ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独誌キッカー「香川不調脱出!香川が気を引き締めたのはゲッツェが原因?」特集!!《ドイツの反応》

【キッカーオンライン】4月26日16時(ドイツ時間)


ドルトムント:日本人が不調脱出

香川が気を引き締める!! - ゲッツェが原因?



entry_img_1001.jpeg


ある時期、彼から笑顔が消えてしまった。しかし今香川真司は再び輝いている!ここ最近のブンデスリーガ6試合でこのドルトムントのミッドフィルダーは4ゴールし再び戻ってきた。“彼は再びシーズン序盤の様な状態にあるね!”とスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは語る。

スポンサーリンク



先週の土曜日に、シュトゥットガルト戦での先制点(3:0で勝利)でもって、この日本人は3月13日にマインツで始まった成功を継続させた。その間彼はブレ―メン戦とシャルケ戦でゴールをし、さらにハンブルク戦とポカールのヘルタ戦でアシストをしている。


今年初め、香川は長い間にわたって得点することができず(Durststrecke:困窮期間とも訳されるが、サッカーでは主にストライカーが得点できない時期にこの言葉を良く使う。)、難しい時期を経験したが、これによってチームにおける価値が高いものであることをしっかりと裏付けた。“彼は歯を食いしばって、明らかに気が引き締まった感じだね。”とツォルクは強調する。“シンジは非常に効果的でボールの扱いも安定している。”


そしてこれによって彼は監督の信頼も取り戻した。トーマス・トゥヘルはバイエルン戦やリヴァプール戦など、繰り返し香川を起用しなかったり(直訳:使い道がなかった)、起用したとしてもトッテナム戦やブレーメン戦のように短い時間のみであった。彼のベンチ外は、決して最近のドルトムントで良くみられるローテーションによるものではなかった。トゥヘルはこの27歳のパフォーマンスに対して不満だったのだ。

香川の状態が明らかに上向きとなった事が、ゲッツェの一連の買い戻しの噂と関係があるかは定かではない。しかしゲッツェがいかに多様性のある選手であったとしても、彼の最大の長所は中央だ。香川と同じように。だから香川が監督の下で、今この時期にアピールして見せたことは決して悪い事ではないだろう。

“シンジは、少ないプレー時間に決して満足していなかったよ。”とツォルクは断言する。しかし彼は不貞腐れることなく、最高のやり方でその答えを示して見せたのだ。ゴールとアシストで。





以上です。

このタイトル、訳すのに苦労しました。

原文ではSich straffenという動詞が使われているのですが、これは曲がったものがピンと伸びる、伸ばす伸ばすという感じの言葉です。主に曲がった背筋を伸ばすという意味で使われますが、【姿勢を正す】と訳すことも可能です。トゥヘルの過去の発言から、ベンチ外の理由が練習態度にあると報道された過去も(トゥヘルの発言はこちらです。)ありますので、それを受けて「姿勢を正した」と解釈することは決して間違っていないと思ったのですが、そうするとさすがにその部分が強調されると思いましたので、【気を引き締めた】もしくは【気が引き締まった状態】と訳しました。これだと香川選手が「気が引き締まった、緊張感のある良い状態」だとも取れますし、「ベンチ外の時期よりも気を引き締め直した」ともどちらにもとれます。

長くなりましたが原文でもどちらにも解釈できますので、そのように訳しました。

やはりどの記者もゲッツェの存在は気になるようですね。とにかくシーズン終盤にこの調子は非常にうれしいですね。ぜひあと2得点して二ケタ得点を目指してほしいです!!

