ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、別れ際にフンメルスを批判!ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】

トゥヘル、別れ際にフンメルスを批判



フンメルスの大きなフラストレーション


entry_img_1045.jpeg

スポンサーリンク



オリンピア・スタジアムにいた約8万人のサッカーファンと、テレビ観戦をしていた1379万人の人々は、フンメルスが78分に交代する様子を見ていた。


201605221817384ae.jpeg


このBVBキャプテンはリベリーとの一対一の後で飛び跳ね、足の痙攣に苦しんだのだ。彼が滑ったことでバイエルンはチャンスを得ることになり、戦術的なファールでイエローカードをもらった時には、彼がもうプレーを続けることができないことは明らかになった。


フンメルスの大きなフラストレーション



“他の選手と同じように足がつってしまったんだ。ある場面で足首の筋肉がしまってしまい、プレーを続けようとしたけれど、もう駄目だったんだ。” とこのワールドカップ優勝者は語った。


フンメルスにとっては物凄くフラストレーションがたまるものとなった。なぜなら勝利で別れることができなかったからだ。“僕らのプレーは最高のものではなかった。でも戦い様は素晴らしかったと思うよ。PK戦はくじの様なものだけど、クオリティーも大事だ。僕らの側から見れば非常に不運だったけれど、もしかしたら戦いざまをみれば勝利もふさわしかったかもしれない。僕は非常に悲しいよ。そしてこれは本当にくそったれな終わり方だ。”



フンメルスの大きなフラストレーション


それにはトゥヘル監督の批判も関係あるようだ。トーマス・トゥヘルは記者会見でフンメルスの交代に関して以下のように述べている。“彼が交代を頼んだんだ。”そしてそれどころか78分までのフンメルスのパフォーマンスを批判したのだ。“彼だったらもっと良くやることができるよ。”


20160523064415df3.jpeg


フンメルス自身はポカール決勝に全てをささげていた。それどころか彼はバイエルンとの契約書へのサインを後回しにしていたのだ。”試合の前にもう一度(サインをするために)ミュンヘンに行くのは嫌だったんだ。なんとなく嫌な気分がしたからね。”



フンメルスは妻のキャシーと共に夜のベルリンで気晴らしを試みた。彼らは午前1時37分にディスコに行き、そこで訳1000人の客が朝までBVBパーティーを繰り広げたようだ。


フンメルスはボスのスーツに青いネクタイ、キャシーはザラのセクシーなワンピースを着て登場した。本来はここで友人たちに囲まれ笑顔を取り戻すべきだったが、試合が終わって数時間が過ぎてもフンメルスの顔から落胆の色が消えることはなかったようだ。



しかしドルトムントで良い時も悪い時も経験したキャプテンはディスコに行くとすぐに、“今日は朝7時までここにいるよ!”と宣言し、その言葉を守った。


この大きなディスコの中央には特別にBVBの選手たちのための部屋が用意されていた。そこにはBVBの選手の妻や彼女たちもいたようだ。


フンメルスだけはその部屋に留まることなく、ディスコへと出ていき、ここ数年で知り合った多くの知り合いたちと話をし、個人的に別れをした。


フンメルスは、舞台上で短くも非常に心を動かされる言葉を述べ、彼がいかにBVBで素晴らしい時間を過ごしたかを強調した。“信じられないぐらい素晴らしい時間を過ごした。チームメートとともにそうした経験ができて本当にうれしいよ。全ての事を寂しく思うだろうね。”







