ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!アウグスブルク戦のゴールがブンデス公式月間ゴール賞に!《ドイツの反応》




【ブンデスリーガ】



entry_img_1892.jpeg



月間ゴール賞:香川真司 

ケルン:ブンデスリーガのファンたちが毎月4週間後毎に最も美しかったゴールをFacebookを通して選んでいる。そして9月のトップ・ゴールを決めたのは、ボルシア・ドルトムントの人気者である香川真司だ。

続きを読む
[ 2017/10/13 06:15 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)

香川!アウグスブルク戦のゴールが月間ゴール賞にノミネート!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】

ボルシア・ドルトムント:BVBのエース、香川真司、このゴールで月間ゴールにノミネート!



entry_img_1887.jpeg


香川真司が、今シーズン初となるタイトルを獲得するかもしれない。この日本人は、月間ゴール賞にノミネートされたのだ。

彼が、アウグスブルク戦23分にみせた魔法のゴールがノミネートされることになった。このゴールで香川は、試合を2:1としている。

続きを読む
[ 2017/10/11 11:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(10)

ドイツ紙「香川が日本を敗戦から救う!」《ドイツの反応》





Sport1】

ボルシア・ドルトムントの香川が日本を敗戦から救う!




2017101105582732a.jpeg

日本はハイチと対戦し、予想に反して引き分ける結果に終わった。そこでは、アディショナルタイムにドルトムントのミッドフィルダー香川がゴールを決めている。


ブンデスリーガのプロ選手であり、ボルシア・ドルトムントのポカール優勝者、そして日本代表の香川真司が日本を敗戦から救った。横浜で行われたこの試合で、このミッドフィルダーはアディショナルタイム2分に3:3となるゴールを決めている。


日本は倉田 秋(7.)と杉本 健勇(17.)のゴールでリードしていたが、ハイチは28分にケヴィン・ラフランス、そして53分と78分にダッケンス・ナゾンが試合をひっくり返していた。


続きを読む
[ 2017/10/11 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(35)

ドルトムント地元紙誤報!?「香川夢のゴールでブンデスリーガ記録!」香川特集記事《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ新聞】



BVBスター、香川真司が夢のゴールでブンデスリーガ記録達成!



entry_img_1875.jpeg



ドルトムントの監督、ペーター・ボシュにとっては、“BVBの監督になってからもっとも悪い試合だった。”実際にアウグスブルク戦でのボルシアは、多くの場面でラッキーだった。


その中では香川真司だけが、相手陣内でこの日のハイライトを見せた。この日本人が、アウグスブルクのキーパーを制圧した様といったら、決してまねできるものではなかった。
続きを読む
[ 2017/10/04 06:08 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)

「香川真司おめでとう!」ブンデス公式ドイツ語版が特集記事!《ドイツの反応》



ブンデスリーガ】

ドルトムントの香川真司、感性豊かなゴールでブンデスリーガ記録!


entry_img_1874.jpeg


香川真司も、これ以上に趣のある歴史的なゴールを決めることはできなかっただろう。非常に豊かな感性でもってボールをループし、それが2:1とアウグスブルク戦での決勝点となった。



彼はBVBでブンデスリーガ38ゴールを記録し、ブンデスリーガで最も成功した日本人になったのだ。
続きを読む
[ 2017/10/03 18:35 ] 香川2017 | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。