ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ミキタリアンは輝かしいが勇気がない。」ミキタリアン批判《ドイツの反応》

《ヴェルト》6月7日



ミキタリアンは輝かしい、しかし残念ながら勇気がない。



BVBは徐々にミキタリアンを引きとどめる気が無くなってきたようだ。彼はつまるところ素晴らしい選手であるには違いない。しかし最近の彼の行いが、彼に決定的な能力が欠けていることを表している。



entry_img_1078.jpeg

スポンサーリンク



ブンデスリーガの歴史の中ではこれまでにも数多くの奇妙な出来事があった。契約の際にプロ選手が様々な要求をし、そして時にはその要求が通ったりしていた。例えば、スタメン保障、父親の仕事、または代理人にマネージャーのポストの要求など・・・。


しかし、ここ最近西ドイツ放送が伝えた事が本当だとすれば、これはそれらをさらに上まる出来事だと言えるだろう。:ボルシア・ドルトムントのアルメニアの中盤、ヘンリク・ミキタリアンが2017年までの契約を延長する際に、契約解除条項を要求したことだ。もしトーマス・トゥヘル監督が去る時に、彼もさることができるように。


もしこれが本当に真実であるのならば、これは恥知らずな年俸を要求するよりもさらに恥知らずで厚かましい出来事であると言えるだろう。これはクラブの人事に介入することを意味しているからだ。一人の被雇用者が間接的にではあるが最も重要な人事への質問に関わることになる。監督の人事に関する。これはBVBにとっては絶対に受け入れることができないものだ。それとは別にしても、2013年に契約解除条項によってバイエルンに移籍したゲッツェの移籍以来、BVBの選手には契約解除条項がない。


しかしこのような要求がいったい選手のアイデアなのかそれとも代理人のアイデアなのかは考える価値があるだろう。たとえこれが交渉に関するいわゆるふっかけであったとしても:BVBをゆすろうとして話を大きくするとは、いったいなんと厚かましいことだろうか!

もしクラブがこの要求を飲んだとしたらどうなっただろうか?もちろんこれは想像して楽しんでいるだけだ。もしBVBがこの要求を飲んだら、スポーツ面での危機を意味すだろうか?ハンス・ヨアヒム・ヴァツケやミヒャエル・ツォルクは、もしミキタリアンが使い物にならなくなっても彼に気を配らなければならないのだろうか?それとももし、トーマス・トゥヘルがマインツを辞任した時のように、契約期間内にやる気をなくしてやめることになったら?


20160531173551f2e.jpeg



また、別な疑問も浮かんでくる。クラブに残るためにこんなに監督との密接な関係を必要とするが、そもそもサッカー選手(ミキタリアン)の自信とはどんな状態なのだろうか?巨額の年俸に対価として、クラブの危機に対する備えや、危機的な状況でも自らが率先して先頭に立つ、といった姿勢はどこに行ってしまったのだろうか?


ヘンリク・ミキタリアンは力強いシーズンを過ごした。そして彼は現時点ではブンデスリーガで最高のミッドフィルダーの一人だ。彼はここ一年で市場価値をほぼ2倍にした。もしミキタリアンに勇気があったら、BVBにこれまでの二倍の給料を要求し、クラブがそれを断るのであれば、「じゃあ来年夏には好きなクラブを選ぶよ。」と言っただろう。

「もしクラブが昇給を受け入れ長期にわたる契約延長にサインしたとしても、それでもいつだって移籍は可能だよ。なぜなら僕は高額の移籍金を払ってくれるクラブが現れるぐらい良いからね。」



彼のようなレベルの選手であれば、このぐらいは信じても良いのではないかと思う。しかしミキタリアンは違うようだ。だがこれは彼の問題だ。

これはすでにポカール決勝のバイエルン戦で見ることができた。ドルトムントで最高の選手の手が進んで挙げられることはなかった。責任を背負ってPKを蹴るという決断が迫られた場面で。いずれにせよこれはトーマス・トゥヘルにとっても残念なことだったろう。









