ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギュンドガン負傷でユーロ絶望!シティ移籍もなくなる可能性!+ファンへのメッセージ!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】5月6日



ギュンドガン今シーズンとユーロ絶望!

ギュンドガン・ドラマ




entry_img_1022.jpeg



ヨギは誰を彼の代わりをどのようにするだろうか?マンチェスター・シティへの移籍が破談に?



ギュンドガン・ショック!これはBVBだけでなく、代表チームもイルカイ・ギュンドガンの負傷離脱で痛手を負う事になった。

スポンサーリンク




この代表選手は火曜日の午後、トレーニング前にバスケットボールをし、そこで膝を脱臼してしまった。これによって今シーズンだけでなく、4週間後にフランスで開催されるユーロまで棒に振ることになってしまった。



この負傷がシティへの移籍に与える影響は?



BVBマネージャー・ツォルク:“すべてはまだオープンだ。”
本来ならば移籍金での合意を残すのみとなっていた。BVBは2500万ユーロの移籍金を要求していたとされているが、マンチェスター・シティーも徐々にこの金額に近づいてきたところだった。今後はギュンドガンの膝が手術を受けるかどうか、そして彼がどのぐらい離脱するかにかかっている。


彼が新しいクラブで準備キャンプとリーガが始まってから最初の月(注:8月)を逃すことになったら、BVBに残る可能性もなくなったわけではない。



彼の離脱が代表に与える影響は?


20160507060102686.jpeg

ギュンドガンはすでにこの間行われたイングランド戦とイタリア戦を負傷で欠場している。ヨギ・レーヴはイングランド戦ではクロースとケディラを起用し、イタリア戦ではクロースとエジルという創造的なバージョンを試した。中盤においては、いつも代わりがいる状態だ。



代表監督、ヨギ・レーヴはショックを受けて、“これは我々みんなにとって痛手だね。でもなによりもイルカイ自身にとって非常に苦い結果となってしまった。ブラジルワールドカップを怪我で逃し、今度は決意して望んでいたユーロだ。”と語っている。


明らかなのは、ギュンドガンの離脱に伴い、中盤のタレントが利益をうけることになるだろう。バイエルンのキミッヒ、シャルケのゴレツカ、グラートバッハのダフート、ドルトムントのヴァイグルたちは今シーズン力強いシーズンを送っている。



しかし一番重要なのは:ギュンドガンが早く怪我を治すことだ。レ―ヴはこう語っている。“我々ドイツ代表チームは彼が再びフィールドに帰って来ることを願っている。”



ギュンドガン自身もツイッターで負傷について語っている。

以下、彼のメッセージ。

多くのお見舞いに感謝します。僕はポカール決勝とユーロを逃すことになりとても悲しいです。でも自分に同情する事は決して最善の解決策ではありません。最初のショックから今は前を向いて、一日でも早く健康になることが大事です。怪我をしたときはいつもそうですが、いつ戻って来るか言う事はできません。でも今後もリハビリの経過を伝えたいと思います。


20160507060105b06.jpeg






以上です。

前回の記事でギュンドガンの負傷のニュースを伝えましたが、その時点ではまさかこんなに大けがだとは思いませんでした。

バートシュトゥーバーもそうですが、良い選手の度重なる負傷は本当に残念ですね。早く回復することを願っています。

とは言っても彼の移籍がどうなるかは正直気になるところですよね。当然シティとしては獲得するにしても移籍金を下げてくるでしょうし、8月になるまで進展はなさそうな感じですね。いまさら本人が契約延長するとも思えませんし、そうなると契約延長しないで来シーズン残るという事もあるのでしょうか・・・


[ 2016/05/07 06:05 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(22)
契約延長無しの残留なんて、この状況でありますかね?前回の移籍騒動の際も怪我絡みで、契約満了での移籍なんて…と叩かれていた記憶がありますし。

[ 2016/05/07 06:27 ] [ 編集 ]
バスケって・・・・
これは叩かれてもしょうがないかな・・・
[ 2016/05/07 06:47 ] [ 編集 ]
契約金下げて治療込みで取るケースも無いわけじゃないし、プレミア資本ならまぁ取れるなら取っておくかぐらいのクラブはあるんじゃないかな。ましてやシティなら尚の事。まぁ、交渉は厳しいことになるだろうけども。
ただ、怪我しがちな選手にとってプレミアは諸刃の剣だよね。
[ 2016/05/07 06:53 ] [ 編集 ]
ギュンはいい選手なんだけど、しょっちゅう怪我してるよな
[ 2016/05/07 06:54 ] [ 編集 ]
インドアスポーツで
膝の脱臼って大怪我になるよ
普通は膝の脱臼って前後どちらかの十字靭帯断裂や損傷
それに伴う半月板損傷を意味する
特にバスケットボールはインドアスポーツで膝の故障が一番多い
自分が膝の十字靭帯断裂やった時
周りの入院患者にはバスケットボールとサッカーが原因の人が大半
その他は交通事故が原因だったな
[ 2016/05/07 07:16 ] [ 編集 ]
これからという時にまた怪我とは残念ですね。ギュンは個人トレーナーとかつけてるのかな。今のままではプレミアでも怪我がちになりそうで心配ですよ。
[ 2016/05/07 07:40 ] [ 編集 ]
>バスケって・・・・
>これは叩かれてもしょうがないかな・・・



