ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ポカール決勝!】ドイツ紙「トゥヘル、PK采配のミスを認める!」+マッチレビュー《ドイツの反応》

【ビルト】5月22日


BVB監督の間違ったPK采配



トゥヘルがミスを認める!



20160522181736b44.jpeg


バイエルン対ドルトムント。我々ドイツのクラシコだが、再び大きなドラマを生むことになった。


バイエルンはこの満月の夜にベルリンで行われたポカール決勝において、PK戦の末に4:3で勝利したのだ。

スポンサーリンク


2016052218173719d.jpeg



BVBにとっては非常に痛い敗戦となった。



トーマス・トゥヘル監督は試合後に長い間グアルディオラと抱き合った。そしてADR(テレビ局)のインタビューにおいて自分を批判して以下のように語った。“私はほとんどPK戦を見ることができませんでした。決心するまでに時間がかかってしまったことに腹を立てています。別な選択をするべきでしたね。だから私のミスです。キッカーの順番を別なものにしなければなりませんでした。非常に悔しいです。でもこのPKの敗退が我々の良いシーズンを帳消しにすることはありません。”



ドルトムント監督は何のことを言っているのか?



事実:ベンダーはPKで失敗してしまったが、蹴る前に疲労からほとんど歩くこともできなかった。それに加えて彼はこれまでに一度もPKを蹴ったことがなかったのだ。そしてそれは同様に失敗したソクラティスにもいう事ができる。

201605221817384ae.jpeg


PKドラマ:

香川が中央に決めて1:0

ヴィダルが左へ蹴りビュルキも反応するも1:1

ベンダーが右へよわよわしいボールを蹴り、ノイアーが防ぐ。

レヴァンドフスキーがタイミングを遅らせ、左に決める。2:1

ソクラティスが左ゴールポストの外側へ外す。

そしてキミッヒ。中央に蹴るもビュルキの足に当たる。

オバメヤンが中央上に決めて2:2

ミュラー左上に決めて3:2。

ロイスがすぐに鋭いゴールを決める。

コスタが優勝を決定するチャンスをものに右側に鋭いゴールを決めて4:3.



この勝者は上半身裸でキーパーのノイアーと喜び合った。いったいなんと絵になる事か!ペップはダブルを達成してお別れすることになり、選手たちの腕の中で泣いた。




第73回ポカール決勝は、同レベルの激しい決勝となった。非常に激しい一対一。全てをかけている、という事が常に感じられる試合だった。


頭が熱くなっているリベリーやヴィダルは早い段階で警告されることになった。しかしその後何度もイエロー2枚で退場となるピンチをすり抜けた。リベリーはカストロの顔を押して退場にならなかったのは幸運だった。スカイの解説者ローター・マテウス:“あれはレッドカードだね!”


しかしそれに対して明らかな得点のチャンスは少なかった。なぜなら両チームとも素晴らしい守備を見せたからだ。BVBのファンたちは何よりもオバメヤンが外してしまった決定的なチャンスに腹をたたている(85分)。延長ではドゥルムがフリーのレヴァンドフスキーのシュートを防ぐことに(95分)。なんとエキサイティングなことだろうか!!


トゥヘルのアイデア:3バック。フンメルスを左側にすることでコスタとミュラーの対応。それによってこのセンターバックは普段よりも多く走らなければならなかった。そしてそのツケ:足がつって78分に交代。フンメルスは試合後に“今日は両チームとも勝利に相応しかった。チームメートとの多くの素晴らしい時間を思い出すことになったよ。でも今は信じられないぐらい悲しい。これは本当にくそったれな終わり方だ。”と語った。


ドイツ代表監督のレ―ヴはビルト日曜版に対して“非常に集中した試合だった。PKまでもつれ込んだことは公平な結果だったね。どちらのチームも勝利に相応しかった。”







以上です。

管理人は昨日の決勝は見ることができなかったんですが、帰り道に、後半からラジオで試合を聴くことができました。ラジオで試合を聴くのも結構楽しかったです。解説だけでなく観客の歓声も聞こえるので結構臨場感がありました。特にPKはドキドキしました。

しかし結果には残念です。仕掛けるまで0:0で行くのがトゥヘルの作戦だったのでしょうが、シュメルツァーとフンメルスを先に変えなければならなかったのが痛手でしたね。延長に入ってからまた誰かが足をつるかもしれないという状況でしたから、最後のカードを切るタイミングも非常に難しかったと思います。まだカードが2枚残っていれば80分過ぎか延長前半から香川選手の投入があったと思うのですが・・