以上です。

まあ記者も記事の中で“想像して楽しむ”と書いているように、想像が多いですが、このような批判が出てきた事は注目に値すると思います。こうなるとやっぱり移籍ではないかと思います。

結局本人の意思ははっきりしないままでしたが、交渉をこじらせたことでイメージが悪くなってしまいましたね。残念です。スポーツビルトの情報によるとBVBの提示した年俸は700万ユーロだったそうです。


※最近忙しくて更新が不定期になりますが、夏休みに入るまではこんな感じで続けますのでよろしくお願いします。

[ 2016/06/10 18:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(45)
トゥヘルは監督になる事が決まってからにミキと食事したりしてたんだよね。
こんなことするからミキサイドは勘違いするし、他の選手からすればえこひいきしているように見える。

まあ、出ていきたいなら出て行ってもらってもいいけどね。これまで特別に良かったということもなかったし、今シーズンたまたま数字が出ただけなんで、高値で売れるうちに売っちゃったほうがいいと思うけどね。

ドルのF4は実を言うと、みんなセカンドストライカータイプなんだよね。これはバランスが悪いよね。だからある程度何でもこなせるロイスと香川を残して、一人か二人は売っちゃったほうがいいと思うよ。
[ 2016/06/10 19:54 ] [ 編集 ]
性格を重視するドルトムントのフロントからは、黄色信号かなあ?ドルトムントは、やはり「ゲッツエ事変」が表す様に、サポーターから愛される選手である事、チームを愛している事を体現している選手であることが必須。

700万を飲まないのは、お金の問題だけではなさそうだね。トゥヘル条項とかやはり変だしね。
でも、ミキタリアンはアーセナルに行きたいと思っているのかな?新しいチームや監督と馴染むのに苦労するタイプに見えるし、上手くいかずにまた平凡なオナドリに戻りそう・・・
[ 2016/06/10 20:00 ] [ 編集 ]
この記事は理に適ってるよね。シャヒン、香川が移籍する時はそれくらい割り切ってたよね。交渉決裂したし、優勝させてから移籍したのを見たからか、
シーズン中に明らかにチームと駆け引きしてるムヒとかオーバメとか根本的には自信ないんだろうね、と書いた事があるんだけど。
自分が点を取って活躍して、チームを勝たせる、という選手じゃないというか。

ただローデとかの強気のバイエルンに対するインタビュー読んだけど香川のユナイテッド時代の自分が悪いという=失敗した「弱い」イメージを世界中に植え付けた
インタビューと比較してチームが使ってくれなかったから自分は悪くない、チャンスがなかっただけ、悪いのは自分ではなくバイエルンという「強い」イメージを残してたけど、
香川みたいに、そのインタビューをチームメイトが読んだらどう思うのか、どういうイメージを持たれてしまうのか、という計算が自分できない選手は
ライオラとかが代理人だとイメージは損なうことはないから心強いでしょうね。

管理人さんは移籍決定とかでもメディカル終了してユニもってる写真がでてくるまでスルーしても全く問題ないので
自分の時間を大事にしてくださいね。
[ 2016/06/10 20:11 ] [ 編集 ]
これ移籍確定だな
[ 2016/06/10 20:50 ] [ 編集 ]
ムヒは試合中闘争心出して戦ってたりシーズン通しては頼りになってたし
トゥヘル条項やPK蹴らなかったのは自分の性格を分かってるからこその
行動でもある感じで、そこまで勇気がないとは思わないけどね
普通ならビッククラブに移籍してもおかしくない成績を出してる中で
こういう批判され始めたらムヒもそりゃあ出ていきたくなるかもしれないな
[ 2016/06/10 20:52 ] [ 編集 ]
いやぁ、実に面白い記事でした。
ありがとうございます。
PK蹴らなかった事ってドイツではどうとられてるんでしょう?この記事みたいに批判的にとられてるのでしょうかね?
[ 2016/06/10 21:26 ] [ 編集 ]
そもそもトゥヘル条項の話が公式発表されてるわけでもなくキッカーも報じてない不確かな情報ですからね

