ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 フンメルス 将来について語る 最新インタビュー①

最近マンチェスター・ユナイテッドのフンメルスの将来が注目されています。ビルとでも毎日のように彼に関連する記事がでており、このブログでも取り上げています。今日は昨日紹介したビルトの記事(こちらです。)の元となったキッカーのインタビューを紹介します。






正直に言おう。僕は将来について考えている。


ワールド・カップで優勝するに当たり、フンメルスの存在は確かで偉大なものだった。その後の彼はあまりうまく行っていない。ドルトムントのディフェンダーが自己分析、そして将来を見据える。


オーストラリアと対戦したテストマッチで、フンメルスは他のワールドカップの主要メンバーと同様に温存される事となった。彼は自身39試合目となる試合を前に、代表のシステムについて、また今度の土曜日に行われるドルトムントとバイエルンの試合について、そしてドルトムントからの移籍について語った。



20150331174204bd1.jpg



フンメルスさん、今行われているユーロ予選では、グループリーグ3位でも、フランスで行われる本大会のプレーオフに出場することができますね。ワールドカップ優勝者としては魅力的だと言えるでしょうか?


それは、ドイツポカールの一回戦はあんまり重要じゃない、と言っているの似ているね。でも決勝に行きたければ一回戦だって勝たなければならないんだ。強い相手と戦うことができるのは、弱いと思われている相手でもプロフェッショナルで、真面目に、そして集中して戦ってこそできる事なんだ。僕にとっては特に問題ないけどね。ピッチに立てば、僕を倒そうとする相手がいて、そして僕はそうした相手を倒したい。僕はそのようにトレーニングにも挑んでいるよ。勝つことは楽しいからね。


あなたはフランスで行われるユーロ大会に24チームが参加することは良いことだと思いますか?


いいや。24チームは多すぎるね。今までのように16チームであれば高レベルの大会となるだろうけど、24チームではいくらかクオリティーが下がってしまうのも必然の事だね。


あなたは11月の代表戦を逃し、5ヶ月ぶりに復帰しましたね。代表に出られなくて何か物足りなかったのではないですか?


そうだね。そう言えるだろうね。また代表に呼ばれて本当に喜んだんだ。それに今はBVBも自分の状態も以前よりは良いし、10月の時とは違って気分転換にならなくて済むからね。自分の体の状態を言えば、ここ最近は、秋とくらべても全く違うクオリティーをピッチ上で発揮できるよ。
続きを読む
[ 2015/03/31 18:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(3)

《ドイツの反応》フンメルスがチームとの別れについて初めて語る!!ドイツ人の反応

本日発売ビルトより新たな移籍記事になります。今日発売のキッカーにおいてフンメルスのロングインタビューが掲載されましたが、その内容についてはっきりと彼の将来についての言及があったことで話題となっています。





フンメルス、チームとの別れについて初めて語る



201503301850208e1.jpg

ボルシア・ドルトムントは次のスターを失うことになるのだろうか?マッツ・フンメルス(26)が初めてチームとの別れについて語った。


このワールドチャンピオンが“キッカー”のインタビューにおいて語った。“僕は今オープンで、正直に言うよ。今現在自分の将来について考えていることをね。いたいどんな事が可能かよく考えているんだ。”


フンメルスはドルトムントでの契約が2017年まで残っているが、BVBとすでに将来について話し合ったと語っている。彼のビジョンは明確だ。“僕にとっては、僕達のチームが、相手を打ち負かす強いチームである事と,チームにそうした力強いプランが有る事が重要だ。(訳注:そういうチームでありたい。)”


これの意味すること:ドルトムントはこのドイツ代表を留めるためには新たなスターを獲得しなければならない。フンメルスはさらに圧力をかける。“僕はいずれにせよ外国でプレーしたいね。”すでにこのポジションに対する興味を示しているクラブがある。マンチェスター・ユナイテッドとルイ・ファン・ハールは彼をどうしても獲得したい。


BVBの責任者達にとって警鐘だ。ゲッツェどレヴァンドフスキーに続いて次のスターが去って行くことになるかもしれない。


201503301850219b4.jpg

続きを読む
[ 2015/03/30 18:55 ] フンメルス  | TB(-) | CM(12)

《ドイツの反応》 ギュンドガン アトレティコ・マドリードと接触か?【ビルト】

ビルトの最新移籍情報になります。現在ドルトムントでプレーするドイツ代表、イルカイ・ギュンドガンですが、契約を延長するかどうかが注目されています。そんな中新たな噂が出ましたので紹介します





イルカイ・ギュンドガン


従兄弟(代理人)がアトレティコと交渉か?




