ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス、批判に傷つく!BVBとの別れについて語る!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト


フンメルスBVBとの別れについて語る!

entry_img_1059.jpeg



どうやら彼は自らの負傷よりも、自分についての言葉に深く傷ついたようだ・・


このワールドカップ優勝者は現在代表チームでユーロフランス大会の準備をしている。今日アウグスブルクで行われるスロヴァキアとのテストマッチには彼は欠けることになるだろう。それはドイツポカール決勝で負傷したためだ。

スポンサーリンク




PKの末に3:4で敗れたポカール決勝は彼のドルトムントでの最後の試合となった。彼は78分に負傷し、トーマス・トゥヘルはマティアス・ギンターと交代することになった。そしてこの事が後でちょっとした騒動となったのだ。BVBの多くのファンがそのことを非難したのだ。


この新たなバイエルンのスターはフランクフルターアルゲマイネ新聞日曜版において、“僕はこのことをめぐる議論に非常にがっかりしています。必要もないのに交代を申し出るなんて、8年半もドルトムントで過ごしてきたのに、どうしてそんな事が出来るでしょうか?そうだったら僕のモチーベーションってどんなものだと言うのでしょうか?”


5月23日にフンメルスはバイエルンと2021年までとなる5年契約を結んだ。


フンメルスはライバルチームへの移籍のモチベーションに関しては以下のように語っている。“ドルトムントでの僕の進む道はもう前もってプログラムされているようなものでした。おそらく数年間キャプテンを続け、おそらく何かしらのタイトルは獲得したと思います。もちろんチームメートたちはそれを達成すると思いますが。でも僕は新たな刺激が欲しかったんです。”



彼は移籍への批判はほとんど聞かなかったようだ。多くの人々が彼の踏み出した一歩に理解を示したとされている。フンメルス:“唯一、敵視するような動きがあった場所はスタジアムとインターネットだけですね。”



フンメルスはそれにも関わらずBVBで過ごした時間をポジティブにとらえると強調した。


遅くてもユーロでは彼は再びポジティブな面で紙面をにぎわせてくれるだろう。






以上です。

彼の身の回りの人はだいたい移籍に理解を示してくれた、という事のようですね。スタジアムとインターネットだけはそれとは逆という認識のようですが、それって多くのファンが含まれていますよね・・。まあ彼が怪我してなければ、って思ってしまうのはファンとしてはしょうがないですね。

最近BVBファン歴60年の人が南ドイツ新聞に寄せたコラムを読んだのですが、その最後の言葉がわりと印象に残りましたので紹介します。

“いずれにせよ、ファンは注意しなければならないね。これらの事をあまり重大な事として受け取らないことだ。サッカーは人生においてはほんの些細な事に過ぎないよ。クラブが何よりも大事というわけではないし、ファンがサッカーというスポーツを決定していると考えると誤解が生まれてしまうんだ。ファンがフンメルスにブーイングを浴びせたのは良かったとは言えないね。サッカーにはそれはふさわしくないし、やるべきではないよ。たとえこれまでにバルバレズやメラーなど移籍を志願した選手もブーリングされたからと言ってね。”


ちなみにこの人の一番忘れられないエピソードは1973/74シーズンに地方リーグまで落ちたときの事のようですね。バイエルンへの批判やゲッツェの移籍を間違いと言ったりと非常に読み応えのある記事だったのでいつか紹介したかったのですが、長すぎてまだ紹介できていません・・・。

最近は時間があまりないので、さっと訳せる短い記事が多くなってしまいますね・・・ちなみに今日確定申告を終えました・・。

[ 2016/05/30 07:00 ] フンメルス  | TB(-) | CM(25)
移籍発表後、ポカール決勝では優勝できるように最後までがんばる、、みたいな発言していましたしね。
シュメルツアーが怪我で交代していたので、、もう少し粘って意地をみせてほしかった、、とは思いましたよね。
今後のことが頭をよぎって大事をとった?って思われてもしょうがないのかなって思います。
ただ、まわりの人の意見あれこれ、、、はどうなんだろうって思います。
以前からキャプテンていう立場での発言?って疑うような事言う人だったので


フンメルスのことなので、今後も記者に聞かれるとBVBでのことしゃべっちゃうんでしょうね
[ 2016/05/30 08:46 ] [ 編集 ]
フンメルスはゲッツェの移籍にあんなこと言わなきゃ叩かれなかったはず
[ 2016/05/30 10:00 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
長年の生粋サポならば、クラブを愛していて選手は通り過ぎるものと、達観しているでしょうね。
私は、基本的に海外でプレーする日本人を応援しているので、例えば中田=ペルージャ・ローマ・パルマ・ボルトンと国やリーグ関係無く応援しています。中田や俊輔、香川の様に先発で活躍してくれるのを眠い目を擦りながら見るのは格別です。クラブ自体への思い入れは、さほどありません‥まぁ俄かですね。
私の年齢では日本人が、海外クラブで中心など夢の様な事です(改めてミラン10番が本田ってのは凄い)。
ドルの二連覇の時など、毎週週末が待ち遠しくて仕事の張り合いまで違いました。ブックメーカーの様なギャンブルがあれば尚更でしょう。
Jではリーグ創設以来、成績の良し悪し関係無くグランパスを一貫して応援しています。近いので生観戦も出来ます。私もグラの中心選手が移籍しても、それほど動揺や批難はしませんね。