ムヒタリアンを気に入らない記者が個人の感想を書いただけの記事なのに「こうなるとはやっぱり移籍でしょう」という感想が出てくるのは なぜなんでしょうかね
[ 2016/06/10 21:32 ] [ 編集 ]
日本にくらべると、ドイツ紙はレベル高いなあと思った。残留させることが正義でもないし、クラブのいいなりになる勤勉な選手がよいわけでもない。あるべき選手像と、あるべきクラブ像を提示しながらミキタリアンを批判している。きちんとサッカー全体のことを考えてていい記事ですわ。
[ 2016/06/10 22:02 ] [ 編集 ]
また記事パクられてない?なんかワールドとかなんとかネット媒体のアクセス稼ぎ記事。
しばらくお休みでいいかもね。自分で翻訳しろよゴルア、と
[ 2016/06/10 22:23 ] [ 編集 ]
トゥヘル以外にも、もっといい監督と巡り合うかもしれないじゃんね。
ムヒは香川よりもメンタル弱いのか?

ああ、香川がメンタル弱いっても、俺よりも数百倍は強いと思うけどね。俺なんて満員のジグナル・イドゥナ・パルクのグランドに立たされたら足ガクガク震わせておしっこ漏らす自信がある。PK蹴るなんてもってのほか。たぶん失神する。中学サッカー部の公式戦のPKですら緊張した。敵味方合わせて部活関係者以外誰も見てなかったのに。
[ 2016/06/10 22:26 ] [ 編集 ]
トゥヘルと親密ですから、やりたくないことはやらないでも許される、ある程度はミキタリアンの意向を含めながら活躍できるような、お膳立てがあったということなんでしょうね。そのためにシーズン途中で出場機会が減らされたり出場しても動けるスペース限定されたり、数字が伸ばせないような割食った形になったしまった選手もあったことでしょう。
しかしそうまでしてミキタリアン活躍させなければ2位になれなかったのかというと、案外そうでもないような。
まぁ能力は高くても監督人事に介入したりとか、こうして使うのにあたって個人制限あるんだったら、ドルトムントのようなチームでは他選手に影響も出やすいでしょうし、もう放出で仕方ないんじゃないでしょうか。
バイヤンのプレシーズン次第でゲッツェも進退かかるでしょうから、ミキタリアンにそこまで我儘を許すよりは纏まりがつくであろう分ゲッツェ出戻りでしのぐとか、それのが全然オッケーと思います。
[ 2016/06/10 22:31 ] [ 編集 ]
最初はゲッツェ出戻りに嫌悪感持ってたのがここまでくるともう出戻りでええわ。バイヤンではサイドできなくても香川となら
やれるのは知ってるし、香川も全試合出れないからローテーションで真ん中もできる、まで来てるもんなー
[ 2016/06/11 00:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> また記事パクられてない?なんかワールドとかなんとかネット媒体のアクセス稼ぎ記事。
> しばらくお休みでいいかもね。自分で翻訳しろよゴルア、と

そうですね。真相はわかりませんが、3日も前のドイツの記事を当ブログでアップした数時間後に記事にするところは非常に怪しいですね。5月25日にミキタリアンの西ドイツアルゲマイネ新聞の記事を載せた数時間後にも同じ手口で記事を書いていますね。


きちんと自分たちでネタ探ししてもらいたい所です。


月一ぐらいででたらめ記事を載せたらどうなるでしょうね?まあ、それは冗談ですが・・。
[ 2016/06/11 00:27 ] [ 編集 ]
延長しないから記者もイライラしちゃったって感じですかね(^_^;)
ムヒタリアンはあらゆるポジションを柔軟にこなせ、ビルドアップからチャンスメイク、ゴールまで全部やってくれる大黒柱の選手だったから、いなくなったら大ダメージは必須ですね…
泣けるくらい泥仕事もやってくれるし、一番戦ってた選手だと思います。
残れば英雄になりそうですが、もっと注目やステータスを求めてメガクラブへ行きたいのは当然だろうなあとは思います。

