ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》EL予選、香川は“3”の評価!ドイツ紙の採点と寸評まとめ

昨日行われましたヨーロッパリーグ予選、各紙の採点と寸評をいくつかまとめました。





【西ドイツアルゲマイネ新聞】



ビュルキ 2.5


前半は38分のフリーキックの場面で少し不確かさを見せたが、他はほとんどやることがなかった。後半はやることが増え、65分のザイドルのフリーキックをしっかり止め、84分にはトリディナスのヘディングをしっかり弾いた。それ以外では彼が足でもボールをうまく扱えることを証明した。

201507311857018f2.jpg

ピスチェク 3


右サイドではとても積極的にプレーに参加し、多くのクロスをあげた。しかしその多くは危険なものではなかった。それは彼がサイドと中央の中間あたりの位置からクロスをあげていたせいでもある。一番良いクロスはオバメヤンが外してしまった。守備では何もさせなかったが、後半はその確かさが失われてしまった。


ソクラティス 5


このギリシア人の前半はだいだいにおいて手堅い出来で一対一でも負けることはなかった。しかしその後そうした印象は変わってしまった。彼のつまづきから、ツィンデルは大きなチャンスを獲得し(70)、その後2度もコーナーキックからのトリディナのヘディングを防ぐことができなかった(71.84)。そしてピスチェクとビュルキがライン上でボールをクリアしたことは彼にとっては幸運だった。それに彼のパスミスが、ヴァイグルの戦術的ファールにおけるイエローカードの原因となった。


フンメルス 3

前半はミスのないでき。このキャプテンは守備において力強く、組み立ても良かった。しかしヴォルフスベルガーが力を出してからそれは揺らいだ。61分には相手に押しやられ、70分にはペナルティーエリアの中で簡単にやられてしまった。そしてその2回ともツィンドルの大きなチャンスにつながってしまった。そして90分にはボールを失い、それは戦術的なファールで止めるしかなかく、イエローカードをもらうことになってしまった。


シュメルツァー 3.5

右サイドのピスチェクのように積極的ではなかった。しかし攻撃において賢いポジショニングを見せ、守備では問題がなかった。


ヴァイグル 2.5

この19歳の本当に手堅く自信に満ちた公式戦デビュー。彼がソクラティスのパスミスから戦術的なファールでイエローをもらった時は、このギリシア人に自分がどう思っているかをはっきりと示していた。この確かな自信がいたるところで感じられた。守備においても、試合の組み立てにおいても賢いポジショニングをし、ボールを確かに捌いた。そして喜ぶべきことに、ボールを確かに扱うという選択をせず、縦にボールを運んだ。


ギュンドガン 3


この代表選手の序盤は圧倒的だった。ほとんどの攻撃にかかわり、相手の多くのボールをカットした。昔の力だ少し戻ったようだ。しかし後半は明らかに目立たなくなってしまった。


ホーフマン 3.5

このカムバックを果たした選手のスタメンには驚いた。そしてミキタリアンの横パスに対して、無人のゴールへシュートを決めた。よく走り頑張っていたが、いつも試合に関わっていたわけではない。そしてちょっとミスが多すぎた。


ロイス 4

多くの状況で彼の力の片鱗を見せ、力強いパスをだした。先制点の場面で彼がボールに行かなかったのは良かった。でなかったらオフサイドになっていただろう。しかしチームメートと同様に彼も後半は目に見えてパフォーマンスが低下した。


ミキタリアン 2.5


前半では彼がドルトムントのベストの選手。攻撃の要となっていた。そして彼が先制点のアシストをしたのは、当然の結果であった。それに加えて多くのチャンスを力強く演出し、71分には相手の同点ゴールをライン上でクリアした。


オバメヤン 

16分には正確なパスをミキタリアンに送った。これが彼のベストのシーンとなった。何度かヘディングのチャンスもあったが(2.15.56.)、それをものにすることはできなかった。彼の最大のチャンスは一人でゴールキーパーの方へと走った77分に訪れたが、できなかった。


香川真司 採点なし

ホーフマンと交代で出場したが、もはや決定的な働きをすることはできなかった。


カストロ 採点なし

ヴァイグルに代わって出場。しかし目立つことはなかった。


カンプル 採点なし

ロイスと交代

2015073118565562d.jpg
続きを読む
[ 2015/07/31 19:04 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(22)

