ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス「自分からバイエルンに売り込んでいない!」と元バイエルン会長に反論!《ドイツの反応》

背景:ドイツではフンメルスとバイエルン、どちらから接触をはかったのかが注目の話題となっていました。そして金曜日に元バイエルン会長のへネスがフンメルス側からバイエルン移籍を希望したと発言していました。



ビルト】4月30日

これから一緒に良い仕事?


entry_img_1011.jpeg



ドルトムントはヴォルフスブルクに5:1で勝利したが、誰もその結果には興味がなかった。もっと重要なのは:フンメルスにまつわる騒動だ。

スポンサーリンク



ドルトムントのキャプテンは木曜日に、シーズン終了後にバイエルンに移籍する希望を明らかにしていた。



しかしこれは彼が最初に売り込んだのだろうか?


元バイエルンの会長ウリ・ヘーネスがそれに関して金曜日に以下のように語っていた。“もし私が見聞きしたことが正しかったのなら、ミュンヘンへ来たいというのはマッツの希望のようだね。もし誰かが扉をたたいたら、我々も開けないわけにはいかないよ。”


20160501165706fa4.jpeg



これは全てでたらめだ!!とフンメルスは語る。


まだドルトムントの彼は:“僕は自分からは売り込んではいません。これは僕が今まで聞いた中でも最高にくだらない発言ですね。”


バイエルン会長のルンメニゲもそれと同様の意見のようだ。彼はスカイに対して“ウリ・ヘーネスが誤解していたというのが事実です。私は彼と話しをしましたし、彼は理解してくれました。扉を最初にたたいたのはバイエルンです。マッツ・フンメルスの扉を。これは逆ではありません。なので彼の発言も少しは理解できます。マッツが自分から積極的に我々のところに来たのではなく、我々が移籍を想像できるかどうか彼に聞いたのです。両クラブともきちんと対処しました。私はクラブが真剣に解決するだろうと、楽観的に見ています。”



ファン達は“キャプテンが一番最初に船から逃げる!今すぐ逃げ出すのが一番だ!”と書いたプラカードを掲げ、フンメルスがボールに触る度に口笛を吹いてブーイングを浴びせた。



20160501165709e84.jpeg


それに対してキャプテンはBVBの4連勝に貢献した。香川が開始7分に先制ゴールを決め、ラモスが126秒後に追加点を挙げた。ヴォルフスブルクはその後それに対抗しようとしたが、59分にロイスが3点目を挙げると、同点への夢は砕かれてしまった。さらにオバメヤンが77分と78分にゴールし彼のシーズン24と25ゴール目を記録している。



それにしてもヴォルフスブルクは上手く行っていない。彼らはここ7試合勝なしで、今シーズン13敗目を喫した。昨シーズンはたった5敗だった。






以上です。

これでバイエルンがフンメルスに打診したことがはっきりしましたね。

チャンピオンズリーグの決勝前のゲッツェの場合とまったく同じ手口ですので、これには頭に来ます。ポカール決勝前にここまでやる必要があるのか、本当に疑問です。

個人的にはバイエルンに対抗する気持ちが一段と強くなりましたね。ドルトムントには是非ともバイエルンを脅かす存在になってもらいたいです。

[ 2016/05/01 17:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(35)
ドルの攻撃陣は世界トップクラス
後はDFと言いたいところだけど実は監督が一番大事
[ 2016/05/01 17:21 ] [ 編集 ]
ヘーネスは父親事件の首謀者なんだからとりあえず出てくるんじゃない。
ヘーネスが再度権力を持つべく、バイエルン内部で派閥抗争やるつもりなら、是非応援するけど

私はバイエルンムカツク、というよりドルフロントが2012年のフンメルス父親事件の時から、
数年たっても改善してなかっただけとなんか覚めてしまってます。
フンメルスってかなり自分の意見持ってますよね、ドイツ代表でも散々言い返してましたし。
そのフンメルスが意見を替えたのはよっぽどなんじゃないか、ドル内部で何が起こってるのか知りたい位です。