[ 2016/06/11 00:51 ] [ 編集 ]
キープレイヤーが抜けるのは厳しいところもあるけど、新しい選手が輝く所を見るのもドルトムントの良さとしてある気がするし、そろそろビッグクラブとしてのプライドを持ってもいいとも思うし、難しい所
[ 2016/06/11 01:12 ] [ 編集 ]
でたらめ記事!!良いかもしれませんよ。こっそりおかしな単語を織り込んでみるとか。

[ 2016/06/11 01:45 ] [ 編集 ]
ワールドとかなんとかネット媒体はここ以外にもパクッテましたね。さっき海外の反応系の戦術分析も稚拙だったし、ギュンの替わりが香川とかポジション違うのに
アメリカ人の素人が書いた記事まで訳してたの見たwそして、その素人記事で2chの芸スポでスレたてして、まとめサイトになってて発見した時流石に爆笑した。
あれどうみてもバンドワゴンファンが書いた記事なんだよねw

香川のアイコン使って昔からのドルファン装ってるけど登録してるのが2015年。で香川とギュンのポジションも違いを気付いてない。
ユナイテッド時代香川はパサーだからボランチだ、とう読むのも時間の無駄だと思うコメントはたくさんみましたから明らかに、プレミアから流れて来てて知ったかぶりを
したがるファンの先入観あふれる記事。香川はドルでは10番というようなピュアなトップ下じゃなくてシャドー。トゥヘルもこれだけは感謝してるけどイニエスタがーとか
言い出したパサー香川に違うだろう、とパサー香川を撲滅しようとしてくれた。

管理人さんがドルスレに書き込んでくれたように本当に昔からのドルファンなら香川はボランチじゃねえ、という指摘が帰ってくるのに。
あんな記事まで拾ってくる位のアクセス稼ぎの為なら何でもやるネット媒体ですよね。あそこは。
[ 2016/06/11 02:19 ] [ 編集 ]
いうてアーセナルチェルシーユナイテッドはタイトル狙えるクラブではないですからね
アーセナルは万年4位でチェルシーユナイテッドはCLすらでれない
延長しぶってるのはドルトムントが給料ケチってるのが原因でしょう
金しか移籍する理由がありませんから
[ 2016/06/11 02:38 ] [ 編集 ]
人事に口を出して牽制しているというより
トゥヘルへの(そしてトゥヘルからの)信頼が厚すぎて
トゥヘルがいなくなるなら自分も去りたいという率直な希望ではないでしょうか。

去年クロップの元では上手くいきませんでしたし、
今年残留した理由はトゥヘルそのものでしたから。
そういう条項は契約に盛り込まないのが通常なんでしょうが、
この人の下だから働きたいっていう気持ちはふつうにわかりますよ。

いなくなってほしくないですけど
いずれは出て行くでしょうから
移籍金の高い今のうちにって気もしますね。
[ 2016/06/11 03:02 ] [ 編集 ]
BVBは徐々にミキタリアンを引きとどめる気が無くなってきたようだ。

この記者もまた凄いこと言いますね。
鵜呑みに、踊らされないように注意せねば…
[ 2016/06/11 04:03 ] [ 編集 ]
06/11 00:51
今期のミッキーの活躍は誰もが認めるし明らかにMVPクラスだけどビルドアップまでこなしあらゆるポジションをこなしてたっていうのは過大解釈だと思うよ
[ 2016/06/11 04:32 ] [ 編集 ]
タイトル取らなくても世界中から注目されるアーセナルの選手たちと、タイトル取っても知名度は限定的なドルトムント。
この差が大きいんですよ、とてつもなくね…
[ 2016/06/11 04:41 ] [ 編集 ]
フットボールの流れは速いから監督交代なんかザラですよね。前の監督で日の目を見なかった選手が
次の監督で日の目を見た、という話しもザラ。
プレミアなんかサクサク交代しまくってる。ベンゲルとかの方が珍しい。

