ。
続きを読む
[ 2017/06/05 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。