ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「6か月残った方が夏の可能性は大きいと思うが・・。」ここ最近の香川スレッドより②《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト香川スレッドより】

kagawa 30


・香川に興味があるのがボルドーだけというニュースを読むのは正直つらいよ・・・。



・↑それじゃまるでボルドーのレベルが低いみたいじゃないか。もちろん香川は昨シーズンのチームのベストだった。だけど今彼がベンチ入りできないのは、彼の責任だと思う。



・↑ボルドーはフランスでは今はまったくだめだよ。ELでも敗退したし、今ではドルトムントで115スコアポイントを集めた、国際的なトッププレーヤーである香川にはまったく魅力がないよ。


もちろん必要以上に香川を上げる必要はないけれど、ボルドーのようなクラブはまったく興味がないだろうね。彼は今サッカーにおいて最高の年齢にあるし、一試合たりともゲッツェよりも悪かったことはないよ。ゲッツェとの違いは1000万ユーロ稼いでいるから、パフォーマンスを発揮するのに信頼が必要なことだ。


もしスペインから興味がなければ、僕なら半年ドルトムントに残るね。もしかしたら誰かが負傷するかもしれないしね。夏には移籍の可能性は増えるだろうから。

続きを読む
[ 2019/01/22 19:09 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(13)

「あまりにも静かすぎる・・」ここ最近の香川スレッドよりファンの反応①《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】香川真司スレッドより


kagawa23.jpg


・どういうわけ、シンジの周囲があまりにも静かすぎて奇妙だ。彼はスペインに移籍するために代理人も変えたらしいし。いずれにせよファヴレの評価は低すぎると思うが、他のクラブからの評価も低いように思える。もしかしたらシンジはドルトムントに残るかもしれない。


正直に言って、彼は1月15日を過ぎてもここにいるとは思っていなかった。11月に移籍の希望を口にした時から、ローデのようにすぐに移籍すると思っていたよ。


シンジがスペインのどこかにクラブを見つけて望みをかなえてくれることを願っている。後半戦もここでスタンド観戦するのは彼の目標ではないだろうから。


続きを読む
[ 2019/01/21 16:59 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(14)

香川!自分の息子をまた抜きして泣かせてしまう!!《ドイツの反応》

【フォーカス】


kagawa 30


香川!自分の息子をふらふらに!彼がまた抜きをすると涙が流れた・・・。


香川真司は、子供をどう扱えばよいのか分かっているようだ。彼は自分の息子に対して、自分のボールの裁きの技術を披露している。いずれにせよ、彼は少しやりすぎたようで、息子のツバサを泣かせてしまったようだ。

続きを読む
[ 2019/01/17 06:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(23)

ドルトムント!SDツォルク!香川のボルドー移籍合意報道を否定!《ドイツの反応》

【ルーナ・ナッハリヒテン】

kagawa 30


ツォルク!香川の移籍の噂を否定!

ドルトムントでの香川真司の展望はあまりないとされている。フランスではボルドーへのローン移籍で合意したという噂が流れているが、どうやらそれは本当ではないらしい
続きを読む
[ 2019/01/14 05:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(13)

ドルトムント!4人の選手の移籍を容認も、ヴァイグルに続きフィリップの移籍は禁止!《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

kagawa14.jpg


BVB:4人の移籍を容認!2人の移籍は禁止!


ドルトムントは前半戦のリーグで首位に立ち、チャンピオンズリーグとポカールでも生き残っている。ドルトムントはマニュエル・アカンジの負傷のため冬の補強を考えているが、基本的にはスカッドの縮小を考えている。すでにフランクフルトに移籍したローデに続いて4人の選手がそれに続くとみられている。
続きを読む
[ 2019/01/10 21:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(25)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。