ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス移籍発表後のコメント全文+ドイツ人の反応《ドイツの反応》

【フンメルスFacebookより移籍後コメント】


entry_img_1026.jpeg


今日FCバイエルンが僕の移籍を発表した後で、僕もそれについて詳しく語りたいと思う。


君たちがすでに想像していたように、ここ数週間は僕にとっては非常に神経を消耗させるものだった。なぜならこれまでの人生で最も難しい決断を下さなければならなかったから。最終的にはもう一度新たに挑戦しよう、という事になったんだ。それに加えて自分の故郷、家族そして多くの友人たちもそこにいる。


人によっては僕の決断が受け入れがたいものであることは良く分かっている。だけどドルトムントでの8年半という素晴らしい時間の後で、何か新しいものに挑戦するときがやってきたんだ。

スポンサーリンク



そして今、非常に重苦しい気持ちで、僕がともに成長し、成功を収めてきたこのクラブとチームから去ることになる。だからこれに関わったすべての人に感謝したい。この素晴らしいクラブの君たち、特別なファンに。そして舞台裏で働いてくれた同僚たちに。それからもちろん3人の監督、そしてミヒャエル・ツォルクとハンス・ヨアヒム・ヴァツケに。


そして特に忘れてはならないのが、僕の言葉に耳を傾けてくれたチームメートたちにありがとうと言いたい。


もちろんBVBに残留する事を勧める多くのコメントがあったことは分かっている。そしてヴォルフスブルクの試合の後での言葉には -それがトレーニング場やスタジアム、スーパーマーケットなどどこであろうがー、とても心を動かされたよ。これがBVBファンが特別であることを表していると思うし、すごく評価している。


僕は残りのトレーニングと試合で全てを出すつもりだ。そしてふさわしい別れになるようしたいと思う。フィナーレの後でポカールを手にして!


ありがとう!

マッツ






【これに寄せられたコメント】


entry_img_1025.jpeg


・新しい事?FCバイエルンで?故郷で?本当に挑戦したいんだったら外国に行くべきだったと思う。だけど君を追い出した、良く知っている環境に戻るの?それにあのチームでタイトルを獲得する事が特別な挑戦だとは思えない。


・結局はお金だ。ゲッツェに言った言葉を思い出したほうが良いね。


・↑ドルトムントも同じぐらいの金額を提示したはずだよ。だからお金ではないと思う。


・君が上手くいかないことを祈っている。決勝前の発表ありがとう。


・↑ドルトムントのファンが選手を罵る様といったら・・彼が育ったクラブに帰ってくるという事を理解できないようだね。


・ドルトムントはすでに多くの裏切り者を見てきた。これ以上は言う事がない。


・僕は君が去ってしまって悲しいよ。だけど受け入れなければね。BVBで素晴らしい時間をありがとう。


・みんなは君を裏切り者と言うだろうけど、僕は君に感謝しているよ。君はチームのために全力を尽くした。


・どうして君を見捨てたクラブに戻れるのかその気持ちがわからない。ベンチで素晴らしい時間を過ごしてね。


・↑フンメルスはプレーすると思う。


・成功を祈っている。ボアテンと二人で素晴らしいセンターバックを形成し、それによってドイツも強くなると思う。


・今となってはいくらでも綺麗ごとを言う事が出来るだろう。でもちょっと前は違ったようだね。挑戦したいんだったらスペインかイングランドに行くべきで、ライバルチームに行くべきではないよ。君の行動はマリオと全く違わないね。


・これは君の言葉なのだろうか?それとも君のPRマネージャーの言葉だろうか?でも君の言葉を信じるとは思っていないよね。君はヘーネスの言葉に反論したり、クラブの公表を汚いと言ったり、ファンには「まだ何も決まっていない」と言っていた。僕は君が去ってうれしいよ。君は良い政治家になれるかもしれないが、良いキャプテンではないね。こんなに大事な試合の前に移籍の事を考えるんだから。