なんか昨日のゲームで選手とサポーター、監督?とかなり温度差がありましたよね。ラモスとオーバメのゴール後の反応といい。
フンメルスの試合後のサポーターに対するコメントといい、フンメルスは選手を代表して戦ったんじゃないか、と思わされてしまったから。
[ 2016/05/01 17:40 ] [ 編集 ]
こんなこと言われてまだ行きたいかねぇ。結局、色々暴露されちゃってるし。
[ 2016/05/01 17:48 ] [ 編集 ]
ホームのバイエルン戦で後半で香川を使い、シャルケとのダービー戦でリバプール戦の為の主力温存をしなかったら、どちらも勝利していた可能性がある。そうなったら今の勝ち点は同じで得失点差でどっちが首位ですか?
[ 2016/05/01 18:12 ] [ 編集 ]
香川は9G9A(キッカー)なのか9G8A(ブンデス公式)なのかどちらのスコアポイントが正しいのでしょうか?

ヨーロッパで基準にされる方は、公式と付いてるだけあってブンデス公式のスコアポイントが基準にされて移籍市場に影響を与えるのでしょうか?
それともキッカーのスコアポイントが基準にされて移籍市場に影響を与えるのでしょうか?

また、ドイツ国内では紙媒体であるキッカーが一般的とありましたが、正式に採用される数値はキッカーとブンデス公式のどちらのスコアポイントとなるのでしょうか?

ちなみに、日本の報道では、全てブンデス公式のスコアポイントが採用されており、現在は9G8Aと香川のスコアポイントが報道されています。

ほぼ全ての日本人も報道の人間もおそらく、公式と付いてるだけあってブンデス公式を正しいと認識しています。
また、キッカー、ビルト、アルゲマイネ、ルーア、これらの採点や寸評を何の補足(ドイツ国内外への影響力の差の説明)もせずに同じ次元・レベルで報道している日本の報道を見ていると、ドイツではキッカーがより重要な位置を占めていることは知らないのかもしれません。
または補足をつけて説明するだけ無駄と考えているのかもしれません。

日本では公式スコアが全てで一情報誌のスコアの方が正しいと認識することはまずないです。
そもそもキッカーのような情報誌が日本のサッカーにはない、ということもあるからかもしれません。
ヨーロッパやドイツ国内において、キッカーとブンデス公式、どちらのスコアポイントが基準(正しい)として採用されて移籍市場やドイツの人々、ヨーロッパの人々に影響をあたえているのか、分かる範囲で教えていただけると有難いです。
[ 2016/05/01 18:13 ] [ 編集 ]
こちらで、バイエルンへの批判に対して「バイエルンがフンメルスを引き抜くわけではなく、フンメルスから希望したことでしょう」と書いてらっしゃる方がいて、
私もその通りだと思っていたのですが、まさか真逆だったとは。驚きです。

これはただの想像に過ぎませんが、27歳のフンメルスがサッカーのこと、将来のこと、家族のことを考えているときに、
あらゆる面で条件が良く、縁深いバイエルンから声を掛けられたら、心が動くのも無理はないかなと思いました。
[ 2016/05/01 18:27 ] [ 編集 ]
私はユナイテッドでズタズタだった香川を暖かく迎えてくれたドルトムントのスタッフも選手もサポーターも大好きです。一方、強化目的でない補強をライバルチームに特定して行うバイエルンがとにかく嫌いです。フンメルスが今のバイエルンに必要とは思えないし、ゲッツェの扱いを見てもそう思います。ポカール決勝、来期ともバイエルンに対しては徹底的に戦ってほしい。ピッチで勝つしかないですよ。
[ 2016/05/01 18:43 ] [ 編集 ]
まだシーズン残していますし
カップ戦があるので気が早いですが、
上向きのトゥヘル率いるドルトムントと
監督が変わるバイエルンがどうなるか
来シーズンは少し楽しみですね。