《ドイツの反応》ドルトムント初戦を白星で飾る!!香川は途中出場!ファンの反応

ヨーロッパリーグの予選でドルトムントのシーズンがいよいよ開幕しましたが、ヴォルフスベルクを相手に1:0で勝利しました!ドルトムントファンの反応をファン掲示板より紹介します。

20150731062610417.jpg





スタメン

ビュルキ、ピスチェク、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー、ヴァイグル、ギュンドガン、ホーフマン、ロイス、ミキタリアン、オバメヤン


ベンチ

ヴァイデンフェラー、ベンダー、香川、カストロ、ギンター、シュテンツェル、カンプル


【試合前】

・素晴らしい先発メンバーだ。何よりもホーフマンとヴァイグルという若きスターがいることが嬉しいね。この二人の事は信用している。


・この先発は本当に良いね!


・ドゥツィアークがベンチにもいない事は少し驚きだ。


・ヴァイデンフェラーがどういう説明をうけたのか興味深い。


・ベンチのメンバーも素晴らしいね。


・クーバはいったいどうしたんだ?トレーニングはすでに開始しているよね。彼が再び定期的にトレーニングできると良いんだけど。


・カンプルは内心嫌気がさしているだろう。


・これは驚きだね。香川の方が明らかに良いのに。でもまあいいさ。


・ビュルキ以外は特に驚きではないよ。ホーフマンがスタメンなのは良いね。


・ヴァイグルには驚いていないよ。特に予想もしていなかったけどね。ホーフマンも準備は良かったしな。


・ホーフマンは準備トレーニングはいつも良かったよ。


・ヴァイグルはこれまでにとてもよい印象を与えてくれている。だから驚きではないね。それに対してホーフマンは驚きだね。香川を予想していたよ。彼もとても良い準備をしていたからね。


・↑シンジはボーフム戦ではまったく目立っていなかった。今日の試合はボーフム戦を見ての決断じゃないかと思うね。


・僕もホーフマンではなくて香川を予想していたよ。


・↑サイドの枠は一人だけだ。右サイドならシンジよりもホーフマンの方が良いだろう。


・↑僕は彼は香川と比べて遅すぎると思うね。まあ見てみよう。


・おそらくユーベ戦の前半のような感じになるだろうな。ヴァイグルが一人で6番をやって、ロイスはおそらくシャドーストライカーよりだろう。香川もどうプレーするか見てみたいね。


【前半~ハーフタイム中】


・ヴォルフスベルガーは体を張っているね。ロイスがボールを持つ度に不安になるよ!


・1:0でリードだ。アウェーゴールはもらったね。


・ヴォルフスベルクからは何もおこらないな。


・追加点を取らなければならない。


・ヴァイグルは今の所良いね。パスも良いし一対一にも強いよ。


・ソクラティスのパスミスが目立つな。


・お願いだから追加点を取るんだ!!何度か良いチャンスがあったが、まだ点が取れない。今の所気に入っているのはヴァイグルと、ミキだ。ホフマンは時々時間をかけすぎるね。


・今の所いい感じだね。


・今日はギュンドガンも良いね。昨シーズンよりも明らかに動きにキレがある。


・今日はミキにやる気があるように見えるが気のせいだろうか?


・↑彼は緊張しすぎてパスしたいのかシュートしたいのか分からないみたいだった。だけど今の所良いよ。


・僕らの得点は本当にオフサイドじゃなかったの?でも1:0だからどうでも良いけど。


・↑正直に言って規則がクソなんだ。ボールはオフサイドポジションにいたロイスに出されたものだったし、ホーフマンもオフサイドポジションにいたのでディフェンダーに対してすでに有利だった。


・↑もし相手がそうやって得点したら、絶対にオフサイドといっただろうね。


・↑ロイスがキーパーの視界を妨げていたらオフサイドだった。

続きを読む
[ 2015/07/31 06:35 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)

《ドイツの反応》BVBいよいよ初公式戦へ!!誰が最初のスタメンになるか?ビルト記事とドイツ人の反応


7月の7日に日本に帰り、昨日やっとドイツへ戻ってきた管理人です。今日のドルトムント初戦には間に合いました。


さて昨日発売のビルトにおいてトゥヘルの最初の先発メンバーを予想する記事がデましたので、ドイツ人の反応付きで紹介したいと思います。





ヨーロッパリーグ予選:ヴォルフスベルク対ドルトムント


誰がトーマス・トゥヘルの最初のスタメンになるか?