これでシーズンの試合が全て終了しました。もうしばらくはポカール決勝に関する記事が出ると思いますのでそれを紹介する予定でいます。その後はキッカーのランキングなどが出ますね。後は移籍情報などを中心とした更新が多くなると思います。

[ 2016/05/22 18:27 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(48)
管理人さん、更新待ってました。ありがとうございます!
前回のこともあったので…
ノイヤー相手に、一番手、ど真ん中の香川選手のシュート、嬉しかったです。
ほんと、勝ちたかった。
[ 2016/05/22 18:42 ] [ 編集 ]
ポカールも二位
もう心は来季に・・・。
ポカール戦は、残念でしたが、来季の可能性が見えなくもなく・・・
そんな印象もしました。
チームメンバーがベストであれば、ですが。
主要メンバーの移籍が気になります。
また、いろいろとお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
[ 2016/05/22 18:53 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。

素人の私でもベンダーにPkを蹴らそうなんて思いません。出てきた瞬間終わったと思いました。で名指しするなって!
[ 2016/05/22 18:54 ] [ 編集 ]
「あの」ルールの悪名高き記者のツイートを見ると香川はスタメン予定が怪我で予定が変わったとかいうのも見ましたね。
なんかムヒに対する採点が突然辛くなってたのでミキの延長おじゃんになったからなのかなんか規制でもとれたの?とか思ってしまった。

あとPKキッカーはねえ。あの順番はダメだわ
ベンダーもソクラテスも蹴りたいと言ったらしいけど、アタッカー陣はゴール取れるからアタッカーやってるんだから
ゴールの確立を上げる、という冷静な判断とかできないから称賛されていようが、やっぱり信用できねえ、とか思ってしまう
[ 2016/05/22 18:57 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
あの〜〜試合前にPKまでもつれる展開を想定して、キッカーを決めていないんですか?
私の学生時代も、私の子供達の時も普段から想定した練習と指導者から指名されてたんですけど‥。というか、それを狙った戦術だったんじゃあないのかな?違うんですか?トゥヘルさん。
[ 2016/05/22 18:57 ] [ 編集 ]
3時間見たぜ。確か前回の対戦も似たようにけが人が出てプランの変更を余儀なくされたんじゃなかったかな。
これで香川の投入を非常に迷うことになってしまった。
でもトゥヘルの香川投入で最後の勝負に出たところは評価したい。
いい試合だったと思います。

PKはまあトゥヘルなりの選手へ責任が回らない言い方じゃないの?外した二人を選んだことはミスと言ってないわけでしょ?
なら、あれだけ最後までやった二人にPKを蹴らせるというのは選手たちにも監督自身がちゃんと説明してると思います
[ 2016/05/22 19:02 ] [ 編集 ]
結果が全てだから、結局「トゥヘルドルトムントはバイエルンに勝つことが出来ない戦術」だったなぁ
[ 2016/05/22 19:14 ] [ 編集 ]
熱い試合で感動しましたよ!
一進一退って感じで、オバのシュートが決まってたら・・・と思うことも。
想像以上にDF陣の酷使が激しかったようで、交代カードが難しくなっちゃいましたね。
でもとても盛り上がった試合でした。
来季が楽しみです!
[ 2016/05/22 19:34 ] [ 編集 ]
 前半、戦術面で敗北したBVB側はバイエルンよりも多く足を使わされるよう仕向けられた上に、攻撃でも十分な形を作れない難しい展開に。後半、相手よりも先に足が止まって苦しい展開となりましたが、BVBの選手達はよく耐えてしのぎました。耐え抜いたBVBの選手達を称えたいです。

