ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入のローデ、バイエルンを批判!!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞】6月9日




BVBの新加入、セバスティアン・ローデがFCバイエルンを批判!



entry_img_1082.jpeg




ドルトムント:セバスティアン・ローデはBVBに移籍してきた。ミュンヘンでの彼はほとんどベンチに座っていたが、今彼が元雇用者を批判する。グアルディオラも。



スポンサーリンク




ゼバスティアン・ローデはボルシア・ドルトムント移籍が決まった後で、バイエルン・ミュンヘンの信頼の低さに嘆いている。



“みんな僕がどんなに素晴らしいかという事を何度も言ってきたけど、そうであるならばもっと上からの支えを望んだよ。結局はそういうジェスチャーだけだったんだ。”とローデはキッカーのインタビューで語っている。



ミュンヘンで2年過ごした後で彼は“今、何か新しいことを始めなければならないと思ったんだ。”、“バイエルンは選手に成長する時間を与えることはほとんどないから、完成したプロ選手として移籍するほうが良いね。”と語った。この25歳はさらにペップ・グアルディオラとの関係がいつも調和のとれたものではなかった事も語っている。“今となっては、単に合わなかったと言わなければならないね。ペップは残念だけど僕のプレー内容から、とっかかりを見つける事ができなかったんだ。”彼はそのように語ったが、それでもバイエルンで過ごしたことについては後悔はしていない。“ミュンヘンへ移籍したのは正しい決断だったね。また同じ決断をすると思うよ。この世界的なクラブでプレーしたことは光栄なことだったね。”



ローデはドルトムントで先発の座を勝ち取るつもり。



ドルトムントはバイエルンとフランクフルトに次いでブンデスリーガ3つ目のチームとなる。まずはスタメンの座を勝ち取りたい所だ。“それが僕の要求するところであり、目標だね。”とローデは語る。そうなってから再び代表入りがテーマとなる。“まだ代表入りをあきらめてはいないんだ。”と彼は強調する。彼はバイエルンでは戦術面では成長したとも語っており、さらに大きなプレッシャーがかかるような状況に対しても備えができている。





以上です。

そうですね。どんどん言ってください。そして打倒バイエルンムードをクラブ内でも広げてほしいですね。

まあ最近のバイエルンは本当にユース上りが(若手で)全然いませんね。それが結構話題になったときもあります。確かに若手にとっては厳しいクラブです。でも2010年ぐらいはユース上りの選手が大活躍していたように思いますが・・。まあ昔から他のクラブの主力を補強していることにことには変わりないですがね・・・レヴァークーゼンが強かったときはミヒャエル・バラック、ロベルト、ルシオを獲得、グラートバッハからはマテウス、エッフェンベルク・・、ブレーメンからはマリオ・バスラ―、アンドレアス・ヘルツォーク、イズマエル、クローゼ、ピサロ・・。シュトゥットガルトからマリオ・ゴメス・・・

そして今はドルトムントからゲッツェ、レヴァンドフスキー、フンメルス・・。




[ 2016/06/14 19:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(37)
 BVBで試合に出るのも簡単ではないけどね!特にトゥヘル監督は起用が極端なので、気に入られれば良いですが……。
[ 2016/06/14 20:01 ] [ 編集 ]
ヘルタが調子良かった時期に、ダイスラーも引きぬかれてたなー
いい選手だったけど色んな事が重なって、若くして引退してしまったけど
[ 2016/06/14 21:05 ] [ 編集 ]
このインタビューでルンメニゲが黙れというコメント出したみたいですが、こういうコメント出しとくの大事ですよね。
これ読んだ人は、ローデはバイエルンで実力がたりなくて失敗したのではなく、チャンスをもらえなかっただけ、というインプットがされるから。

香川が日本人記者とインタビューでよくやる自己批判はユナイテッドも悪いけど香川にも非があった、というインプットがされてますからね。
自己批判は日本では謙虚さの現れなので好感度高くなり、ビッグインジャパンにはなれますが、海外では香川も弱かった、して取られてるし。
自己批判とか自分の中だけに止めておいて余計な事は言わなければ、同じようにユナイテッドは香川にチャンスを与えなかった、で
イメージが止まってたのに、この前の香川のインタビューは更なる弱さを植え付けたので、ローデのこのインタビューと比べて残念に思えたのを思い出しました
ドルでもユナイテッド時代と同じ自己批判を続けてますが、チームメイトを褒めてトゥヘルが自分を外す理由を与えて同じ事をやってますよね。
日本人記者含めて日本人選手のイメージ、自分のイメージをもっと賢く活きてほしいです