それからこの記事のどの部分をブログのタイトルにもってくるかで大きく印象が変わりますね。当ブログでは最近では大抵の場合は、元記事のタイトルをそのままブログのタイトルにしています。(たまに記事の中の小見出しを持ってくることもありますが。)

[ 2016/04/27 16:52 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(45)
管理人さん、翻訳ありがとうございます!
ドイツ語からの日本語で上手く当てはまる言葉が無い場合は難しいのですね。
またブログタイトルを原題のままなのは見る側もその方がより記事の意図が伝わりますよね。

日々練習から手を抜かずにやって来た努力が試合の結果として出ている事を理解されたようで良かったです。
このままリーグ戦で2桁を期待したいですね。
ゲッツェの動向は気になります。
[ 2016/04/27 17:16 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。ゲッツェがどうのこうの…全く香川には関係ありません。だいたいシステム変更でなぜか出れなくなりましたが全く不調ではなく、腐らず頑張ってました。このぐらい活躍でもありません。香川にとっては普通だと思っています。なので、最後のポカール決勝に必ずスタメンで出て活躍して優勝しておおでをふって日本に帰って来てほしいです。
[ 2016/04/27 17:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェ獲得のため外堀を埋めようとする強引な記事に見えますね
香川の活躍とゲッツェの移籍話は全然関係ないのに
この記事を書いた人はドルのフロントに頼まれて書いてるんですかね?
[ 2016/04/27 17:24 ] [ 編集 ]
スタメンを外された時も、香川は常に全力で取り組んでましたよね?
途中出場でも結果を出してましたし
日本人らしく、自省的で慢心や怠惰とは無縁の選手ですよ
出場機会が減ったのに前半戦と同じペースで数字を残すのは無理でしょう
なぜ不調扱いされるのか理解できませんね
香川の努力を称賛している記事なのは分かりますが、今話題のゲッツェと結びつけたり、何だかモヤっとしてしまいます
[ 2016/04/27 17:36 ] [ 編集 ]
(σ´∀`)σゲッツ
[ 2016/04/27 17:42 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも誠実かつ冷静なサイト作りありがとうございます。また1000記事おめでとうございます!これからも楽しみにしています‼

さてこの記事を読んで思ったのは、なんだかんだ言ってもみんなドイツの至宝が好きなのねぇ…そりゃそうか。至宝やもん!

香川選手は別にゲッツェに刺激を受けた訳ではないと思いますけどねぇ。
スランプというよりは、彼の必死の努力で新しい戦術に対応していった結果だと思います。
ゴンゾも多分ロイスもハマらなかったポジションで結果を出し始めて、本当にたいしたもんだと思います。
でも恐らくゲッツェが帰ってくるのは決まりっぽいので、そしたら普通に干されちゃう予感しかしませんねぇ。
今季のフロントとトゥヘルを見てる限りでは…
あと悲しいけど、ミキも売ってしまいそうですよね。レヴァの事を思うとミキもドイツ人ではないですもんね(;_;)代理人もあの方ですし。

香川選手がブログでどこに行くかではなく誰に会うかが大事なんだ という事を書いてましたが、どこでプレーするかではなく誰とプレーするか なんて考えたりしてるのかもなぁなんて邪推してしまいました(^^;;
もう一花どこで咲かせてくれるのでしょうか?色々経験して対応力もついてきてると思います。
長文で失礼しました。
[ 2016/04/27 17:48 ] [ 編集 ]
完全に香川のパフォーマンスが落ちて出てなかったと捉えられてるけど逆なんだよなあ。

好調だったのにいきなり干されて調子を落とした。去年のベンチスタートから年初めの練習試合まで調子は良かったよ。
[ 2016/04/27 18:15 ] [ 編集 ]
単純に今の前目の動きに体が順応しただけじゃないのかなあ
出戻りしてからはずっと捌き役だったけどその前はアタックバリバリしてたわけだし。
[ 2016/04/27 18:21 ] [ 編集 ]
香川が調子崩したのは、トップ下にポジションが代わった事と使われなくなった事が原因だと思います。
復調してきたのは、フンメルスが香川不在時の試合で攻撃に問題があるってチーム批判してから香川が使われ出した気がするので……香川復調の原因はフンメルス!と私は思ってます(笑)
[ 2016/04/27 18:25 ] [ 編集 ]
フンメルス移籍がより堅い話になりましたね。ゲッツェもドルに戻ってきそうです。個人的には交換トレードというよりも、難航中のムヒとの交渉が決裂した場合の保険のような気がしないでもないです。