以上です。

これでフンメルスが本当にいなくなるんですね・・・。残念ですが、新しい選手が来るという事でもありますから、前を向いて行きたいと思います。

それにしてもトゥヘルはメディアに対して、なかなかおいしい材料を提供しますね。監督の選手批判は本当にメディアは大好きですから・・・。

ある意味名物監督みたいになったりして・・・。ファン・ハールみたいにならないことを願っていますが・・。

[ 2016/05/23 06:50 ] フンメルス  | TB(-) | CM(35)
個人的には、監督の選手批判は大嫌いなのでやめて欲しいです。チーム内で共有すれば良いだけだし、わざわざメディアに対して言う必要あるんですかね
[ 2016/05/23 07:39 ] [ 編集 ]
トゥヘルは、名将と言っていいんだろうけど
なんかこう、地味に選手たちの心を逆なでするようなところが…
どんどん選手が離れていくのも、それが全てとは言わないまでも
遠因の一つになってるかもね…
[ 2016/05/23 08:08 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
トゥヘルの事は、いつもの事なので置いといてー。
マッツが居なくなる実感がジワジワ湧いてきました。寂しいですね。
彼は、技術云々よりチームの精神的主柱‥W杯やポカール、リーグ優勝を経験している数少ない主力選手です。
最後にキャプテンとして、トロフィーを掲げてサポに少しでも祝福されながら去りたかったんだと思います。
さて、私は香川の移籍も有りの考えでしたが、皆が怖れるノイアーに対してど真ん中にPKを決めた姿を見て、あー彼だけはバイエルンに対しての恐怖心は無いんだなと改めて思いました‥そりゃあそうですよね〜ドルトムントでの最初の二年間は一度も負けてないのですから。PKを失敗した選手を慰めたり、一番手に決めたり、決めた後に、派手なガッツポーズで仲間を鼓舞しサポを煽る姿を見て、マッツ無き後の自分の役割を自覚しているのだと実感しました。出来れば来期もドルトムントで踏ん張って欲しいですね。トゥヘルとクラブが外国人選手に対しての、考えを改める事が大前提ですけれどね。公正な競争を望むだけです。その気が無いならば、アンチェロッティがゲッツェに対した様に、早めの通告を望みますね。
[ 2016/05/23 08:10 ] [ 編集 ]
やっぱ仲悪かったんだな(笑)

今シーズンのフンメルスのプレー見てたら監督の言うことまともに聞いちゃいないようなプレーがあちこちにあったからな。あからさまに手を抜いたのもあった。バイエルンとの初戦の時も間接的に監督批判してたし、出ていく理由は、監督との確執だったんだな。

フンメルスは、絶滅危惧種になってる攻撃的なセンターバックなんで、どこへ行っても注目してるよ。

来季のドルとの初戦は見もの。
マッチアップするのは香川かロイス、オバメヤンあたりだろ。
これは楽しみだよ。
世界最高クラスの攻防だよ。
[ 2016/05/23 08:14 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます

トゥヘル監督の言動で気になるのはやはり負け試合や勝ち試合に関わらず選手個人の名前を出してプレーがダメだった等の発言をすることですね。
前監督がモチベーターとして優秀すぎるクロップなこともあるし、選手批判をしない監督だっただけに余計に目につくのかもしれませんが…


ただ、私的にはこの記事から読み取れるのはそれだけではなくて、バイエルンと密接な繋がりのあるビルトということもあり、世間の批判からフンメルスを守りバイエルンへの移籍への批判を緩和する目的もあるような気がしました。

とにかく来季もブンデスリーガは続きますし、厳しい戦いが続くのも変わらないのでドルトムントのメンバーにはタイトル奪取の強い意思を持ってプレーしフンメルスに移籍を後悔させるような頑張りを見せ続けて貰いたいと思ってます!
[ 2016/05/23 08:45 ] [ 編集 ]
フンメルスの足が攣ったのは、戦術を変えて仕掛けてきた
バイエルンに対応するため走り回ることになったからで、
つまりはトゥヘルが戦術レベルで対応できてなかったからでは。
[ 2016/05/23 09:02 ] [ 編集 ]
他の選手が幻滅するようなこと言うのやめてくれよー
フンメルスは近いうちにインタビューかなんかで逆襲するんだろうけどさ
[ 2016/05/23 09:11 ] [ 編集 ]
さすがにフンメルスが足を攣った時はヒヤヒヤしました。。
そういえば、ムヒタリアンは契約延長の条件にトゥヘルの続投を求めてる記事が出たみたいですね。
「トゥヘルが解任されたら契約解除できる条項」を求めたらしいです。
[ 2016/05/23 09:53 ] [ 編集 ]
それからギュンドアンの移籍も決まったね
優勝メンバーもいなくなってきたな
[ 2016/05/23 09:58 ] [ 編集 ]
 トゥヘル監督が選手達に与えた戦術は、守備的でありながら前に3枚配置し、中盤が薄くて繋げられない戦術だった為、すぐにボールを奪い返された。その上、DFラインもそれなりに高く保たせようとしたので、BVBのDF達は常に負荷がかかった状態となった。フンメルスの筋持久力はトゥヘル監督の戦術に消耗させられたのです。
 私にはフンメルスが最善を尽くしていたように見えました。もっとうまくやれたというセリフは選手側が言うべき言葉でしょう。リーグ2位の成績に貢献したキャプテンに対してこのような批判をする監督を信頼することは難しいですね。トゥヘル監督をそれなりに評価しているのですが、私は永遠に好きになれそうもありません。
[ 2016/05/23 10:38 ] [ 編集 ]
やっと終わったかって感じです。とりあえず今はEUROが楽しみ。
[ 2016/05/23 10:39 ] [ 編集 ]
どっちが悪いかは別にして普段から信頼関係を構築できてないから自然と選手批判的言動が出ちゃうんだろう。
タイトル獲得というミッションを共にする者同士これは致命的な欠陥です。
家庭の理由でお茶を濁してるけど本音はこんな監督嫌だから出ていきますってことだろうね。
[ 2016/05/23 10:58 ] [ 編集 ]
この記事が確かならば長期に渡って貢献した人間に対してどうしてこんなにも惨めな思いをさせなくてはならないのだろう。今回の移籍がタブーだとしても感謝してお別れするべきかと思います。
[ 2016/05/23 11:28 ] [ 編集 ]
フンメルスを養護するなら、ユーロがあるから怪我を悪化させてまで無理したくない、
とプロの選手として判断した、でしょうね