来季は若い選手がたくさん増えますが、弱いインタビューを発信しつづけると、ちょっと強気で言えば、すぐにパス出し、アシストマシーンにできる
とか舐められたイメージをシーズンインから持たれてるかもしれません。
相手がアシストしようとしないから、あいつにはパスしない、自分にアシストしろ、とか来季の香川にはピッチ上での非情さを期待してます。
カストロさんとかホフマンと仲良しでしたが、結局前半では右SHとホフマンと同じポジションで結果を出そうとして結局追い出すような世界なので。
ピッチ外ではCLでプレカンを英語で受け答えする、とか目標立てて英語のスピーチの仕方を勉強してみたらいいかもしれませんね。
[ 2016/06/14 22:11 ] [ 編集 ]
バイエルンのユース上がりはちょっと前まで沢山いましたよ、管理人
ただペップ3年目で何故か大量放出したんです
ガウディーノ、ホイビュルク(現シャルケ・デンマーク代表)、ヴァイザー(現ヘルタ)
まぁエムレ・カン(リバポ・ドイツ代表)やユリアン・グリーン(ハンブルガーSV・アメリカ代表)のように
バイエルンで機会を与えられないまま移籍した選手よりは彼らはチャンスがあったと言えるでしょうが
[ 2016/06/14 23:37 ] [ 編集 ]
まあ出場に恵まれない選手は、クラブや監督に文句言いたくなるものだと思う。
ペリシッチやヨイッチのクロップ批判や、香川ファンのモイーズ&トゥヘル批判しかり。
ただ、スタメンは11人と決まっているので、監督もフロントもやりくりが大変だと思うよ。
そりゃみんな使いたいさ。
でも誰かが活躍すれば、誰かが悲しむのは仕方がない。調子の良し悪しに関係なくね。
[ 2016/06/14 23:40 ] [ 編集 ]
管理人さんの本音が見えて面白いw
ローデはビッグクラブでもったいない期間を過ごした典型的な若手という気が・・・
[ 2016/06/15 00:23 ] [ 編集 ]
自己批判は自信のなさとして海外では取られるので、チーム内での競争肯定とか
チームメイトを活かしてあげたい、アシストを目標に掲げるとか来季はお人好しな事は公言しないでひたすらゴールする
為に周りをどう自分に都合よく動かすか、自分のコメントがチームメイトにどう取られるか、まで計算してインタビューを
受けた方がいいでしょうね。

自己批判を繰り返してると、何かうまく行かないことが起こると若い選手にありがちですが、名指しで弱そうな香川の名前を挙げてくる選手も出てくると思いますよ。
普段から試合ごとに香川は自分でダメと言ってるじゃないか、日本人記者も香川の事批判してるじゃないか、と。

メッシとかスアレスクラスに行って初めて自己批判が謙虚と取られる世界なので、自分のイメージ=日本人選手も
同じように見られると意識して日本人記者にも現地に来てくれるから、とか下出にでないで都合の悪いことは答えない、
とかキツイ姿勢も必要でしょうね。ビッグクラブに行くとか目標で言ってるみたいですが、試合後コメントはユナイテッド時代と同じことやってて
試合に出場する以前にメディアに発言を切り取られてますからね。
来季は香川がピッチ内でもピッチ外でも冷酷で残酷な部分を出してさらに上のクラブでもやれそうな気配をだせるか、が自分の将来や日本人選手の将来にも
つながってくるのではないでしょうか
[ 2016/06/15 00:49 ] [ 編集 ]
そういやハリルホジッチが代表監督就任時に香川の事ナイーヴとか読んでて?と思ってたのですが、
香川に会う前に香川のインタビューだけ読んでたらそういう感想もたれてもしょうがないでしょうね
最初はフランス人のいつもの最初に自分が上だというようなポーズをとるため、みたいなあの特有の
コミュニケーションの取り方かと思ってたのですが。

日本では逆切れととられますがフンメルスも、ローデも自分の非は絶対にみとめない方が普通だから
香川はナイーブに見えますよね
[ 2016/06/15 01:08 ] [ 編集 ]
宇佐美もバイエルンを選択したのがそもそもの間違いだったのかもしれませんね。
[ 2016/06/15 02:12 ] [ 編集 ]
実力はプレイを見てればわかりますよ
香川もマンUサポに未だに注目され放出を惜しむ声があるのもそういうことじゃないのかな
見てる人は見てるし、わかってる人はわかってる。わからない人はわからないし、わかろうとしない見ようとしない
[ 2016/06/15 06:42 ] [ 編集 ]
そいう実力をみればいいって潔癖が日本人の悪い所なんだよね。
スポーツは清廉潔癖なものだから、と正しくやろうとしすぎて、他の代理人の力を見ないふりして
世界も自分たちの価値観と同じように動いてると思ってる。フットボールの世界は政治的で強欲が実力の前に来る世界ですよ

