ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川は最高の状態!」1ゴール1アシストで高評価!寸評と採点②《ドイツの反応》

西ドイツアルゲマイネ新聞とビルトの採点はこちらです。


【ルーア・ナッハリヒテン】 マティアス・デルシュ

entry_img_1010.jpeg

香川が最高の状態に!オバメヤンはレヴァンドフスキーを狙う!



ドルトムント:キャプテン フンメルスへのブーイングに影響されることなく、ヴォルフスブルクを相手に5:1で勝利した。攻撃陣全員がビックパフォーマンスを発揮したが、フンメルスも説得力のあるプレーを見せた。ドルトムントの選手の個人評


ビュルキ 2.5
このスイス人は非常に落ち着いた序盤を経験することになったが、2:0となった後で何度か試合に介入せねばならなかった。彼の仕事を真面目で手堅くこなした。

スポンサーリンク



ピスチェク 3
この右サイドバックは最近よりは頻繁に攻撃に参加した。しかしハーフラインからの彼のクロスは正確性が欠けていた。守備での彼はたいていの場合うまく掌握できていた。63分に負傷して交代。


ベンダー 2
この新たなセンターバックはソクラティスより優先権を得て、試合中には足の甲を使ったパスを練習していた。キャプテンが船を下りるのであればこれに取り組むことは悪くないだろう。全体的にしっかりとした試合。


フンメルス 2
ブーイングが彼を驚かせたかどうかは想像する事しかできない。それが彼に影響を与えたことはなかったようだ。彼は前線に何度か素晴らしいパスを送り、守備においても素晴らしい仕事をした。将来のBVBに何が欠けることになるかをはっきりとみることになった。


シュメルツァー 2
この左サイドバックは試合が始まる時にシュプレヒコールで祝福された。多くのファンは彼を将来のキャプテンとみている。そして彼はクロスで1:0の起点となり、その後彼のサイドはかなりフリーだったが、目に見える結果はなかった。79分にオバメヤンが彼のクロスをヘディングするまでは。


ユリアン・ヴァイグル 3
このヤングスターは前半終了間際に5枚目のイエローカードをもらって、それによって来週のアイントラハト・フランクフルト戦に欠場することになった。そうなったら彼がBVBの組み立てにおいていかに重要か見ることになるだろう。


カストロ 2
元レヴァークーゼンの選手はギュンドガンの代わりとして獲得された。そしてギュンドガンの移籍を前にしてすでにその役割を引き受けたようだ。彼はまたしてもスタメンで出場し、その存在を美しいパスと良く考えられた行動で正当化した。67分には力強いパフォーマンスをゴールで飾ることもできただろう。


ミキタリアン 2
このアルメニア人はまたしてもスコアポイントを稼いだ。7分にはアシストよりもシュートを打ちに行ったが、ボールをきちんととらえずことができなかった。そのボールを香川が失敬した。2:0となった後で少し目立たなくなった。後半は再び存在感を発揮し77分には4:0となるアシストを記録した。記録まであと1アシストである。


香川 2
この小さな日本人は現在最高の状態だ。そしてヴォルフスブルクに対しては、非常に印象深いスタートダッシュでその状態を強調(注:原文はアンダーラインを引く)することとなった。開始7分には1:0となるゴールを自ら決め、2:0はアシストした(10.)。クラッセ!(注:素晴らしい!!!という褒め言葉)

20160501034254881.jpeg


ロイス 2.5
力強い序盤に彼はチームメートとともにヴォルフスブルク攻撃陣を切り裂いた。その後彼はシュトゥットガルト戦と同様に頻繁にオフサイドになった。後半はより目標をしっかりととらえていた。彼が3:0となるゴールを決めた(59.)。


ラモス 2.5
このコロンビア人はオバメヤンが戻ってきたが、またしてもスタメンで出場した。そしてまたしてもゴールした。2:0のゴールは彼の今シーズン9ゴール目となった。いったい誰が冬にこのようなことを考えただろうか?それどころか後半はあと1点か2点できそうだった。


オバメヤン 1.5
69分にカムバックを祝った。そして77分と79分に4:0と5:0となるゴールを決めた。もしかしてまだ得点王は可能だろうか?