・それでも君は結局うわべだけのチームに移籍する。


・僕は君の成功を祈っているよ。


・選手がチームから去る。これがビジネスだ。


・ありがとう。


・彼はいつもドルトムントに忠実だったし、正直でフェアだったと思う。


・僕はこの決断が理解できない。君はドルトムントではキャプテンで神だったけど、バイエルンではただの客でベンチだろう。いったいどこに挑戦がある?ヨーロッパの他のクラブだったらOKだったのに。


・ありがとうマッツ!君はドルトムントに多くの素晴らしいものをもたらしてくれた。


・ドルトムントのファン程選手の移籍に過激に反応するファンはいない・・。


・君が移籍すること自体は悪くない。でもその方法が悪い。イングランドだったらファンもそんなに悪意を抱かなかっただろう。僕はがっかりしている。


・ドルトムントにとって残念。ブンデスリーガにとって残念。


・さっさと出ていけ!


・さっさとシュメルツァーにキャプテンマークを譲って出ていくべき。こんな発言には誰も興味がない。


・キャプテンがライバルチームに?理解できない。8年経って家族がそこに住んでいることに気づいたのかい?ミュンヘンなんて飛行機で1時間なのに。いったいそれについてはどう言うつもり?ファンを馬鹿にするのもいい加減にしてほしいね。家族、新しい挑戦・・どれも笑えるね。








以上です。

すでにコメントが9000件を超えていますが、まあ非難が多いですね。

個人的にはこういう発表はしないでだまっていたほうが良かったと思います。おそらく移籍は心の中では決まっていたのでしょうから、ファンに向かってわざわざ「まだ何も決まっていない。」などと言って自分でソーシャルメディアにビデオをアップする必要もありませんでしたね。それがさらに火に油を注ぐことになったと思います。


キレイに去るのは難しいなあ、と思わせられます。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_3287.jpg


蚤の市
[ 2016/05/11 05:55 ] フンメルス  | TB(-) | CM(53)
シーズン終わってから発表ではダメなの?
[ 2016/05/11 06:56 ] [ 編集 ]
フンメルスの移籍は致し方無いと思っているので、そちらよりもドルの補強がどうなるかに興味がありますね。
来シーズンはCLに復帰しますし、もうちょっと層を厚くして欲しいです、高いレベルで。
[ 2016/05/11 07:00 ] [ 編集 ]
なんか本当に残念な人・・・