実力があっても試合にでられない、なぜあの選手がスタメンじゃない?とかどのクラブでもよく見る光景でしょ
[ 2016/06/15 08:47 ] [ 編集 ]
モイーズ批判は香川ファンだけとかネタやろ。
ファーデナンドの自伝に出て来たのに香川ファンだけ、とかフットボールジーニアスにド失礼やわ
そのうえでファンハールはもっと嫌われててファンハールアウトのバナーを掲げようとしたファンと
セキュリティーがもみ合いとかの写真がたくさんあるのに、全部香川のファンのせいなのか
[ 2016/06/15 08:51 ] [ 編集 ]
結果が出ていない時はどう振る舞っても悪い方に捉えられるから
あんまり気にしても仕方ないんじゃないかな

文句を言えば傲慢
自己批判すればナイーヴ
何も言わなければ無能扱い
でも結果が出ていれば全て手のひら返しされる
これらは日本でも変わらない

熱心に応援している側としては
選手に対するイメージのズレが気になるものだけど
結果さえ出れば全てが付いてくるんで
[ 2016/06/15 09:06 ] [ 編集 ]
デブルイネがチェルシーダメだったのは移籍金が安かったからで、チェルシーでは軽くみられしまった、重要視されずチャンスが
なかったとシティに入る時に認めてたのに、見てる人は見てる、解ってる人は解ってる、とかはないでしょ
だから代理人はメディア使って選手の商品価値を上げて、下手な事をしゃべって価値を下げることはしないんだから。
ローデのこのインタビューもドルで軽く扱われない為、もあるよ

日本人みたいにいろいろ深く相手の事を考えてくれる事を期待するのって、それこそプリンセスかプリマドンナ扱いされるような
うぬぼれてる考え方だよ。
[ 2016/06/15 10:15 ] [ 編集 ]
上記※で なんで監督批判が香川だけ「ファン」の言ったことが出されるのか
誰の「ファン」でも色んなこと言うし
香川は監督の批判なんてしたことない そこが歯がゆいとこであるし、尊敬するとこでもある
日本で強気なことをちょっとでも言うと、生意気とかビッグマウスとか批判されるからな
それでいて自己批判するなとか勝手すぎると思うわ
[ 2016/06/15 11:38 ] [ 編集 ]
前にもコメント書いたけど、香川のユナイッテッド時代の事は謙虚では無くて、本人が上手くいかなかったと本当に思っているだけ。逆にあれが実力だとは思われたくないし、実力をコンスタントに表せなかった悔しさが今の努力の原点にある。

清武、本田、柿谷、山口皆周りのせいにしている選手はやはり期待ほどは成長しているように見えない。まあ、清武はこれからは周りのせいにできないからどうなるのか期待しているけど。
香川、岡崎、原口、長友などは決して周りのせいにせず自己批判して努力して成長している。

結果が全て。見ている人はみている。そういう意味で、ローではちょっと心配。
[ 2016/06/15 11:59 ] [ 編集 ]
言わなくてもわかる、見れば解ってくれるはず、という受け身のコミュニケーションは
日本文化独自のものじゃね?海外の反応系ブログとかにあるようなユナイテッドサポの
耳あたりのいいコメントしか見てないんだろうけど

今アメドラマのエンパイヤとかみてるけど、以心伝心何それ?私の考え方なんか
わかるふりするなよ、と言いたいことをお互い言い合いながら妥協点を見つけるのが
コミュニケーションと考える文化もあるんだから

おまけにビッグクラブにいけば更にエゴイストが増えてそこで自己演出と自己主張が
要求されるし、ファンとの関わりもSNSではほとんど日本語だけで日本人以外にはわかって貰わなくてもいいと思われて必要のない壁を自分でつくってるようにもとられてるかも
しれないから、コミュニケーションにクエスチョンマークがつくかも

