ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス移籍の噂に怒るバイエルンのベナティア!ドイツ紙《ドイツの反応》


【ビルト・バイエルン】5月2日


フンメルスの移籍で、最初のバイエルンのスターが逃亡?

フンメルスの移籍で最初のバイエルンスターが逃亡することになるだろうか?

entry_img_1017.jpeg


メーディ・ベナティアはこのフンメルスの移籍に関する公式な発言に腹を立てている!!


スポンサーリンク



このディフェンダーはグラートバッハと引き分けた後でスカイ・イタリアで以下のように不満をぶちまけた。“バイエルンはフンメルスと交渉中ですね。もし僕に出ていけという事なら、出ていきますよ。でもまずは今シーズンの終わりを良い形にしたいですね。まだトリプルの可能性が残されていますから。僕だったらこのクラブのようにチャンピオンズリーグの準決勝の前に移籍について話すようなことはしませんよ。”



その後モロッコのキャプテンは自らの移籍について語っている。ローマへのカムバックを後押しする動きもあるようだ。



ベナティア:“もしそうなったら、きっとそうすると思いますよ。みんなローマが僕にとって素晴らしいチームである事を分かっていますから。すごく多くの人が僕の心に残っています。もし僕がバイエルンを出ていくべきであるなら、ローマも候補です。”


当時ベナティアはバイエルンへの移籍を実現させるために、ローマでのトレーニングに姿を現さなかった。


201605041646573cf.jpeg


ユヴェントゥス・トゥリンも彼に興味を示しているようだ。バイエルンは2014年に2800万ユーロをローマに払っている。ローマはこのような大金を払うつもりはないだろう・・・。





以上です。

今回はビルトのバイエルン関連の記事を取り上げてみました。ビルトはチームごとにほぼ毎日記事を更新しています。これはキッカーにはできないことですね。移籍に強いのもこういう事が背景にあります。毎日更新が目標みたいなものなので、話題がないと本当にくだらない記事も多いですが、その辺が分かっていれば、割と楽しめます。

さてバイエルンの選手からこのような発言が出てくるのは当然ですね。ボアテン以外の選手はみんな危機感とクラブに対する不信感を抱くのではないかと思います。
昨日バイエルンがCLでアトレティコに敗退しましたね。疲労を考えると決勝に残ってくれたほうがドルトムントのためにも良いかなと思っていたのですが、そういう意味では残念でしたね。

結局バイエルンはグアルディオラの下では3年連続で準決勝敗退となりました。しかも毎年スペインのチームを相手に。それ以前のバイエルンは4年間で3回決勝に進んでいましたから、国際的には失速した感じがありますね。リーガでは圧倒的な成績を残していますが、これが来シーズンからどうなるのか興味深いです。



【おまけ今日のドイツ】


DSC00469_convert_20160504170702.jpg


ドレスデン旧市街地のレストラン街

[ 2016/05/04 16:55 ] バイエルン | TB(-) | CM(17)
ベナティアはフンメルスに関係無く放出でしょ
ただDFがいなくなるからいるだけで補強されればすぐ売りに出されるだろうな
チームに合ってないから仕方ない
[ 2016/05/04 17:12 ] [ 編集 ]
そのバイエルンを独走させているブンデスリーガは、ではかなりレベルが落ちたということなんでしょうかね。

ミムラさんがCLではドイツのマスコミはみんなバイエルンを応援していたと呟いていました。そういう評価をされるからなんでしょうかね。
[ 2016/05/04 17:24 ] [ 編集 ]
これは怒る権利はあるな。つかブンデスってすべてが早すぎですよね。
ドルのデンベレも水曜日に決まるとかいう話があるし、他のリーグならシーズン終わってからやるべき話を
シーズン中から当たり前のようにしてるのがちょっと違和感ある

PSGもリーグとCLで差が出てるとか問題視されてるし、バイヤンはブンデス1強になって競争力なくしてるのが響いてるんじゃないかと
外からよりリーグで選手が循環してるから、対応できる限界が見えてますよね。
ただ、アトレチコの守備組織はバルサでも対応してる見事なものなのでバイエルン上層部が
思うほど恥でもないとは思いますが
[ 2016/05/04 17:45 ] [ 編集 ]
やっぱりドイツ人主体の、ハインケス時代のバイエルンの方が強かったですね。
[ 2016/05/04 18:16 ] [ 編集 ]
スペイン相手に3度、しかもバルサ、レアル、アトレティコを前に尽く敗れ去るとはなんだか要領が良い気もします(苦笑