沈黙は金ですね。
[ 2016/05/11 07:04 ] [ 編集 ]
ε-(ーдー)ハァ
ライバルチームに...(ry
[ 2016/05/11 07:16 ] [ 編集 ]
どうしたって、怒りの感情が心の奥にある。同時にがっかり感がハンパない。
[ 2016/05/11 07:41 ] [ 編集 ]
やはりすべて終わってから発表すべきだねえ
特にキャプテンという地位にあり、決勝が残ってる状態で言うべきではなかった
監督どうするのかな、使うのかな
こうなったら使わないほうがいい気がする
[ 2016/05/11 07:46 ] [ 編集 ]
フンさんて、こういうとこ下手だよね
ずっと黙っておけばよかったし、余計な発言するからかえって反感買ってしまう
このコメントも長いだけで、イマイチだわ
[ 2016/05/11 07:57 ] [ 編集 ]
まあ確かにキャプテンとしてはふさわしいキャラではなかったね。容姿は大人っぽいんだけど中身は少し子供っぽい。でも今までありがとう。
[ 2016/05/11 08:30 ] [ 編集 ]
人としては綺麗に送り出してやりたいだろうが、リーダーがラスボスの一味になったのに綺麗ごと並べてたらサポの団結まで茶番臭くなるから無理だわな。
[ 2016/05/11 08:33 ] [ 編集 ]
ポカールの決勝でマッツが活躍すれば良いんだけど。
ベンチや、マッツのミスで敗退したら後味が更に悪くなりそう。
[ 2016/05/11 08:34 ] [ 編集 ]
もしゲッツェが残ったら同じチームになるってのが笑える
[ 2016/05/11 08:45 ] [ 編集 ]
結局、移籍はいいけど、ライバルチームに移籍するってことが問題なわけで。
ここの説明が、家族がいるだけで済まされてる。まあ、バイエルンの方が強いからとは言えないんだろうけどさ。。。
ポカールと来期のバイエルン初戦の楽しみが増えたけど。
[ 2016/05/11 09:21 ] [ 編集 ]
ゲッツェの時に言った言葉を自分に向けて吐けばいいと思うよ
[ 2016/05/11 09:29 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガを陳腐化させる行為だ。バイエルンの自重しない行いは嫌悪感を感じる。
フンメルスもこの期に及んで、「上から目線のいい人」で居たいというとても傲慢な姿勢をとっていると思う。
来期ではバイエルンがコケてCLをまたしても逃す事を祈る。
[ 2016/05/11 09:48 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
ゲッツェに引き続き、大一番前の発表にはバイエルンに対する姑息さと、それを拒否できなかったマッツには、嫌悪感と残念さと、彼の苦悩が見て取れます。サポーターは、マッツ批判一色だと思いますがクラブの責任も重い。
ドイツコメントにも有りますが、お金じゃあ無いですね。マッツは、首脳陣にクラブの在り方や方針・指導者含めた戦術・補強・未来に対する希望をクラブ首脳陣にぶつけたのだと思います。しかし、首脳陣は過去に破産を経験しているだけに、タイトルに対する挑戦や野望よりも、堅実とバランスを重視したのでしょう‥欧州一の観客動員数、安定のリーグ上位、欧州舞台への参加、プライマリーバランス‥。ドル首脳陣にしてみたら、我々は100%の仕事をしている、危ない橋を渡ってまでビッククラブになるつもりは無い、気に入らなければ他を当たりなさいって事だと思います。突然のクロップの退団も(熱いだけに)当てはまるかもしれません。レバ・クバ・ゲッツェ・グロクロ・クロップ・ギュン?・フン、寂しいですね〜来季はロイスかな?
安定を求めるクラブと全てのタイトルに挑戦したい選手達との溝が深まった時が移籍の頃合い‥サポが一番に批難すべきはクラブだと思います。
[ 2016/05/11 10:17 ] [ 編集 ]
ドルからバイエルンに行く時点で非難されるのは避けられないですからねぇ
ぶっちゃけ発表時期はどのタイミングでも変わらないと思います、ただ非難の内容にこの時期に~が付け加えられるだけ
[ 2016/05/11 10:22 ] [ 編集 ]
バイエルン、バルセロナ、レアルの中でオファーをくれたのがバイエルンだけならバイエルン行くしかないでしょ
バイエルンからオファーがあるのにバルサレアル以外のチームに行くのも意味が無い
残り少ない競技者人生でビッグイヤー取りに行くならそんなに多くの選択肢があるわけじゃなんだから
[ 2016/05/11 11:16 ] [ 編集 ]
ゲッツェの時には非難して、更にこの数週間では「将来のことは分からない」と発言。
そしてこの度は「バイエルンに挑戦したい」。これがドルトムントのキャプテンの姿。

どういう人間か何となく分かりましたけど、一生に一度の人生なので悔いのないように頑張って下さい。
[ 2016/05/11 11:48 ] [ 編集 ]
せめて発表はポカール決勝が終わるまで待ってほしかったです
クラブもフンメルスもファンがどのような反応をするかは想定内だったと思うので

ELで負けた時点で決心したんじゃないかと思います
昨シーズンもかなり悩んでいたと思うので、、、
でも毎晩寝る前に30分考えてたのは、このコメント?なんて言いたくなります

チームメイトには早い段階で話していたんでしょうね
だから、動揺は無いし、ポカール決勝で今シーズンを締めくくりたいと一致団結していると思います。
でも、こういうのは結局全ては社長さんの考えなんじゃないかと思う
[ 2016/05/11 12:13 ] [ 編集 ]
国内で最大のライバルチームにキャプテンが移籍するのだから、理由を説明しようがしまいが批難されるのは確実。
「故郷」とか「新たな挑戦」と言ってしまうと本音であっても余計に言い訳がましく聞こえてしまうので、
感謝の言葉だけの方がよかったのではないでしょうか...