 PKに関しては、経験のないDFを2番手3番手に選ぶのは理解に苦しみます。香川、オーバメヤン、ロイス、ミキタリアン、この4人は確定でしょう、その後にヴァイグル、ドゥルムと続いていくだけ。他に選択肢なんてないはずです。意味がわからない。
[ 2016/05/22 19:46 ] [ 編集 ]
まぁ1年目の監督としては、リーグで2位、ポカール準優勝の出来は上等でしょう。でも三年後も同じ立ち位置にいそうです。
[ 2016/05/22 20:04 ] [ 編集 ]
失点しないことを第一に考えたスタメン&システムだったのでしょうが、
最初は効いてるように見えたものの、バイエルンはすぐに対応してきましたね。
そのあたりやはり指揮官の場数を踏んできた経験の差が出たように感じます。
負傷交代にしても守備で走り回らされてしまった結果なんじゃないかなぁと
[ 2016/05/22 20:16 ] [ 編集 ]
フンメルスを普通に使える層の厚さが欲しかった、来季はそのフンさんもいなくなるわけで補強は大丈夫かな?
[ 2016/05/22 20:27 ] [ 編集 ]
DFが足つったり負傷して交代枠を使うカップ戦なんてはじめて見ましたよ。守備に強いチームは効率がよくて効果のある方法を使いますから、ずっと守備的に言って負傷するような自滅行為はしないものです。交代要員は主に中盤か前線の攻撃の流れを変えるときに使うものですから。バイエルンが交代枠を使わなかったのもわかるってもんです。唯一攻撃的な香川を入れるときにコマンを入れてましたが、それで流れが変わったらさらに交代枠を使って勝ちにきたでしょう。だから守備のへたなドルトムントが守備的にいった時点でほぼ負けてたんです。
トゥヘルはポゼッションの必要性を初めて理解したような感じだったんで驚きました。
今年ポゼッションの低いレスターやアトレティコが勝って驚かれてた意味を監督は分かっていなかったとさえ思います。
その上PKの順番ときたもんですから。
トゥヘルは思った以上に監督初心者だったんですね。
戦術やトレーニング方法には評価があるようですが、なぜこの行為が必要で多くのチームが使っているか、またやらないかという理由がわかっていないことに驚きました。だから他のチームがやってない事を得意気になっていたのかなと。多分次は、コロコロ変えるフォーメーションのデメリット、コロコロ変えるスタメンのデメリットに気づくのでしょうか。
[ 2016/05/22 21:18 ] [ 編集 ]
トゥヘルってわりと個人名だして批判というか否定的な発言をすることが多いように感じるんですが、ドイツでは問題ないのでしょうか
[ 2016/05/22 21:31 ] [ 編集 ]
香川がアディダスのポスターみたいな険しい顔で出てきたので力み過ぎてないか心配でしたが、大丈夫でしたね。
リベリの柵越えリプレイを見て夜中に笑ってしまいました。
[ 2016/05/22 22:48 ] [ 編集 ]
あくまで私の見立てですが、前後半中でバイヤンに入れられて0-1になったら香川投入と思ってました。
しかし先発陣必死の攻防のお陰でいつの間にやら90分間を経過、ところが肝心要のDF2人が後半間際で交代となったのが結構痛かったですね。ああなると状況維持するので手一杯となり、攻撃陣で変化をつけるというのがギャンブルになった感じですかね。

時にドルゥム君。あの決死のクリアは素晴らしかったのですが、ボールを持たせるとドリブル→囲まれて行き詰まり→苦し紛れのパスをカットor寄せられて獲られる等が頻発してましたね。フリーのスルーパスもほとんど通っていなかったように見えたな…

それとトゥヘルのPKに関する発言が出回ってますが、もしキッカーの順番まで指示していたのなら失敗した二人の名などは出さずに、「あれはすべて私の責任」と簡素に言ってほしかった。その辺りが、私が彼を好きになれないところなんですよね。せっかく熱くていい試合だったのに。
[ 2016/05/22 22:52 ] [ 編集 ]
結局トゥヘルは今シーズンの重要な試合の全てで何も残せなかった
[ 2016/05/22 22:58 ] [ 編集 ]
アクシデントが痛すぎた
本当はラモス・香川投入で勝負に行きたかったんだろうけど…
フンメスル交代まではシナリオ通りだったのかもなあ

