ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!オバメヤン移籍禁止の理由を説明!さらにミランを痛烈批判!《ドイツの反応》



ビルト



ヴァツケ:オバメヤンの移籍禁止を説明!

オバメヤンの移籍が禁止となってから一日が過ぎた。


entry_img_1741.jpg



中国から飛行機が到着した後で、BVB会長のヴァツケはミュンヘンの空港で口を開いた。


“我々は移籍に関してすでに期限を設けていたが、すでに何日か過ぎてしまっていたんだ。だから特に対立関係にあるわけではないよ。我々は8週間にわたって移籍の扉を開いていたわけだしね。ボルシア・ドルトムントもそろそろ計画を確かなものにしなければならないわけだから。”

続きを読む
[ 2017/07/20 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(10)

ドルトムント!日本のファンを虜にする!ドイツ紙《ドイツの反応》




Focus


BVBアジアツアー


ボルシア・ドルトムント‼日本のファンを虜に!

entry_img_1737.jpg


ボルシア・ドルトムントは、日本のファンに対して愛の告白を行った!キャプテン、マルセル・シュメルツァーとペーター・ボシュ監督はファンの“素晴らしい”サポートに感謝した。さらにマーク・バルトラなど他の選手も、日本の伝統的な作法で、感謝の意とサインをしたためた。
続きを読む
[ 2017/07/17 06:20 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)

ドルトムント!ゲッツェ復帰で浦和レッズとのテストマッチに勝利!ドイツ紙レビュー《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ


ゲッツェのカムバックの試合でモアとシュルレが勝利に導く!




entry_img_1736.jpg



2試合目にして初勝利!ボルシア・ドルトムントはアジア―・ツアー中に行われたワールド・チャレンジ2017で日本一部の浦和レッド・ダイヤモンズと対戦し3:2で勝利した。6万人のファンが訪れ、スタジアムは満員。


監督ペーター・ボシュにとっては試合の結果はそれほど重要ではなかったが、成功は彼の仕事の手助けとなるだろう。それよりも重要だったのはマリオ・ゲッツェの復帰だ。代謝障害による5か月の離脱の時間を経て再びプレーする事が出来たのだ。この代表選手は62分から途中出場している。




不満足な前半


新監督にとっては前半のドルトムントのパフォーマンスは一部分しか良いものではなかっただろう。BVBはポゼッションでは圧倒していたものの、45分後には1:0とリードされることになった。

試合最初のチャンスはセンターバックのマーク・バルトラがカストロのフリーキックに合わせてヘディングした場面だったが、バーに阻まれた。

続きを読む
[ 2017/07/16 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(51)

香川!ドルトムントで2020年まで契約延長!現地ドルトムントファンの反応!《ドイツの反応》




ドルトムント・ファンフォーラム・シュヴァッツ・ゲルプ


entry_img_1735.jpg


・これはとても良いニュースだ!シンジが契約を延長した!!


・本当に素晴らしいニュースだ!シンジは後半戦は部分的だがすばらしいく力強いプレーを見せていた!


・↑これに万全の状態のゲッツェが加われば2010/11シーズンの前半戦が見られる・・。

・↑それはいいね。オバがルーカスの代わりで、シュルレがランゲロフ?そしてネヴェンはもちろんネヴェンのポジションだ!

続きを読む
[ 2017/07/15 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(9)

ドルトムント!ベンダーがレヴァークーゼンに移籍!双子そろってプレー!《ドイツの反応》




ビルト

センセーショナルな移籍!


1500万ユーロ!
ドルトムントのベンダーがレヴァークーゼンに移籍!



entry_img_1732.jpg


こりゃあすごい移籍だ!

BVBスターのズヴェン・ベンダーがバイヤー・レヴァークーゼンに移籍する。ブンデスリーガのライバルチームは1500万ユーロ支払ったようだ。彼は2021年までの契約にサインした。
続きを読む
[ 2017/07/13 21:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。