ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー 日本人採点まとめ!+ドルトムント対VfB試合分析《ドイツの反応》

本日発売のキッカーより、日本人選手の採点とドルトムント対シュトゥットガルト戦の試合評を紹介します。




entry_img_742.jpeg
今週の表紙BVBキャプテン フンメルス

【今週のベストイレブン】

ハラデッキー (フランクフルト)、ヴェント(グラートバッハ)、マルセロ(ハノーファー)、マルティネス(バイエルン)、ラーム、ダオード(グラートバッハ)、カストロ、ジョンソン(グラートバッハ)、アミリ(ホッフェンハイム)、ベヒ (ハノーファー)、オバメヤン



【得点ランキング】


20151130184708bf0.jpeg
1位オバメヤン、2位レヴァンドフスキ、3位ミュラー、4位マリ、5位カルー、ロイス、武藤、ドスト
※武藤選手が5位タイに!

続きを読む

香川先発ドルトムント4:1でVfBに勝利!!寸評と採点まとめ!《ドイツの反応》

本日行われましたブンデスリーガ第14週、ドルトムント対VfBシュトゥットガルト戦。ドルトムントが4:1で勝利しました。早速寸評と採点を紹介します!




entry_img_741.jpeg

【西ドイツアルゲマイネ】


ビュルキ 3 

シュトゥットガルトはあまりシュートを放たなかったので、彼はあまり演ることがなかった。失点の場面ではヴェルナーに股抜きをされたが、短い距離からのシュートだったので彼を責めることはできない。


ピスチェク 4

このポーランド人が予想を裏切り2試合連続の先発となった。始まりは良く、開始3分にはロイスに縦パスを出し、先制点の起点となった。しかし何度も守備において小さな問題をかかえ、パスも正確ではなかった。1:2の場面ではヴェルナーのボールをライン上でクリアしたが、その後ルップの足元に直接ボールを渡してしまった。


ソクラティス 4

このセンターバックはヴェルナーを相手に問題を抱えていた。1:2となる前の場面ではこのシュトゥットガルトのストライカーに対して2回程良くない対処を見せた。その後ヴェルナーはさらにもう一度彼をかわし、危険なクロスを上げる事に成功した(45)。
続きを読む

「お買い得ストライカー!!」ドイツ紙、1ゴールの武藤を賞賛!《ドイツの反応》

昨日の試合後にビルトに掲載されたマインツ関連の記事になります。短いですが、武藤選手特集記事になりますので紹介します。





武藤、フランクフルト戦でゴール!


マインツは彼らのお買い得ストライカーを祝う!!!


entry_img_740.jpeg



彼は賢く、見た目も良い。そして本当に良いストライカーだ!!マインツが武藤嘉紀を祝う!!!

続きを読む
[ 2015/11/29 19:30 ] 武藤 | TB(-) | CM(11)

BVB対シュトゥットガルト!香川、ロイス、オバが出場へ!記者会見まとめ《ドイツの反応》

試合前日記者会見の内容を地元紙ルーア・ナッハリヒテンと西ドイツアルゲマイネ新聞より紹介します。





【ルーアナッハリヒテン】

entry_img_739.jpeg


メンバーについて・・


マルコ・ロイスとピエール・エメリック・オバメヤンに関しては良い感じだね。でも今は診断結果を注意深く見極めている所だ。まあ普通通りだったら、プレーできると判断するだろうね。それからパクも同様だよ。


シュトゥットガルトの監督交代について・・・


これは非常に難しい状況だね。これまでの流れは明らかだったが、今から全く違ったものになるのか、それともニュアンス的な変化になるのかという事が問われるだろうね。そしてそれは僕達にも少なからず影響を及ぼすよ。試合分析はより個人に的を絞ったものになるね。我々も相手一人一人の選手をしっかりと見るつもりだよ。それに加えてユルゲン・クラミー新監督のU23監督時代のプレーを見始めた所だ。


続きを読む
[ 2015/11/29 06:08 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(1)

だからフンメルスはまもなく復活する!!ドイツ紙コラム《ドイツの反応》

本日のビルトより、ドルトムント関連の記事になります。




ビルト・レポーター、ハイコ・ニーダーマイアーがもの申す!



