ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ残留宣言!に戸惑うバイエルン会長!「彼はクラブの考えは知っている・・・」ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】5月26日




バイエルンのスターは残留を希望



ルンメニゲはゲッツェの発言に戸惑う・・・


“彼はクラブの考えを知っている。”



entry_img_1053.jpeg


マリオ・ゲッツェをめぐる新たな章の幕開けだ!

カール・ハインツ・ルンメニゲはゲッツェのバイエルン残留に関する発言に戸惑う反応を示した。


スポンサーリンク




このボスは“キッカー”に対して以下のように語っている。“これは判断するのが難しいね。マリオは非常に明確で真面目に発言した。彼はクラブがどのように考えているか、そして未来の監督がどう考えているかも知っているよ。私は彼ともアンチェロッティとも話をしている。マリオはFCバイエルンの考えは知っているよ。もしかしたら彼はユーロを前に単に落ち着きが欲しかったのかもしれないね。”


数週間にも及ぶ移籍の噂の後でゲッツェは月曜日にビルトに対して、来シーズンもバイエルンに残留する希望であると説明した。そこでレギュラーとして定着しなかったにも関わらずである。



ルンメニゲはゲッツェに対して勧告する。“マリオは今自分自身を査定しなければならないね。継続的にプレーしたいかどうか。”


ビルトに対してゲッツェは“アンチェロッティとの電話はメディアの報道とは違って非常に良いものでした。彼と一緒に働くことを楽しみにしています。”と語っている。



20160527062105941.jpeg


ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴもこのテーマに関して意見を表明している。“彼はアンチェロッティと長い話をしたようだね。でもちょっと間違ったように解釈されたようだね。アンチェロッティの下ではチャンスがないと。でもどの監督だって選手に約束することはできないよ。たぶんアンチェロッティは新シーズンが始まったらみんな0からのスタートになるし、皆と同じようにチャンスがあると話したんじゃないかと思うよ。”



みんな0からのスタート?これはルンメニゲの発言とは違って聞こえる。しかしこの発言ではっきりしたことがある。ゲッツェ(の移籍)に関してはまだ終わっていないという事だ。






以上です。

キッカーの記事も読みましたが、「ルンメニゲはゲッツェの発言に対して距離をとる発言をした。」として彼の言葉を掲載していました。ルンメニゲの発言は上に訳したものと同じです。

ですので、この件に関しては特にビルトが煽っているわけではないと考えて良いと思います。ゲッツェの発言をクラブが全然肯定しなかった、というのがポイントですね。

代理人を変えたこともあり、(新しい代理人はゲッツェの父親です。彼はドルトムントの大学の教授であると同時にゲッツェ・マーケティング会社の社長でもあります。)移籍を勧めていたのはあくまで代理人だと思っていましたが、今回の情報によるとクラブも放出したそうな感じもしますよね。

とりあえず、ゲッツェに関してはまだ動きがありそうですね。



【おまけ今日のドイツ】


201605270630411f1.jpeg


ハートの穴の空いた木
管理人の散歩コースにある木です。
[ 2016/05/27 06:25 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(23)
これはしかし…
どうなるんだいったい
こんなレアケースはこれまであったのかな…
[ 2016/05/27 07:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェを取るならミキが延長せず、高額で売れることが前提では。
ミキは大好きだけど、延長しないでフリーで出すくらいなら今年売ったほうがいいかも。
ミキが5000万から6000万ユーロで売れるなら
ゲッツェを2500万ぐらいで買えば、大成功な感じがします。
[ 2016/05/27 08:08 ] [ 編集 ]
 ゲッツェは他のクラブよりも2倍以上の年俸を払ってくれる環境を手放す必用がない。フリーで出たほうが次のクラブでの年俸も上がりますしね。
 バイエルンが年俸1200万ユーロを約束してBVBから引き抜いたのですから、最後まで責任とってくださいねって感じです。
[ 2016/05/27 09:15 ] [ 編集 ]
戦力外通告→事務所変える→残留宣言→マテウスの「なぜUCLにも出場できないクラブに行かなければならなのか?」発言
おそらくリバプール移籍が本格的になってたと思います、最後にセビージャに負けてEL優勝を逃したと同時にCLに出るチャンスも逃したからやっぱりやめたって感じじゃないでしょうか

