ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川とミキタリアンのポジションを議論するBVBファン その2

引き続き第2弾です。

312457_heroa.jpg



4.3への返信

このバリエーションはここ最近何度も頭の中に湧いて出て来たよ。とても凄いことに思えるね。そして、例えば、フンメルスとチームになじんだギンターを守備中央に置くことを想像したら、ボール支配の問題はこれ以上出てこないね。だけど、最終的には誰かが怪我しているかに左右されるだろう。

可能性の高い自由なフォーメーションは全体的にとてもポジティブだよ。だけど今まで見て来た主に2つのバリエーションはまだ十分とはいえないね。これは固定されたフォーメーションに比べて短所かもしれない。
だけどこれは単にまだ練習不足とと怪我の問題という理由だと推測することもできるだろう。
いずれにしても、僕らのチームが今シーズンどういう風に成長して行くかとても興奮してるよ。可能性は巨大だからね。




5.2への返信(こういった議論事態が今のドルトムント事情に合わないと考えている。)
さて、もしここで誰かが特別に興奮してないのなら君だろうね。
でも君はもちろん正しいよ。
僕らはこのシステムはあっちこっち行き来してそれはシステムですらない、それどころか自由自在な敵とプレー状態を合わせたいと見える。
だけどこれも正しいよ。僕らは今、選手層の厚みを付け加えてこのバリエーションを可能にしたから。

香川は本来パズルの重要なピースの一部だ。
彼はダイヤモンドのトップや3人の中央でプレーできるだけじゃなくて彼の知的な走りだしで敵の攻撃を潰すことができるからね。敵陣で守備をすることでボールを奪ったら素早く攻撃に切り替えることができる。
前提として、もちろんかれはその場所(トップ下)で出場することだけど。僕はクロップが彼を戦術上どういう風に配置するのを考えると隠しきれない位ドキドキしているよ。



スポンサーリンク


僕もこれは良い質問だと思うよ。こうした3人を横に配置した2列目がが完璧であればね。それからクバとオバも加えてると信じられない位の可能性があるね。
でもあんまり多くを期待しない方がいいかもね。
先ず真司はを結果を出すのに時間が必要だ。正直言って、彼が前半戦ではまだ自分の体じゃないようにプレイすることも充分あり得るよ。この2年間は彼にとってポジティブではなかったからね。
でも凄く嬉しいよ。僕たちが沢山楽しめるのは確実だし、香川を見るのがとても楽しみだよ。





長いのでひとまず休憩。個人的に興味深かったのは、香川の長所に相手の陣地で行うプレッシングをあげているサポーターです。マンチェスターではこうした試みはあまり評価されてなかっただけに嬉しいですね。

それでは。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。