ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、マルコ・ロイスがドイツ代表から落選!ドイツ紙《ドイツの反応》


【ビルト】



これはロイスにとってはひどい痛手!!


彼の誕生日にユーロ終了!!



entry_img_1063.jpeg



BVBのスターは怪我のため2回続けて大きな大会を逃す!

スポンサーリンク




誕生日は多くの人々にとって一年で最も素晴らしい一日だ。しかしマルコ・ロイスにとってはそうではないことは確かだろう!



このBVBのスターは27歳の誕生日となる今日、非常に苦い薬を飲みこまなければならなかった。ロイスはユーロフランス大会に参加しない事が決まったのだ。負傷によって大きな大会を逃すのはこれで2回連続となった。



ワールドカップ2014と同様に、ロイスはヨギ・レーヴの選ぶメンバーに入らなかった。2年前は足首を負傷し、今度は内転筋だ。


代表監督はキャンプ地で、“彼は健康面で大きな問題を抱えていた。それは医療チームがはっきりしとした予測を立てることができないぐらいだったんだ。非常に消耗の激しい試合と、期間に耐える事ができるかどうか不確かだったんだ。だから我々にとっても彼にとっても非常に苦い決断となってしまった。”


代表チームメートのケディラ。“マルコは今ようやく走ることができる状態だ。彼は非常に落ち着いてしっかりと受け止めたよ。”


彼はワールドカップ2010年の時から将来有望な選手とみられ、マルトとのテストマッチに招待された。しかし当時も彼は負傷のために不参加となったのだ。


マルコ・ロイスはポカール決勝のバイエルン戦以来負傷と戦っていた。そしてバスティアン・シュヴァインシュタイガーやマッツ・フンメルスとは違って、彼は大会が始まる6月10日までに回復しない見込みとなった。



201606010524138e5.jpeg


親友マリオ・ゲッツェはこのメンバー発表の直前にツイッターで“お誕生日おめでとう。大会で一緒にプレーするのが待ちきれないよ!”とコメントしていた。

そしてその少し後に、このコメントは以下のように書き換えられた・・。“僕たちは本当に悲しいよ。信じられない。本当に苦しいよ。”



レーヴも彼の離脱を残念がっている。“これは我々みんなにとって大きな落胆となった。状態の良いマルコ・ロイスは我々のチームをさらに豊かにしてくれるからね。しかし健康面での理由からこのような決断をしなければならなかったんだ。”


このドルトムントのスターはここ6年で341日間負傷していることになる。これはほぼ一年だ。その大部分は小さな負傷だ。何よりもここ2年間で負傷の頻度が増し。昨シーズンはたった20試合(リーガ)にしか出場することができなかった。そしてロイスなしでドルトムントはたった4試合しか勝つことができなかったのだ。


201606010524140c5.jpeg


レヴァークーゼンのベララビとブラント、そしてホッフェンハイムのルーディを外したレーヴ監督は彼らに対して以下のような助言している。“彼らはこのことをチャンスとして理解しなければならないかもしれないね。今後のモチベーションとして。”



ロイスは家へと帰ることになった。彼はまずはゆっくり休んで回復すべきだ。







以上です。


怪我の情報があまり大きく出回っていなかったのでこの結果には非常に驚きでした。最初はパフォーマンスが原因かと思ったので、負傷だと聞いて残念だと思うと同時に少し安心しました。