[ 2016/05/27 10:51 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

前代理人とリバプールの間では合意してて、来週にも発表予定だったって書いてましたね。
リバプールのブログに。
バイエルン的には出したいんでしょうね。
EURO終わったら又、状況が変わりそうな予感がします。
[ 2016/05/27 12:36 ] [ 編集 ]
ゲッツぇはともかく
ハートの木には 末長く残留を
[ 2016/05/27 13:55 ] [ 編集 ]
ゲッツェ関連の話は聞いてるこちらが悲しくなってくる。
厄介者扱いだなぁ
[ 2016/05/27 15:02 ] [ 編集 ]
ハートの木!
かわいいですね!
キツツキとかの仕業かな!
[ 2016/05/27 16:31 ] [ 編集 ]
ゲッツェについては色々憶測も乱れ飛んでますが、アンチェロッティとの電話は、構想外・戦力外通告だったというのはちょっと誇張だったのかなと思います。以前のビルトの記事読むと、アンチェは「今の序列を大きく変えるつもりはない」、とりようによっては、ゲッツェがチャレンジできなくもない、という感じだったのかと。
もっともバイエルンがこれまで延長オファーしてないのも事実ですから、厳しい状況なことも変わりがない。ゲッツェ側としてはとりあえずリバプールには行かず、EUROで活躍できれば、CLなどがあるクラブからの良いオファーか、バイエルンとの延長が見込めるかもということですかね。
ドルトムント内部でもゲッツェ復帰容認派が多数派になりつつある、という報道が出た直後の代理人解除だったので、ひょっとしたらまだドル復帰の可能性もあったりして。。。(まあドルの線はお互いにもうない、って記事もありますが。)
[ 2016/05/27 17:25 ] [ 編集 ]
クロップは是が非でも愛弟子のゲッツェを獲得したいと思ってるみたいだね。
まだまだ口説くと思います。
[ 2016/05/27 17:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェはとりあえず、リバポはおいておいてユーロで売り込み頑張る気でもあるんだな
ユーロで名前上げれば、バイエルンもチャンスやれ、とドイツ内では声が上がるだろうし
いいオファーも舞い込むかも
[ 2016/05/27 18:56 ] [ 編集 ]
フロントは完全に移籍と考え残留は頭になく戸惑われてるって感じじゃないかな?
確約は無くスタートが0からでも構想でスタート位置は違うでしょうし・・・。
構想的に継続出場が絶望的なら、普通に能力や年齢を考慮して移籍が正解でしょうからね。

バイエルンが戸惑うってのは面白い状況ですけどね。
[ 2016/05/27 19:05 ] [ 編集 ]
ゲッツエは確かに厄介者扱いされていたらしいよ。ネズミと揶揄する書き込みも見た。裏切者スパイという意味らしいけど、ドルトムントファンだけでなくバイエルンファンにもそう言われていたり、チームメイトとも最後までしっくりこなくてドルトムント時代がいかに素晴らしいチームだったかを周りにも愚痴っているという噂。

あくまでも噂だけど、ああありそうね、と思わせるキャラクターだし、言動もコロコロ変わっているからやはり信用されないのはしょうがないのかな。自分の利益に固執すると人は必ず見ているよ。裏切って出て行ったのが運の尽き。