ムヒは今が最高値(来季は戦術的にも人員的にも今季ほどスコアを稼げない可能性が高い)なのは間違いないので、売るならば今でしょうから。
[ 2016/04/27 18:47 ] [ 編集 ]
自分の解釈とはだいぶ違いますね
確かにスタメンを失うきっかけは練習態度だったのかもしれませんが、それが継続的に続いたのは結果が出なかったからではなく、戦術変更ですよ
香川は前半戦が終わるまで好調で、フランクフルト戦ではアシストしてますしヴォルフスブルク戦に至っては劇的な決勝ゴールを叩き出しています
それがいきなり後半戦に入るとベンチ外になったものだから、ドイツメディアも騒然としたわけで
そのあとは確かにたまに出ては低調なパフォーマンスを繰り返すのですが、あのような扱いをされれば調子を落とすのも仕方ないと思うのですがね
もしも香川が結果を出してスタメンに復帰できるのなら、そもそもスタメン落ちしてませんよ
今のドルトムントにとってもうリーガは消化試合みたいなものですし、トゥヘルは来季を見据えてチーム作りしています
その関係で香川がスタメンに戻り、結果が出ているのであって、順番があべこべに解釈されてますね
[ 2016/04/27 18:47 ] [ 編集 ]
日本でもたぶん同じ記事がでてましたが、
管理人さんの翻訳は素晴らしいですね!
ありがとうございます!
丁寧で、細かいニュアンスまで伝えて下さる…感謝です。
[ 2016/04/27 19:18 ] [ 編集 ]
前半戦全部が序盤なのか
ポジション変更とか全部無かったことにされてただの不調ってことにされるのね
挙げ句の果てにゲッツェのダシに使われる始末

まぁドイツ期待の星だから仕方ないね
[ 2016/04/27 19:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェが来たとして、純粋に出来不出来で選んでくれるのかな?
絶不調のロイスでも、先発外さない‥。至宝にドルで試合勘を取り戻させて、再び輝かせW杯にGO!コレだと、いくら香川が頑張っても浮かばれないですよね。ゲッツェを軸に戦術を立てて、二番手・三番手の香川の出場機会が減り調子を落とす‥モイーズユナイテッドや今季後半の序盤の様な、負のスパイラルが始まるのならば、香川も考えるべきだと思います。逆立ちしてもドイツ人にはなれませんからね。あ
[ 2016/04/27 19:50 ] [ 編集 ]
別の記事でも書きましたし、既に何名か書かれてますけどゲッツェ来るとまた冷遇が始まりそうで。ロイス迎えるのに追い出すように売却した香川選手が放蕩息子ならゲッツェは前科ありの不良息子じゃないですか。香川選手はドルトムンドの現状のメンツでは控えレベルではもったいないです。

ロイスがひどいパフォーマンスでもスタメンは確約されているからゲッツェもきっとそうですよね。今季以上に冷遇するならファンハールみたいにはっきり使う気がないと本人に伝えてほしいです。でもトッヘルはそれはしなそう。ルーアにしろ、キッカーにしろやたらと香川選手の記事にゲッツェを無理やり絡めるのがいらっときます。香川選手ならそれでも結果を出してくれる気もするので外野が余計な心配しても仕方ないですね。
[ 2016/04/27 21:01 ] [ 編集 ]
香川選手がベンチやベンチ外になったのは不調だったからで、最近スタメンで出だしたのは不調を脱したからという見解が許せません。明らかにゲッツェ再獲得したいフロントとトゥヘルの犠牲になって不当な扱いを受けてただけなのに、こういう論調は悔しい限りです。冷遇されてた時期に、香川選手自身が調子落としてるつもりはないと答えてましたからね。香川選手は、今まで自分のコンディションがよくないときは、よくないと答えてますから・・・。
ロイスはどんなに不調でもスタメン確定なのは、キッカーも突っ込まないんですかね?クラブだけでなく、キッカーまでドイツ人には甘いのでしょうか?どう考えても納得できません。
ツォルクSDは、香川選手のこと大事に思ってくれてるんですかね?CEOやトゥヘルは、香川選手のこと邪魔でしょうがないと思ってそうな気がします。そうじゃなければ、ここまでゲッツェに執着しないですよね。
クロップが去って、香川選手への態度が明らかに変わったように思います。ドルは温かいクラブだと思ってたので悲しいです。
[ 2016/04/27 21:39 ] [ 編集 ]
04/27 19:20さんに全面同意
練習態度とか言う人もいるが香川がベンチになり出したのは、それ以前つまりウインナーブレイク前からだしね