これがクロップなら怪我が悪化してでもクロップをうらぎることになるから怪我のリスクを
抱えてでもチームのやる価値はある、と考えたかもしれませんが
ワールドカップでも怪我をしてましたが、体外的には風邪と隠してまで決勝まで
頑張りましたが、次のシーズン前半を棒にふりましたしね。

あれだけバイヤン批判してて簡単に意見を変えないようなフンメルスがバイヤン移籍を
するくらい冷酷な判断をしたのですからトゥヘルはその辺はあきらめるしか
ないでしょう。
[ 2016/05/23 11:48 ] [ 編集 ]
さようならフンメルス。これからは代表で応援するよ
バイエルンは嫌いだが昔から好きな選手が集まって困る

最後の大一番でアクシデントでしたからね。
トゥヘルはよくやったと思います。
あそこで守備で交代枠2枚使うとはだれも思ってませんでしたから、何か言いたくなるのは理解できます。
でもメディアの前で言うと自分の株は下がるし、士気も下がるし結局自分がメディアの餌食になって面倒なことになるんだとそろそろ学んでも良いのでは。
もし今後試合に負ける度にメディアとやりあうそんな名物監督になったら・・・好きになってしまうではないか
[ 2016/05/23 12:03 ] [ 編集 ]
批判というか、、たったの一文が見出しに使われるなんて。
監督も色々と大変なんだなぁ。
クロップはメディア対応は上手かったね。
[ 2016/05/23 12:24 ] [ 編集 ]
欧州のサッカーではこういったパーティーがよくあるけど、独身の選手は1人で出席かな?
それか誰か適当なパートナーを連れてくるのでしょうかね?
[ 2016/05/23 12:27 ] [ 編集 ]
長年の功労者なんだから去り際くらい気持ちよく送り出してあげられないものか
でも、ヤヌザイのレンタルバックの時も無意味に選手批判してたから性格なんだろうなぁ…
[ 2016/05/23 13:23 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございます。
大して考えずに思ったまま言う方だから、こうやって恰好のネタにされるんでしょうね。
選手への発言なら、選手と話がついてればOKじゃないでしょうか。

ネガティブな事は特に言った方は忘れてる事が多いですが、
言われた方は忘れない、ってのだけ頭の片隅に入れといてもらえるといいんですが・・・。
[ 2016/05/23 14:28 ] [ 編集 ]
いや、トゥヘルはずっとこうだったと思うよ
自分の計算が絶対で、その役割を選手がこなせないとがっかりする
シーズン後半は落ち着きがなかったけど、成績をみると間違ってはない
でもハードルが高いから選手にとっては居心地は悪いだろうな
来期はEL敗退を教訓に選手のモチベーションも大事なことに気付いて欲しいね
[ 2016/05/23 14:35 ] [ 編集 ]
もっとうまくできるというのは選手批判なのかな。そうは聞こえないな。選手へのエールにもとれる。
[ 2016/05/23 14:43 ] [ 編集 ]
いい試合だった。トゥヘルは現実的だと思う。夢はないが
[ 2016/05/23 14:47 ] [ 編集 ]
前のPK采配の記事を日本のヤフーニュースで見たら、トゥヘルがベンダーとソクラテスを批判しているかのような書き方でした
でも動画を見た人のコメントによると「守備的な試合で疲弊していた守備の二人を選んだ自分のミス」というようなニュアンスらしく、これならむしろ選手を擁護しているように見えます
この記事もメディアが悪意のある書き方をしている可能性があるのではないかと疑ってしまいます

まぁでもトゥヘルの言い方もちょっと軽率かもしれませんね
[ 2016/05/23 14:57 ] [ 編集 ]
批判しても構わないと思うけど、
これがネガティブな批判に聞こえますかね?
"批判"はただのビルトの演出では。
[ 2016/05/23 15:21 ] [ 編集 ]
しかしトゥヘルは監督としての資質だけでなく、社会人としての資質も疑いたくなりますね。もう既に自分としては駄目監督の評価ですが、人として関わり合いを持ちたくないレベルの人間に思えます。
外目からでもそう見えるのですから、中からはどうでしょうかね。監督は選手にとって最も影響のある人間ですから、好条件のオファーに抵抗するのは困難と言えるでしょう。ですからフンメルスの決断には全く悪感情は無いですね。
しかし、疲労を促すような戦い方、戦術、選手が逃げ出すような戦い方、使い方、個人名を出してのマスコミでの批判とか自分で行っている自覚は全く無いのでしょうね。選手が本気である程、監督とのギャップで落胆と絶望が大きいでしょう。


