ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント監督ペーター・ボシュ!ファヴレの後継としてニースの監督に!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】



元ドルトムント監督ボシュ!ファヴレの後継としてニースの監督に!



entry_img_2291.jpeg


シュテーガーの前任は彼の後任の後任となるだろうか?ペーター・ボシュの噂が、ドルトムントの後継としてファヴレがやってくることを証明する。


ルシアン・ファヴレをめぐるポーカーが本格的になってきた。我々の情報によると、スイス人監督はドルトムントの後継として最有力とみられている。
続きを読む
[ 2018/05/10 17:59 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(11)

ドルトムント、ペーターボシュ元監督の助監督!BVB選手を批判!《ドイツの反応》





Spox】

ペーター・ボシュの助監督、ヘンドリー・クルィツェンが選手を批判



ヘンドリー・クルィツェンはペーター・ボシュの下で助監督を務めていたが、センターバックのソクラティスを批判した。それに加えてこの53歳はチームの大部分がボシュの見方だったと語っている。


クルィツェンはチームが不調に陥った大部分の責任はピスチェクの負傷にある、とオランダの新聞“トゥアンティア”で語った。“ちょっと変に聞こえるかもしれないが、彼が負傷してから下降線をたどる事になった。彼はチームを良く牽引していたが、離脱してしまったんだ。”

続きを読む
[ 2017/12/31 06:55 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(22)

ドルトムント!ボシュ監督を解任へ!!香川アシストもブレーメンに敗れる!《ドイツの反応》





ユーロスポーツ】



BVB監督を解任:ペーター・ボシュどうやら解任!



entry_img_1992.jpeg


ボルシア・ドルトムントは、ようやくこの絶不調に対する措置を取り、ペーター・ボシュを解任するようだ。すでに土曜夜にスポーツ・ビルトが、1:2でブレーメンに敗れた後で報じている。このオランダ人は、チームを生き返らせることに成功しなかった。正式な発表は株主への発表を待ってからになる。日曜日には、公式に発表されるとみられている。

続きを読む
[ 2017/12/10 07:33 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(43)

ドイツ紙!ペーター・ボシュの変な記者会見!記者からの質問をはぐらかす。《ドイツの反応》




Welt】


BVB監督ペーター・ボシュの変な記者会見



entry_img_1991.jpeg


BVBはブレーメンとの重要な試合を控えている。選手たちは転換期になることを誓ったが、おかしなことにそのことをペーター・ボシュ監督は憶えていないようだ。

ペーター・ボシュの状況は簡単ではない。しかし彼自身がそうしてしまっている。ボルシア・ドルトムントの監督はここ12試合で1勝しかしておらず、大きなプレッシャーにさらされている。そしてブレーメンとの試合を前にした記者会見で彼は、自ら周りを混乱させている。

続きを読む
[ 2017/12/09 19:09 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(6)

BVBボシュ監督「私は諦めない!」ダービー引き分けもこのまま続投の見込み!《ドイツの反応》



【シュポルト1】



ボシュ!ダービー後も続投の見込み!



entry_img_1965.jpeg

ドルトムントは、ダービーにおいて勝利を捨ててしまった。しかしペーター・ボシュ監督は日曜のトレーニングに姿を現し、このまま続投するとみられている。


昨日行われたシャルケ対ドルトムントの歴史に残るダービーにおいては、感情が完全に爆発した。


南ブロック前では、シャルケのキーパー、ラルフ・フェアマンとBVBのヌリシャヒンの争いを見たファン達が、フィールド内に入り込もうとした。


そしてその反対側の北ブロックでは、警備員たちがエクスタシーに達したファン達からシャルケのヒーローを引き離さなければならないほどだった。


このようなダービーは92年間一度も見られなかった。
続きを読む
[ 2017/11/26 19:30 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(46)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。