20150730190352dbc.jpg


中盤では14人の選手が5つのポジションをかけて戦う




今最初のトゥヘルの犠牲者が出ることになる。


ボルシア・ドルトムントは木曜日に最初の公式戦を迎え、オーストリアリーグのヴォルフスベルガーACとヨーロッパリーグ予選で戦うことになる。



そしてトーマス・トゥヘルは最初の決断を下さなければならない。ビュルキかヴァイデンフェラーだろうか?ヴァイグルかカストロか?カンプルか香川か?



ゴールキーパー:

フライブルクから新加入したロマン・ビュルキ(24)が鼻先1つ分有利だろう。このスイス人は長期にわたって№1となるとされており、木曜日に最初の公式戦デビューを飾るだろう。


トーマス・トゥヘルは水曜日に:“僕の決断を伝えるまでには、明日までまだ時間がある。”と語った。だから試合開始のホイッスルまで、彼の計画を秘密にしておくだろう。


ロマン・ヴァイデンフェラーにとって唯一のチャンス:

トゥヘルはFCバルセロナのように二人のキーパーを使うかもしれない。つまり:ビュルキがリーガを、そしてヴァイデンフェラーがカップ戦である。

20150730190354644.jpg



守備陣のメンバーが決まっているが、BVBの中盤においてはダブルボランチの内、誰がギュンドガンの隣でプレーするかが最大の謎である。


最近ではユリアン・ヴァイグルが優先的に出場し、ユベントス相手のテストマッチで(2:0)はスタメンで出場した。しかし1100万ユーロで加入したカストロも説得力のあるパフォーマンスを見せている。


▶傾向:最初の驚きが期待できるだろう。ヴァイグルがほんの少しばかりカストロよりも有利か!


攻撃的ミッドフィルダーでは右サイドでケヴィン・カンプルと香川真司がスタメンの座をかけて戦う。


▶傾向:これは接戦だ!!人気のある日本人に対してカンプルがほんのわずかに有利か!

20150730190355b3a.jpg



一人だけがトゥヘルの下ではノーチャンスだ。それはモリッツ・ライトナー(22)!

このU21代表の選手はシュトゥットガルトで2年間ローン移籍でプレーしていたが、今は売りに出されるようである。



現在BVBでは14人の中盤の選手が契約しており、5つのポジションをかけて戦うことになる。先に名前をあげたヴァイグル、カストロ、カンプル、香川、そしてライトナーに加えてギュンドガン、ミキタリアン、ロイス、ホーフマン、ベンダー、キルヒ。さらにクーバとグロースクロイツの二人の選手が出遅れており、ヌリ・シャヒンは負傷中だ。


ビルトのスタメン予想!

ビュルキ
ピスチェク、フンメルス、ソクラティス、シュメルツァー
ヴァイグル、ギュンドガン
ミキタリアン、ロイス、カンプル
オバメヤン

続きを読む
[ 2015/07/30 19:07 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(29)

香川 早速トゥヘルのお気に入りに‼︎ ドイツ紙

現在日本で休暇中の管理人ですが、ちょっと時間ができましたので忘れられないように少しだけ更新を。

先週のドルトムントのテストマッチにおける香川選手の活躍を受けましてドイツでもニュースになっています。今回は先週発売のニュース系雑誌フォーカスに記事が出ていましたので紹介します。





20150713101732403.jpg

トゥヘル香川に感激!!!


トーマス・トゥヘル、(香川が合流して)ほんの数日後にBVBでお気に入りの生徒を手に入れる。



それにしても早い展開だ。一人のBVBのスターがBVBの新コーチの元で特別に好印象を残したようである。彼こそがクロップ時代が終わった事によって利益を得る最初の選手となるだろう。なぜなら新しいプレースタイルが彼にあっているからだ。



続きを読む
[ 2015/07/13 10:24 ] 香川 | TB(-) | CM(42)

《ドイツの反応》ドルトムントいよいよ日本へ!!ファンの反応 +【お知らせ】

ドルトムントがいよいよ日本にやって来ますね!!公式ホームページやFacebookでもさかんにその情報が更新されて、ファンのコメントも多く寄せられていますので紹介したいと思います。




【ドルトムント公式Facebookより】


チームが来るのはこれからですが、BVBはもうそこに(日本に)いますよ!