以上です。
ルーア・ナッハリヒテンからの個人評になります。香川選手とオバメヤンが見出しを飾っています。

やはりドルトムントンの攻撃力は非常に魅力的ですね。ぜひともこの攻撃陣を中心としたチーム作りをしてほしいですね。多少点を取られても非常に攻撃力のあるチームとして来シーズンもヨーロッパの舞台で輝けると思わせる試合でした。

最近不調とは言え、相手はヴォルフスブルクでしたから、今日の勝利は素直に喜びたいと思います!そしてここまで来たら80ポイント以上でシーズンを終えてほしいです。80ポイントは本当に素晴らしい成績だと思います。

西ドイツアルゲマイネ新聞とビルトの採点はこちらです。




前の試合から間隔があいていたのでみんな体がキレてた。久しぶりにスピードに乗った展開の試合見たな。システムもクロップがやっていたようなもんに戻しつつあるしいいんじゃないですか。

それでもチームはまだ絶好調とは言えない。
ドルが本気になったら前のシーズンの後半戦にやったシャルケ戦見たいなる。相手のブロック崩してゴール前に押し込めてやりたい放題みたいなゲーム。今シーズンはまだ一度もそういう試合をしていないのでポカールの決勝の前に一度やれるようになるといいね。そうすればバイエルンはめっちゃ焦るだろ。あそこの最終ラインまだ変だし(笑)

それにしても香川の決めたシュートは笑ったです(笑)
ミキが蹴ったあれクロスじゃないだろ?どう見てもボレー狙ってミスキックしたのを香川がごっつあんだったんだけど、試合開始直後にあんなの決められたら相手はやってらんないね(笑)現にすぐ追加点取られて、3点目以降は半ばふてくされてたよ(笑)
[ 2016/05/01 04:34 ] [ 編集 ]
頼むからバイエルンにはこの状態のままぶつけて欲しい。変な決め事作るより前線が流動的に動くのが今のメンバーに合ってる。

世界トップクラスの選手達なんだからピッチ上のフィーリングを大事にしたほうがいいわ。トゥヘルは選手としては2流だったから、そこに気付くまでに時間がかかった。
[ 2016/05/01 05:41 ] [ 編集 ]
素晴らしい成績ですがバイエルンがね。これだけ勝ち点稼いでも早ければ前半戦の直接対決での大敗、遅くとも後半の引き分けで実質優勝は決まってしまったってのがなんとも言えないですね。全体からみればBVBもはるかに格上ですがこの1強体制について大敗チームサポはどう思ってるんでしょう
[ 2016/05/01 06:44 ] [ 編集 ]
オバメヤンは2点きめたけど、最高評価に値したとは思えない。
[ 2016/05/01 07:21 ] [ 編集 ]
あれは半端ない反応だった
しかも試合後にユニプレゼントしてたよねカガー
最早メンタルも評価も連覇時と遜色ないと言ってもおかしくないね
[ 2016/05/01 07:46 ] [ 編集 ]
香川とミキが攻撃を牽引してますね。二人がいればまわりのメンバーが変わっても機能している感じ。香川は二桁得点とって欲しい。
[ 2016/05/01 08:33 ] [ 編集 ]
ごっつあんでわないな、でも偶然でもない。ちゃんと体動いて狙ってたし、あの軽い感じのシュートが香川らしい。
[ 2016/05/01 08:34 ] [ 編集 ]
あれをごっつぁんシュートだというとすごい違和感しかないですね
世界でもあれに反応できる選手てそうはいないと思いますよ
香川がゴール決めたときにフンメルスとハイタッチしたのはなんか嬉しかったです
[ 2016/05/01 09:34 ] [ 編集 ]
香川と好きな選手が活躍したから嬉しい。ラモス!オバメヤン!ミキタリアン!ロイス!最高や!
[ 2016/05/01 12:14 ] [ 編集 ]
VSバイエルン、せめて一勝一敗のイーブンだったらなぁ…
[ 2016/05/01 12:45 ] [ 編集 ]
ルーアは3以下の時0.5、4以上の時1.0引いてみるといい感じ
[ 2016/05/01 16:59 ] [ 編集 ]
狙ったパスでは無かったけど、あのパスのスピードといい、香川の合わせといい、上手くしてやられたなぁと。
あの位置にパスが来ても、選手のコンディションによっては、ゴール前は一旦落ち着いて、そこからゴールってやってしまいがちなんだけどね。あそこをパスの勢いのまま放り込むあのプレーは今の香川の調子の良さを表しているといってもいいな。

終わりよければ全て良し、ではないが残りは全て勝ってほしいね!
P.S 骨付き肉うまそうだな、管理人も食通かな?
[ 2016/05/01 17:54 ] [ 編集 ]
この面子この状態のBVBをCLで見たかったなぁ
ミキの去就とギュンとフンメルスの穴埋めをどうするのかすごい気になる所ですね
[ 2016/05/01 21:54 ] [ 編集 ]
ギュン、フンさん、ミキ、来年契約更新組は話し合ってるって言ってたから、ミキも出ていくかもね。
[ 2016/05/02 02:31 ] [ 編集 ]
香川、キッカーMOMきたね!
[ 2016/05/02 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。