SNSって他人との壁を取っ払ってファンやチームメイトに自分を知って貰うツールでも
あるんだから英語、ドイツ語の翻訳が厳しいならそれこそ翻訳のプロに金を使えばいい。
ブログではキチンと育てられたんだろうなと言う事がわかるし、オフだから、日本のことだから日本語で日本人にしか伝わってなくてOKとか考えるより、オフでも余計な壁は作りたくないから、日本にいる外国人にも情報発信したいから、という姿勢の方が人柄も伝わっていいと思うけどなあ
[ 2016/06/15 14:45 ] [ 編集 ]
06/15 00:49さん、私も香川からはもっと覇気のある前向きな発言を聞きたいなと思う。
最近の岡崎や清武、武藤のコメントを聞いてると、ものすごく力強くて、気持ち良くて、スカッとしますよ。
自信に満ち溢れているし、足りないものも自覚した上で、絶対にやってやるぞ!という強い野心を発している。
明らかに「追い抜いてやる!」っていう闘争心を付けてきているので、こちらの気分も上がります。
香川も、もっと表情を明るく、昔のように強い自信と野心を発して欲しいと思う。
自分の気持ちを高めるために、もっと強気でいいと思うんだ。
最近「もっと上のクラブへ行きたい」と口に出したのは本当に泣けるくらい嬉しかったよ。
きっと岡崎や清武に刺激を受けたんだと思う。
香川の才能に惚れてるからこそ、その才能を閉じたままではなく、いかんなく発揮してノリノリな香川が見たいんだ。


ローデの記事に関係なくてスイマセン(^^;;
バルトラのBVBに対してやバルサについてのコメントもすごく良くて胸を打たれました。
BVBのサッカーをバルセロナのようと言っていたし、この選手はやってくれますよ!
[ 2016/06/15 15:37 ] [ 編集 ]
弱いインタビューは本当に勘弁して欲しいね。
日本でもすぐ記事になって広まるし、香川のイメージ的にも、どうしても「頼りない」という印象をさらに持たれてしまう。
素直なのはいいんだけど、年を考えても素直すぎたり繊細すぎるのも駄目だよ。
自分は、海外での実績の割に、日本代表ではいつまで経ってもまず本田ばかりが別格に扱われてる現状に不満だし(香川は2番手扱い)、香川にはいい加減、本田を押しのけろとイライラしている。
まあ香川のその辺にいそうな普通っぽさに比べて、本田のキャラや風格の方が絵になるというのもあるけど(代表での実績は完全に上だし)、何と言ったって香川は元マンチェスターユナイテッドにいたほどの選手なんだから、もうちょっとそういう場所にいた経験であったり風格を醸し出して欲しいというか、発言やメディア対応も上手くなって欲しいとは思う。
まあ最近の香川はプレーでの頼もしさは出てきたけどね。もう27だし。
競争力を煽られて一気に良くなるあたりは、メンタルがかなり左右される難しい選手なのは確かだね。
[ 2016/06/15 16:48 ] [ 編集 ]
ローデのこれ、そんなに批判してないと思うんだけど
香川は日本にいた頃とか、ドイツに行った最初の頃は割と強気な発言してたよ
何というか、ちょっと生意気な若造って感じのね(いい意味でだよ)
最近も、もっと上のクラブに行って活躍したいって言ってたみたいだし もっと言ってもいいくらいだけど
でも日本じゃ、出る杭は打たれるからさ 難しいところだよ
本田みたいな超強気なメンタルは珍しいよね 
[ 2016/06/15 21:52 ] [ 編集 ]
日本の記者も聞いたら香川はなんでも答えてくれる、答えるのが香川の義務だ、とか思ってる部分もあるけど
香川も答えなくていいことまできちんと答えるのはやめた方がいいよね。
ダメな試合でダメな部分認めるより、クリロナみたいに相手批判とかしたり、インタビュー無視とか
やりようはある。本田のダメな試合のインタビュー無視は本当に好きだったりする。
岡崎も逆切れコメントに取られるようなコメントするしね。話題にされてないけど
答えなくていい時は答えなくていいんだよ

親御さんやおばあちゃんにきちんと育てられたのは解るけど、ピッチ外でももう一皮むけないとね
ビッグクラブに行って主力になりたいならなおさらその変の意識改革は今季の課題にして欲しい。
ビッグクラブに行っても今のように日本人記者ぞろぞろ連れて同じことやるつもりじゃまずいんだし
情報発信を記者に頼るのではなくて、記者のインタビューに答えなくてもブログとか自分で情報が発信できる時代なんだからうまく使えばいい
[ 2016/06/16 00:54 ] [ 編集 ]
そいうや、自分の考え方を伝える為に日本の記者に頼る必要なないよね。
ブログで言いたいことは英語で発信すればイメージ作りはできるんだし、ドイツ人記者だって英語記者だって
読んでくれて自分の人柄を理解してもらえる。

ブンデスで日本人選手が生き残ったり、放出されてて競争してるように
インタビューに答えても香川不調、香川復活、とか勝手なストーリー作ってイメージを作られる
記者を相手にする必要はない。

