ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘル、バイエルンに宣戦布告!「バイエルンに挑戦する事をあきらめない!」フンメルス移籍にもコメント:ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】4月29日



ワールドチャンピオン、フンメルス移籍目前


トゥヘルがバイエルンに宣戦布告!


“我々はバイエルンに挑戦することをあきらめない!”


entry_img_1008.jpeg



BVBがマッツ・フンメルスがバイエルン移籍を希望していることを正式に認めてから、最初の1日となった。

スポンサーリンク


トーマス・トゥヘルはヴォルフスブルクとの対戦を前に、まずはこのテーマに関する質問に答えなければならなかった。


ドルトムントの監督にとって最も重要なのは透明性だ。


“移籍希望はマッツからはっきりと聞かされたました。そして今はっきりとした見通しができたことに対しては嬉しく思っています。我々は彼の意思をうけて、できるだけ素早い決断をしたいと思います。”


しかしトゥヘルの目は前を向いているようだ。


“これはもちろん大きな落胆となりました。しかし今はモラル関して話す時ではありません。その状況とうまくやっていくことが大事です。”



entry_img_1006.jpeg


フンメルスがFCバイエルンを希望していることに対して、トゥヘルは驚いてはいないようだ。


“我々の上に位置するクラブのカテゴリーがあるのは事実です。そしてバイエルンが現在そのカテゴリーに属していることは受け入れなければなりません。しかし我々はバイエルンに挑戦し続けることをあきらめませんし、フィールド上ではその差が見られないように、今後も挑戦するつもりです。”



トゥヘルのバイエルンに対する戦線布告だ!



トゥヘルは引き続き選手を失うという不安はないようだ。



20160430164022ff5.jpeg



“もちろん我々のキャプテンが、我々から去り競争相手ナンバー1のところへ移籍したいというのは明らかなシグナルですね。しかしこのクラブを信じている選手はたくさんいます。来シーズンも。そしてこの選手達がエネルギーを出せるようにする事が大事だと思います。もしマッツが移籍して、一日も早く次なるレベルに達するためにも。そうなると信じています。”




どちらかと言えば土曜日のドルトムントファンのフンメルスに対する反応のほうが、彼を不安にさせるようだ。


“もちろんチームに対するサポートが怒りよりも大きい事を期待しています。”


2016043016402550a.jpeg


ソーシャルメディア上ではすでにフンメルスの出場停止や、キャプテンマークの返還を求める声が高まっているが、トゥヘルはそうするつもりはないようだ。



“彼はスポーツ面で必要とされるあらゆるサポートを受けるでしょう。我々はそういう事がフィールド上で影響を与えないようにサポートするつもりです。次の試合ではマッツは明らかにチームの一部です。”




来シーズンのドルトムントの戦力ダウンについての質問に関してはトゥヘルは哲学的に答えた。


2016043016402695f.jpeg


“岩を何度も押し上げなければならなかったシシュポスが幸運であったと想像しなければなりません。この仕事に没頭することは幸福なことです。落胆していませんし個人的に受け止める事はありません。”

注:シーシュポスの岩 ギリシア神話
シーシュポスは神々を二度までも欺いた罰として、タルタロスで巨大な岩を山頂まで上げるよう命じられた(この岩はゼウスが姿を変えたときのものと同じ大きさといわれる)。
シーシュポスがあと少しで山頂に届くというところまで岩を押し上げると、岩はその重みで底まで転がり落ちてしまい、この苦行が永遠に繰り返される。







以上です。

現在の勝ち点は74ですが、ここまで来たら少なくとも勝ち点80でシーズンを終えてほしいです。

トゥヘルの判断に疑問を抱き、がっかりすることは多々ありましたが、シーズン終盤にきて、トゥヘルなりの筋の通し方のようなものがなんとなく見えてきた部分もあります。彼のやり方が今後、吉とでるか凶と出るかは管理人にもわかりませんが、判断はもう少し待ちたいと思います。