これもし、スペイン、トルコとかアルゼンチンだったらサポが暴動起こすほどの移籍や
[ 2016/05/11 12:22 ] [ 編集 ]
バイエルンなら最終ラインからフィードで繋がなくてもノイアーで事足りると思うけどね。
守備力的には普通の選手やからレギュラー定着するかは未知数やね。監督次第ともいえるけど。
[ 2016/05/11 12:56 ] [ 編集 ]
選手の方は何も言わないのが一番良いってことだよ
[ 2016/05/11 13:11 ] [ 編集 ]
9000 すごいです
それだけ歴史があるのか
[ 2016/05/11 13:21 ] [ 編集 ]
管理人様、翻訳有難うございます。
マッツの移籍は仕方ない…
頭では理解できても感情がついていかないって感じです。
考えぬいての決断なんでしょうが。
もうマッツは余計な事言わないでほしいですね。
思った事は言わなきゃ気がすまない感じはしますが、きれいに去りたいならなおさらです…
理解が足りないと言われそうですが、正直ポカールでの彼はもう見たくないかな。
ブンデスはこれで先行き大丈夫なんでしょうか。
来季レスターのようなチームが出てこないかなぁ。
[ 2016/05/11 13:58 ] [ 編集 ]
スペインでこんな移籍がこれほど頻繁に起こってたら紛争だな
[ 2016/05/11 14:53 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます!とても残念でなりません。上を目指す?悲しいけど今までありがとうと送り出したでしょう…けど、それがバイエルンであってはいけない!なぜならバイエルンだから!そして今ドルのキャプテン!家族、古巣、全く関係ない!バイエルンだけは絶対行ってはなりません。本当に残念で悲しい…!ドルファンにとってマッツのした事は一生許せないでしょう…
[ 2016/05/11 15:07 ] [ 編集 ]
一方、グロスクロイツは故郷ドルトムントで居酒屋をオープンするようです。
「ドルトムントを去る時に、『この町や人々とはこの先も関わりを持ち続けたい』と言った。このような計画は頭の片隅にずっとあったんだ。
僕のルーツはドルトムントにあるからね。このプロジェクトに誇りを持っているよ」との事です。
泣けますね。
こういう選手を放出してしまったなんてね…
結局、フンメルスはミュンヘンの人間だったって事ですよ。
[ 2016/05/11 15:15 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございます。

ヴァツケとルンメニゲに反論したのと、まだ何も決まっていないって言ってたのを聞いて、
「もしかしたら」って少し思ってしまったんですよね。何も決まって無い→高速で移籍成立ですけど・・涙
8年半の在籍での貢献に対する感謝の思いもありますので、出来れば当面マッツには黙っててほしいです。

蚤の市いいですね~!!ここにいたら1日過ぎそうです!
[ 2016/05/11 15:30 ] [ 編集 ]
フンメルスの話なのにトゥヘルに激怒してる人はおかしいでしょ…(ファン投票でも年間MVPに選ばれるくらいなのに、そこまで叩かれるとは;)

