ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン監督グアルディオラ!CL敗退後に自転車通勤しドイツで話題に!《ドイツの反応》



ビルト】5月4日


バイエルンのコーチが自転車にのってアトレティコに負けたフラストレーションを振り払う!



entry_img_1018.jpeg


ペップ・グアルディオラは非常に苦い勝利をまずは頭から追い出さなければならなかった。



グアルディオラ監督はアトレティコ・マドリッドに2:1に勝利したと同時にCL敗退が決まった次の日の午前、自転車でトレーニングへ向かった。ミュンヘン市内を6キロにわたって走り回り、ギーズィング地区を抜けてトレーニング場のあるゼーブナー通りへと駆け抜けた。

スポンサーリンク




多くの通行人と車の運転者が、不思議な顔で振り返ることになった。


20160505060547ba1.jpeg
チームの建物から出てくるペップ



スターイレブンのトーマス・ミュラー、フランク・リベリー、アルトゥーロ・ヴィダルたちがトレーニング場で疲れをとるかたわら、グアルディオラは芝生の上で控え組と軽めのトレーニングをした。

パス、ドリブル、ターン、最終トレーニングにはティアゴやコマン、ラフィニアなども参加した。



20160505060552638.jpeg
マウンテンバイクを止めてファンと話をするスペイン人


2016050506055354e.jpeg
ペダルを踏むペップ グアルディオラ


このスタートレーナーは非常に落ち着いているようだった。いつもように選手をしっかりと観察していた。

彼の表情:機嫌は悪くないようだ。悲しんでいるようには感じられず、どちらかと言えばやる気に満ちており、1:2で敗れたマインツ戦の次の日とは異なっていた。おそらく彼も選手がセカンドレグで全力を出したことが分かっていたからだろう。そのため試合後にはファンから選手たちに拍手が送られたのだ。


グアルディオラはラフィニアを抱きしめ、試合後に約5分間助監督のドメネク・トレントと話していた。それ以外はすでに次の課題に取り組んでいるようだ。

2016050506060989e.jpeg
感情的なトレーニング:
ラフィニアを抱きしめるペップ


土曜日にはインゴルシュタットで優勝が実現しなければならない。4年連続優勝。まだこれはリーガで誰も達成していない。

そしてその後5月21日にポカール決勝だ。それでグアルディオラが成功を飾って去っていくかどうかが決まる。

いずれにせよ非常に苦い勝利の後で、彼は残り二つのタイトルに向けて集中しているようだ。






以上です。

グアルディオラが自転車で通勤したことが早速ニュースになっていました。

まあグアルディオラが自転車通勤していたらさすがに驚きますよね。でもドイツは割とそういうところは日本と比べるとリラックスしているとは思います。プライベートを尊重する部分もありますしね。

昨日のバイエルンの前半は本当に強かったですね。とくに一対一ではかなり気合が入っていました。ドルトムント、是非とも真っ向勝負で挑んでほしいです。
[ 2016/05/05 06:25 ] バイエルン | TB(-) | CM(14)
リベリ何回突破すんだよってくらいキレてたんだけどな
全体的にツイてなかった
やっぱ大事なときにはロッベンいないと駄目かぁ……
[ 2016/05/05 06:42 ] [ 編集 ]
バイエルン対アトレティコは本当にレベルが高かったです。今まで見たことがないくらい。
正直恐怖を感じるほどでした。世界の最前線ではこんなサッカーをしているんだと、正直いまのドルトムントがそこにたどり着く想像ができないですね。トゥヘルを批判しているのではなく、レベルが高すぎます。
まあマンCの代わりにドルなら決勝行けたかもですがね(笑)
ただ、ポカール一戦だけなら充分勝機あると思うので、ぜひとも勝ってほしいです!


[ 2016/05/05 08:26 ] [ 編集 ]
いかにもビルトらしい記事って感じかな
ペップも風に吹かれて頭を冷やしたかったのでしょう?
ところで敗戦後のビダルの「今日はアトレティコの醜いサッカーが、世界最高のサッカーと戦った」と言うコメントはドイツではどう受け止められているのでしょうか?
[ 2016/05/05 08:28 ] [ 編集 ]
グアルディオラはCL敗退した後のインタビューで
「1つも後悔はない」とか言っていたようですが
やっぱり内心とても悔しくて自転車を漕がずにはいられないんでしょうかw

バルサはクラシコで負けた後しばらくボロボロだったので
バイエルンも同じように調子を落としてリーグで連敗する可能性は十分あり得ます
[ 2016/05/05 09:43 ] [ 編集 ]
CLが無くなった以上、ペップがバイエルンを指揮する最後のゲームがポカールになりましたね