201503291851337a6.jpg


マルコ・ロイス(25)が2月10に彼の契約を2019年まで延長してから、イルカイ・ギュンガン(24、2016年まで契約)の契約延長がドルトムントの最優先事項となっている。BVBは早い段階で契約を延長したいが、このポーカーの終わりはまだ見えていない。彼のパパと代理人のイルファンはビルトに対して“我々はもう少し決断するのを待ちたいと思っている。”と語っている。



ポーカーにおいて決断を遅らせる作戦だ。


ギュンドガンはアトレティコと浮いた仲になっているのだろうか?



ビルトが聞いた所によると、ギュンドガンの従兄弟で代理人のイルファイがスペインの役員達と出会ったようだ。チャンピオンズリーグ、レヴァークゼン戦(2月25日)の前日にスペインチームのホテルで。

アトレティコはBVBには少なからず興味を抱いているようだ。しかしこのスペインリーガで現在4位に位置するチームは今の所本気にはなっていない。どうやらこの会合はギュンドガンサイドからのものらしい。


時間を稼ぐのも大事だ。14ヶ月の負傷期間を経てギュンドガンは日増しに昔の姿へ近づいている。


彼は今週ドイツ代表に復帰し、オーストラリアを相手に(2:2)手堅い活躍をした。この中盤のスターの勝ちは上昇中だ。そしてBVBにとってはどんどん高くなっている。


キッカーの情報によるとギュンドガンは延長するにしても1年しかしないようである。もしそうなると、こうしたポーカーの時間稼ぎもそろそろ次の段階に移るであろう・・・・。
続きを読む
[ 2015/03/29 18:52 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(14)

《ドイツの反応》岡崎と本田がチュニジア相手にゴール!! ドイツ紙

昨日日本で行われました、日本代表対チュニジア代表のテスト・マッチ。ブンデスリーガでも注目を集める岡崎選手が得点した事でドイツでもニュースになりましたのでその記事を紹介します。テスト・マッチという事でアジアカップほどの反響ではありませんでしたが、ブンデスリーガ所属の選手が代表でもプレーしているという事で、日本代表の注目度も徐々に上がってきているのではないかと思います。取り上げるのはサッカー専門紙、キッカーの記事になります。





日本がチュニジアを倒す


岡崎と本田がチュニジア相手にゴール




日本代表新監督ハリルホジッチはデビュー戦を勝利で飾った。金曜日に行われた対チュニジア戦でこの“サムライ・ブルー”は2:0でチュニジア代表に勝利した。いつものように、多くのブンデスリーガ所属の日本人がテストマッチで成功を収めたが、対戦相手にも馴染みの顔を見ることが出来た。



20150328182245384.jpg

1月に行われたアジアカップ準々決勝でUAE相手に敗れてから、アギーレ監督からハリルホジッチ監督に交代して迎えたチャレンジカップ2015年チュニジア戦において二人の選手のみが、前回の代表試合同様に先発出場する事になった。代表キャプテンの長谷部誠と吉田麻也(サウスハンプトン)の二人である。この新監督は全部でたった3人のブンデスリーガ所属選手を信用してい先発起用したのである。長谷部誠の他にはハノーファーに所属する清武弘嗣と酒井宏樹の二人が先発メンバーに名を連ねた。チュニジアの先発メンバーではへルタのエニス・ベン・ハティラが出場したが、チームは日本への長旅に対して不快感を表明していた。


日本には明らかに多くのチャンスがあったが、無得点で前半を終えた後、その状態は78分まで続いた。その6分前に交代出場したマインツの岡崎慎司が本田圭佑(ACミラン)のクロスをヘディングで決め、日本を先制へと導いたのだ。プレーメーカーの本田圭佑は試合終了7分前に試合の勝利を確実なものとした。ドルトムントの香川真司との連携の後で、本田はチュニジアのキーパーよりも素早い反応を見せ2:0となるゴールを決めたのだ。

続きを読む

《ドイツの反応》ドルトムントを去るべき4人と、震えなければならない5人

本日発売のビルトで、また新たな放出候補が話題にのりました。いったい今シーズン何度目になるか分かりませんが、代表ウィークの度にこうした記事が出ていますね。ビルトとは分かっていても、こうした記事に香川選手の名前が上がっていないかつい気になってしまいますね。というわけで紹介したいと思います。






BVB 5人のスターが震えなければならない。4人はもう去るべき!