そして、もうフンメルスが出るといった以上、後は残った選手と新たな選手で新しいチーム作りをしていくしかありませんね。

とにかくドルトムントフロントには今シーズン後の補強には本気を見せてほしいです。ここで良い選手を獲得できるかどうかが大事ですね。

[ 2016/04/30 16:50 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(25)
毎回、獲得した選手をワールドクラスに育て上げてきたこのクラブを信じている。
それこそがBVBの醍醐味だと思ってる。
[ 2016/04/30 17:32 ] [ 編集 ]
フンメルスを守備の面で見るなら私はさほど彼を評価していません。
ただ攻撃面だったり後方からのビルドアップができるCBとしてなら、彼の移籍は痛恨だなと感じます。

フンメルスと似たタイプのCBを探したり育てたりするのか、
あるいは対人の強いCB+3列目からのビルドアップで強化するのか…などなど、
きっと手駒でなんとかするだろうトゥヘルのお手並み拝見という気持ちに、私もようやくなってきました。
落ち込んでいられないですからね。

今回の件で、フンメルスがどういうタイプの人間なのかだいぶ分かってきたような。
いろいろ悪口言われても彼ならどこ吹く風のごとく大丈夫でしょう。それだけの決断をしたのですし。
最初からケール以後のキャプテンは別の選手が良かったのかもしれないなあ。
恨み節ではなく、純粋な気持ちから「これからも舌禍には気を付けてね」と言って送り出したいです。

そしてトゥヘルは本当にフラットで公平というか、現実的な人だなあと思いました。

-------------------------------------------------

ひとつ前の記事、市場のお写真。

欧州で出回っている林檎って、もっと小さいと思ってました。
[ 2016/04/30 17:39 ] [ 編集 ]
そういう気持ちになるのが、ちょっと遅すぎましたね。
[ 2016/04/30 17:52 ] [ 編集 ]
バイエルンの監督が変わります。

今期の、相手監督リスペクト
負けても仕方がない状態では
なくなるでしょう。

補強が上手くいけばあるいは。
[ 2016/04/30 18:42 ] [ 編集 ]
この揺れている時期なんだから宣戦布告というならば、来季はドルトムントがバイエルンに勝って優勝するよくらいの意気込みを口にしないと……。ただただ目の前にある当たり前の事実を確認しているだけとしか思えないインタビューですね。

客観的事実としてバイエルンが格上で、ドルトムントが挑む立場なんていうのは誰もがわかっているし、今更そんな当たり前のことを口にしたところで選手もサポもモチベーションが上がるわけがない。必要なのは格上のライバルチームに対する勝利やタイトル獲得(少なくともその意志や闘志)でしょうに。

挑戦し続けるという抑えた表現も微妙ですね。バイエルンが上で、ドルが下という立場が固定されているような前提を感じますし、来季も勝てないだろうと思っているのが透けて見えているようにも感じる。来季はバイエルンに勝って、その次の年は挑まれる立場になりたいくらい言おうよ。(ベップ政権も終わるんだし)
[ 2016/04/30 18:50 ] [ 編集 ]
まぁトゥヘルが来季以降に「挑戦することをあきらめない」という言動とはくい違ったとしか取れない行動を見せた今季において犠牲にしたものの分だけの成果見せてくれることを祈るしかないわな
[ 2016/04/30 18:59 ] [ 編集 ]
いやいや…初戦からそういうこと言ってよ
[ 2016/04/30 19:05 ] [ 編集 ]
ドルも一つのサイクルが終わったのだと思えば良いのかな。トゥヘルがどんなチームを作っていくのか興味深いです。
[ 2016/04/30 19:09 ] [ 編集 ]
まぁ家族(彼女)がドイツから出たくなくてそのドイツにCL狙えて給料も倍近く貰えるチームがあってそこに移籍できるのであれば
普通に考えたら移籍したいと思って当然
俺はこれまでの貢献に感謝してるし移籍しても頑張って欲しい ドルとやる時はたまに見せるひどいポカをやらかして欲しいけど。
とにかくまずはDFBポカールで勝ちたい!

