ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「移籍が唯一の解決策」ドイツ紙が香川に言及!《ドイツの反応》

【キッカー】

kagawa16.jpg


香川:移籍が唯一の解決策となるだろう。


ボルシア・ドルトムントは金曜日の夜にロッテとテストマッチを行うが、そこには香川真司も出場するとみられている。稀なことにテストマッチが彼にとって楽しみとなっている。


今週初め、香川真司はソーシャルネットワークにバルセロナの浜辺でジョギングしている写真を投稿している。彼のツイッター150万人のフォロワー、そしてインスタグラム140万人のフォロワーは彼の便りを喜んだ。この日本人はBVBにおいて、突如として消えてしまったのだ。
続きを読む
[ 2018/11/16 06:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(32)

元ドルトムント・デンベレ騒動!ドルトムントの大家が訴える!2万ユーロを請求か?《ドイツの反応》

【Sport.de】

dembele3.jpg


ウスマン・デンベレー!ドルトムントの家を壊滅的な状態のまま出て行ってしまう!

元ドルトムントのウスマン・デンベレーはネガティブな話題で新聞を賑わせている。彼は今から一年半前にドルトムントから去って行ったが、その時借りていた家を、ひどい状態にしたまま出て行ってしまったことが明らかになった。


ビルトの情報によると、デンベレーに家を貸していた大家がドルトムントの裁判所に訴え出たという事である。彼は2.0725,76ユーロの金額を請求している。

続きを読む
[ 2018/11/15 17:04 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(6)

ドルトムント!夏に香川の移籍希望を拒否していた!?《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】
  

kagawa23.jpg


香川真司、今ではBVBの単なる控えに!
BVBの好調は敗者も生み出している!


マルコ・ロイスは絶好調だし、アクセル・ヴィッツェルも同様だ。しかしクラブで確かな地位を築いてきた選手の中にも、この好調の波に乗れなかった選手がいる。香川真司のように



同僚の一人が、ぎりぎりでヴォルフスブルクに到着している。ベルリンからの電車が遅れたためだ。彼女は日本人のジャーナリストの一人で、ベルリンに住みながらドイツ中を飛び回り、この日本人についての記事を書いている。彼女は香川真司のためにヴォルフスブルクにやってきたのだ。しかしこの土曜日、香川はベンチ入りすらしなかった。またしても彼女がやってきたのが無駄になってしまったのだ。
続きを読む
[ 2018/11/14 17:08 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(74)

香川が定期的にプレーするには移籍しなければならないだろう!ドイツ紙《ドイツの反応》

【Ichliebefussballnews】

kagawa23.jpg

香川が定期的にプレーするには移籍しなければならないだろう!ドイツ紙


FCバイエルン・ミュンヘンとの頂上決戦を3:2で制し、現在27ポイントでブンデスリーガの首位に立っているドルトムントだが、代表ウィークに入ったところでドイツ紙「フスバール・エック」がルシアン・ファヴレの下での敗者を新たに特集している。

続きを読む
[ 2018/11/13 06:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(26)

チャンピオンズリーグの代わりに4部でプレー!香川、もうすぐ移籍か?《ドイツの反応》

【フスバール・トランスファー】

kagawa23.jpg

チャンピオンズリーグの代わりに4部でプレー!香川、もうすぐ移籍か?


かつて香川真司は、救世主としてボルシア・ドルトムントに戻ってきた。しかしルシアン・ファヴレ監督の下で彼は、まったく蚊帳の外だ。火曜日には、この日本時は最低点を新たに更新した。


0:2で敗れたアトレティコ・マドリッド戦ではドルトムントはノーチャンスだった。しかしそれでもドルトムントがグループリーグを突破する可能性は高いため、落ち着いていられる。


しかし一人の選手にとってはこれは当てはまらない。なぜなら彼らのチームメートがチャンピオンズリーグでプレーしている間、香川真司は、家へ帰るところだったからだ。彼はドルトムント2部対エッセンのダービーに出場していたのだ。
続きを読む
[ 2018/11/08 18:19 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(39)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。