補強と既存戦力の引き留め。
トゥヘルの大一番での戦い方の改善。

この辺りの課題が上手くいけば個人的には
リーグ優勝も全然、絵空事ではないと思っています。

トゥヘルには懐疑的でしたが、初めての経験で今季の戦績は素晴らしいと思います。
足りなかったものはリバプール戦で学んでくれたと期待しています…。
[ 2016/05/01 18:46 ] [ 編集 ]
ウリ・ヘーネスはバイエルンの下衆い部分を象徴するような人物ですね
[ 2016/05/01 19:08 ] [ 編集 ]
 現会長が火消しをしましたけどフンメルスの心証はどうなのでしょう。私なら、純粋に自分の能力を求めてオファーをしてきたのかどうか、バイエルン経営陣を訝しみますね。そうでなくとも、フンメルスにとって不利な誤報を故意に流布したように見えます。後に否定したところで、一度刷り込まれたフンメルスに対する多くの人々の印象は改善されません。これから獲得しようという選手の顔に泥を塗るような行為は普通しませんし、嘘をついてでも守るものでしょう。ヘーネスのスタンドプレーなのか組織的なものなのか知りませんが、いずれにせよ傲慢な行いです。頭にきますね。
[ 2016/05/01 19:18 ] [ 編集 ]
どちらにしろ、ゲッツェの件でグダグダ言ったことに関しては一言釈明がほしいね
一番引っかかるのはそこだし
義理を果たしてバイヤンに渡ったレヴァンドフスキは立派だったなと改めて思う
[ 2016/05/01 19:30 ] [ 編集 ]
なんだかアーセナルのような。クラブが野心より安定を取るのは当たり前だけど、それをうまく隠してほしいというか。
ドルは2番手の地位に満足してる感が色々な所で透けて見える気がして萎える
[ 2016/05/01 19:50 ] [ 編集 ]
こういう情報戦?(笑)日本人にはなかなか難しいですね(特にスポーツにおいて)。嘘がバレても時間が経てば何食わぬ顔で同じことやりますからね。バイエルンは昔からメディアと通じてこの種のことを繰り返してるので驚きもしませんが。逆説的にブンデスリーガにおけるバイエルンの存在感を際立たせる皮肉。
[ 2016/05/01 19:52 ] [ 編集 ]
フンメルスから行きたがったとか言ってた人いましたけどやっぱそんなわけなかったですね
バイエルンは昔からリーグでの立ち位置をライバルチームを弱くするという手段を確かに、意図的に使って保っているしやっぱりなと思いました
磐石とはいえ結構少ないポイント差で二位に迫られ来期の監督交代という先の見えない変化もある。CL決勝でぶつかったときのようですね。バイエルンは少しでも危機感を感じるとすぐこうだ。
彼らが王者である限り、ブンデスリーガはあまりに決まってしまっている。問題なのはフィールドの外の事が原因だということです。
やるせないですね。
[ 2016/05/01 19:57 ] [ 編集 ]
ドルトムントで実働わずか2年の二十歳そこそこのゲッツェと、
8年もチームを支えてキャリアの終盤が見えてきたフンメルスは全然違うでしょう。
バイエルンが本当にフンメルスを必要としてるかは確かに疑問ですが、
フンメルス側にしたら、残り数年のキャリアピークのうちに、
ビッグイヤーをとりたいと考えるならバイエルンが最も理想的なので、彼の考えは理解できるし、
ポカール決勝で、変な空気でこの偉大な選手を送り出してほしくないです。
そういう選手に対する敬意のなさがバイエルンが好きになれない理由ですね。
ルンメニゲもザマーも嫌いです。
[ 2016/05/01 21:06 ] [ 編集 ]
ここから話が拗れて移籍話もぶっ壊れてくれると有り難いんだけどねぇ
[ 2016/05/01 21:20 ] [ 編集 ]
マッツはまだ移籍完了前でポカール決勝前でもあるこの時期に間違った内情を流して選手本人が否定して結局訂正。このクラブって何なんでしょうか…
少なくともドルト側はマッツを守る姿勢をとっていると受け取っていますが、バイエルン側はほんとに駒扱いしている印象しか冷静にみても持てません。
フロント主導での移籍もよくある話ですが、やはりこのやり方には不快な感情しかわきません。
ゲッツェも結局貴重な時間をほぼベンチで過ごすことになりましたし。
マッツは本当に望まれた移籍なんでしょうか。まぁ今さらドルトに今は戻れない感じではありますが…
昨日のオーバのゴール後のベンチ前でスタメンベンチみんなで喜び合うシーン。
香川選手が試合前からやると決めていたと言っていましたし、マッツのために!とみんなまとまっていたとも話してしましたよね。選手同志はよくまとまってるなぁと思いました。かといって慣れあっているわけでもないでしょうし。
こうなったらポカールは何が何でも勝ってほしいですね!
[ 2016/05/01 21:21 ] [ 編集 ]
どちらから誘おうが大して変わらない
せめてキャプテンを返上してからにするべきだったんじゃないか
決勝を戦う前に決勝の相手と移籍交渉してるキャプテンがいるかよ
[ 2016/05/01 21:36 ] [ 編集 ]
フンメルスがバイヤンに行きたがっているだけ、と言っていた人たちは間違えていたね。
[ 2016/05/01 21:53 ] [ 編集 ]
ある程度の戦力均衡の為に同一国の代表選手は
1チーム4人までとか規定作ってくれんかなぁ
[ 2016/05/01 22:39 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。

