ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「マン・オブ・ザ・マッチだ!」香川マインツ戦ゴールでの久々勝利に喜ぶファンの反応!《ドイツの反応》


20171213072906246.jpeg



トランスファーマルクト香川真司フォーラム

・彼がドーピング検査に行かなくて済むことを願っている。今日の彼は12.5キロも走ったけれど、キャリア最高じゃないかな?カムバック以来のシンジはそれほどでもないと思っていたけれど、ここ数週間で男らしさを発揮した数少ない選手だよ。


・↑その通りだ。彼は低い位置でも価値がある。そして今日もゴールを外してしまったが、それでも終わりよければすべて良し!僕にとってはマン・オブ・ザ・マッチだ。



・すべてが上手く行ったわけではないよ。でもやる気、振る舞い、態度すべてが相応しかった。それに加えて、相手の脅威となれる数少ない選手。
続きを読む
[ 2017/12/13 07:45 ] 香川2017 | TB(-) | CM(35)

【レヴィーアダービー】ポジション対決では香川が有利か!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】

西ドイツアルゲマイネ新聞がレヴィーア・ダービーを目前にポジションごとにどちらが優れているかチェック!


entry_img_1963.jpeg


ゴール:ビュルキ対フェアマン

ローマン・ビュルキの最近の調子は良くない。このスイス人は、今シーズン何度も大小様々なミスをしている。フェアマンの人生と彼の吐く息は青と白そのものだ。彼はここ1年間トップな状態を保っており、彼にかけているのは代表に呼ばれる事だけだ。

シャルケ有利
続きを読む
[ 2017/11/25 20:30 ] 香川2017 | TB(-) | CM(6)

ドイツ紙「香川はダービーの意味を知っている。」香川再びダービーの英雄なるか?《ドイツの反応》




WA



いまから7年前、彼はダービーの英雄となった。香川真司は、7年前のダービーを熱く語る。さらに、彼はなぜ今でもダービーがもっとも燃えるかを語った。



entry_img_1960.jpeg



2010年9月19日に香川真司は英雄になった。ダービーで2ゴールだ。ボルシア・ドルトムントはアウェーでシャルケと対戦し、3:1で勝利したのだが、そこでこの日本人はドッペルパックを達成したのだ。そしてユルゲン・クロップ率いるチームに勢いをもたらしたのだ。

続きを読む
[ 2017/11/24 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(10)

ドイツ紙「BVB香川 アジア国際年間最秀選手賞獲得なるか?」最終選考にノミネート《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



ボルシア・ドルトムント:香川真司、この重要な賞を受賞するかもしれない!!!


entry_img_1957.jpeg



ドルトムント。ボルシア・ドルトムントの香川真司が、アジア国際年間最優秀選手賞の最終選考にノミネートされた。

香川はオーストラリアのアーロン・モーイ(ハ―ダ―スフィールドタウン)、また元レヴァークーゼンのフンミン・ソンと並んで3人の最終候補に選ばれている。
続きを読む
[ 2017/11/23 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(8)

香川ドイツ紙ロングインタビュー②《ドイツの反応》




【ルーア・ナッハリヒテン】

entry_img_1950.jpeg



マンチェスターでの2年間を経て再びドルトムントに戻ってきましたが、あなたの人生においてドルトムントとは?


日本から直接BVBのようなクラブに来ることは、本来であれば不可能なことです。当時僕を獲得して、チャンスを与えてくれたことには本当に感謝しています。そして連覇とダブルを達成しました。本当に信じられないです。さらにその2年後、クラブがここでプレーするチャンスをもう一度与えてくれたことに対しては感謝してもしきれないですね。

続きを読む
[ 2017/11/19 06:02 ] 香川2017 | TB(-) | CM(14)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。