では誰が監督なら良いのか?
そして、そんな有名で実績のある監督がドルトムントに来てくれますか?と。
無い物ねだりばかりしてちゃ駄目だよ。
単純に選手個々のレベルがバイエルンとは違うのだから。
[ 2016/05/11 16:09 ] [ 編集 ]
トゥヘルの采配云々に触れてらっしゃる方もいるが、それは主たるところではないでしょう。
契約の終わりに近づいて、ついに抑えきれなくなったというかハッキリしたんだろう。
「バイヤン先生!戻りたいです」だね。
年齢からいって、ここが最後の分岐点になる可能性が高いし。
つまり、グロクロがそうであったように、フンメルスもそうだってだけ。
それがブンデス史上累々における絶対者のバイヤンなのだから尚更。
ゲッツェを批難したのも嫉妬だったんだろうね。
[ 2016/05/11 16:21 ] [ 編集 ]
移籍は仕方無しと思っていてもバイエルンだけは受け入れがたいですよね。
バルサならよかったのにな。
なかなかいないタイプのCBなので後釜難しいでしょうね。
いい選手の補強ができればいいけど。
[ 2016/05/11 18:15 ] [ 編集 ]
8年もいたし、新しいことに挑戦したいというならみんな惜しみながらも暖かく見送っただろう。
ただ、直接のライバルに移籍するというとなれば話は別。
どんなに言葉を取り繕っても裏切りは裏切りだよ。
[ 2016/05/11 19:53 ] [ 編集 ]
株主に対する責任があるから、株価に影響が出そうな重大事項は決まったら発表せざるを得ないんじゃなかったっけ?勘違いかな。
じゃなきゃ、シーズン終わるまで発表しなかったんじゃないかなって思ってたんだけど。
[ 2016/05/11 20:20 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。個人的には残念極まりないですが長年ドルを支えてくれた功労者の彼を憎む気にはなれません。去り際は綺麗ではないですけど自分が腹立たしいのは、汚い方法でチームに揺さぶりをかけて重要な選手を奪っておいて、優越感に浸って喜んでいるバイヤンにです。(あくまで個人の意見です)ちなみにゲッツェは嫌いです。
[ 2016/05/11 20:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、レヴァンドフスキ、フンメルス。
ライバルチームから引き抜くという行為を恥だと思えないんだろうか…
プライドもヘッタクレもないのかな。
チームロゴが黄色に塗られたものをTwitterで見たけど、まさにそうだなと。
[ 2016/05/11 22:45 ] [ 編集 ]
イングランドなら文句なかったと言っても、イングランドじゃCL狙えないし
ドルトムントにいても勿論狙えない。バルサレアルから誘いがなきゃバイエルンしかない
サッカー選手の寿命は短いし、一流選手ならタイトルを欲しがるものだ
[ 2016/05/11 22:58 ] [ 編集 ]
ポカールの決勝にしっかり両チームが残ってたのが不運だったか……。
[ 2016/05/11 23:53 ] [ 編集 ]
 移籍するなら海外にしてほしかった。彼はこれからも私のお気に入りの選手であり続けますが、あえて言います。裏切り者め!
[ 2016/05/12 00:00 ] [ 編集 ]
ドルトムントで、ずっとキャプテンでいて欲しかったけど、移籍自体は仕方ないですよね。8年もいたんだし。

クロップが去って、トゥヘルのもとで、一年やってみて、彼自身の答えが移籍に行きついたんだと思います。

でも、移籍だったら、海外に挑戦して欲しかったです。


[ 2016/05/12 00:43 ] [ 編集 ]
どうしても言いたいんだけど
この移籍を仕方ない、又は好意的に受け止めている人は本当にブンデスリーガのことを考えているの?
同じリーグの下位からではなく上位、ましてや二位のチームから主力選手を奪うバイエルンに売るドルトムント出て行くフンメルス
他リーグの高い外貨を獲得出来るわけでもないし戦力を削れるわけでもない、単純にブンデス一強化が進むだけでドイツ代表以外のメリットが全くない
いくら赤字解消してもフンメルスと同等のCBを獲得する資金力はないし、ドルトムントお得意の若手育成をして上手くいったとしてもどうせバイエルンに売る、そんな流れが出来上がってると思うんだけど気にならないの?
[ 2016/05/12 05:05 ] [ 編集 ]
>では誰が監督なら良いのか?
そして、そんな有名で実績のある監督がドルトムントに来てくれますか?と。
無い物ねだりばかりしてちゃ駄目だよ。
単純に選手個々のレベルがバイエルンとは違うのだから。