悔しいわー

[ 2016/05/22 23:13 ] [ 編集 ]
1年間お疲れ様と伝えたいですね。
香川選手の怪我のことがよくわからないので、監督の意図は分かりません。情報を楽しみにしています。日本の紙媒体は、今回シャットアウトらしいので、今後の行く末に要注目ですね。コントロールが難しい日本のメディアは今後おなじような状況が続くのでしょうか。香川選手への風当りに変わらないことを祈ります。どこぞのビッグクラブと同じようなメディア規制が敷かれて行くのでしょうか。メディア規制は日本では人気低下につながるので他の選手へのメディアの意図的な人気誘導につながらないことを祈ります。
[ 2016/05/22 23:22 ] [ 編集 ]
ところで、PKのビュルキはフェアじゃないと思う
前に出るの早すぎなのでは
国際経験つんでるせいか、ノイアーはちゃんとしててエラい
[ 2016/05/22 23:23 ] [ 編集 ]
今回はニコ生で色々なコメント見ながら見てました 
自分はトゥヘルの絵図は理解できましたが、管理人さんの言う通り二人の負傷は想定外だったですね
ニコ生でもドゥルムはやめてくれ オワタ の反応でしたが いつの間にか謝れに変わってました

香川出場でのチャントは嬉しかったですね!でも後半途中からカストロの足が止まって、消えてましたから
もっと早く入れるべきだとは思いましたが、難しかったですねタイミングが

南アフリカワールドカップの岡田監督を思い出しました
GOを出した時には誰も走れず、結果PK負け
トゥヘルを責める事は出来ませんが、同じ展開でしたね
 
PKに関しては メンタル重視は判るし、ストライカーは蹴らしてはいけない!
悪くは無い選択だとは思いましたが、疲労まで考えが及ばなかったですね
とは言え運が大きいですよ! ソクラテスもベンダーも もう一度蹴ったら決められると思います

ニコ生では香川の蹴る姿は見たくないの大合唱 蹴るならトップにしてくれえええええ
と、戦犯はやめてのコメントだらけでした
正直言えば、ビュルキ前で過ぎだし キーパーの圧力の差だったと思います



[ 2016/05/22 23:26 ] [ 編集 ]
PKの順番については、勝負が決まらない序盤で蹴らせてあげたほうが、より心理的な負担が少ないと考えたんでしょうか?いずれにしろ、結果論ですね。勝てばそれでよかったとなりますから。
[ 2016/05/23 00:17 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。
世の中ではこの会見が、トゥヘルが2人を責めているかのように伝わっている部分があり、私は以前にもそういったことがこちらの翻訳で間違いだと分かったことを思い出したので、今回もそうではないのかなと疑っていたら、やはりそうでしたね。

トゥヘルは状態の良くない2人を選んだ自分を批判していたんですよね。

その善し悪しはもちろんありますが、それが逆の意味で伝わっているのは気の毒だなと、普段反トゥヘルで香川ファンの私でも思いました。(^_^;)

それにしても、私はそんなことよりも、なぜミキが蹴らなかったのかが疑問です。現地ではそれはどう受け止められているのでしょうか?ミキも脚が動かなかったのかなぁ……
[ 2016/05/23 00:37 ] [ 編集 ]
延長に入ったら諦めるくらいの覚悟で90分内の決着に掛けるべきだった
[ 2016/05/23 03:09 ] [ 編集 ]
DFで2枚使ってしまい、バイエルン側は一枚も使っていない中ではなかなか3枚目は切れなかったと思います。香川選手もベストコンディションではなかったようですし。色々と不運だったと思います。
私はずっと磐石だった前3人(ロイス、オバ、ムヒ)が実はかなりガチガチになっていたのではと思っています。バイエルンに気圧されたというか。ずっとパスがずれて、何だかふわふわしていました。反面意外にけろっとしていたのがヴァイグルだった気がします。
辛いですが良い補強をして何とか来期も頑張ってほしいです。フンメルスが後悔するようなチームになってもらいたい!
[ 2016/05/23 04:10 ] [ 編集 ]
管理人さん、お疲れ様でした
惜しい試合でした。香川選手が先発を外れたのはちょっと残念でしたが、3人目の交代で入ったのは逆にちょっと驚きました。とにかくすごく気合いが感じられたのは、香川選手のファンとしては、ドルトムントが負けた中でも、喜ばしいことでした(若干気合いが空回りしてパスの精度がいまいちでしたが)。それにもまして、ノイアーに対して一番手のキッカーとしてど真ん中に自信満々に蹴り込んだんPKは圧巻でした。シーズンの締めくくりとしてとても大きかっのではないでしょうか。管理人さんもお疲れ様でした。どうもありがとうございました!