クロップはリバプールで結果は残せなかったけど、叩く人はいない。でも、ファンハールは、ELとカップ取ったけど解任。キャラクターの差だよね。
[ 2016/05/27 19:33 ] [ 編集 ]
これだけ周りに邪魔だと言われながも残留宣言。父親は相当バイエルンに思い入れがあるのでしょうか。でも、もし出てしまったら2度と憧れのチームには戻れないでしょうし躊躇するのもわかる。とにかくバイエルンには高い年俸を払ってもらいましょう。
[ 2016/05/27 19:51 ] [ 編集 ]
去年ゲッツェはドルに戻りたいって言って、ギュンのバイヤン移籍が噂された時ゲッツェと交換かと噂になった
でも今年はゲッツェがドルに戻るって噂が出た時、レヴァがバイヤンで頑張るべきだって言ったからあれって思ったんだよな
レヴァはゲッツェの気持ちを知ってるだろうからゲッツェは心変わりしたのかなと
レヴァは最終節のハノーファー戦でシュートをゲッツェに譲って、試合後に今のゲッツェには結果が必要だとも言ってたよ
だからゲッツェ自身はもしリバポがCL取れたら移籍を考えるってくらいで、バイヤンと前の代理人が移籍話を勝手に進めてたのかなと
ユーロで結果出してアンチェにアピールすればまだチャンスがあるって考えてるんじゃないかな
[ 2016/05/27 20:13 ] [ 編集 ]
クロップはまだ半年だ
それでもELも準優勝、国内カップ戦も準優勝だ
キャラクタ関係ねぇよ
ファンハールは何年目だ?ELで優勝してCL権獲得するとか言ってたのにな
[ 2016/05/27 20:18 ] [ 編集 ]
見出しに声出して笑ったのは久しぶり。
[ 2016/05/27 20:28 ] [ 編集 ]
ドルが負けた時にプギャーしてた写真があったはずだからゲッツェはドルの事をすばらしいなんて言わないと思う。
[ 2016/05/27 21:00 ] [ 編集 ]
アリアンツアレーナでのバイエルンの優勝セレモニー、ゲッツェが登場した時は誰よりもひと際、大きな歓声が上がっていましたよ。
当たり前だけど、人気は絶大です。
[ 2016/05/27 21:11 ] [ 編集 ]
は?リバポ移籍はもうあり得ないでしょ?
クロップが飼い殺す気なら分かるけど…
[ 2016/05/28 03:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェが移籍するのかどうか、
もはや彼は他クラブの選手ですから興味があるのはドルトムントに来ることがあるのか
その1点のみですね。
ゴシップはどうでもよいですし、選手として今のドルに合うのか、価値があるのか。
元々の能力と年齢を考えれば十分活躍できるでしょうが、
お給料と移籍金ですね。

まあドルがリスク犯して彼を取り戻すことはないと思うので、
本人の強い復帰意志と金銭面の折り合いがつけば というところなのかな。あとは他の補強次第か。

禁断の移籍は許せませんでしたけど、
本人が骨をうずめたいくらいドルに戻りたいなら
個人的にはウェルカムです。
あのレベルの選手はそんなにはいないですからね。

なんだかんだリバプールに行く気もしますけど。。
一番もめなくてすみそうですし。


[ 2016/05/28 05:12 ] [ 編集 ]
本人はドルトムントに戻りたく、しかしながらドルトムントを「裏切った」という過去もある。

一年耐え抜き、フリーでドルトムントに戻るなら?
バイエルン側からすれば屈辱だし、ドルトムント側からすれば「裏切り者」のレッテルを撤回するのでは?
[ 2016/05/28 06:37 ] [ 編集 ]
リバプールはもうゲッツェの変わりに他の選手獲得に動いているみたいなのでないでしょう
そもそもクロップはドルトムント時代にゲッツェに裏切られた、そして今回獲得間近で再びの裏切り
クロップもCLに出るのが条件にするような選手はいらないとコメントしてましたから
平気で裏切り行為をやっちゃう選手はドルトムントもいりません
[ 2016/05/28 08:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。