ドルトムントが万年シルバーコレクターでビッグクラブ扱いされないのもCL獲れないのも頷けますね
サポーターに負け犬の根性が染み付いてますから
個々のレベルが違うならどうしてバイエルンはドルトムントから選手を奪うんでしょうね?
[ 2016/05/12 05:09 ] [ 編集 ]
フンメルスがトゥヘル監督の采配に疑問を抱いたのは事実ではないか?
リーグでバイエルンに勝てず、ELでリバプールに負けて準決勝にも行けなかった時点で、ドルトムント、トゥヘル監督に見切りを付けたのだろう。バイエルンで3冠を達成したいと。
トゥヘルは名将とは思えない。
現状ではロイスやオバメヤンの契約延長はありえず、主力選手の移籍連鎖の抑制に尽力する必要がある。
[ 2016/05/12 07:10 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガとは、ドイツ代表のためのもの、ドルトムントはそのための、育成の場であり、バイエルン一強のための
選手提供のチームがドルトムントって事でしょうか?毎年2位でも致し方ないですかね。選手もサポーターもそれで満足しなきゃならないのか?違和感100%
[ 2016/05/12 07:34 ] [ 編集 ]
>ドルトムントが万年シルバーコレクターでビッグクラブ扱いされないのもCL獲れないのも頷けますね

あなたはバイエルンファン?
ふつーに戦力や財力やらでバイエルンに勝てると思ってます?
ヤフーの記事で、今回の補強で欧州1に強いチームだってアンケートがイギリスで行われたみたいだけど、今のバイエルンは他のメガクラブと同等以上の戦力だよ。

諦めてるとか負け犬とかじゃなくて、じゃあこれからどう強くなっていくかっていう期待。まずは補強とポカールと来期CLだね。
[ 2016/05/12 10:27 ] [ 編集 ]
05/12 05:09さん
>ドルトムントが万年シルバーコレクターでビッグクラブ扱いされないのもCL獲れないのも頷けますね
サポーターに負け犬の根性が染み付いてますから


うーん…
香川の来た2連覇以降のBVBしか見てない人はそういう風に見てしまうんだと思うけど、バイエルンって数年で結構コケてるんだよね。
あと、現地のあるドルトムントサポーターの方が書いていたものです。



【最後に、翌日のリバプール市内やドイツへの帰路で出会ったドルトムントサポーターと話をした中で、印象に残った言葉を紹介します。

「サッカーなんて、いつも勝てるわけじゃないだろう?こんな劇的な試合に立ち会えたことを、俺は幸せに思うよ。いつまでも語り継がれるような試合じゃないか。」

「確かに言葉は見つからない。信じられない。でも、俺たちはバイエルンじゃない。あいつらみたいにいつも勝てるわけじゃない。これがBVBなんだよ。“だから”俺はBVBを応援してるんだよ。」】
[ 2016/05/12 11:21 ] [ 編集 ]
フンメルスに黙っていてと言っても…
彼の今までの舌禍騒動みても無理ですよ
ドルのキャプテンになったこと自体、私には驚きでした
代表のキャプテンには絶対になってもらいたくないです(まあ、ならないでしょうけど)
去っていく選手より、未来の希望ある選手の話題で盛り上がりたいですね
[ 2016/05/12 11:30 ] [ 編集 ]
えらく厳しい人がいるなあ。
フンメルスも言っていたように、前半戦のインゴルシュタット、ダルムシュタットに引き分けてバイエルンに大敗、その3連戦で勝ち点7も失ってしまったのがすべてだったと思うよ。
その責任はもちろん香川も含めて全員にある。

で、前半戦のその後、優勝を全力で狙え!!みたいな発言をしていた人っていたっけ?クラブやトゥヘルを叩きまくってた人っていたっけ?
私の記憶が確かならここにはいなかったと思う。なぜなら香川が調子良かったから。2位かつ香川がスタメン&調子良いってだけで皆、満足していたよね。
シャルケ戦後とかも「トゥヘルいいよね〜香川信頼されてるよね〜」って感じで、のほほんとしてた。優勝の「ゆ」の文字も出ていなかったよ。
それなのに、唐突に優勝がどうとか言い出してトゥヘルへの猛バッシングが始まったのは香川が外され始めた辺りから。
もうあまりにピリピリしすぎで、とにかく恨みなど感情が剥き出しになる人が増えた。
香川一つで、いろいろスケープゴートにされてるなあ…というのがずーーっとある。