[ 2016/04/30 19:10 ] [ 編集 ]
CLが欲しいと言ってるけどサッカーの内容に不満なんだと思う。
今年入ってからずっとそんなコメントしてたし見てるこっちも不満だから正直仕方ない。
[ 2016/04/30 19:30 ] [ 編集 ]
フンメルス出ていってもいいよって言ったけど、ボアテング、フンメルス+ノイアーとか嫌すぎるww

バイエルン行きが現実的になって焦りだした……。
これリーグ優勝不可能じゃね??
[ 2016/04/30 20:04 ] [ 編集 ]
そうだな、しっかり挑戦してポーカルもぎ取ってくれ
[ 2016/04/30 20:51 ] [ 編集 ]
「挑戦し続けることを諦めない」の感覚が日本人とはことなりそうですね。

ホームにも関わらずバイエルン戦での守備的な戦術、よりにもよってダービーでメンバーを落としてバイエルンとの差を決定的にしたひとが言っても説得力がないように感じます。
[ 2016/04/30 22:10 ] [ 編集 ]
若手選手をどう舵取りして育てながら結果を出すのか
トゥヘルも苦しむだろうが楽しいだろうね
clもあり経営も順調のはずだしオバメヤン高く売れるなら手放してそれぞれのポジションに有望株を取り巻くってほしい
ズーレデンベレルカクメリーノジンチェンコツィーラー
全員いけ
[ 2016/04/30 22:35 ] [ 編集 ]
するっつったらしてくれよマジで
[ 2016/04/30 23:53 ] [ 編集 ]
今期のトゥヘルがこれを言うかね。
[ 2016/05/01 00:45 ] [ 編集 ]
「2番じゃダメなんですか?」
ふと何時しか話題になったあの言葉を思い出した。
2番じゃダメなんだ! と思っているのは選手のみならず、現地サポもそして、我々の中にもそう思っている人はいるんだから。

移籍にもそういう思惑も含まれているんだろう、だからこそBVBでも1位(現状ではポカール)とれる事を証明してくれや!
丁度さっき、ヴァルフスブルグ戦5-1で圧勝だったな。こちらの採点などの記事も楽しみにしてるんで、宜しくお願いしますね!
[ 2016/05/01 01:20 ] [ 編集 ]
フンメルスはクロップは認めていたけどトゥヘルは認められないってことなんじゃないかな。
早々に見切りをつけた。そんな気がします。
今日もフンメルスはブーイングにもめげず大活躍でした。
[ 2016/05/01 01:23 ] [ 編集 ]
引き分けましたねバイエルン
これであのホームバイヤン戦とアウェイシャルケ戦で勝ちきってればというifが増々な…
今季が最大のチャンスでしたって事にならなきゃいいんだけどね
[ 2016/05/01 01:32 ] [ 編集 ]
一年目でこれだけやれるならいいだろ
[ 2016/05/01 04:21 ] [ 編集 ]
寧ろ一年目でこれだけやれるからこそ優勝を期待されて、采配を批判されちゃったんだよな。
もう少し序盤で負けてれば、バイエルンとは差があるが差をつけての2位だし評価されてたと思う。
[ 2016/05/01 11:07 ] [ 編集 ]
トゥヘルもモイーズも結局、香川を固定してから試合の内容が良くなった。
ifはないけど、バイエルンに行ったら無敵になりそうな気がしなくもないのはオレだけかな。
半身になりながら右足のアウトでボールを前に繋ぐプレーのタイミングと間が小憎らしい程センスを感じさせるんだよなぁ。
他の日本人プレーヤーには無い感覚を受けるんだよ。
[ 2016/05/01 13:50 ] [ 編集 ]
勝つ気なかったのトゥヘルですやん
今更感が半端ないわ
[ 2016/05/01 13:53 ] [ 編集 ]
勝てる試合に勝って欲しいと思うのはファンの一般的な心理であって
監督が1年目かどうかなんて関係ないんだよね
ともかくこれでトゥヘルの采配が満足いくものに変化していくなら、消極的だった過去の采配には目をつむってもいいかな
[ 2016/05/01 16:15 ] [ 編集 ]
今更感 半端ない
挑戦って言うこと自体がもうね
選手の選手生命は長くないんだよ、監督と違ってね
[ 2016/05/01 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。