[ 2016/05/23 04:18 ] [ 編集 ]
監督の采配ミス云々はこれまでさんざん言ってきたことだし、言い飽きたんでで当分言わない(笑)

来季ってことでいえば、いくつか楽しみにできることもあったよ。

最初に上げないといけないのはユリアンだね。シーズン初めと違ってずいぶん強くなった。周りが足つったりバタバタしてるときに一人だけ平然とプレーし続けた。ユーロで活躍出来れば一気に世界的な選手になるね。

次は、パパだな。フンメルスが抜けた後の守備のキーマンは彼で決まりだな。急な出場だったらしいけど、レバやミュラー完璧に抑え込めたのは彼のおかげ。後ろ抜かれても安心してみてられた。

最後は、香川だよ。ドルは後半トゥヘルが守備的なサッカーに切り替えたおかげで、攻撃陣はみんなおかしくなってたんだけど、どうやら香川が一番立ち直りが早かったみたいだな。いい意味で開き直れた。オバメヤンなんかいまだ重傷。蹴ったときボールから目放すというか顔あげんのが早すぎ。あれじゃ、ガンガン点取ってた頃に戻れんのは結構時間かかるんじゃないかな。
だから香川には、しっかり休んで、この調子を維持してもらって、シーズンのいいスタートが切れるように備えてもらいたいよね。

いずれにしても、皆さん今シーズンご苦労さんでした
[ 2016/05/23 05:15 ] [ 編集 ]
守備的戦術は負けないのが精一杯という感じですね。体力の消耗も激しくシーズン終わりの時期ではきつすぎた。今季のトゥヘルは実験の年でついていく選手たちも大変だったと思うのでお疲れ様と言いたい。さぞかし頭も疲れただろうね。香川もよく乗り超えたと思う。最近なんか逞しくなってきた気がする。来季が楽しみ。
[ 2016/05/23 06:35 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます
香川選手は脚(腰?)の調子がよくなくて15分間のみの出場でしたが、PKを決めてきっちり仕事したと思います。
1番手でど真ん中へのゴール、かっこ良かったですね。
いろいろあった1年でしたが、ドルの選手の中で一番成長し強くなったのが香川選手ではないでしょうか。
誰よりも大きくたくましく感じました。
また、来シーズンよろしくお願いします。
[ 2016/05/23 08:37 ] [ 編集 ]
強豪クラブ相手に勝てない。
来期に向けて現行メンバーに補強をすれば、強豪と互角に戦えたかも知れないが、フンメルスが抜け、ギュンドアンやムヒタリアンも抜けるとなると、EL争いの順位まで落ちる可能性が高い。
[ 2016/05/23 08:48 ] [ 編集 ]
決勝戦、感動しました。去年の決勝戦は結構あっさり負けてしまった印象でしたが、今回は本当に死闘っていう
言葉がぴったりでした。優勝してほしかったです

PKは本当に運だと思うので、、、ノイアーですしね。香川選手が一番に出てきた時にはビックリしました。
でも、決めてくれて大興奮しました。

監督の発言は本当に気を付けてほしいです。せっかくの試合に水を差すことにもなっちゃうし、選手がかわいそうです
トゥへルは試合中も怒鳴っている印象が強いので、そのあたりも私の中ではイメージが悪いので
[ 2016/05/23 09:29 ] [ 編集 ]
自分もいつもの如くニコ生で見ていたんだけど、大半の評価は前半は互角といった感じだった。
ただ自分にはそうは思えてなくて、序盤から終盤までバイエルンには守備において余裕があったように感じた。懐が深いと言うんだろうけど、本当に最後までその通りで、ドルトムントは手痛い負傷交代が泣きっ面に蜂。
ドルトムントの本来のプランは延長手前まで凌ぎ切って香川投入→疲れ切ったバイエルンに泣きっ面に蜂だったんだろうなと。実際後半香川チャントが流れたり舞台は整っていた。だけど後半のあの状況で香川を入れるのは有り得ないし、正しかったと思う。
ただ、延長前半で入れなかったのは采配ミスだと思う。PK戦に持ち込んだ所で5分5分の勝負とは言えないし、ドルトムントは負けるか賭けるかの二択しかなかった。その最後のカードを選手たちも待ち侘びて、待ちきれず遂には限界が来てしまった。香川も失うか決めるかの賭けに出ても良かったと思うけど、バイエルンも想定済みで香川には3〜4人で囲んでいく。
最後のチャンスはあったけれど、ドルトムントは決め切れず。あの時点で勝敗は決していたと思う。
勿論延長までカードを切らなかったバイエルンも賭けに出ていたのだろうけど、全てが想定内プラン通りというか・・・瀬戸際で守り続けたドルトムントもペップの掌の上だったのかもしれない。
[ 2016/05/23 11:17 ] [ 編集 ]
DF2枚にカード使わないと行けなくなったのは本当に計算外なんだろうか?
あれだけ受け身の戦術をやったらDFの疲労がとんでもないことくらい想像できただろうに
もし予想できなかったとしたらやはりタイトルを狙うクラブの監督としては未熟なんでしょうね
[ 2016/05/23 11:21 ] [ 編集 ]
いつも翻訳有り難う御座います^^
今シーズン最後のタイトルが取れなくて残念でした。
ドルトムント、香川ファンとしてはペップバイエルンを粉砕して欲しかったですね。
来期はもうペップはいないから出来ない!
リスクを取ってでもファンタスティック・フォーの怒濤の攻撃でバイエルンに襲いかかって欲しかった。
ファンタスティック・フォーも移籍選手が出ればもう見られないわけですし。
色々な面で残念でした。
[ 2016/05/23 11:42 ] [ 編集 ]
上の方でコメントしてる人がいるけど、アトレチコの戦術を真似たんだろうけど
表面的な部分だよね。トゥヘルが理解してるのは。
あれは誰が切り込んできたら、誰がカバーしてとか物凄い細かい部分まで守備が
連動してて指導されてるがわかる。CLのバルサ戦とかみたら守備の連動性の凄さがよく解る