確定申告ですか。管理人さんの仕事は、(既に紹介されているのかも知れませんが)どういったお仕事なんでしょう‥差し障りの無いところでお願いします。末っ子が大学でドイツ語専攻してます。
[ 2016/05/30 10:03 ] [ 編集 ]
言いたい気持ちはわかるけどキャプテン務めた男なんだから、批判もあるのは分かってたはず。
というかゲッツェ移籍の時には自分でも色々コメントしてた気がするぞ。

せっかくカッコよくても口で損するなんてもったいない
[ 2016/05/30 12:09 ] [ 編集 ]
フンさん・・・・
自分がゲッツェに言ったセレフ思い出してくれ、その気持がフンメルスに対するファンの心情だ
[ 2016/05/30 12:54 ] [ 編集 ]
フンメルスって批判にすぐ反応するからこれまでメディアが注目するネタになってたよね。
バイエルン行ったらメディア対応の契約とか指導が入るから、内心ムカツク事ができても表面上は落ち着くだろうね。
[ 2016/05/30 14:17 ] [ 編集 ]
アイドル商法と同じで“彼氏がいて処○じゃなくても文句言っちゃだめだよ”って事。
「裏切られた」「お金返せ」なんていっても騙される人が悪いんだよと。
でもフンメルスはゲッツェを批判してのコレだからサッカー選手としてではなく、人間性を批判されても仕方ないかと。
サッカーを興業としてしてだけで解決してしまうのならここまでの話しにはならないし、誰も傷つかないんですよと。
[ 2016/05/30 14:59 ] [ 編集 ]
フンメルスはメディアに対して色々しゃべり過ぎですよね。
ゲッツェのこともあんな風に公然と批判すべきではなかったと思います。
誰がどこに移籍しようと、選手同士は互いにそれを糾弾する立場にないんですから。

フンメルスの移籍がまだ決まっていなかった頃、シュメルツァーは「もちろん説得するけど、彼の決断だから」とインタビューに答えていました。
香川がユナイテッドに移籍する前も、確か同じようなことを言っていたと記憶しています。どうしても人間性の差を感じてしまいますね。
かつては自分も憤った禁断の移籍をしたんですから、ファンの怒りや失望がそう簡単に消えることはないはず。
理不尽でも今はすべての批判を受け入れて黙って去って欲しかったです。
[ 2016/05/30 16:52 ] [ 編集 ]
管理人さま、お忙しいようで大変ですね。いつもありがとうございます。

もしよかったら、ですが、その南ドイツ新聞のコラム、ネットで読めるものであれば、タイトルだけでも教えていただけないでしょうか?
なんとか自分で読んでみたいので。(紙版のみでしたら、あきらめます。)
[ 2016/05/30 16:53 ] [ 編集 ]
そっとしてあげたらいいのに
[ 2016/05/30 17:30 ] [ 編集 ]
マッツのこういう所を「熱いカピタン」として愛していた時期もありました。
本当に言いかえさなきゃ気が済まない性格なんですね。
来季以降の対戦で、またいらぬ場外乱闘をやらかさないか心配です。
まずはユーロ、ドイツ代表では活躍を期待しています。
[ 2016/05/30 18:29 ] [ 編集 ]
寝る前に30分考え続けていたんでしょう?
悪口や批判を受けることは想定内だったはず。

これから始まるバイエルンでの時間が彼を癒すのではないですか?
自分が非難されることは大嫌いなお喋りフンメルスさんなので、
どんなに指導が入っても自分の保身のためならまたケロっと失言をするでしょう。

「新たな刺激」=「地元出身であることを大きな理由にしたバイエルン移籍」にガッカリしたのです。
国外にあまり出ないドイツ人選手ですけど、これが他国リーグへの挑戦だったら理解どころか応援したかもしれません。