20150705190027e8b.jpg

・マスコットのエマは今アニメパーティーにでも顔をだしているのかな?


・↑キャプテン翼やジャイアントキリングのコスプレーヤー達と一緒かな?ジャイアント・キリングは大人のためのスポーツアニメでとても現実的に描かれているんだ。そして実際にあるJリーグのクラブを舞台にしているんだ。もし君が日本のアニメとサッカーが好きなら絶対にお薦めだよ!


・今でもドルトムントを愛する2人のレジェンドがチームのために働いている。(注:カール・ハインツ・リードレとラース・リッケン、共にCL優勝メンバー)

20150705190028d5d.jpg


・リードレは全然年をとっていないな。彼ならまたブンデスリーガでプレーさせられるんじゃないか?


・1997年の決勝でのユベントスを相手に3:1で勝ったことは忘れられない!リードレが2ゴールでリッケンが1ゴールだ!!


・僕のヒーローたち!


・二人のレジェンドだ!


・この写真をみるとノスタルジックになるなあ。


夢のようなチームだね。アジアで楽しんで欲しい!

20150705190042b66.jpg



・こいつはたまらんな。僕もミュンスター(注:ミュンスターは町の名前。おそらくコメント主の住処)から日本に飛んでいきたいよ!


・日本はなんてラッキーなんだ。嫉妬してしまうよ。


・僕はもう自分たちの選手がブーイングされない事を祈っているよ。選手は誰でも挑戦する権利があるんだ。彼は正しい姿勢で取引したんだから。ベンチのゲッツェとは違ってね。(注:おそらくギュンドガンの事だと思われる。昨日ドルトムントで行われたシーズンオープニングでギュンドガンはファンからブーイングをうけた。)


・↑いったいどの彼の行いが正しかったんだい?彼はポーカーで思いっきり負けたじゃないか。BVBは復帰するかわからない彼を15ヶ月も支えたのに。そしてその感謝がこれだって?


・↑正しいかどうかは別にしてまあこういう結果になったんだ。僕も彼はもうすきじゃないけど、ボルシアで試合に出るだろう。彼にブーイングを浴びせたら彼のプレーも落ちるだろう。そうしたら僕らにとってはなんのプラスもないじゃないか。


・リッケンとリードレか!アイ・ラブ・ユー!


2015070519002587f.jpg


・一番右はリードレかな?


・この二人を見るのは本当にいいもんだ!


・僕はこの写真の日本人と香川の区別ができないんだけど・・・・(笑い)。


・↑日本人ヘアスタイルが香川だよ・・・って、みんなそのスタイルじゃないか!!



・↑いや香川はここにはいないから。


・↑いや香川は一番左だろう。白い傘を持っている人。


・アジアで楽しんできてくれ!!


・香川がリードレの隣に(笑)!!!


・二人のBVBのレジェンド!!!!

2015070519004493c.jpg
続きを読む
[ 2015/07/05 20:04 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(34)

《ドイツの反応》BVBテストマッチに5:0で勝利!!丸岡もゴール ファンの反応【動画あり】

昨日6部のレーデを相手に行われましたドルトムントのテストマッチ第1戦、ドルトムントが5:0で勝利しました。公式Facebookよりファンの反応をまとめました。

20150704210751523.jpg


ドルトムント試合のメンバーとフォーメーション(4-1-4-1)

BVB 1. 前半:

Bürki – Kirch, Hummels, Sarr, Schmelzer – Weigl – Blaszczykowski, Gündogan, Mkhitaryan, Sauerland – Ioannidis

BVB 2. 後半:

Weidenfeller – Piszczek, Subotic, Stankovic, Durm – Bender – Maruoka, Stenzel, Castro, Dudziak – Kampl


ゴール:

0:1 Gündogan (12.), 0:2 Mkhitaryan (19.), 0:3 Ioannidis (21.), 0:4 Stenzel (52.), 0:5 Maruoka (87.)

全ゴール動画

https://www.youtube.com/watch?v=lYjt-RHnkMM





ファンの反応


・その調子だ!!!


・明日のテストマッチのチケット余っていないかな?


・3本のアルミニウム直撃が不安にさせる。


・良い始まりだね。その調子で頑張って欲しい!!


・素晴らしいスタートだ!


・やっと無失点だね!


・相手は6部だけどそれでも良くやっている。


2015070421075496f.jpg


・新シーズンが待ち遠しいね。トゥヘルは新鮮な風を運んでくれるようだ。明日も勝ってほしいね。


・僕もだ!