だからフンメルスはまもなく復活するだろう!!


201511282008279a6.jpeg


たしかに彼は再びミスを犯した。彼は0:1で敗れたクラスノダル戦で、開始27秒にPKを与えてしまい、その責任を負うことになった。


しかし、僕はフンメルスがまもなく危機から抜け出すであろう事を確信している!!

続きを読む
[ 2015/11/28 20:34 ] フンメルス  | TB(-) | CM(7)

マインツ「猛獣」武藤、監督も褒める!ドイツ紙特集記事。《ドイツの反応》

昨日武藤選手に関する特集記事が、キッカーやインサイダー・リーガといったメディアに掲載されました。キッカーの特集記事を紹介します。



【キッカー】

マインツ・コーチのシュミットも人との接点を求める日本人を褒める


オープンな武藤さん

entry_img_737.jpeg

月曜の夜、武藤はフランクフルトへと小旅行を行った。このマインツの攻撃選手は休日をクリスマスマーケット見学に当てたのだ。ドイツはとても寒かったが、彼はその様子をツイッターを通して故郷のファンに伝えている。彼のオープンさはマインツの監督、マルティン・シュミットにも良い印象を与えているようだ。
続きを読む
[ 2015/11/28 06:00 ] 武藤 | TB(-) | CM(10)

【ELクラスノダル戦】ドルトムント1:0で敗れる。試合後のファンの反応と採点《ドイツの反応》


本日行われましたELクラスノダル戦。試合後のファンの反応と採点をまとめました。




2015112705510094b.jpeg


【ドルトムントファンフォーラム・シュヴァッツゲルプ】

・最初から最後まで集中力が必要だった。そうしたら最初のPKは防げたかもしれない。それからゴール前ではもう少し冷静さが必要だ。


・本当は結構良いパフォーマンスだったと思う。


・↑本気かい?こうした対戦相手に苦労しなかったのはまだOkだと思うよ。でも満足できる内容でなないと思う。


・↑もしあのシュートの3,4本が入っていたら誰もパフォーマンスを問題にしなかっただろうね。まあ悪くはなかったな。


続きを読む

ヴァツケ「彼は時々扱いづらいが・・」フンメルスを擁護!《ドイツの反応》

フンメルスをめぐる批判はまだ収まりそうにありません。本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





彼は時々扱いづらいが・・・

ヴァツケはフンメルス危機を擁護!

20151126194226bfd.jpeg

マッツ・フンメルスへの批判はロシアに行っても相変わらず続いている。今日ヨーロッパリーグのクラスダル戦であるが、話題の中心は:フンメルスは本当にキャプテンにふさわしいのか?という事である。
続きを読む
[ 2015/11/26 19:49 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(8)

BVBホーフマン、グラートバッハに移籍か?《ドイツの反応》

最近のトランスファーマルクトより移籍情報になります。





グラートバッハが右サイドのホーフマンに興味

entry_img_734.jpeg


ボルシア・メンヒェン・グラートバッハは現在怪我の問題に悩んでおり、冬に補強をしたいと考えている。スポーツ・ビルトが報じた所によると、グラートバッハの補強の予算は約1000万ユーロとされている。

補強の候補としてはヨナス・ホーフマンの名前が上がっている。グラートバッハのマネージャーのマックス・エベルが、パトリック・ヘルマン、アンドレ・ハーン、ニコ・シュルツらのサイドの選手負傷を受けてこの事を明らかにしたようだ。

続きを読む
[ 2015/11/26 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(11)

【ELクラスノダル戦】BVB香川、ロイス、オバメヤンは同行せず!!キッカー報道《ドイツの反応》

本日のキッカーオンライン版の最新記事になります。




【キッカー】


ドルトムント、4人の選手を残してクラスノダルへ!

entry_img_733.jpeg


BVBオバメヤン抜きでクラスノダルへ!!


ヨーロッパリーグで次のラウンドに進出する事は既に決定している。グループリーグ最後となる今回のアウェー戦でドルトムントはグループ首位を確定させたい所だ。しかもそれを新たなフォーメーションで。なぜなら彼は3人のレギュラーをホームにおいて行く事にしたからである。


続きを読む
[ 2015/11/25 19:14 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(13)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。