ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川の怪我は大事ではなかった!!試合を予想するファンと各紙フォーメション予想

脳震盪の影響で怪我が心配されていた香川選手ですが、昨日の記者会見で、クロップ監督が大丈夫だと言ったことが早速記事になりました。

今日はその記事からの抜粋と、各紙の先発フォーメーション予想、それからドルトムント会員制ファンフォーラムの試合予想スレッドより、まとめて紹介したいと思います。




201410171815062dc.jpg

西ドイツアルゲマイネ新聞より

香川は“大事ではなかった” ー クロップはこの日本人を出場させる事ができる

ボルシア・ドルトムントの香川真司は、軽い脳震盪だったにもかかわらず、ケルン戦には出場できると見られており、ユルゲン・クロップも喜んでいる。

(中略)

香川真司は、移籍を発表する前にも、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着て試合に出場し、脳震盪を起こしていた。それは8月の終わり頃の事だった。わずか2ヶ月足らずで、このBVBの攻撃的な選手はまた同じように頭部に怪我を負ったのだ。“彼が顔に肘をくらってから、もう何日も経っている。”クロップはケルンでの試合での二日前の記者会見で、彼の状態に対する警戒を解除した。(訳注:怪我が大した事がなかった場合、ドイツではいつも警戒解除という言葉が使われます。)“怪我は大した事はなかった”。BVBは念の為に自分たちでも頭部写真を撮らせたがが、すでに日本でも問題ないと見られていた。香川は水曜日には再びチームのトレーニングに参加し、ケルン戦での出場は確かだと見られている。

(後略)

スポンサーリンク


先発予想フォーメーション

【キッカー】4-2-3-1

ドゥルムが再び右サイドから左サイドに戻るだろう。守備的ミッドフィルダーにはヨイッチが入ることもあり得る。3人のカムバックの選手の内ミキタリアンが一番スタメンに入るチャンスが大きい。

- ヴァイデンフェラー -
- ピスチェク、ソクラテス、フンメルス、ドゥルム -
- ベンダー、ケール -
- ミキタリアン、香川、グロースクロイツ -
- インモビレ -

 
【スポーツビルト】4-3-3 (4-2-1-2-1) 前2列目はかなり中央より。

・ケルンは11試合ドルトムント相手に勝利なし。
・ケルンは11試合で1ポイントを獲得しただけ。
香川は前のケルン戦で2得点し、チームは6:1で勝利。
・ユルゲン・クロップの下では8試合全勝。

- ヴァイデンフェラー -
- ピスチェク、フンメルス、ソクラテス、ドゥルム -
- ベンダー、ケール -
- ミキタリアン -
- ロイス、香川 -
- インモビレ -

【ドルトムント公式予想】4-2-3-1

- ヴァイデンフェラー -
- ピスチェク、ズボティッチ、フンメルス、ドゥルム -
- ケール、ベンダー -
- グロースクロイツ、香川、ロイス-
- ラモス -




以下ドルトムントフォーラムの予想スレッドより。


・やあ、みんな。今週はどちらかといえば、理想的な一週間だったので、個人的には力強く、勝利に飢えたチームを見ることが出来ると思っている。

だから、僕も個人的に大好きな対戦相手に対して

1:0 ・・・・
1:1 ラモス
1:2 ロイス
1:3 ギュンドガン

で勝利すると予想するよ。


・↑ケルンが早い時間に先制し、また僕たちは永遠に後を追いかける事になるだろう。


・↑ここのコメント欄を読んでいると、僕達がバイエルンを蹴落とせるかのように思ってしまう。もちろん香川、ミキ、ロイス、ギュンドガン、こうした怪我人が再び合流したとしても、僕らが自分たちでまたトップに行くのは難しいよ。考えてごらんよ、僕らがもし土曜日に3ポイント取れなかったら、期待が高いだけにかなり厳しいね。


・BVBの勝利!香川とロイスのゴール!


・今日のトレーニングの写真を見た限りでは、ケルン戦と残りの試合に対してすでに喜びが湧き上がるよ。今僕らが持っているクオリティーは本当に高いんだ!あとは結果を出すだけさ。
問題はいつから、続けて結果を残せるかだね。僕は心配してないけど。


・0:1 オバ
 0:2 ロイス
 1:2 リッセ
 1:3 ラモス


・1:0でケルンの勝利。マローが入れる・


・↑土曜日には僕らの結び目が解けるんだよ。


・↑僕もそうなることを願っているね。3ポイントはとても重要だよ。CLに出場するためにもね。ただ僕達が上手くそう切り替えられるかどうか、それだけが疑問なんだ。ケルンも他のチームと同じようにプレーするだろうし、後ろを狭くするだろうね。そうなると問題が出てくるわけだ。


・0:4でこうした時期とおさらばさ!


・↑その通り!盲目のシュトゥットガルトや、2部リーグまっしぐらのハンブルクや、ゲルゼ・・・の醜い奴らのように!