[ 2016/05/23 16:42 ] [ 編集 ]
フンメルスの移籍には自分も何か消化不良な感じがあり、首を傾げる日々でしたが
トゥヘルとフンメルスの関係性を指摘したコメントを読み、腑に落ちた感じがします
フンメルスはクロップのようなメンタルを持った選手ですもんね
将来良い監督になりそう
[ 2016/05/23 20:43 ] [ 編集 ]
う~ん。自分にも選手批判には思えないですねぇ。まあ、どの国でもメディアはそういうものなんだという事ですね。トゥヘルも選手達も、そして管理人さんもシーズンお疲れ様でした。管理人さん、来シーズンもよろしくです!
[ 2016/05/23 22:34 ] [ 編集 ]
バイエルンに行き易い様にしたトゥヘルの親心だよ




ないか
[ 2016/05/23 23:01 ] [ 編集 ]
おつかれさん。気を取り直してユーロに集中してくれ
[ 2016/05/24 03:25 ] [ 編集 ]
このトゥヘルという人は、よくメディアの前で選手を批判しますが、それはやめた方がいいでしょうね。
[ 2016/05/24 03:43 ] [ 編集 ]
まあマインツの頃からこうだから性格はそう簡単に変わらないでしょ。
選手が自分の戦術で思い通りに動かないと激怒してそれを口に出しちゃうんだよね。
負けか引き分けだと選手のパフォか運かピッチや天気のせいだからw オカちゃんいた頃聞き飽きたよ。
ちょっとね、器が小さいのよ。ヤヌの時もいくらヤヌの態度が悪くても2度も会見で批判することなかったでしょ。
今季も戦術読まれて変え方もマインツの時から変わってないから来季は2位厳しいと思うよ。
今季は昨季の上位チームが自滅してくれてドルの戦力があまり変わらなくて昨季後半からけが人戻って良くなってきたからここまできたんだしさ。
来季は補強が結構良さそうなレバク、シューベルトのままならBMG、ELCLないヴォルブス、監督がいいヘルタとマインツがかなり手強いでしょ。
モチベ高そうなライプツィヒとホッフェンハイムもね。
[ 2016/05/24 09:15 ] [ 編集 ]
マッツがこのまま黙ってる訳ないと思いましたが、契約も完了し早速反論はじめましたね…
トゥヘルもいい加減発言には気をつけるって事を覚えればと思いますが、言わなきゃ気がすまないみたいですね。
ある意味マッツと似てるのかな(^^;;
だからぶつかるのかも…と妄想してしまいました。
[ 2016/05/24 13:13 ] [ 編集 ]
選手批判繰り返す所がモイーズに似てる
[ 2016/05/24 18:35 ] [ 編集 ]
2月ごろにフンメルスは「これが決勝だったら無理して最後までプレーしてた」というコメントしてたんですよね。どの試合だったか忘れましたが。このポカール決勝では、あの場面で交代してほしいという明確なサインは出してない、とか言ってましたね。
でも本当に、本当にそうなのか?男に二言はないのか?と問い質したくはなります。
口だけなんじゃないの?と。
トゥヘルもフンメルスも、発言で墓穴掘る似た者同士のように思えます。
監督業においては発言には十分留意してほしいし、していかないと間違いなく大きな代償を払うことになるので、トゥヘルにはその辺り学んで頂きたいと思いますが。。
フンメルスは、、今後受けるインタビューでいろいろネガティヴな後日談を暴露しそうで、ヒヤヒヤしてます。
もう、1選手としても応援はできないかな。
それだけ、キャプテンマークを棄てていった業は深いです。だったら引き受けるなよ、と。
[ 2016/05/25 00:05 ] [ 編集 ]
足がつるほど、頑張ったフンメルスを暖かく送り出すのが、本当はフェアなんでしょうけど、今回はキャプテンなのに、だらしない。足がつって、早々交代、移籍やユーロの事が頭の中をよぎって、プレー続行無理と判断?どうしてもタイトル欲しい、欲しいと言ってるなら、怪我悪化など、恐れずタイトルもぎ取って欲しかったです。フンメルスを批判するトゥヘルも負けを選手のせいにして、悔しいです
[ 2016/05/25 16:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。