ディフェンダー出身でシメオネが一流の選手でもあったからあれだけの
指導ができるのかとバルサ戦のように感動さえする時もあるけど、トゥヘルは指導できるのが
表面的な部分だけだから、無駄な動きも多く守備の連動もなく選手個人の能力でカバーする事になるんだろうね
それを見透かされてペップはドルを走らせてきたし。

何回もいうけどトゥヘルのどの戦術はテレビゲームならうまく行く。
ブンデスでは選手の力で戦術家に見せられてるけどって印象しかトゥヘルには残らない
現実では細かいプレスとか一人でも見逃すとダメになる、ってレベルで指導してくる
指導者の名前を使って自分を大きく見せることには成功してるな、というか。
戦術の修正ができないことはばれてないけど、CLクラスの監督には完全に見透かされてる
よなあ、と

トゥヘルの失敗しちゃったー、この教訓をかてに来年頑張ろう☆これからもCLで
修羅場を一緒にくぐっていっぱい失敗して一緒に勉強しよう☆
という時間の有り余ってる若い選手には向いてる監督だろうけど
[ 2016/05/23 12:39 ] [ 編集 ]
一部で香川選手の足の状態が思わしくなく、急遽先発メンバーがソクラテス選手に変わったとあったので、それが本当なら残念ですね。
香川選手はかなり気合が入っていたように思うので。
今シーズンは重要な試合で外れることも少なくなかったので、やはり堅守速攻となると香川選手は外れるのでしょうか。個人的には香川選手の守備はとても良いと思うのですが。
[ 2016/05/23 14:04 ] [ 編集 ]
結局、
前半戦に作り上げた自慢の攻撃力を、強いチームに試す事すら出来ずに終わりましたね。
監督としての引き出しの多さを、たったの一年間で無理やり見せられた印象です。
中堅チーム向けの素晴らしい徹底ぶりです。