これがクロップの放出候補リストだ。


20150327195512816.jpg

これはドルトムントの監督が言ったたった一言であったが、ついつい耳を澄ませたくなるものだった・・・。



“変化が起こらなければならない。どういった変化かを言うのはまだ時期尚早だがね。”とクロップが“スポーツ・ビルト”で語った。こうした酷いシーズンの後で成功に飢えるユルゲン・クロップがどのような変革を計画しているかビルトが明かす!


この4人の選手が去るべき


チーロ・インモービレ(24才/1850万€/リーガ3ゴール)

このベンチの常連はBVBのシステムに入ることもチームに入ることも難しい。適正なオファーがあればこのイタリア人はすぐにでも去ることが出来る。それはアドリアン・ラモス(29才/1000万€)も同様であり、力強いオバメヤンを超えるチャンスはない。

20150327195507ac3.jpg



ヨイッチ(23/220万€)

彼がこのクラブのレギュラーとなる事は約束されていない。チャンピオンズリーグにはノミネートすらされていなかった。



グロースクロイツ

彼の品行の悪さがドルトムントのボスたちを怒らせている。


内部では彼の契約が延長されない事は明らかである。でもBVBはいったいどのようにしてファンにこの事を伝えるのだろうか?グロースクロイツは神格化されている。

201503271955089b1.jpg


以下5人の選手は震えなければならない。


ミキタリアン(26)


クラブの歴史上最も高額な移籍でやって来たが、彼の爆発を信じる声も日増しに減ってきている。ミキはボルシアの最大の議論となるだろう。

2015032719551188e.jpg

ヴァイデンフェラー(34)

彼の年齢を考慮してドルトムントは後継者を探している。


シュメルツァー(27)

彼のパフォーマンスは安定しているが、このディフェンダーは怪我をしやすく、優勝した年の状態にあることは非常に稀である。


ギンター(21)

BVBの将来は彼とともにあるべきだが、彼の弱々しい一年目のパフォーマンスからはローン移籍も考えられる。


キルヒ(32)

彼は非常事態にはいつもいるが、それでもスタメンには力が足りない。



BVBの大変革がどの程度のものなのかは、今シーズンの残りの試合にかかっている。それにドルトムントがマッツ・フンメルスやイルカイ・ギュンドガンのようなスターを引き留めることが出来るかも重要な要素になるだろう。


もしBVBがヨーロッパリーグに出場しなかったら、BVBの選手層は明らかに厚すぎるし、高すぎる・・・。 続きを読む
[ 2015/03/27 20:05 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(37)

《ドイツの反応》岡崎 すでに移籍を決心か?

昨日のドイツのニュースで岡崎選手の移籍についての情報がでました。昨年冬の移籍市場前に色々な噂が出た時は、ドイツメディアは沈黙を守っていたのですが、今回はどうなのでしょうか。“リーガ・インサイダー”と移籍サイト“トランスファー・マルクト”に掲載された記事を紹介します。






【リーガ・インサイダー】

既に別れを決心か?



20150326175538e33.jpg



岡崎慎司はこれまでに10得点4アシストを決め、マインツでのトップスコアラーとなっている。マインツは2013年夏に彼に150万ユーロを払ったが、彼の活躍はそれをはるかに凌ぐものであった。しかしながらマインツが来年夏には彼の後継者を探さなければならないというシグナルが新たに上がってきている。



すでに冬には何週間にもわたって1000万ユーロでのプレミアリーグ、レスター・シティーへの移籍が話題となっていた。しかしマインツには代わりになるストライカーがいないことから、マネージャーのクリスティアン・ハイデルはこの岡崎を放出することを拒んだ。“みんないつも彼を売ってしまえって言うんだよ。そうすれば1200万ユーロか1300万ユーロが入ってくるんだから、って。だけど今の段階でシンジと同じぐらいの得点力を持ったストライカーはいないんだ。”と、このマネージャーは当時語っている。


しかし夏にはこのような状況も変わるかもしれない。マインツは2016年まで契約の残っている岡崎の移籍金の最低ラインを1500万ユーロに設定している。“スポーツ・ビルト”の情報によるとこの日本人はすでにチームを去る決断を下しているようだ。この28歳は、Jリーグに戻る前に、プレミアリーグに移籍するというキャリアプランを持っているようだ。