それにしても非常に痛い結果となりましたね。ギュンドガンと言い本当についていませんね。とにかく早く治して来シーズンは調子を取り戻してほしいです。



【おまけ今日のドイツ】

20160601054226751.jpeg

森を散歩しました。
[ 2016/06/01 06:00 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(14)
ロイスもギュンドアンも残念ですね…
悔しい気持ちでいっぱいでしょうが、しっかり怪我を治してまた頑張ってもらいたいです。
それにしても、ベストメンバー&ベストコンディションのドイツ代表か見たかったなあ。
[ 2016/06/01 06:48 ] [ 編集 ]
かわいそうすぎる。。
サッカー人生で脂が乗ってる時に国際大会を2度も怪我で逃すって。。
本人の気持ちを考えるといたたまれない。
[ 2016/06/01 07:59 ] [ 編集 ]
キッカーの記事これが原因じゃね?ポカールで怪我人出しまくって、ロイスのコンディション整えるの結局失敗したってことでしょ
CL出場権さえあればいいとはいったけど、代表にきちんとそろえられないとか
[ 2016/06/01 09:25 ] [ 編集 ]
ゲッツェのタイミングの悪さは神がかってる所があるな
[ 2016/06/01 09:27 ] [ 編集 ]
可哀想すぎる
W杯チャンピオンになれてたはずなのにそれを逃してEUROの出場も出来ないとは
[ 2016/06/01 09:55 ] [ 編集 ]
ロイスは運がないとしか言いようがないですが、
シーズンに集中して頑張れると思って切り替えてほしいですね。

ところで清武ですが、
→ヘルタがロニーとキャッシュでトレード
→実はバイアウト六月一杯
→セビージャがバイアウト満額で強い興味
と話が大きく動いてますね。
バネガが抜けるから来期は大きくシステムが変わるでしょうからこれはチャンスですね。
かつて、ニュルンベルクのときもセビージャ入りの話がありましたっけね。
[ 2016/06/01 11:48 ] [ 編集 ]
シーズン中からおかしかったからな。ディフェンスの間に入っていこうとしなかったし、逆にだだっ広いスペース探しながらプレーしてる感じだった。消えてる時間帯もかなりあった。

小さなケガだということだけど、元やったとこかばってるうちに別のとこに負荷がかかりすぎて今のケガつながってるんだと思う。

怪我してるとこ以外は元気なんだろうけど、この際思い切って長期に休んでみてはどうだろう?
クセになるとかえって困るんだろうからね。
先々のある選手なんで、ケガでダメになりましたはな。
[ 2016/06/01 12:28 ] [ 編集 ]
最近ずっとロイスの悲壮な顔ばかり見てる気がします。
香川とムヒで凄い笑顔で抱き合ってたあの頃が物凄い昔に思える。
もうああいう楽しそうで元気なF4は見れないんでしょうね。
[ 2016/06/01 13:35 ] [ 編集 ]
優れた選手には間違いないけど大事なところで負傷している、故障明けのスランプも一定期間あるイメージです。日本人だと宮市選手とかもそうですよね。気の毒で仕方ないのですが繰り返しすぎるので本人も気付かない根本的な原因が複数どこかにある気がします。ゲッツェ、故意ではないにしろ空気の読めないレベルは鬼神ですね。(笑)

[ 2016/06/01 16:26 ] [ 編集 ]
 ロイスにとっては不運ですがBVBにとっては悪くない。ユーロに出て疲労して怪我をするよりも、来シーズンに向けて時間をかけて怪我を治しながらコンディションを整えてもらうほうがクラブにとって有益ですからね。
[ 2016/06/01 17:06 ] [ 編集 ]
誕生日にユーロ落選を知るって…
ギュンもロイスも持ってないですね。
ロイスは冬のキャンプに専属トレーナー連れていってコンディションにも気を使っているなんて記事もみましたが、それにしても…ポカール決勝でダメになったんでしょうか。
ケガしないって基本中の基本なんだなぁと改めて感じます。
お金あるんだし、酸素カプセル買ってみれば?なんて事は置いといて、この際オフも長くなってしまったし身体とじっくり向き合ってケガしないコンディションを作ってほしいですね…
15ー16シーズンが優勝できる最大のチャンスだったかもと思うとロイスには何としても何かタイトルとらせてあげたくなってしまいます。腐らないで頑張れ〜。
[ 2016/06/01 18:55 ] [ 編集 ]
ロイスもう27かよ!!!
そっちにびびる。
[ 2016/06/01 20:34 ] [ 編集 ]
酸素カプセルは新陳代謝を上げるのでそのぶん老化が早くなるとネットで読んだよ。
香川も使ってるって聞いたけど少し心配だよね。
[ 2016/06/03 09:16 ] [ 編集 ]
酸素カプセルよりヨガやピラティスで体幹から鍛えるべき
筋トレして外筋つけるとロイスの持ち味であるアジリティやスプリントスピードも消えちゃうから内筋を特にね
[ 2016/06/04 12:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。