ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB会長!「チーム内のグループ化は長い間我々の問題となっている!」内部問題を明かす!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞】



チーム内のグループ化は長い間我々の問題となっている!



entry_img_2005.jpeg

今から一週間前に解雇となったペーター・ボシュ監督への報道と並んで、すでにBVBチーム内での複数のグループ化が話題となっていた。すでにミヒャエル・ツォルクやマルセル・シュメルツァーもそれについて発言をしていた。



ホッフェンハイムに2:1で勝利した後、BVB会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはテレビ番組シュポルトシュトゥディオに出演し、以下のように語っている。“すでに昨シーズンもそうした状況はくっきりと浮かび上がっていた。そして今シーズンもそれに上手く対応することに成功していない。そうした状況はボルシア・ドルトムントにとっては珍しい事だ。”

続きを読む
[ 2017/12/17 18:21 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(17)

ドルトムント会長「BVBで半年監督するほうが、シャルケで5年監督するより価値がある!」シャルケが華麗に反論!《ドイツの反応》




Tオンライン】


シャルケボス、ヴァツケの発言にカウンター



entry_img_2002.jpeg


ドルトムントとシャルケの間には再び矢が飛び交っている。シャルケのボス、ハイデルはBVBボス、ヴァツケの発言に対して非常にエレガントに反論した。

続きを読む
[ 2017/12/16 19:10 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(7)

BVB会長ヴァツケ「ボシュ監督の試合では一度たりとも安心感がなかった。」《ドイツの反応》





ビルト】

ヴァツケ:“一度たりとも安心感がなかった。”


ペーター・ボシュに対して明言!!



entry_img_1999.jpeg



BVBボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、ドルトムントの催し物で元監督についてオープンに語った。


どうやら、この会長はシーズン序盤の成功にも関わらず一度たりとも、このオランダ人のパフォーマンスに満足していなかったようだ。
続きを読む
[ 2017/12/15 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(40)

ファン・ハール「ドルトムントの様な小さなクラブにはいかない!」グロースクロイツが説教《ドイツの反応》




ビルト】

ファン・ハール、ドルトムントを小さなクラブと表現

グロースクロイツ、ファン・ハールを説教!



entry_img_1998.jpeg

元バイエルンの監督は最近フォックス・スポーツのインタビューでボルシア・ドルトムントについて話しており、そこでBVBは大きなクラブではないと表現していた。


ファン・ハール“そこに行くことはないだろうね。もう小さなクラブを大きくするような時間はないし。ボルシア・ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンとは比べ物にならないよ。”
続きを読む
[ 2017/12/14 17:10 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(29)

ドルトムント新監督!シュテーガーが変えた5つの事とは?!!《ドイツの反応》



Sport1】

ペーター・シュテーガーはBVBのここを変えた!


entry_img_1997.jpeg


Sport1がペーター・シュテーガーが変えた5つのポイントを語る!

ヴァイグルの新たな役割!

シュテーガーは最初の試合で、大きく変えることはしなかった。それも不思議ではない。彼は試合後の記者会見で、ボシュ監督の仕事が良かったと、彼を称えている。

しかしこれまでの433とは違い、どちらかと言えばトゥヘル時代のような4141に近い形になっており、ユリアン・ヴァイグルがその恩恵を受けている。

“ここ最近と比べるといくらか自由でした。とにかく楽しかったですよ。”とヴァイグルは試合後にスカイのインタビューで語っている。

この代表選手はトゥヘル時代のように、低い所から試合を組み立て、パス62本中61本を成功させている。

“選手たちが得意でやりやすいと感じるようなポジションで起用しようとしたんだ。”とシュテーガーは説明したが、ヴァイグルに関してはうまく行ったようだ。
続きを読む
[ 2017/12/14 06:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(15)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。