今さらどっちが先も後もないと思いますけどね。もう移籍したいって言ったんだし。
バイエルンの汚なさは今に始まったことじゃないし、それでもフンメルスは行くって言ったんだからお互いにごちゃごちゃ言うなって話し。
円満退社になるわけないんだからさ。
[ 2016/05/01 22:54 ] [ 編集 ]
ただヴァツケも行くならバイエルンだ!と言ってるから、どっちもどっちの様な気がする
ただバイエルンのやり方は気にくわないですね。
[ 2016/05/02 00:56 ] [ 編集 ]
ドルトムントは、バイエルンに対抗すべく頑張っていると思うけど、大金を積んでワールドクラスを強奪することができないから、どうしても長期的な戦略になる。若手の才能ある選手を集めるために、積極的に若手を使ってアピールしているのもその一環だろう。ヤヌザイとったり、時期監督と言われているモウリーニョを招くなどして、ユナイテッドに接近しているのは、確実に人気が落ちていくだろうユナイテッドからファンをいただこうとしているのかも(考えすぎか)。フンメルスが自分の年齢を考えた時、ドルトムントにいたらこの先タイトルを獲れるようになるまでトップフォームでいられる確信が持てないんじゃないかな。ここまでドルトムントに貢献してくれた選手だから、快く送り出したいね。
[ 2016/05/02 01:26 ] [ 編集 ]
どっちが打診したとかどうでもいいわ
結局移籍するならどっちだろうと同じこと。
[ 2016/05/02 01:54 ] [ 編集 ]
4連覇のチャンピオンチームのプライドで、わざわざ下位チームに頭を下げてまでフンメルスを獲得する必要があるのか疑問を持つ元会長。
バイエルンの中でドルトムントの主力を引き抜く事に反感を持つ人がいて当然だし、むしろまともと言える。
ここ数年、現バイエルン会長が行っているドルトムントからの主力の引き抜きは、ブンデス1強を確固たるものとする、ファンが離れかねない死活行為ではないか。
フンメルスがブンデスリーガの発展を担う必要はないが、それを損なう一端を担うくらいならドルトムント残留か他リーグに移籍すべきだろう。




[ 2016/05/02 02:08 ] [ 編集 ]
今季はシャルケも酷いがヴォルフスブルクが更に上回ってる
今オフの補強具合次第で暫く下位低迷もありそう VWがああいう状況だし
2チームが強すぎて2位3位の勝ち点差が20とかまるでスコットラ...
[ 2016/05/02 02:21 ] [ 編集 ]
フンメルスは完全に売り手市場だから自分から売込みする必要はないよな。買い手はいくらでもいるんだろうし、特にオイルマネーがバックについているクラブだったらバイエルン行くより給料はいいはずだし。なんだったら中国に爆買いでもされりゃもっともらえるだろ(笑)