バスケといっても別に遊んでた訳じゃなくて、練習前の軽いウォーミングアップでの事らしいよ。
[ 2016/05/07 08:09 ] [ 編集 ]
手術とかいうレベルの怪我だったとは。気の毒だけど原因バスケて。
移籍はするだろうけど…膝やると癖になる時があるし、あたりが強いプレミアで怖いな
[ 2016/05/07 09:42 ] [ 編集 ]
ん〜ギュンとロイスは怪我が多いですよね。
香川は、酷使されている割にはメンタル面(笑)とウィルス系、トゥヘルの気まぐれの欠場が主ですよね。体質も一つの能力だから、ギュンのプレミア挑戦は中々厳しいものになりそうですね。もしも、メスが入るようだとフィジカルテストすら受けられない‥移籍は消滅する予感がします。サポには、昨年辺りから愛想をつかれているし契約終了も近い。オバもマドリーが手を挙げなければ残るようだし、ムヒとフンに金銭面とクラブの来季に対する覚悟を伝えれば、全員残留も有り得る。後は監督が、(腹の中で思っても)ダービーやバイエルン戦、欧州の舞台で引き分けでニヤつかないメンタリティーを持つ事。
[ 2016/05/07 10:09 ] [ 編集 ]
ギュンドアンは本当に色々な香川とのエピソードがあるので、日本では好意的に見られていますし私も大好きです。
彼のことを思うと残念です、こちらもやっと彼が移籍するという現実を受け入れる心の準備が出来たところだったのに…

でもバスケットはきっかけにすぎなかったのではないでしょうか?
試合に出たら、そこで怪我していたんではないだろうか、などと考えてしまいます
もしかしたら体重の負担がかかっているとか、どこかに原因があるのかもしれないですよね
好きな選手なので、太りすぎずに良い復帰を果たしてほしいです
本当にシティ行きが破談になるなんてことがないことを祈ります、もうドルトムントからは出た方が良いと思うので
[ 2016/05/07 10:31 ] [ 編集 ]
自分が読んだ日本の記事では練習中の怪我とだけしか書いてなかったんだけど
練習前のバスケで怪我とは
これはいろんな感情が湧いてくるわ
[ 2016/05/07 10:31 ] [ 編集 ]
バスケットはバスケットでも、きちんと練習メニューの中のバスケットでは?依然ムービーでバスケットを取り入れた練習風景を何度か見たことがあります。
[ 2016/05/07 10:34 ] [ 編集 ]
バスケは普通にどのチームも設備あるからなぁ
[ 2016/05/07 13:28 ] [ 編集 ]
バスケはウォーミングアップで別に遊んでたわけじゃないよ
[ 2016/05/07 13:48 ] [ 編集 ]
シティ行くのも応援してたしドイツ代表でみるのを凄く楽しみにしてた。。。

[ 2016/05/07 14:13 ] [ 編集 ]
たしかに、以前から他の選手もバスケの画像をSNSに載せていたし、
「バスケで怪我っておいおいガッカリ」とかそういう遊びのバスケではなく練習の一環の中で怪我したようなものですかね?
[ 2016/05/07 16:21 ] [ 編集 ]
ギュン個人のコンディション管理もそうだけどクラブのコンディション管理にも問題ありそう
トゥヘルって戦術重視で選手選ぶから選手固定されてるし疲れが溜まって前半も後半も終盤はケガ人増えてるよね
ギュンは怪我続きで試合出たり出なかったりで体重が目に見えて増えてたんだから体重まず減らさしてから普通の練習に参加させた方が良かったんじゃない
[ 2016/05/07 18:19 ] [ 編集 ]
ギュンは夏に日本に遊びに来た時に友人と個人トレーナーとかも帯同してずっと旅行してたから、個人トレーナーとかは責めるべきじゃないと思うな。
単に移籍で表向きの仮病だと思ってたのに、本当の怪我のニュースって読むだけでため息がでますね
[ 2016/05/07 19:36 ] [ 編集 ]
ウォーミングアップのバスケでの怪我だから不運と割り切るしかないよ
クロップ時代から怪我人で悩まされてたからトゥヘル叩きは可哀想
[ 2016/05/07 20:19 ] [ 編集 ]
怪我人多い?今年は劇的に減っていると思うのですが。ギュンドアンは怪我が多いイメージですね。能力に体がついてこないのでしょうか。
ムヒタリアンの鉄人ぶりは研究に値すると思います。
[ 2016/05/07 20:24 ] [ 編集 ]
怪我人普通に発生してると思います。特に重要なときに。
ドゥルムは手術までしたし、ピシュチェク、シュメルツァー、ロイスは骨折に内転筋損傷と何度も離脱してます。オバメヤンも骨折。
少ないとはとても思えません。
レスターのメンバ位でしたら少ないと思いますが。
それからギュンドアンの脱臼は手術必要という情報出てましたっけ?
重症という情報も?
脱臼といっても症状はピンきりですから、あまり想像を膨らませて適当な事は言わない方が良いと思いますよ。
移籍は8末までですから、まだ時間があります。
それまでに治ると良いですね。
[ 2016/05/08 05:49 ] [ 編集 ]
管理人 負けてショックしてるんじゃないか?
[ 2016/05/08 14:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。