尊重はします、ただ感情的な面で理解しがたいのです。

こっちこそ早く忘れてしまいたい。
[ 2016/05/30 18:36 ] [ 編集 ]
管理人さんにお伺いしたいのですが、日本人的な感覚だと、こんなに言い訳したり愚痴ったりは良い印象を受けませんがドイツではどうなのでしょうか?逆にしっかりと弁明する方が良いのでしょうか?
[ 2016/05/30 19:00 ] [ 編集 ]
ゲッツェがバイエルンにドルムントから移籍した時にフンメルスは批判したというじゃないか
その自分が同じような経緯でバイエルンに移籍、しかもキャプテンが
これは流石にファンから批判されても仕方ないと思う
[ 2016/05/30 19:16 ] [ 編集 ]
常に自分擁護が酷くてがっかりな人
もうどうでもいいって感じです。
バイヤンでどうぞお気張りやす
ちゃお、前キャプテン!
[ 2016/05/30 19:22 ] [ 編集 ]
文化の違い以上に余計なことを喋りすぎるね、アンメルツは
昔からいらんこと言い過ぎ
ノイアーや新井みたいに「つらいです」って言っとけば、みんなここまで非難しないのに
ポカールの件も「誤解だ。声援に答えるパフォーマンスを披露できずに申し訳なく思う」とでも言うとけばええのに
ゲッツェ移籍時の発言も、きちんと釈明するべきだわ
重ね重ねうんざりだわ、ヨコヨコには
[ 2016/05/30 19:28 ] [ 編集 ]
ユーロがありますから、無理したくないのもわかります。
だからこそ、本当に、余計なことを言わなければいいのに・・・
「負傷した」と負傷した事実だけを言えばよいのに。
これまで応援していただけに、がっかりな人で残念です。

[ 2016/05/30 20:22 ] [ 編集 ]
言い繕うほど見苦しさが増すだけだとおもうんだけどな…
本人の中で過去の言動はなかったことになってるんだろうか
その辺直接聞いたりしないのかな
[ 2016/05/30 23:51 ] [ 編集 ]
皆さんが言っている通り、ゲッツェ移籍のときのコメントがね...
移籍するときは国外だと思ってました。
[ 2016/05/31 01:59 ] [ 編集 ]
 ギュンドガンのようにユーロフランス大会に欠場するというなら怪我した事が疑いようもないだろうけど、親善試合のスロバキア戦はフルメンバーではないし怪我してた理由での欠場とは考えられないな。ディスコで朝の7時までいたんだし。
 8年半も過ごしてきたのにバイエルンに移籍するから途中交代で疑われるんだろうね。しかも対戦相手。3枚の交代カードを2枚にした。PK戦狙いのバイエルン的にはおいしい話。出るべきではなかった。そういう部分で出したほうも悪い。まだ下位のチームや海外ならこんなに批判受けてないだろうけどね。しかもウリ・ヘーネス元会長がPKを蹴るなとまで言ってたくらいだから、事前に下がったととられてもしかたない。モチベーションもパスの成功率が75%でDFとしては相当低い。スタジアムとインターネットってほとんどがファンだね、しかも二つあるから唯一とは言わないね。
[ 2016/05/31 01:59 ] [ 編集 ]
一番つらいのはフンメルスだと思う。
数年前に真逆のこと言ってたしなおさら。
恥ずかしい気持ちも当然あったろう。
人間、環境は変わる。心変わりもあって当たり前。
それでも。憎みたいやつは憎めばいいんだよ。

俺はフンメルスよりもドルトムントが情けないと思っている。



[ 2016/05/31 03:15 ] [ 編集 ]
フンメルスは中身は子供なんだと思う。すぐ怒って言い返さずにはいられない。落ち込んでドカ食いとか感情を上手くコントロール出来ないんだよね。気持ちが充実してるときは素晴らしいんだけど。要するに人間の器が小さいんです。でもなんか憎めない。
[ 2016/05/31 06:50 ] [ 編集 ]
実際にプレイしてるの選手だ。フンメルスは自分にとっては代弁者だった。多くの疑問や不満を批判を怖れず口にだして表現してくれた。
ゲッツェの事は随分と昔だ、あれから監督も変わりチームも変わった。
考えが変わったとしても別におかしくはない。
彼には幸せになって欲しい。彼のプレイするサッカーが好きだからね。
[ 2016/05/31 07:04 ] [ 編集 ]
ここまでくると完全にネタキャラですね。どうしても自己弁護せずにはいられないのでしょうが、
記事を読んで正直ちょっと笑ってしまいました。
あの攻撃的で猪突猛進なプレースタイルとも良く合ってると思います。
ゲッツェともどもオフザピッチのネタとして楽しみつつ、プレーではギャップのすごさに期待してます。
[ 2016/05/31 16:00 ] [ 編集 ]
やたら綺麗事を言っている方々がいますが
ゲッツェに対して言った点、同リーグ二位の主力選手が一位のクラブに数年連続で引き抜かれる点
この二点について何も感じないんですかね?
それではプレミアリーグやセリエAなどのファンにブンデスを侮辱されても仕方ないと思いますけれど
[ 2016/06/01 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。