まあ、今回の件は、いつものようにバイエルンの嫌がらせ(笑)と同時にドルの経営体質の問題だと思うよ。ドルは必ずしも勝とうとは思ってないから、これがベンチ―ワークに悪影響を及ぼして、勝てる見込みのあるゲームと引き分けたり落としたりする。

これは選手からすれば頭に来るんだよ(笑)自分たちの給料抑えられるんだから(笑)味方に足引っ張られてるのと同じだからな

いずれにせよ、もう借金漬けの貧乏クラブじゃないんだからやり方変え時に来てるのかもな
[ 2016/05/02 03:18 ] [ 編集 ]
代表戦でミュンヘンに来た時にバイエルンから戻ってくる気はないかぐらいは話してそう
フンメルスもユース時代のコーチとかに会って懐かしくなったんではないでしょうか?
嫁もミュンヘン出身、実家もミュンヘンだし今後子育てはするにはミュンヘンの方が良かったのでしょう
父親も代理人の会社始めたんですよね?多分ミュンヘンで。だったら尚更バイエルンとのパイプは太くしたいという思惑もあったと思います
バイエルン州はドイツでも地元意識が高いと聞きました「Mia san mia」です
[ 2016/05/02 08:50 ] [ 編集 ]
どちらからアプローチしたかなんて、重要じゃない。
フンメルスの中にバイエルンに移籍するという選択肢があったということ。
キャプテンがライバルチームに移籍なんて、ほんとガッカリ。
今までことあるごとに語っていたBVBへの愛着、バイエルンへの対抗心は何だったのかな…
[ 2016/05/02 10:19 ] [ 編集 ]
ヘーネス元会長はゲッツェやレバンドフスキをドルトムントから移籍させた張本人。ペップ招聘も成功させ、バイエルン4連覇に多大な貢献をした豪傑。しかし、脱税により会長職を異する事となる。
ブンデス1強は、バイエルンにとっても良い事ばかりではなく、ブンデスリーガの発展に悪影響を及ぼす恐れがある。4連覇は4年分衰退したともいえよう。

[ 2016/05/02 10:27 ] [ 編集 ]
ヘーネスってもう経営にいない、引退したオヤジだよ?
なーにをまだ契約の一端にいるみたいなコメントしてんの?
[ 2016/05/02 11:54 ] [ 編集 ]
ヘーネスは引退したわけじゃなくて脱税で有罪になって半分刑務所に入ってる状態だから経営から離れてるだけ
[ 2016/05/02 18:23 ] [ 編集 ]
他サイトでもここでも言われてる事。フンメルスのバイエルン移籍が許せるとか許せないとか、移籍の是非ではなく
僕たちが言いたいのは、リーグの1位が2位から選手を取っていくという、この風潮自体が気に食わんね。珍しく管理人がご立腹なのも納得よ。近年はバイエルンが優勢かもしれんが、仮にも長年ライバルとして張ってきた両チームだろうが。
レアルとバルサみたいに、直接移籍させないようにすりゃええんじゃ。
まぁ、放出&引き抜きしてくチームもだが、選手も大概だ。香川はきっとドルトムントを愛しているぞ。
[ 2016/05/02 22:51 ] [ 編集 ]
こんなやり方は、バイエルンのブランドイメージを大きく損ねるのにね。それをチームメイトに対しては怒り、自分は乗っかる、フンメルスのイメージも損なったね。

でもまだ、売らないという可能性を信じてみたい。たとえ来年0円で出て行っても、来期は残して欲しい。今のメンバーならタイトルを取れると思うから。なんか予感がする。
[ 2016/05/02 23:11 ] [ 編集 ]
ヘーネスは禁固がとけて、バイエルンのパーティーだけは呼ばれてるが、本人が経営に復帰しないと言ってるよ。
[ 2016/05/03 02:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。