ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督が取り組むべき5つの改善点とは?香川は控え?《ドイツの反応》





Tオンライン】


これが5つの改善点だ!



entry_img_2430.jpeg


BVBはすでに5300万ユーロを投資している。しかしまだルシアン・ファヴレ監督にはやる事が沢山ある。


ボルシア・ドルトムントは、パッとしないシーズンの後で大変革が待たれている。昨シーズンは、なんとかチャンピオンズリーグ入りを果たす4位を守ったが、今シーズンはそんなにぎりぎりではいけない。


問題は、シーズンスタートを4週間前に控えてもドルトムントのスカッドには多くの問題がある事だ。5300万ユーロも投資したにも関わらず。いま新監督ファヴレとSDツォルクの力が問われている。しかし全ての問題が短期間に解決することはないだろう。


以下が5つの改善点だ。
続きを読む
[ 2018/07/21 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(18)

ドルトムント!切り札ザマーがマンジュキッチを誘惑する!可能性あり?!《ドイツの反応》





ビルト】



BVBの切り札


ザマーがマンジュキッチを誘惑する!



マリオ・マンジュキッチがザマー最初のセンセーションとなるだろうか?

今日からドルトムントは9日間のアメリカツアーに参加する。しかしファヴレ監督は、センターフォワードをまだ持っていない。ボスたちはマンジュキッチの獲得に動いているが、チャンスはあまり良くない。しかしドルトムントには切り札がある。

続きを読む
[ 2018/07/18 19:20 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(15)

ドルトムントはどうしてクロアチア代表ペリシチを放出してしまったのか?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞】

どうしてドルトムントは決勝でゴールを決めたペリシチを放出してしまったのか?



entry_img_2420.jpeg

イワン・ペリシチが素晴らしいサッカー選手であることを、彼はワールドカップの決勝でも証明して見せた。フランスに2:4で敗れたにも関わらず。彼が右足でボールを持っていく様子や、左足でのシュートは非常に高いレベルだ。


そこで再びある疑問が頭をよぎる。いったいどうしてペリシチは、ドルトムントでスタメンの座を奪えなかったのだろうか?どうして2013年の1月にヴォルフスブルクへ移籍してしまったのだろうか?

続きを読む
[ 2018/07/17 06:53 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(21)

ドルトムント!クロアチア代表マンジュキッチの獲得に動く!?《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



ドルトムント、マリオ・マンジュキッチの獲得に動く!

クロアチアのワールドカップ・スター!ブンデスリーガに復帰か?




ボルシア・ドルトムントはマリオ・マンジュキッチを獲得するだろうか?

彼はすでに一度ドルトムントで話題になっていたが、移籍が実現することはなかった。



マリオ・マンジュキッチ!ドルトムントが狙う!



ワールドカップで決勝まで進出したこのストライカーは、その力強いパフォーマンスで注目を集めた。準決勝と決勝で彼はゴールをあげている。タイトルには届かなかったものの、マンジュキッチは良いプレーをした。
続きを読む
[ 2018/07/16 06:57 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(15)

ドルトムント!ゲッツェが6番でキャプテン!この将来はあり?それとも単なる応急処置?《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ新聞】


ボルシア・ドルトムント!ゲッツェ、6番でキャプテン!これは将来か、それとも?




マリオ・ゲッツェは7月の13日に、インスタグラムで2014年の7月13日の写真を投稿した。リオ・デ・ジャネイロのあの夜の写真を。彼は金のポカールを手に抱え、そこにキスをしていた。

あの時から4年後に行われた試合は、それと比べるとあまり重要な意味を持たないものだった。オーストリア・ウィーンを相手にテストマッチが行われたのだ。BVBは1:0で勝利したが、マリオ・ゲッツェがキャプテンとしてプレーし、さらに見慣れないポジションでプレーしたのだ。守備的中盤で。この試合は新監督ファブレの下での最初のテストマッチだったが、一つの疑問が頭をよぎる。これがファヴレの描く将来図なのだろうか、それともただの苦肉の策だろうか?
続きを読む
[ 2018/07/15 19:20 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(23)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。