というか香川ゲッツェのことよりフメルスのバイエルン移籍合意の方を心配するべきだわ
[ 2016/04/27 21:55 ] [ 編集 ]
どうしても比べてはいけないとは解ってるけど、ベンチにされたとか
ビッグニュース扱いみたいですけど、ユナイテッドで経験済みですよ。
シュバイニーみたいにテニスコートのベンチにすわってたわけでもない。

単にトゥヘルを大きく見せるために香川を干した、ビッグネームでもひるまない、の
プロモーションの為に利用された感じがあるんですよね。
香川自身はそこまで不調にみえなくて他の選手は不満を溜めてるのはみえみえだったから。
ゲッツェがきたらまともな競争もなくドイツ人の自尊心を満たすためだけに
香川が利用されるのがみえてるので、やっぱり移籍してほしいですね
ゲッツェに逃げたとか書かれるでしょうが、どうせそんなのドイツでしか話題にならないから

采配はモイーズっぽいひよりかたしてるのに、トゥヘルのプロモーションに競技人生捧げて
何のメリットがあるのか私には理解できないから。あの戦力ならブンデスは誰でも二位になれる。
あと香川はインタビューの仕方を変えた方がいいですね、チームメイト、監督の采配を肯定するのは日本人の考え方ではありでしょうが、ベンチにされる利用される隙をつくるだけなので答えない、のがベストですよ。聞く日本人記者もその辺がわかってないんでしょうが。

代理人は本当に変えてほしい。ドイツでここまで利用されてだんまり、とか日本人でも
できるじゃないの
[ 2016/04/27 22:04 ] [ 編集 ]
香川が調子を上げてきたのは守備的な戦術で動きも制限されてたけど最近になってある程度下がることも許されるようになったからだと思います
寄って調子が出てきたのはゲッツェは関係ないw
そもそもゲッツェいりますか?ロイスという怪我が多い選手もいるのに・・
[ 2016/04/27 22:05 ] [ 編集 ]
難度の高い翻訳だったんですね、ありがとうございます。
皆さんがご指摘のように、これまでは出場機会を減らされてただけでゲッツェとは関係ないだろうと思いました。
それにしても、メディアの彼方此方でゲッツェ絡めてるところを見ると、やはり出番を得にくくなるのかもしれませんね?
実際トゥヘル次第では、あたかも不調のような様相いつでもまた作れるわけですし。。。

