ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「フックスと岡崎がプレミアリーグで優勝!」《ドイツの反応》

【南西ドイツ放送】



元マインツの選手

フックスと岡崎がプレミアリーグで優勝を祝う!


entry_img_1016.png


とある街が、普段とは全く異なる状態となった。そして元マインツの二人の選手がその中心に:クリスティアン・フックスと岡崎慎司がレスター・シティーでセンセーショナルにプレミアリーグ優勝を飾ったのだ!

スポンサーリンク



待ちに待った優勝が決まったことで、レスターでは今年最大のパーティーが催された。日曜日に計画されてたパーティーは延期されなければならなかった。なぜなら“フォックス”はマンチェスター・ユナイテッドを相手に1:1の引き分けに終わったからだ。そしてそれは優勝にはまだ足りなかった。そしてよりによって現タイトル保持者のチェルシーが2位のトッテナムに引き分けたことで、レスターがシーズン終了を待たずしてイングランドプレミアリーグの王者になったのだ。

シーズン前にレスター優勝のオッズはなんと5000倍だったのだが、このクラブでは岡崎慎司とクリスティアン・フックスの2人の元ブンデスリーガの選手がプレーしている。


日本代表選手である岡崎は、30歳になったばかりであるが、それによってキャリアの頂点に達することになった。彼が2013年にシュトゥットガルトからマインツへと移籍した時に、マインツが払った金額は150万ユーロであったが、その2年後に彼は1100万ユーロという史上最高の移籍金でマインツから去っていったのだ。これは両チームにとって素晴らしいビジネスとなった。なぜなら岡崎はレスターにとってもイングランドで大人気のストライカー、ヴァ―ディーと並ぶ攻撃のレギュラーとして活躍したからだ。


entry_img_1016.jpeg


ではクリスティアン・フックスは?この30歳の左サイドバックの選手はオーストリア出身だが、たった2010/2011年の一シーズンだけマインツでプレーし、その後500万ユーロでシャルケに移籍していた。そして今から一年前にレスターで3年契約にサインしている。フックスはマインツで31試合に出場し、2010/2011シーズン前半はキッカーベストイレブンにも選出されていた。


フックスはまったく驚くべきタイトル獲得に加えて、ソーシャルメディア上でもヒットに躍り出ている。彼は試合が終わる瞬間の様子をビデオに撮影し、30秒ばかりチームメートと喜ぶ様子を公開していた。そしてこれはたった数分のあいだツイッター上で10万回も再生され、その10時間後には21万もリツイートされることになった。フェイスブック上ではすでに380万回再生されている。





以上です。

岡崎選手の事が記事になっていましたので紹介しました。今シーズンは岡崎選手がいなくなってしまったので、このブログも少し寂しくなってしまいましたが、本当に優勝できてよかったですね!日本人がプレミアリーグの優勝メンバーなんて誇らしいです。

ちなみにこの記事はシュトゥットガルトやマンハイムなどバーデン・ヴュルテンベルク州にある最大の放送局の記事になります。NHKみたいな感じでしょうか。まあマインツも少し近いので元マインツの選手として取り上げたのではないかと想像します。



【おまけ今日のドイツ】

20160504064241769.jpeg


マイセンで見つけたポストマン


いつもありがとうございます。
シュトゥットガルトサポは未だに岡崎のコメントを上げてますよね(笑)

ブンデスもこのような、番狂わせが起こってくれるとうれしいです。
最近バイエルンの一強すぎて…
[ 2016/05/04 07:00 ] [ 編集 ]
Twitterでブンデス公式とマインツ公式アカウントから岡崎は祝福されてましたよ
幸せもんですね、岡崎は
[ 2016/05/04 07:01 ] [ 編集 ]
いやあ岡崎めでたいですね
今回岡崎はゴールが5なのは
客観的にちょっと少ないし岡崎の主観からしても不本意なことだとは思うのですが
・プレミア初年度である 
 比較としてマンutdのデパイ 60億で獲ったが構想外に
 さらに比較としてプレミア初年度、去年のヴァーディも5ゴールだった
 いまをときめくミキタリアンもドル初年は不本意な出来だった
・リーグ適応レベルと関係ない要素である運動量とスプリント回数を用いて
 見事に監督の戦術構想に入り、優勝が現実化してきたリーグ後半に先発出場を続けた
 これも比較としてゲッツェ 監督の構想に入って応えることがどれだけ難しいか
・「持ってる」と言える、劇的な時期の劇的決勝オーバーヘッド
 今年のレスターを振り返るとき、9割がた再生されることになるシーンでしょ

やはりどうみても岡崎は見事な活躍をしたし
チームがまずは信じられない飛躍をしましたが
岡崎個人の成績も次のシーズンにはさらなる飛躍を期待できると思いますね
[ 2016/05/04 08:46 ] [ 編集 ]
岡ちゃん、おめでとう!!

水をさすつもりは毛頭ないですが、ひとつだけ。

岡ちゃんは香川がプレミアで出場した時間より既に多くプレーしているけれど、ゴール数(おそらくアシストも)は香川より少ないのだそうです。

なのに同じ1度の優勝で、岡ちゃんはプレミア成功、香川は失敗と言われる。

ドイツの人にこの数字を見てもらいたいくらいです。(笑)
[ 2016/05/04 09:51 ] [ 編集 ]
シュツットガルトで悩みマインツで結果出してレスターで頂点に、
レスターの選手の多くがそうだけどサクセスストーリー歩んでるよなぁ。
[ 2016/05/04 09:55 ] [ 編集 ]
マインツのユニに袖を通した選手で、もう一人プレミアで注目浴びた人間がいるよな。
ユルゲン・クロップだけど。
マインツもドイツ国内じゃユニークな存在として知られるようになってだいぶたつけど、今シーズンを機に、イングランドはじめとする国外でも名が売れたかな。
[ 2016/05/04 12:17 ] [ 編集 ]
本当に水を指しますね。どんな記事にも香川の名を出さずにはいられないのでしょうか?
岡崎より香川の方が凄いんだと言いたいのでしょうが、マンUとレスターでは規模も環境も違いすぎるし、比較しても仕方ないと思いますよ
[ 2016/05/04 18:22 ] [ 編集 ]
まぁまぁ、Shinjiの1目は成功し優勝する✨
それでイイじゃないか😊
o(*^▽^*)oあはっ♪
[ 2016/05/05 20:02 ] [ 編集 ]
状況もポジ全く違うけど、ヒデ思い出したわ
ユーベ戦とザキオカのバイシクル気味オーバーヘッド
優勝するに当たって強い印象を残したシーン
[ 2016/05/07 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。