ペップのバイエルンは強かったですが、なんだか情熱というか、感動というか、心に響くようなことはあまりなかった気がしますね
[ 2016/05/04 18:36 ] [ 編集 ]
ハビ・マルティネスが負傷していたので代役として獲得したと思いますが、負傷離脱の選手の代役って負傷者が戻って来るまでに圧倒的なパフォーマンスを見せ付けないと立場も悪くなりますよね
それにベナティア本人も負傷離脱という悪循環で
ローマサポはああいう移籍の仕方をしてどう思っているんでしょうか?
それならユベントスなり他のクラブを選んだほうがいいと思います
フンメルスはCLで優勝したいからバイエルンにって噂がありますが、バイエルンは3年連続でリーガ勢に負け準決勝敗退
何か思うことはあるのかな?
[ 2016/05/04 19:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントが獲得したら面白いのでは?
[ 2016/05/04 19:27 ] [ 編集 ]
怒るのは当たり前
シーズン中だし、まだ直接対決も残ってるのに
バイヤンもフンメルスも軽率すぎるわ
[ 2016/05/04 19:41 ] [ 編集 ]
フンメルスはタイトル欲しいならバルサいくのがいいのでは?
[ 2016/05/04 19:54 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。ビルトの移籍情報の確かさはビルトのプライド的な意地もあるのでしょうね。それぞれのメディアの特徴が分かって来て楽しみです。

すみません。個人的なお願いですが、お暇なときに来期1部昇格が決まったRBライプツィヒと監督のラルフ・ランゲニックについてのドイツの反応や情報が知りたいです。貧乏な地元Jリーグをずっと細々と応援している私からしたら、こんなスポンサーと監督が来てくれたらと羨みますが、ドイツでは拒否反応が多いとかの噂を聞き、そちらとのサッカー文化の違い、というかドイツのサッカー文化そのものを感じたので詳しく知りたいです。また、来期1部に来たらいろんな事が変わって来るのか来ないのかちょっと怖いような楽しみなような・・

ランゲニックはかつて3部のウルムでの監督時代、ツゥヘルがそのチームの主力DFで活躍してたらしいのでますます興味があります。
[ 2016/05/04 20:41 ] [ 編集 ]
ブンデスはシーズン中に来季の編成発表が当たり前だからね
ドルトムントもラモスの獲得発表をヘルタと直接対決前にしてたし
確か決算の関係だったと思う
[ 2016/05/04 21:15 ] [ 編集 ]
来年はボアテングとフンメルスの最強CBからスルーパスが供給されるのかと思うと寒気がします。
[ 2016/05/04 21:38 ] [ 編集 ]
決算とか株価対策は解るけど、まだシーズン中じゃないか、というしらけるじゃないの。
シーズン終わってさあ移籍よというエンタメ要素も面白さの一つなんだし
[ 2016/05/04 21:46 ] [ 編集 ]
ドルトムントELでプレミアのリバプールに敗退
バイエルンCLでリーガのアトレティコに敗退
ブンデスリーガのことを考えればこれからが少し不安になってくる
[ 2016/05/04 23:41 ] [ 編集 ]
昨夜のCLのシティの酷さを見て、改めてバイエルンの凄さ、質の高さを知らされました。
同じ準決勝なのに、大人と子供くらい、まったくレベルが違いましたね…
たとえペップが行っても、シティではとてもあのようなパスサッカーは無理だと思います。
[ 2016/05/05 13:37 ] [ 編集 ]
ペップはシティの選手大幅に入れ替えてチーム作り直すよ
誰が出て行って誰が来るのか楽しみ
[ 2016/05/06 06:54 ] [ 編集 ]
今回の移籍騒動は厄介ですね。フンメルス父が余計なことを言わなければ発表をもう少し後にできたのではないかと思ってしまいます。アンチェロッティはナポリのDFが第一候補と言っているという記事を読みました。この辺も含め、バイエルン側もドルトムント側ももう少し調整したかったかもしれないなと推測しています。どうも、フンメルス父が問題を大きくしたのでは、と思ってしまう。アンチェロッティがフンメルス第一候補でない場合、残り1年の選手に50億も払うんでしょうか。もし今年移籍できなかった場合、来年に移籍金無しで放出になるんですかね?だったら何としてでも今年移籍してもらった方がよいのですが。そして、フンメルスはこのタイミングで移籍希望を発表したドルトムント側を非難し、それに対してヴァツケCEOが株式上場しているので仕方がないが、マッツは法律家ではないから知らなくてもいいんだよ、というコメントを出したようですが、これは本当ですか?
でも、その前の記事で、フンメルスは、まだ何もきまっていないがたとえ移籍実現の可能性が51%の確率だったとしても言わなければならない、と情報開示の件は知っているというようなコメントを読んだのですが。ヴァツケCEOは反発を最小限に抑えるためにフンメルスとバイエルンの繋がりはお金やCLだけでなく家族のこともあるんだとコメントしてくれたんだと思うんですよね。それなのにドルトムント側の対応を不満に思っていると、ファンに説明するのはおかしな話です。今回のフンメルスの言動にはがっかりです。このような子供な対応はキャプテンには向いていなかったと思ってしまう。正しく日本語訳されたものかわからないので、お仕事がおちついたらこのあたりの騒動も翻訳お願いします。
[ 2016/05/06 21:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。