“夏には様々なシナリオが可能だろうね。”とハイデルは新聞に語った。最近ではグラートバッハやシャルケが岡崎に興味を抱いていると報道されている。

続きを読む
[ 2015/03/26 18:13 ] 岡崎 | TB(-) | CM(25)

《ドイツの反応》元マインツ監督トゥヘルがハンブルクの監督に!?ドイツ人の反応

昨日のビルトのニュースになります。コメントでの指摘にもありましたが、確かに代表ウィークになると試合が無いのでやたらと移籍ネタが増えますね。シャルケではすでにヘヴェデスを売却候補にする、ドルトムントがビッテンコートを買い戻すなど、そんなニュースで溢れています。今日は元マインツの監督で岡崎選手をワントップで起用したトーマス・トゥヘルについての噂です。






カオス・クラブHSV(ハンブルク)がトーマス・トゥヘルを監督候補に



ビルトが説明する:どうして彼がこうした状況でもハンブルクに行きたいかを



201503251905111af.jpg



ハンブルクでは監督の後任が発表されたばかりだ。しかしHSVはその後任の後任を探している。


月曜日にスポーツディレクターのペーター・クネーベルがツィンバウアーに代わって監督の座を引き受けることになった。クネーベルはマネージャー業と並行して監督業もやることになり、クラブのボス、バイアスドルファーもそれを支えていくつもりだ。夏以降はクネーベルは再びマネージャー業に専念するとされている。では誰が監督となるのだろうか?


HSVはトゥヘルとコンタクトを取っている!


元マインツの監督であるトゥヘル(この夏で一年間の休息を終えるつもり)はハンブルクの候補に上がっている。バイアスドルファーは彼と何度もコンタクトをとっているようだ。


月曜日にバイアスドルファーはトゥヘルについて語った。“もちろん内部ではその事について話し合っているよ。それ以上のコメントは避けたいけどね。彼とは何度も話しているし、その事はすでに夏に話したとおりだね。”


どうやらトゥヘルは昨年ミルコ・スロムカ(注:元ハンブルク監督、シーズン途中で首に)の後に来るべきとされていたようだ。しかし彼は当時そのオファーを断っている。彼はマインツを去った後で、ベルリンのバレーボールチームなどの手伝いをしたりしていた。また彼は2度ほどバイエルンの監督、グアルディオラに会っている。家族を理由に彼はミュンヘンに引っ越している。



本来ならばトゥヘルがこの夏ライプツィヒに行くことが確実とされていた。しかしビルトの情報によるとこの話はどうやら確実というわけではなくなったようだ。


トゥヘルは伝統のあるクラブで何か大きな事を成し遂げようと夢見ているようである。ユルゲン・クロップがドルトムントで集中的にタイトルを獲得したように。


そしてHSVにはここ最近の滅入るような結果にも関わらずまだまだ力がある。そこがライプツィヒとは違う所だ。もしハンブルクが2部になったとしてもそれは変らない。


クネーベルが監督を兼業する事でHSVはトゥヘルの為に席を用意しているようだ。トゥヘルはあとは“はい”と言うだけで良い。


続きを読む
[ 2015/03/25 19:12 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(7)

《ドイツの反応》フンメルス 移籍金4500万ユーロならマンU移籍か!? +ドイツ人の反応

何かとマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されています、ドルトムントのフンメルスですが、本日のビルト紙で4500万ユーロ以上の移籍金ならチームも考えるとの記事がでましたので紹介します。



201503241910091bf.jpg


4500万ユーロならマンU移籍容認か




この移籍金ならドルトムントは売却するだろう



マンチェスター・ユナイテッドとマッツ・フンメルス(26)。この移籍はすでに長い間噂されて来たが、ようやく動きがあった。



イギリスの新聞“メトロ”によると、トレーナーのルイ・ファン・ハール(63)は、ドイツの世界チャンピオンに4100万ユーロの移籍金を支払う用意があるようだ。


それに加えてもう一つの事について知っておかなければならない:ファン・ハールは彼のバイエルン時代(2009~2011)にも元ミュンヘンでプレーしていたフンメルスを買い戻そうとしていた。


20150324191011fdf.jpg

ドルトムントはこのスター・ディフェンダー(2017年まで契約、契約解除条項なし)を売却することはあるだろうか?