私は香川ファンだけど、ドルトムントにはもう本当に感謝してもし切れないのでね。
これくらいの強さを保っている他クラブであれば、こんな温かい待遇をしてもらえるとは思わないよ。それは香川自身が一番分かってると思うし、幸せ者だと思う。
そして、私は香川が単に試合で見ればいいやなんて思ってない。パフォーマンスが悪いor満足できるレベルじゃなければ外してもらって構わないと思ってる。
それは、それだけハイレベルな香川のプレーが見たいからであって、高い競争があってこそ香川は成長し進化すると思ってる。周りを貶めて得る名誉なんてたまったもんじゃない。
優勝を目指すために、お金を使って補強をすれば、なおさら香川の地位も安定ではなくなってくるかもしれない。今後はさらに外される確率だって増える可能性もあるかもしれない。
だからと言って、行く先々のクラブや代表で毎回文句など言ってられない。 そういうのは見苦しいものだよ。
香川真司が大好きだからこそ、誰にも外したくないと言われるようなプレーを見せKAGAWA!と自分は言いたいね。
[ 2016/05/12 12:08 ] [ 編集 ]
仕方のないことです。マッツの人生ですからね。マッツの人生を我々が責任を持つことはできません。
バイエルンだって、自分のチームが最高の状態になるように、補強でベストを尽くすのは当たり前です。手加減して、リーグで勝てなくなったらしょうがないですから。

ドルトムントは、補強の面でメガクラブと競争できないけど、それでも胸張って、ひけを取らずに戦っているところが、多くのファンの溜飲を下げているんです。そういうチームなんです。
良いことも嫌なことも、すべてあるのがサッカーですから、それも含めて楽しみたいですね。
[ 2016/05/12 13:02 ] [ 編集 ]
香川自身も言ってるけど、そりゃ個々のレベルはバイエルンとは違い過ぎるよ。あっちは世界一のスカッドだし誰が見ても一目瞭然。
近年のドルトムントの成長も凄まじいけど、それ以上にバイエルンのブランド力がレアルマドリー、バルセロナに並ぶほどだから、とてつもなさすぎるんだよね。
今シーズンのドルトムントは「史上最強の2位」と名付けられるくらい、普通なら優勝してるレベルなんだけど、あっちはもっと凄いって話なんだから。
クロップの時にもゲッツェやレヴァが出ていったくらいだし、二連覇できたのは若いチームが勢いで優勝できたって面もあるから、あれを基準にするのはちょっとなという思いもあるかな。
豊富な資金があるなら選手を獲得しまくれるけど、それはまず無理な話だしね。
てかバイエルンよりレアルマドリードの方がよっぽど倒せるなw
2012-2013年のCL決勝の相手でさえバイエルンが立ちはだかったんだからw


香川インタビュー(フランクフルト戦後)
「選手の個のクオリティーにしても、控えの選手にしても(バイエルンは)やはりちょっと抜けてた感じがあったので。ただ僕たちも後半戦だけを見たら、この試合(フランクフルト)しか負けてないですし、内容もほとんど相手を圧倒した戦いが多かったので、それが来シーズン、1シースン通してできれば少し可能性は出てくると思う。」
[ 2016/05/12 13:08 ] [ 編集 ]
マッツの移籍話で、香川やトゥヘルの事を長文で語る人の意味がわからないな
監督はまだしも、香川関係ないよね
ましてや責任とか感謝とか言われてもさ
[ 2016/05/13 00:55 ] [ 編集 ]
上の方と同じですが、香川は関係ないでしょ!フンメルスが移籍するのは、彼自身がこれからを考えて決めた事ですよ
チームメイトの香川が責任とか感謝とかって第三者がどうのこうのってのは違うと思う
フンメルスはプレイしている時はいつも香川を見てパス出ししてくれていましたね。
[ 2016/05/13 12:48 ] [ 編集 ]
どんなコメントを書こうがその人の自由だよ。
[ 2016/05/14 10:17 ] [ 編集 ]
ペラペラ喋って墓穴掘るタイプなんだねえフンメルスw
[ 2016/05/18 16:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。