・↑いや、いや、いや


・↑僕は4点差で勝つとは思えないけど、できればいい意味で驚きたいよ。


・1:2で3ポイント

 0:1 ウヤー
 1:1 オバ
 1:2 シンジ


・1:0 コーナーからマローが決める


・カムバックの選手たちが目に見えて良い活躍をするだろう!
 1:4でBVBの勝利


・1:1 ケビンの2得点!


・ロイス

これは面白いデータだけど、彼が2012年にBVBに移籍してから、すでにリーグで55スコアポイントを記録している。31ゴール24アシストだ。これはミュラーと全く同じだよ。

これより良いのはレヴァンドフスキーの68ポイントと、キースリングの57ポイントだけだ。

彼がブンデスリーガにデビューしてからは115のスコアポイントを記録しており、これより良いのはミュラーの124ポイントとキースリングの115ポイントだけだ。


・↑だからリベリーや、ロッベンから見る物はない!


・僕はすごいやる気に満ちているよ!
 今までの結果なんて関係ないね。
 危機だって?
 それは正しい見方じゃないね。
 
 土曜日にロイスとミキタリアン、それに何よりもギュンドガンが出ることがたまらないね。

 土曜日は1:4で勝利!


・奴らがけ○から一日中血を流すようになるまで、徹底的にお○してやるぜ!!(訳注:一部見苦しい表現を伏せ字にしました。)

 4:0で勝利だ!!


・↑君はなんてハードなやつなんだ・・・・・・


・↑当然(返事)


・0:3でBVB

僕はギュンドガンが重要な働きをして、彼のカムバックを祝うと予想するよ。それでもこのチームの政治的な状況はむずかしいままだろうね、彼の契約はあと1年だし、ロイスもどうなるかわからない。

この前の試合で彼らがどんなに重要か気付いたよ。


・僕はこう予想するね。

1-0 ウーヤン
1-1 ケヴィン (歓喜なしで)(笑)
1-2 ロイス 
1-3 ミキ
1-3+1ラモス


・BVBのためにゴールを守る:ケヴィン G


・ケヴィンにとっては最高の日になり、5ゴール全てを決めるだろう。

0:4から試合最後の92分に自分でオウンゴールお決めるだろう。なぜなら彼はケルンが好きだから。
それでケルンの5万人のファンは満足して家に帰るだろう。


・↑ハハハハ!


・6-0 僕らのBVB 僕らは危機から脱出する。


・僕はここで少しだけ楽天的だよ。1-0の後で、ギリギリ1-2


・我々は強い意思を示すだろう。早めの先制点、そして終盤に失点の危機に苦しむがそのまま終了。
 ケルン0-BVB2


・僕は楽観的だよ。ここで悲観的な意見を聞いたとしてもね。。ケルンの結果も僕らと同様に悪いから、早めに先制点を決め追加点を決めれば危機から脱出するだろう。


・↑悲観的な奴はアヒルと一緒にアフリカに飛んでいけばいいんだ。冬になるし、大地の凍結は体力を消耗するだろう。


・↑そいつはいい考えだ!アウェイでの勝利!!0-2


・僕らはインモービレ、ラモス、ロイス、そしてオバメヤンのゴールで4-0で勝つ。イエーイBVB.





いつにも増して悲観的なコメントをするファンが多かったのがここ最近の状況をよく表していますね。中には過激なファンもいましたが・・・・。次の試合ではブンデスリーガでも初めてスプレーが導入されるなど、フォーラムでは他の点も話題になっていました。

また、鉄道会社の運転士達が土曜日にストライキを起こすかもしれないと言われており、ケルンに行きたいドルトムントファンは凄く心配しているようです。


余談ですが、ドイツは困ったことに良くストライキを起こします。それ以外にも、電車が遅れることはしょっちゅうですし、昨年クリスマス前にドイツの西のほうで運転士が病気と休暇のためにいなくなり、一日路線が運休になってしまったことがあります。電車に関しては日本と比べてしまうと残念ながらひどい有様です。管理人もよく電車であちこちと行きますが、これには本当に困ったものです。通常90分の区間に4時間掛かったこともあります。ドイツを鉄道で旅行される場合は、ゆとりを持って日程を組まれることをおすすめします。
[ 2014/10/17 18:51 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(18)
いつも翻訳ありがとうございます。
今回は1-2でBVBの勝利のような気がします。復帰戦での戦力換算は本来の実力の70%まで出るか出ないかくらいだと思うので、前半は0-0で折り返して、感覚が戻ってきた後半に2点、ホームの意地でケルンが1点、追加点を狙いに行くが時間が足りず1-2でBVBの勝利です。
[ 2014/10/17 20:18 ] [ 編集 ]
No title
これは意外だったな…
何となく日本ばりにカッチリしてるイメージだったのに
ドイツは電車適当なのか
[ 2014/10/17 20:30 ] [ 編集 ]
No title
・悲観的な奴はアヒルと一緒にアフリカに飛んでいけばいいんだ