・それにしてもなんであんなにバー直撃のシュートが多いんだ・・。


・テストマッチの結果は何の意味もないよ。


・なんかこのコメントを読んでいると暗い気持ちになるよ。僕は1979年以来のBVBファンだから、良い時代も悪い時代も経験している。なんで経験のない選手にチャンスをやったらだめなんだろうか?君らの多くは成功することに慣れてしまっているね。



・僕は今シーズンはあまり大きな期待をしない事にしている。10位だったらいいよね。



・3本もバー直撃のシュートがあった事を考えると、チャンスをものに出来なかった事でまた大泣きすることになりそうだ・・・。


・3本のバー直撃と、またロイスがなんらかの理由でいない事を考えると、また昨シーズンのような事が繰り返されるのではないかと思ってシます。トゥヘルがカンプルを力づけてくれることを願っている。


・昨シーズンはリヴァプール以外は全部勝ったんだけど悪いシーズンだった。悪い予感がする。


・フンメルスは試合後に子どもにサインをしないで、テーブルに座って携帯をいじっていた。彼の態度にはがっかりした。


・なんでこんなに文句をいう人がいるのか理解に苦しむな。これはただのテストマッチだよ。


・昨シーズンは良い準備ができたけど、結果は半年たって最下位だった。まあ茶でものんで待っていよう。


・お願いだからアルミニウム直撃シュートはやめてくれ!!!!



・アルミニウム!!!



続きを読む
[ 2015/07/04 21:05 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(14)

《ドイツの反応》W杯「サムライ・ブルー」ドイツ高級紙が日本の女子サッカーファンを特集!!【日本文化紹介】

7月2日のフランクフルター・アルゲマイネ新聞の記事になります。フランクフルター・アルゲマイネはドイツ3大全国紙の内の一つで一部2,60ユーロと高級紙として知られています。これに対してタブロイド紙のビルトは一部0,60ユーロ。一般の地元紙は一部1,30ユーロ前後となっています。





日本の女子サッカー


サムライ・ブルーを着るファン。


現地時間の朝8時。オフィスに行く代わりにスポーツバーへ。日本にも女子サッカーがある。しかし彼らは“なでしこ”のワールド・カップ決勝進出をあくまで控えめで礼儀正しく祝う。


20150703184435d6d.jpg

日曜日に女子サッカー日本代表は4年前と同じようにワールド・カップのタイトルをかけてアメリカ合衆国を相手に対戦する。日本は水曜日にカナダのエドモントンで行われた準決勝でイングランドを2:1で下したのだ。


東京はあまりそれには気が付かなかったようだ。車に乗ってクラクションを鳴らしたり、道端でお祝いをするファンは見られなかった。2011年のワールドカップ優勝以来、女子サッカーへの興味は大きくなったが、いずれにせよ、未だに日本人的な控えめな姿勢で喜ばれる(注:勝利が祝われる)。


もちろんその理由には都合の悪い時差があげられる。試合が開始されるのは日本時間の木曜日朝8時で、大抵の日本人はオフィスへと向かう途中だ。しかし、それでも渋谷区にある“M-Spo”というスポーツバーには約40人のファンが集った。ほとんどが日本人で、わずかながら男性が多かった。



サムライブルーを着る日本のファン



ダイジ・コバヤシのように、全身を着飾ったサッカーファンを見逃すことはできない。おでこには男子サッカー日本代表のサムライブルーの旗が巻かれている。膝には日本の旗が巻かれ、それはゴールの際に高々と掲げられる準備ができている。彼はそれに加えてサムライの刀を2本備えているが、もちろんそれはプラスチック製だ。

20150703184436e5a.jpg


コバヤシの座るテーブルには大きな達磨が置かれており、これもサッカーの青色である。この仏教の僧侶を思い出させる人形の片方の目はすでにもう塗られている。もう一方の目は日本代表達が決勝で勝利したらコバヤシが塗るつもりである。この42才のサラリーマンは今日試合を見るために休暇を取得した。これ以前のワールド・カップでの試合も同様である。


“日本人のプレーは良いですし、動きも良いですね。”と彼は語る。コバヤシ自身は全くサッカーをすることはない。彼は、サッカーに向いていないことに子供の時に気付いた、と言って笑った。
続きを読む