つまりそれは300パーセント(大袈裟かな)勝たなくてはならないものとなったということで、ドルトムントはただでさえ強いペップバイエルンのマックスと戦わなくてはならないんですね

非常にワクワクします
贔屓目無しでドルトムントは苦しいと思いますが、トゥヘルがバイエルン「対策」に傾きすぎたらやる前から勝てないと個人的には思います
是非ともドルトムントには「ドルトムントらしさ自分達らしさ」で真っ向勝負が観たいですね

300パーセント(言い過ぎかな)のバイエルンも見たいし、困難ですがそれを打ち破ってこそ価値もあるかなと

とりあえずドルトムントはリーグ残りは全勝して2位でも記録的勝ち点でポカールを迎えて欲しいですね
フンメルス移籍関係はチームは関係なくむしろ結束しているようですしね
楽しみです
[ 2016/05/05 10:35 ] [ 編集 ]
甘いな管理人さん。日本はザックが電車に普通に乗ってたから。気付いててもみんなスルー。
お花見してる一般人の動画にザックたちがのんびりお花見で歩いてるとかたまたま映ってた歩いてたとかも普通にあった。
香川も年末普通に写真撮ってたし、サッカー選手は日本じゃスーパースターじゃないですね。
ジャージ着てチームで来日してたらみんな気付くからスター扱いされますがイニエスタもバス、地下鉄に乗って余裕で写真とってますから。

ハリウッドスターもボディーガードありだと気づかれるけど、なしだと普通に歩いてたとか時々投稿されてる位無関心だから
[ 2016/05/05 13:06 ] [ 編集 ]
体を動かして切り替えることの大切さ。これは自分の生活にもいえますね。

ポカール楽しみです。
ドルトムントも真向勝負でお願いしたいです。
[ 2016/05/05 14:12 ] [ 編集 ]
どっちが勝ってもおかしくない試合でしたが、あの第一番に強いミュラーがPKはずしたのは印象的でしたね
これでバイエルンがズッコケてドルトムントリーグ優勝カップ優勝してくれないかなあ...
[ 2016/05/05 14:58 ] [ 編集 ]
バイエルンが世界最高のサッカーをしている事は間違いない。
今シーズンは本当に凄まじかったし、これほどインテリジェンスを感じるサッカーに今後、出逢えるのかなと思うほど感銘を受けた。
アトレティコにもホームで負けたわけじゃない。
だからポカール決勝は物凄く楽しみだけど、やっぱり怖くてたまらない気持ちで震えそうだ(苦笑)
それにしても、ミュラーは今シーズン、リーグ戦やポカールでもPKを外しまくっていたので、絶対に蹴らない方が良かった。
PAに立った瞬間、これはエライ事になる…これがターニングポイントとなって敗退しそうだ…と直感で思った。
この最高のサッカーを、できればバルセロナ相手に決勝で見たかった…
[ 2016/05/05 17:29 ] [ 編集 ]
どうしてスペインのクラブに勝てないのかな。詳しいはずなのに不思議だ。でもこれでポカールは全力でやってくるだろうしドルも全力を出し切って欲しいね。トゥヘルも奇策に走らず選手たちのモチベーションを上げる方が上手くいくと思う。そしてトゥヘルが最後まで諦めない事が大事。
[ 2016/05/05 18:47 ] [ 編集 ]
ペップはトゥヘル同じでモチベーターの監督のチームに弱いよね
1st legはシメオネと選手の一体感がすごかった
戦術家は選手の実力以上を出せないのかね


[ 2016/05/06 06:51 ] [ 編集 ]
まぁアトレ対レアルの方が色んな意味で面白いからバイエルンには悪いけどこのカードは楽しみ。
アトレの守備がマジでハマった時は世界一の硬さだよなぁ。バルサでさえ崩せない。バルサもバイエルンもアトレの手中にまんまとはまってパスを回させられたに尽きる。あと両チームにいえるけど決定機を決めきれていない。レヴァ外しすぎだよ~、リベリももう前のようなキレもない。近い将来ドルトムントに覇権を奪われるかもね。
[ 2016/05/06 09:44 ] [ 編集 ]
バイエルンって決して勝負強くはないよね
ただ強いだけというか
[ 2016/05/07 01:13 ] [ 編集 ]
グアルディオラは過大評価
自分には何かあると見せるのが上手いだけという点では、グアルディオラはモウリーニョと同じ
[ 2016/05/10 04:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。