17:48さん、香川のブログは自分も全く同じような解釈しましたよ。
もし何かが現状打破の起爆剤になったんだとしたら、それはELでクロップと会ったからじゃないのかな、なども思いましたw
現在の活躍を足がかりに、ぜひ良い流れを掴み取ってほしいです。
[ 2016/04/27 22:11 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
「Durststrecke:困窮期間とも訳されるが、サッカーでは主にストライカーが得点できない時期にこの言葉を良く使う。」の一文が印象的でした。これでなんだかしっくりきました。
やはりドイツで香川はシャドーストライカーという意識で得点量産してこそ価値があるということなんでしょう。それが香川の強みだと認識されているんですね。トゥヘルも同じなんでしょうね。今は本来彼の得意としているスピードに乗った状態でのシュートが戻ってきているので、残り頑張って2桁得点してほしいです。このメンバーで来季3冠目指してほしいなあ。やっと形が出来上がってきてこれからさらなる高みに、という感じなのに。と思ってしまいます。
(後は、肝心のところでトゥヘルが謎采配をしなければ。←これ、結構問題ですよね.....)
[ 2016/04/27 22:14 ] [ 編集 ]
だいたいゲッツェはドルに来ても活躍出来るかどうか疑問です!ずーっと干されてて、ここ直近試合出てましたが、なんともインパクトありませんでした。他がスーパーだからかも知れませんが…
[ 2016/04/27 22:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェ本当に戻ってきちゃうんだね
この前4141を試して結果として上手く行ったけど、あのタイミングで試したのは香川とゲッツェの併用を視野に入れての事なんじゃないかな。
ミキの所にゲッツェを入れればピッタリそのまま使えそう。ロイスとゲッツェは勿論、プリシッチと香川も相性良さそうだし、年齢的にも若僧&兄貴みたいな感じでプリシッチ香川ゲッツェロイスにもできそう。
まあゲッツェはトップ下に置きたいんだろうけど。
[ 2016/04/27 23:00 ] [ 編集 ]
オバメヤンが怪我で出れないから香川システムに戻しただけ
[ 2016/04/27 23:10 ] [ 編集 ]
ルーニーにゲッツエと来るか。ムヒのために活躍がセーブされていたふしもあったし、花形ポジの選手は、サッカーの実力以外のところでも頭をひねらなければいけないから大変。

本人自身のコンディションはいいのに不調扱いして干すストーリーをでっちあげることぐらい簡単なのは今年で分かったので、これからもふてぶてしく自信を持って、サッカーにだけは謙虚に臨んで、好機が来たらそれを逃さないように頑張ってほしい。
[ 2016/04/27 23:47 ] [ 編集 ]
香川はポジションを勝ち取るために努力しただけでゲッツェどころではなかったでしょうね。そして来季ゲッツェがいてもいなくても競争はありますよ。もしまた不利な立場になったとしても香川なら再び立ち上がるはず。
[ 2016/04/27 23:51 ] [ 編集 ]
04/27 22:11さん、ドキドキしました。
盲目なただの香川ファンの私が、あの文面からそれを読み取れずにいたとは情けない!そうなんでしょうか!

本田選手もプレミア移籍の噂が絶えませんよね。

香川選手はあまり移籍の噂とか出てないですが、タイミング的に、どうして今3人で会ったのか、場所ではなく人。確かにキーワードのように思えてドキドキしてきます。

とにかく残り試合、使われた時には全力で結果を出し、時を待って貰いたい。

04/27 22:11さん、ありがとうございました。希望が出てきました。

ゲッツェはマルコと2大看板にするんじゃないですかね。何が起きるか、この夏楽しみになりました!
[ 2016/04/27 23:52 ] [ 編集 ]
 今シーズンの香川選手はトゥヘル戦術にフィットしなかった期間が12月頃から続いていましたが、あれは戦術的なもので、それをゲッツェ移籍の噂で改善されるような精神的な不調とするのは無理があります。
 香川選手はドイツでは外国人選手ですから、現地メディアに都合よく使われてしまうのは仕方ないことです。外国でプレーするということは、そういうことも受け入れなければなりません。香川ファンの方もそれを踏まえて海外の記事を読むことをお奨めします。
[ 2016/04/27 23:55 ] [ 編集 ]
香川は今シーズンずーーーーーーーと調子良いからw
[ 2016/04/28 00:34 ] [ 編集 ]
ゲッツェの噂が原因で奮起したというのは、ある種「格好悪い」ことと考えいる方が多そうですね。
だからこそ、そこと結び付けたくないのでしょう。
[ 2016/04/28 00:54 ] [ 編集 ]
「難しい時期」という言い回しにも「この日本人」と似たような理由があったのですね。
海外記事を見るのにためになって有難いです。