ビルトは知っている:ドルトムントの移籍金の最低額は4500万ユーロに設定されている。これはボルシアがチャンピオンズ・リーグ出場を逃した場合の損失とほぼ同額だ。


マネージャーのミヒャエル・ツォルクはビルトの質問をあざ笑うように、“メディアの伝える所によれば既に13回は、この移籍が本格的になったようだが・・・・。マッツは我々にとってとても重要な選手だし、彼は我々の計画に入っているよ。”と答えた。


では、フンメルスはマンチェスターに興味があるだろうか?


それは十分可能だろう。彼は特別な何かを探している。最近のビルとのインタビューでも、“僕はキャリアの終わりに8回優勝している必要はない。それよりは、何か特別な事を成し遂げたいんだ。”


マンチェスター・ユナイテッド(現在4位)はヨーロッパのトップに向けて巨額の投資を計画している。

続きを読む
[ 2015/03/24 19:21 ] フンメルス  | TB(-) | CM(16)

《ドイツの反応》香川キッカーでも高評価!日本人採点まとめとBVB採点と寸評④


キッカーが発売されましたので、日本人選手の採点のまとめと、ドルトムント残りの採点のまとめになります。これで最後です。


2015032319075724f.jpg




キッカー

日本人選手採点
岡崎 3.5
大迫 3
香川 2.5
清武 3
酒井 3.5 (ハノーファー)
長谷部 3.5
乾 4
原口 4
山田 5




キッカー

ハノーファー対ドルトムント戦 採点と寸評

ドルトムント
ヴァイデンフェラー 3、ソクラティス 3.5、フンメルス 3、ズボティッチ 3、キルヒ 4、ギュンドガン 4、ケール 3.5、ロイス 2.5、香川 2.5、クーバ 4、オバメヤン 2、ダジエック 3.5


ハノーファー
ツィーラー 3、酒井 3.5、マルセロ 3.5、フェリペ 4、シュルツ 3.5、サネ 2.5、ブリアント4.5、清武 3、シュティンドゥル 2.5、ビッテンコート 4、ヨゼル 4


【審判】 ブリーチ 2,5

公平な試合を良くコントロールしていた。理解できるがビッテンコートに対するイエロー2枚の退場は厳しかった。その判断がその後の試合に大きな影響をおよぼすことになった。


【試合】 2

変化に富んだ、最後までハラハラする展開。5つの見応えのあるゴール。

20150323190755f9e.jpg
続きを読む

《ドイツの反応》「目標はヨーロッパ?」ドルトムント内部で意見が分かれる!!

週末のハノーファー戦で勝ち点3を獲得し、勢いを取り戻したドルトムントですが、6位との差が5ポイント差となってきた事でヨーロッパ圏内も見えてきました。しかし今シーズンのチームの目標においては意見がわかれていているようです。本日のビルトの記事になります。




ドルトムントでは目標について意見が分かれている


バイエルンがこの質問に答えをだすだろう!



201503231831110cb.jpg



ヨーロッパ、それともヨーロッパなし、これが今の所テーマとなっている。


ボルシア・ドルトムントでは目標の設定において内部で意見がわかれているようだ。2得点を上げたピエール・エメリック・オバメヤンはハノーファーでの勝利の後で“僕らはヨーロッパリーグを目指すべきだ”と語った。


しかしそれに対してボスは歯止めを欠ける。会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ(55)は、“大事なのは降格圏とのポイント差を広げていくことだ。”と語った。


またトレーナーのユルゲン・クロップも注意深い。“我々は降格争いのまっただ中に居るわけではなくなった。降格の可能性が計算上なくなった時点で、後何試合残っているか見ようじゃないか。”



こうした控えめな態度は、次の対戦相手も関係している。復活祭の土曜日にはバイエルンと対戦する。BVBのキャプテン、フンメルスは“彼らを倒すことができたら上を目指すことが出来るだろうね。”と語った。


いずれにせよドルトムントは他のリーガのライバル達とは異なり、まだ屈服してはいない。ネヴェン・ズボティッチ“バイエルンからポイントを取ることはいつも可能だよ。”


そしてフンメルスもはっきり言う。“僕たちはバイエルンを倒すつもりだ!ここ最近の対戦はいつも熱く激しい物だった!”

続きを読む
[ 2015/03/23 18:39 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(4)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。