《ドイツの反応》W杯 なでしこ決勝進出は「多大な幸運!」「オウンゴールへの見解はわがまま!」ドイツ紙報道

イングランドに勝利して決勝進出を決めた日本ですが、本日のドイツ紙の報道でわりと偏った見方をするものを見つけましたので取り上げてみたいと思います。この記事はドイツ第2放送「ZDFスポーツ」のものになります。また疑惑のPKのシーンについての各紙の報道をいくらかまとめてみました。






【ZDFスポーツ】


日本が多大な幸運で決勝に進出


2015070304434347e.jpg


ドイツ代表はカナダで行われている女子ワールドカップで3位の座をかけて、土曜日にエドモントンでイングランド代表と対決する。“ライオネス”は準決勝でタイトル保持者の日本に不幸な形で敗戦した(1:2)


最後の最後にオウンゴール


“イングランドは大会を通して良いチームであることを示しましたね。”とドイツ代表のセンターバック、アニケ・クラーンはワールドカップで最後に対戦する相手に対して語った。“この試合では負けましたが、それでも自信をつけて私達のチームにあたると思います。”



エドモントンのコモンウェルススタジアムにおいて日本のキャプテン宮間あやが不公平なPKで33分に先制した。クレア・ラフェルティは有吉佐織に対してファールを仕掛けたが明らかにペナルティーエリア外であった。ドイツ代表も準決勝のアメリカ戦で同様の判定ミスが起こり、それが敗退へとつながっていた。



日本の“わがまま”な見方

イングランドは、バッセットがアディショナルタイムでの不幸なクリアで悲劇のオウンゴールを決める前の前半40分にPKを獲得しファラ・ウィリアムズがそれを決めて同点としていた。

マーク・サンプソン監督はこの不幸な選手に対し、“ラウラは大会を通してチームを支えていた。彼女は勇気があって力強く、そしてチームを一つにまとめていたんだ。彼女は英雄として記憶に残るだろう。”と語った。

日本の監督は試合後に決定的となったオウンゴールに対してわがままな見方(注:強情、わがまま、頑固などと訳せる)を披露した。“あれは本当にオウンゴールというものではなかった。なぜなら我々がそうせざるを得ない状況を作ったからだ。川澄奈穂美と大儀見優季がゴールを作り出した選手だった。なぜなら彼女たちがバッセットのそうした行動を引き起こしたからだ。”


リベンジへのチャンス


このようにして火曜日にドイツを2:0で下したアメリカにはリベンジのチャンスが有る。4年前にはアメリカは日本に対して決勝でPKの末に敗れている。
続きを読む

《ドイツの反応》ギュンドガン2017年まで契約延長!ビルト記事とドイツ人の反応

本日のビルトよりドルトムント関連の最新ニュースになります。





BVBのスターが残る


ギュンドガンが2017年まで契約延長!

201507020427070d2.jpg


ボルシア・ドルトムントは今シーズンにおける次の人事問題を解決した。ここ最近すでにはっきりとしていたように、イルカイ・ギュンドガンは彼の契約を2017年まで延長した。


これによってこの夏最大の移籍におけるジグザクコースが終了した。BVBは4月の終わりにこの代表選手が契約延長をせず、夏にチームを去ることを公にしていた。


2015070204270966e.jpg


しかしヨーローッパでのビッグクラブへの移籍は実現せず、新監督トーマス・トゥヘルとの話し合いがギュンドガンを説得することになったようだ。


ギュンドガン“シーズン準備の第一日目が終わったけど、監督とチームと共に働くことはとても楽しいです。僕は、物事がようやくはっきりし、ボルシア・ドルトムントでプレー出来て嬉しいです。今からは準備にしっかり集中して、8月からは全力で戦いたいと思います。”


ドルトムントのスポーツ・ディレクター、ミヒァエル・ツォルクは合意に至ったことに喜んでこう語った。“我々はイルカイがこれからもボルシア・ドルトムントでプレーすることを嬉しく思うよ。僕は彼がBVBでの目標を達成するために貢献してくれると確信しているよ。”


ギュンドガンが契約を延長したことによって、2016年に彼が移籍するというオプションを行使するかはオープンである。そうなったらドルトムントは移籍金を獲得するだろう。


ギュンドガンのキャリアにおいては、2013年8月から2014年の10月まで背中の負傷で離脱していたことが大きな足かせとなっている。
続きを読む
[ 2015/07/02 04:50 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(10)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。