個人的に今年に入っての香川の調子は、良い部分を見せるが悪い部分も目立つと感じてました。
細かくいえば試行錯誤の迷走気味で決して不調ではないと表現したいですが、端的に表現するなら不調でしょうね。

言葉は受け手の心象一つで大きく変わる不確かなものですね。

日本で悪印象を持つ人が多いのは分かりますが、なんというかネガティブで悲観的な人が目立ち過ぎですね・・・。
[ 2016/04/28 01:32 ] [ 編集 ]
本田△の移籍や長友の移籍でも
色々と紆余曲折があってたけど
そんな中、今までの香川の移籍に関しては
したたかさを一番感じる
どうも今の香川からは
クロップ臭がしてならない(笑)
ガム爺の御前試合で大活躍した後にマンU移籍の流れの再来になりそうな

クロップとの再会にもなったリバポとの試合が
香川の分岐点になってる気がする
[ 2016/04/28 01:35 ] [ 編集 ]
香川はふてくされずに復活して本当凄い。
[ 2016/04/28 01:42 ] [ 編集 ]
不調とまで言えなくても去年の秋の代表戦から帰った時はかなりコンディションが落ちてたし疲労の影響も多少あったと思うけど。それから戦術変更で少し迷いが出てトゥヘルの扱いも良くなかったけどね。

香川は一年のうち秋から冬にかけていつもコンディションが落ちる。そして春先からぐんと上がってくる傾向があると思う。
[ 2016/04/28 06:59 ] [ 編集 ]
今長友と会ってイタリアに居る。
何か匂うな・・・もしかしてセリエAからオファーが、と勝手に妄想してますが
裏ではなにか動いていると思います。
ドイツメディアも香川選手の動向は取材してないと思うので表に出てないだけかも
ポカール決勝が終わった後に何か突然発表があったりして
[ 2016/04/28 09:19 ] [ 編集 ]
分岐点がリバポの試合?代表戦からじゃない?
あの時からシャドーのポジショニングに戻っててスーパゴールまで出たからハリルホジッチ?、と思ったけど。
これまではハリルホジッチに否定的だったけど、あの試合からハリルホジッチアレ?って思えて来たんだよ
[ 2016/04/28 11:16 ] [ 編集 ]
香川は所詮外国人。ドイツ人より守ってもらえないのは仕方ない
でもいいように使われるのは不愉快だ、いろんな意味で
そういえば、マンUに移籍する前に
香川は長谷部と乾に会いにいったことあったっけなーと、ふと思い出した
[ 2016/04/28 11:46 ] [ 編集 ]
このキッカーの記事には同意しかねますが、後半戦の戦術に香川がフィットしていなかったのは本当だと思います。
トゥヘルとクロップは別人で、考え方も、好むプレイスタイルも違うのですから、そこのところは理解しなくてはと思います。
香川はあんなにいい選手なのになんで? と思うのは香川選手側に立って見ているからで、トゥヘルの理想とするチーム編成では香川の長所より短所が合格点に達していなかったのだと思います。
クロップでは長所だったところもトゥヘルでは短所になっていたのかもしれないし、その反対もあると思います。
今では香川の努力によってスタメンを勝ち得ていますよね。監督を説得できる結果となり、素晴らしいことだと思います。
しかし、香川だけではなく、他の選手たちも素晴らしい才能を持ち、同じように努力していることも忘れないで欲しいです。
[ 2016/04/28 13:08 ] [ 編集 ]
ゲッツェの出戻りの噂ってアンチェロッティ決まってゲッツェがバイヤンに来季いるかわかんないっていった後半開幕前だよ
2月にはかなり噂になっててそれが原因で香川の状態が今頃上向きって流石に無理があるわ
ゲッツェは去年もギュンと交換でバイヤンとトレードって噂あったよね
現状アンチェロッティ、ゲッツェ、バイヤン、リバポ次第だわな
香川は昨季も年末年始病気だの怪我だのしてからしばらく試合でてないっしょ
リーグは昨季4試合今季5試合出てないだけでカップも出場時間も昨季と似たようなもん
今季は他の選手と比べて全然試合でてるし調子いいよ
日本でタイトルが煽りっぽくなんのはタイトルつけんのが雑誌の編集っていわれるけどドイツもなの、管理人さん
[ 2016/04/28 14:23 ] [ 編集 ]
>ゲッツェの噂が原因で奮起したというのは、ある種「格好悪い」ことと考えいる方が多そうですね。