試すチャンスを与えず、
監督自身がハナから相手を格上とリスペクトした守りの陣形、
選手の攻撃力を信じて貰えませんでした

慣れない配置で同レベルとファイナルを戦えばガス欠するのは素人でもわかるはず。

このメンバーで無冠に終えたのはオプションに時間を浪費しすぎた監督の重大責任ですよ
バイエルンから点をとると調子づいた攻撃陣が無念だね。かわいそうに

まずメインの陣形を磨かせてあげてほしい

[ 2016/05/23 14:42 ] [ 編集 ]
今回のトゥヘルへの批判いちゃもんばかりじゃないですか?もう何しても文句言うんでしょう。PK戦勝ってても批判してたでしょうな。論理的なものなら見れるけど、お粗末な意見ばかりで辟易しますね。
[ 2016/05/23 15:15 ] [ 編集 ]
また来年もまた来年があるからで終わりそう
[ 2016/05/23 16:22 ] [ 編集 ]
この監督は変わらないと思う。
今回でポゼッションの意味を理解したような意見がありましたが正直呆れます。
あなたは本当に今まで何を見てたのかと。
確かに香川選手をフルで使えなくて急遽戦術変更したのかもしれません。
戦術家なのですよね?
自分には付け焼き刃のマネ(アトレティコ、マインツ)しか見えませんでした。
表面だけで薄っぺらい。ちゃんと綿密にたててないように感じました。
DF2人の交代は痛かったと思います。実際にそれでプランが崩れたのも一因でしょう。これも監督の叩きになるんでしょうか?
[ 2016/05/23 18:28 ] [ 編集 ]
あとトゥヘルに必要なのは結果だけ
一つでもタイトルとれば良い方向に行くと思う
ドルトムント自体にも同じことがいえるのでは
それがCLかシャーレであれば言うこと無し
もちろんその中心には香川がいてほしい

監督もチームもまだまだ成長段階だと思うから、来年も楽しみにしております
[ 2016/05/23 19:16 ] [ 編集 ]
PKはシュメルツァーとフンメルスが残ってれば外した二人の所に選択したのじゃないかな。
ミキタリアンを最も難しい6番手にしたなら、2,3番手の選択は難しい状況だったのでほぼ結果論でしょ。

それでもトゥヘルはかなり悔やんでるっぽいですね、選択ミス言及って今回初でしょ?
不機嫌な会見が一度だけあったと思うけど、その時も選択ミスとしなくて好感もったのだけど・・・。

しかし、日本は印象悪いと難癖だろうがネットで共感してもらいたがって困ったものですね。
陰口を叩く悪い慣習が増長してしまってるのでしょうけど・・・。
[ 2016/05/23 23:06 ] [ 編集 ]
ここ以外の記事を最初に見たのですが、他はトゥヘルへの印象操作が酷いですね。

管理人さんには全幅の信頼を。
[ 2016/05/24 01:05 ] [ 編集 ]
久しぶりのコメントです(と言っても2週ぶりくらい)。ポカール戦結構楽しみにしてたんで是非勝ってほしかったですが、一枚上手でしたか。 まぁチャンスメイクは大分バイヤンに分があったようですが。
香川の交代、管理人の言うとおり、後半終了か若しくは延長入ったら入れると思ってたんですが、DF2枚に枠使ってましたか、そうですか...
試合前から恐らく5バックのような守備的フォメで行くっていう予想だったし、大方スコアレスか1-1とかで延長になる可能性は高かっただけに香川の投入が功を奏すると思ったが、満身創痍だったようだね。
しかし、上の人が言うように、お粗末な発言が多いよね、他のまとめでは。5バックなんてつまらん試合、なんて初心者を通り越して、もはや害だよ、そんな奴。

長くなったけど来年も応援してるぜ、BVBそして管理人!!
[ 2016/05/24 01:18 ] [ 編集 ]
 試合見てた感じ、状態的にはドルの選手のほうがよかった。ドルはプレッシングでバイエルンはPK狙いで省エネで来てたかもしれないけどね。それで交代枠を一つしか使っていない。

一度もPKを蹴ったことのないベンダーやソクラテスにPKを蹴らせる。そして蹴らせて置きながら失敗したらわざわざ名前を出す。しかも延長の後半まで出さなかった香川が一番手。以前からこのサイトではトゥヘルのやり方に疑問があがっているが、どう考えてもおかしい。去年のPKのような夢のようなことがまた起こるわけもない、しかもブンデスでもセーブ率が中堅くらいのビュルキVSブンデス1のノイアー。香川怪我という話も、試合見てたら嘘だとわかる。15分間無茶苦茶元気に走り回っていた。しかも怪我が足だとか腰だとか背中だとか、トゥヘルの香川はずしの時のようにコロコロ変わる。
 へーネス前会長「フメルスはPKを蹴らないほうがいい」Byキッカーって時点で、バイエルンの戦術が分かると言うもの、そしてその流れのまま守備的布陣でPKに持ち込まれた。そしてフンメルスの交代カードの使用。これについて「もっとやれたはず」と言ってトゥヘルがフンメルスを批判してるけど、まあどっちがどっちを利用してるのか、それとも怒って見せただけなのか知る由もないけど、案の定グダグダになった。だいたいフンメルス使ってて来期のテストとか意味不明。