だから余計ムヒのトゥへル指定は異様すぎて契約延長お断りしたいけど、サポーターの手前お断り理由の為に
トゥヘルの名前を出した、と取られてもおかしくないですよ。
[ 2016/06/11 05:10 ] [ 編集 ]
本人は年齢のこともあり代理人主導で
もっとビッグクラブへ移る気満々だろうから
来季移籍金ゼロで出て行かれるよりは
今夏売ったほうがいいのではないですか?
今年は大活躍だったけど監督お気に入りの主役扱いと
周りの選手に恵まれていたこともあるし
もっと若くてポテンシャルのある選手を獲ればいい
と思います。
[ 2016/06/11 06:32 ] [ 編集 ]
香川がメンタル弱いのならノイアーにまっすぐ蹴らないって
[ 2016/06/11 08:17 ] [ 編集 ]
今回のPKや移籍のゴタゴタなどでミキの株は下がった気はするね。
[ 2016/06/11 10:24 ] [ 編集 ]
トゥヘル1年目で2位につけてムヒタリアンを重用している
これだけの条件が揃ってる中でこんな条項を求めるあたり
クラブの内情に相応の理由があるか最初から延長する気がないかのどちらかやろな
[ 2016/06/11 10:44 ] [ 編集 ]
>また記事パクられてない?なんかワールドとかなんとかネット媒体のアクセス稼ぎ記事。
>しばらくお休みでいいかもね。自分で翻訳しろよゴルア、と
>06/10 22:23「-」 編集

おっしゃる通り。
自分の目で読んで気付いた範囲ではいつも管理人さんがこのブログに投稿して少し経ってから同じ内容の記事をアップしてるもんだから、
これichliebefussballブログありきの記事だよなー。一般人が仕事の合間に時間割いてやっているブログ模倣するとか、恥を知れやと思ってました。
[ 2016/06/11 11:06 ] [ 編集 ]
後半戦めちゃくちゃビルドアップしてますよ、インサイドハーフで。
ミキがいなければボールを前進させられない試合がどれだけあったか。
ボランチもやってた選手ですからね。

[ 2016/06/11 15:03 ] [ 編集 ]
あれだけ活躍した選手をPK一つでそこまで非難するのもよくわかりませんが。
なんかで600万ユーロと見ましたが、700万ユーロでしたか。
ロイスに次ぐ高給ですが、ちょっと少ないかもしれませんね。

今日のNHK教育でかがわしんじスイッチとい、ピタゴラ装置に香川がちょいちょいリフティング絡めていくコーナーがありました。
なんかやっぱり3.4年前より精悍に感じますね。
[ 2016/06/11 15:51 ] [ 編集 ]
出て行きたいだけでしょ
[ 2016/06/11 18:58 ] [ 編集 ]
もしもムヒが本当に移籍するなら香川に10番つけてもらいたいな。
それともゲッツェが帰ってくることになるんだろうか…(そして10番ゲッツェ?)
[ 2016/06/11 19:27 ] [ 編集 ]
実際インサイドハーフもやってたしビルドアップもしてた
[ 2016/06/11 19:56 ] [ 編集 ]
あれだけ活躍してくれた選手なのにみんな冷淡ですねー
ってこれギュンドアンのときも同じでしたね
きれいに去るってなかなか難しい
[ 2016/06/11 23:25 ] [ 編集 ]
香川の10番はやめた方がいい。
まず鉄人ムヒと比べられるし、あの成績を越えるのは誰にも無理だからね。
重圧でまたメンタルがやられると思います。
それにまずは一年通して不動のレギュラーを掴むのが先でしょう。
クラブの顔のロイスもいるし、格的にはゲッツェはあり得るし相応しい感じですけどね。
[ 2016/06/11 23:47 ] [ 編集 ]
確かに監督は大事で、その人の下でプレーしたい気持ちはわかるけどそれと契約を結びつけるのはいかがなものかと。確かに監督が変わると出場機会が経るかもしれない。そういったことを考えてるなら確かに勇気はないね。以前からムヒは失敗を恐れる傾向があるのではといわれてたけど本当にそうなのかもね。
[ 2016/06/12 02:50 ] [ 編集 ]
ここの記事引用してあたかも自分の意見のよう捏造してる。文章にも著作権があるみたいだしね・・・

