ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポドルスキー!自身のコラムで日本での半年間を総括!!ドイツ紙《ドイツの反応》




フスバール・ビルト】

ポドルスキ、日本での生活を総括!

ビッグ・イン・ジャパン!



entry_img_2030.jpeg


またラインに戻ってきたよ。そして故郷ケルンで家族と共に迎える大晦日を楽しみにしている。ヴィッセル神戸のあるアジアでの半年間をへて、ようやく大聖堂のある故郷だ。

そして、これは最初の総括をするには良い時期だね。僕たちはシーズンを9位で終えた。スポーツ面で言えば、もっと良くても良かったね。僕も負傷で残念ながらクリスマスイブの前日に行われた天皇杯の準決勝には出場できなかったんだ。
続きを読む
[ 2017/12/30 05:56 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(9)

ポドルスキー!「Jリーグはまだ眠っている!代表も停滞している!足りないのはマーケティング!」日本の生活、サッカーについて語る!《ドイツの反応》




ケルナー・シュタット・アンツァイガー】



ルーカス・ポドルスキー、日本での生活とFCケルンの危機について語る!




entry_img_2018.jpeg



ポドルスキーさん、日本でシーズンの半分を過ごしましたが、慣れましたか?それともまだ見知らぬ世界ですか?

まだ見知らぬ世界という事はないね。でもそれは、僕がこれまでにいろんな経験をしているからかもしれない。代表だけでもそうだよ。もちろん新しい文化だし、故郷からも離れている。でもそれで参ったという事はないね。



休日の過ごし方は?

2日以上休みがある時は、この国を見ようとしているよ。例えば東京に行ったり他の街に行ったりね。サッカー以外でのものも持ち帰りたいからね。




移動手段は?

車か、スーパー電車だね。新幹線だよ。

続きを読む
[ 2017/12/24 06:00 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(42)

ポドルスキー!ドルトムント新監督シュテーガーを勇気づける!《ドイツの反応》




ビルト】

ポドルスキー!彼を勇気づける!

彼を犯罪者のように扱うなんてありえない!!



entry_img_2003.jpeg


僕は数日前にドイツに戻ってきたんだけれど、シュテーガーがドルトムントの監督に就任した事がどのように語られているか、耳にすることになった。
続きを読む
[ 2017/12/16 21:30 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(3)

「日本は本当に居心地が良いよ!」ポドルスキー、ドイツ紙インタビューで日本での生活について語る!!《ドイツの反応》



ヴェルト日曜版】


entry_img_1923.jpeg



ヴェルト:それでは日本のサッカーについての話を聞かせてください。

ポドルスキー:雰囲気は素晴らしいね。彼らは試合の間中ずっと歌っているんだよ。もちろん違ったスタイルでね。とても家族的、そして平和で親し気な雰囲気だね。




ヴェルト:けっこう慣れましたか?

ポドルスキー:そうだね。すごく良いよ。家族もいるからね。これは僕にとってはとても大事なんだ。子供たちはドイツ学校や幼稚園に通っているよ。彼らもここの生活を楽しんでいるね。日本人は非常にフレンドリーでオープンなんだ。ここにいるのは本当に心地よいし、すごく安全なんだ。これは本当にプラスなポイントだね。時々故郷が寂しくなるけれど本当に居心地が良いよ。故郷はやっぱり故郷だけどね。ここがひどいから明日にでも帰りたい、というようなホームシックにかかっているわけではないよ。むしろその反対だ。僕たちは、ここでの生活の価値を本当に良く分かっているんだ。
続きを読む
[ 2017/10/30 20:30 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(19)

神戸ポドルスキー!Jリーグの印象についてドイツ紙に語る!《ドイツの反応》




【エクスプレス】



ドッペルパック達成ポドルスキー!神戸での夢のデビューの後で語る!


entry_img_1757.jpg


エクスプレス:ポルディ!おめでとう!今どこにいるんだい?(注:電話インタビュ-)

ポルディ:(笑)ありがとう!今ちょうどホテルに戻るところさ!明日はまたトレーニングなんだ!
続きを読む
[ 2017/07/31 18:25 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。