 ドゥルムは確かにブロックして活躍したが俺的にはあれは元々ドゥルムがやらかしたことなので、戻ってブロックするのは当たり前だと思う。もちろんがんばったことにはかわりがないけどね。まあこれまで散々やらかして今回は多少がんばったけど、それでも結構奪われてた。

 相手の術中にはまってるのに、歩くのがやっとの選手、PKを蹴ったこともない選手を出して失敗して、トゥヘルは失敗した選手の名前出して、キッカー間違えてなかったら勝ってたーという言い訳なのだろうか。最初から負ける言い訳に使われてたらたまったもんじゃないな。
[ 2016/05/24 02:13 ] [ 編集 ]
スカイもルールも香川スタメンで一度表示してその後パパに差し替えたから香川はおそらく不安がなければスタメン予定だったでしょ。
香川はフランクフルト戦の前半35分くらいに右腿気にしてその後腰気にする素振りをして、後半動きが悪くなったから右腿から腰のあたりをやったんだろうね。
ケルン戦の交代後右腿アイシングしてる写真が出てドルトムント公式で怪我のリスクを回避するための交代って書かれてたし。
ケルン戦後練習が数日休みで木曜日にあった全体練習に個別練習だったからドイツのメディアも金曜日のプレカンで珍しく香川の状態を聞いたんだし。
金曜日の直前練習でも左足にもキネシオテープ貼ってたしね。
本人は多分出れると思ってただろうけどトゥヘルは香川がバイエルン相手に気の抜けないディフェンスを90分プラス延長できないと判断したんだろうね。
トゥヘルは香川入れて4231か3241もしくはBMGがバイヤンに勝ったときに使った352を使おうとしてたんじゃないかな。最初からでなくとも途中からフォメ変えてって。だからオバとラモスの2トップ試してた。
ギュンの代わりにカストロになったけど5バックは一度使ってて、ペップはドルとやるときは必ず1週間くらいかけて戦術練ってるから同じ手は通用しないのトゥヘルもわかってたでしょ。
ドルは善戦したんじゃなくてまんまとペップの戦術にはまってたね。
ハーフコートでボール回してアトレティコみたいにこういう守備に慣れてないドルの守備陣は疲れさせてロングボールやドリブルで決めるってのは対ドル5バック用の戦術。ドルの前線3人の決定力がないのはいつものことでGKノイアーだからそう簡単に点取れない。
ドルは前半途中から押されて後半と延長はなんとか持ってた。レバが不調で決めきれなくてキミッヒが穴になっててバイヤンの他の選手もシーズン終わりでキレがなかったから点が入らなかっただけ。
[ 2016/05/24 08:57 ] [ 編集 ]
ベンダーとソクラテスはPKを蹴った事が無く、ベンダーなんて相当フラフラだったようです。
ミキタリアンを最も難しい6番手にしたとかいうのが本当なら、それだけでもトゥヘルの采配ミスですよ。
順番が逆ですから。現に6番目まで回ってきてませんし。

トゥヘルの采配ミスも今回に限った事じゃなく何度もあって、その都度批判されるのは当然なのに
批判してる人の方に対して文句を言うおかしな人がいますね。違和感しか感じません。

そういう人って
「香川しか見て無いからトゥヘルを批判するんだろう」とかいいますが、見当違いの妄想も甚だしいですね。
ちゃんと試合を見て試合後のコメントも見てれば分る筈です。
[ 2016/05/24 15:06 ] [ 編集 ]
バイエルンまたはドルトムントが延長前に一ゴールでも決めていたら香川の出番はなかった=トゥヘルが香川を使う気なかったことに気づいていない点
怪我だからと先発を外したにも関わらず、全体の運動量が落ちた時間帯になってから香川を出場させ重要なPKの一番目も任せた=トゥヘルは香川を活躍させる気がない、またはチームの勝ちに貢献するとは思っていないことも気づいていない点
改めてコメントを見ると意外にこちらの方々も勝ち敗け以前にこの辺りが分かっていないようですね、同じ日本人ドルサポだからもっと理解してると思いましたが今回のトゥヘル擁護コメントの数々ではっきりしました

確かにドイツ人や他国のサポーターならば香川中心には見ませんしドルトムントが勝てれば些細な問題かも知れませんが、同じ日本人がこうしてチャンスを潰され尚且つチームが負けてしまったのだから良くなかった部分は監督であろうが選手であろうが苦言を呈することは大切なんじゃないでしょうかね?
[ 2016/06/01 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。