worldなんとかや、samuraiフット ゴール とかサッカーと日本のために閉鎖してほしい。あそこは本当に害悪

[ 2016/06/12 09:01 ] [ 編集 ]
まとめ2chサイトは恥を知れと思う。 さむごーる さむフット ワールドなんとかは、本当に最悪。 しかもマスコミフットチャンネルも引用してるし本当に気にくわない。
[ 2016/06/12 12:45 ] [ 編集 ]
>格的にはゲッツェはあり得るし相応しい感じ

ロイスがつけるのはわかるけど、ゲッツェはないかな。
バイヤンでは昨季からどのポジでも調子落としてたしね。
代表でのプレー見ると1トップ、0トップのがあってる感じ。
バイヤンにはレバがいたからね。
[ 2016/06/12 19:58 ] [ 編集 ]
10番の重圧とか日本だけの神話だよ。番号は番号で香川はドルで23で有名で10なんか背負った方が
価値がおちるんじゃね?

カッパ時代の23のユニから香川を大事にしてくれる現地ファンがいるのに、10番の重圧とかそりゃ、日本のマスコミの神話になんで従わなきゃいけのにか。日本のマスコミは何も考えず香川が調子悪いと重圧がーとか安い記事出すんだろうけどw
[ 2016/06/13 00:34 ] [ 編集 ]
>しかもマスコミフットチャンネルも引用してるし本当に気にくわない。

フトチャンはドイツ語ができる現地在住の記者が訳してるよ。
ちなみにこの記者は週1回必ずドルトムントの練習をみにいっていて動画もあげてくれてる。
記事は少し文学的すぎてる感じだけどw
[ 2016/06/13 06:23 ] [ 編集 ]
というか日本のマスコミお得意の10番の重圧がーメンタルがーとか言い出すのって戦術語れないからじゃね?
きちんとした理由が語れないんだよ。

この前のボスニア戦みたいに、香川、本田が外れて、ようやく日本の問題はDFにないか?
とか気付いた人もいる位で。守備陣って海外組でもベテランの方が相当甘やかされてるよ。
失点してもそれ以上の点が取れない、全部香川が悪い、10番の重圧、メンタルがーという戦術語れないマスコミの
記事につられてるだけでしょ。香川を否定しても日本の他の選手の攻撃力、守備力向上するならやっても理解できるけど、
そんなことはありえないのに、なんであんな思考停止した考え方が正当化されてるんだろうね。
[ 2016/06/13 06:39 ] [ 編集 ]
この記事が真実かどうかはわからないけど、全部が間違ってるとも言い切れないと思う。現にポカールのPK蹴らなかったのは事実だし、トゥヘルから寵愛されてエース格の扱いされてるなら絶対蹴るべき。正直がっかりした。ヘロヘロになりながらもロイスもオバも蹴ってるわけだから。もしも、失敗したときの責任を負いたくなかったのかな。このモチベーションじゃチームは勝たせられないね。
チームメイトとの信頼関係も微妙になってるような気がする。むしろ失敗はしたけどベンダーとパパによくぞ勇気をだしてチームのために蹴ってくれたって拍手送りたい。ムヒ本人が出たいなら移籍でいいんじゃない。香川を含め、他の選手に頑張ってもらうしかない。
[ 2016/06/13 07:00 ] [ 編集 ]
ドルトムントは一般的な意味での背番号のイメージに無頓着なクラブですよ。
[ 2016/06/13 16:00 ] [ 編集 ]
勘違いしてる人がいるけど、歴代10番ではなく、ムヒタリアンと比べられるという意味だよ。
それにゲッツェにはやはり10が似合う。
[ 2016/06/13 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。