慎重な考え方になるのは気候のせいだったのか 笑 自分もその1人なんですが^^;
週末が楽しみですね。
[ 2014/10/17 20:33 ] [ 編集 ]
No title
怪我人続々復帰で、今後の期待度大ですね。
ワントップはラモスかインモービレか、このメンバーでどっちが適材でしょうか、そのへんも楽しみです。

付録のドイツの電車のお話、面白かったです。
[ 2014/10/17 21:47 ] [ 編集 ]
No title
この間ほぼベストメンバーにも関わらず4部との試合でも2失点してギリギリで勝ってましたからね
くだらない失点がない限りドルトムントの勝利でしょう
できるなら功労者グロスクロイツに得点して欲しいですね
[ 2014/10/17 21:48 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんはたしかドレスデンでしたよね。
訪れたことがありますが、あんなに美しいところにお住まいとは羨ましいです。ドレスデンも素晴らしいし、エルベを遡ると本当に美しい景色が広がっていて好きなところです。ダイヤは東だから少し乱れやすいんですかね?
私はBW州で、こちらはダイヤは随分きっかりしています。

ケルン戦楽しみですね。
[ 2014/10/17 22:00 ] [ 編集 ]
No title
ドイツでも精密検査したんですね。
大事にならず良かった。
[ 2014/10/17 22:49 ] [ 編集 ]
No title
1:1 ケビンの2G

ワロタ
[ 2014/10/17 23:14 ] [ 編集 ]
No title
日本では分刻みの時刻表でその通りくるけど、海外だと分刻みの時刻表事態があり得ないって聞いたことがある

ドイツの時刻表も大雑把な感じなんだろうか
[ 2014/10/18 00:33 ] [ 編集 ]
私は海外サッカーの記事を見るのが、日課です。
その中でもこのサイトはとても気に入りました。
これからも、更新頑張ってください。
[ 2014/10/18 00:53 ] [ 編集 ]
サッカーには発症するまでは支障はないけど、医学的に言えば大事だけどね。脳震盪と言うのは脳にダメージがあって意識を失うもの。脳が死ぬと生命活動の維持が出来ない。心臓を動かしているのも呼吸しているのも脳の伝達があってこそ。
しかも2回脳震盪を起こしている。2回目の脳震盪が軽度の場合、数日で画像に映るのは稀。サッカーをしている最中に発症した場合、体力を著しく消耗して体温や血圧も高くなっているから、覚悟しないといけない。
脳外科には限界がある。脳表面の治療に限られ、時間が経って発症するようなセカンドインパクトシンドロームに対しては穴を開けて脳圧を下げるとか血塊を取るとか対処療法しか出来ない。しかも脳の一ヶ所に限らないのがセカンドインパクトシンドロームの怖いところ。
脳震盪は侮れないものだよ。スポーツによっては最低2~3週間の安静を義務付けているくらいだよ。その上で1、2か月に1回は定期スキャンが必要。
[ 2014/10/18 00:57 ] [ 編集 ]
No title

うん、君よりも詳しいお医者さんが日本でもドイツでも診断・検査してくれてるから、君が長々と講釈を垂れる必要は無いんだよ?^^
[ 2014/10/18 07:51 ] [ 編集 ]
No title
今夜の試合はとっても楽しみ。これから戻ってきた主力組が本来のトップフォームになった際の競争激化ならびにクロップの戦術に期待。まずはロイスと香川がどのくらいあうかをこの試合でみてみたいです。
[ 2014/10/18 09:37 ] [ 編集 ]
No title
この前敗戦したけど最後までみんな必死だったので見てておもしろかった。ドルのサッカーはスピードがあって迫力ある。守備を修正していけばどんどん良くなると思う。
[ 2014/10/18 11:00 ] [ 編集 ]
No title
今節に入って2番目に楽しみな試合です。戦跡から観ればお客さん。香川と休暇組との化学反応が見たい。
鉄道会社はドイチュバーンですかね。悲しいです。
[ 2014/10/18 11:05 ] [ 編集 ]
マルコ「シンジって、やっぱウメェわ!スペースには必ず居るし、視野も広い…!コイツとやれるなら、移籍はまだ先で良いヤ!」…ってなればいいな!
[ 2014/10/18 15:21 ] [ 編集 ]
No title
ドイツならでは(?)の表現が面白いです。いつも有り難うございます。ロイスと香川のコンビがついに誕生か!?と思うと楽しみです!!あと1時間ですね!!
[ 2014/10/18 21:15 ] [ 編集 ]
No title
ロイスの香川の競演!ですが、今ひとつですね。。。ロイスとのワンツーはよかったですが。ロイスはインモービレとの相性がよさそう。
香川のポジショニングもあれでいいのかなぁという感じです。
ハーフタイムでクロップがどういう修正をしてくるか、ですね
[ 2014/10/18 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。