格好悪く思うとしたら、ゲッツェの噂で急に奮起した場合のみですね。
香川はそうじゃないですから。
来るかどうかも分からないゲッツェより、ポジション争いをしているチームメイトのプレーの方が発奮材料になったと思います。
まあ、記者もタイムリーな話題だから持ち出しただけで、本気でゲッツェが原因とは思ってないでしょうけどね。
[ 2016/04/28 15:21 ] [ 編集 ]
11:16と同じことハリルに思ってたわ
選手のメンタルケアも監督の仕事だっていってたし香川も相談してたみたいだし
香川は代表で攻守の切り替えとかいい練習ができたっていっててシリア戦で自信つけたよね
それとハリルは香川に前に居ろっていってたけどトゥヘルみたく中央に居てサイドに行くなとか下がるなとか縛りがなかった
基本前に居て試合中に自分で考えろ、組み立てよくなくてボール来ないなら下がってよしってスタンス
課題は山積みだけど代表はシリア戦で組み立てよくなって香川は前に居れて前の選手が流動的にポジチェンジして攻撃がよくなってたわ
シリア戦後から実はドルでも香川は前に居るけどボール来なかったり組み立てよくないと下がってもサイドに流れてもよしで、うまく選手同士でポジチェンジして攻撃に流動性がでてよくなってるんだよ
実はトゥヘルがシリア戦から学んだんじゃないかとw
香川は昨季と同じで後半戦出だし遅れたけどロイスやゴンゾより先にトップ下でフィットしたんだから大したもんだよ
[ 2016/04/28 19:39 ] [ 編集 ]
最近、シンジ、シンジって怒鳴らなくなったよね。それに、前に張り付いてなくて、基本、前目ににいるけどサイドに流れてるときもあるし、流れ悪い時は下に下がってるさばいてるときもあるし、トゥヘルが多少自由にさせるのを許したのかな!
ポカールのヘルタ戦のムヒからのボールを右に流れてマイナスのクロスからの、ロイス潰れてカストロゴールのあの動きは監督の指示じゃなくて自分の判断だったらしいからね。そうなんだよ。これだよ、香川は!自由にさせることでいろんなアイデアが生まれてくるんだから。やっとトゥヘルも香川の動きを縛っちゃいけないってわかったかな。
[ 2016/04/29 20:40 ] [ 編集 ]
別に、監督は香川の動きを縛っているわけではないですよ。
指揮官の意に沿わない動きをしている選手が叱責されるのは、当然の成り行きです。
あまりにも当然。
[ 2016/04/30 00:16 ] [ 編集 ]
カストロとムヒタリアンのプレーが参考になったのは間違いない。
周りには素晴らしい選手がいてチームも好調。これは最高の環境だ。
要は頭で考えること、イメージだよ。
そしてレスター岡崎の存在、代表での岡崎、清武の活躍も欠かせない。
高いレベルの競争、刺激こそが香川を成長させる。
このまま腐ってなどいられるか、とね。
[ 2016/04/30 08:26 ] [ 編集 ]
トゥヘルがまた香川を酷使しだしてから、どんな時でもトゥヘル称賛するよって声が少なくなったけど
何でだろ
[ 2016/04/30 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。