ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー代理人「我々はレアルと話をしたよ!」レアル・マドリッド移籍か?!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト】5月27日



バイエルンに衝撃!

レヴァンドフスキーの代理人!“我々はレアルと話をしたよ!”



entry_img_1056.jpeg



この発言がミュンヘンに騒ぎを起こしている・・・


バイエルンのスター、ロベルト・レヴァンドフスキーは“シュピーゲル”紙においてレアル・マドリッドへの移籍をほのめかした!!彼の代理人クチャルスキーはそれどころかレアル・マドリッドとの話し合いがあったことを認めているのだ。

スポンサーリンク




このポーランド人は、“レアル・マドリッドが数週間前に我々のところにやってきたんだ。だから我々は話を全て聞いたよ。レアルは、非常に大きく、興味深いクラブだね。我々はレアルと話をしたことはFCバイエルンに伝えたよ。”

201605281813188cb.jpeg

レヴァンドフスキー自身は、バイエルンの居心地の良さを強調している。それと同時に移籍の可能性があることについても語っているのだ。



この得点王は“僕ももうドイツ生活が6年になるね。勝てるものは全て勝ったしね。だから時々新たなことに挑戦することに意味があるか考えなければならないんだ。”と語っている。


“シュピーゲル”によると、レアルはレヴァンドフスキーに年俸最大2500万ユーロの6年契約を提示したようだ。ミュンヘンでの彼の年俸は推定900万ユーロとみられている。



バイエルンがこの得点王を売りに出す可能性は極めて低い。彼の給料が引き上げられる可能性は十分にあるだろう。







以上です。

まあ実現することはあまりなさそうだ、というのがビルトの見解のようですが移籍するとしたらやはりレアルでしょうか。

それにしてもすごい年俸ですね・・。とりあえずCL決勝が楽しみです。

[ 2016/05/28 18:18 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(11)
2500万ユーロって…
移籍金じゃないんだから(^^ゞ
[ 2016/05/28 20:06 ] [ 編集 ]
マドリー行ったらあの奥さんはヘリで何を買いに行くんだろう
[ 2016/05/28 21:04 ] [ 編集 ]
ゲッツェより年俸低い事のほうにびっくりした。
レバ移籍金かかってなかったのに
[ 2016/05/28 21:14 ] [ 編集 ]
ブンデスリーグだとドイツ人以外は年俸低くなるんだっけ?
レアルに行っちゃえよ!
[ 2016/05/28 21:55 ] [ 編集 ]
レアルで見たい選手のトップ
[ 2016/05/28 23:52 ] [ 編集 ]
バイヤンはクロースが1番年俸高かったからね。
レヴァ失ったら一気に崩れそう。
ロベリーもいつまでもつかわからんし中盤もアロンソおらん時はちょっと不安定や
[ 2016/05/29 02:34 ] [ 編集 ]
監督変わるし、また補強出来るんじゃないですか~?
[ 2016/05/29 08:29 ] [ 編集 ]
レバがレアルに行くと玉突きでワールドクラスの選手の移籍が始まりそう。来季はどのリーグも面白くなるから歓迎。

それにしてもゲッツェより年俸安いとか… よくレバは文句も言わずに我慢してるな。やっぱ外国人だからなのか。ゲッツェがバイヤンで年俸にみあう結果出したのって1年目の半分くらい?2年目だってペップと不仲とか言われながらチャンスは結構もらってたのにドルに戻りたいとか言ってたんだよね。そりゃバイヤンもさっさと売却したいわ。
[ 2016/05/29 08:54 ] [ 編集 ]
リベリー、ロッペンも全盛期は過ぎているし、レヴァが抜ければバイエルンの一強は崩れそうですね。
若手の波が見えるドルには追い風になるニュースですね。

その中で香川もどうにか場所を確保してほしい所です
[ 2016/05/29 12:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントで唯一、出世した選手。
さすがだね!
もはや雲の上の存在だ…
[ 2016/05/29 21:31 ] [ 編集 ]
ゲッツェの方が高給取りだから、ゲッツェを、バイエルンから追い出したいんですね!

レバァが、レアルに移籍したら、オバメヤンのレアル移籍は将来的にも無くなりそう。
[ 2016/05/29 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。