だっていい人柄の日本人選手だって放出されてるから、いい人であろうと自分の見方にはならない記者だって競争されて
淘汰されるのは自然の流れなんだから
[ 2016/06/16 01:54 ] [ 編集 ]
香川のLINEブログは結構長文の日本語で書いてるけどドイツ人ってLINEやるの?サポがドイツ人だけじゃないってこともアジアでLINEが浸透してるのも分かってるけど。
あと画像投稿する形式のインスタでは日本語ですら殆ど文章書いてないよね。
ていうか例えばだけどCL決勝アンバサダーの渡辺直美ちゃんとのツーショット画像とかまでいちいち英語やドイツ語で説明しなきゃいけないの?
そもそもツイッター含めあんまり積極的にSNSやってないみたいだしそこまで完全にビジネスとしてやらなきゃいけないのかね?
[ 2016/06/16 10:41 ] [ 編集 ]
清武は下位クラブで周りが下手な中、頑張った甲斐あってステップアップしてるし本田も適正外のポジションで使われてもベンチにされてもプレースタイル変えてスタメン取ってるし。周りのせいにしてるってのは違わない?試合分析と自己分析は別だと思うよ。
[ 2016/06/16 12:55 ] [ 編集 ]
香川はSNSで英語とドイツ語で海外のファン向けに発信していますよ。
facebookのコメントを読むとドイツでもファンサービスや慈善活動をしているようですし。
ユナイテッド在籍時にイギリスでもしていましたので報道されないだけでしょう。
香川はドルトムント復帰時に挑戦者としてまたビッグクラブに戻れるよう頑張りますとカズに言っていました。
冬合宿時のインタビューでもいつまでドルトムントにいるかわからないという趣旨の発言をしていましたので、常に変わらずもっと上のクラブを目指す気でいたと思います。
上を目指すにはまず結果を継続してださなければなりませんし、こういう発言を公にするとクラブから長期的に干されたりサポーターの反感を買いかねませんのでしていないだけでしょう。
某日本人記者が訳した記事なのでどこまで香川自身の言葉に忠実に訳されているのかはわかりませんが、fourfourtwoの香川のインタビューも弱気に受け取られていないですよ。
この記事に対する英メディア、フォーラム、SNSなどのサポーターのコメントを読むと、香川がドルトムントで活躍しているのを至極単純に喜んでいます。
インタビューでいまはプレミア復帰を考えずドルトムントに集中していると答えたので、ユナイテッドに復帰しないことを残念に思ったり将来的にプレミアに再挑戦するのではないかという声が多いです。
以前からファン・ハールになって低迷したので香川(チチャなども)の今季の活躍を羨んでもっとチャンスを与えるべきだった、戻ってきてほしいと言われていましたしね。
ユナイテッド時代を振り返って今ならどうするかと聞かれてもっと戦うと答えたこと、ドルトムントにはドルトムントの監督、ユナイテッドにはユナイテッドの監督がいてそれぞれのやり方を受け入れるだけだと言ったことも好意的に捉えられて、逆にチャンスを与えなかったモイーズとファン・ハールへの批判になっています。
またクロップがリバプールに誘うと思うかという質問に笑いながらそうは思わないと答えたことが、引用した記事やツイートなどではリバプールから誘いがあったが行く気はないと答えたと歪曲されていて残念に思われていました(笑)
クロップになって香川を獲得する噂が何度か出ていたこととリバプール2nd legで香川のパフォーマンスが英語圏で高評価だったからでしょう。
[ 2016/06/16 13:49 ] [ 編集 ]
fourfourtwoの香川のインタビューは切り取られてさらに別言語に翻訳されて拡散されてるよ
そこでまたニュアンスが変わってるの読んでみたらいいよ。

コミュニケーションは相手に解ってもらう努力をする事だから日本語だけ、今までの片言英語、ドイツ語だけでもOKだと思うなら
それでいいんじゃないの?ユナイテッド時代と同じ事してもっと縄張り争いが激しい代理人がいる世界で成功することを
描いてるなら甘いと思うけど。
LINEブログはラインだけじゃなくてブラウザでも読めるんだから。ドイツでも日本語記者だけに囲まれてる事をディスられてるんだから、
SNSで日本人以外お断りの空気出すよりプロ雇ってアクセス数アップとかポジティブに考えればいいだけじゃない

ビジネスとしてそこまで?というかビジネスとしてそこまでやってるのがビッグクラブで生き残ってる選手じゃないの?
その為に選手の代理人やパブリシストがいるんだから。
第一言語が日本語なのはかなりハンデがあるけど、実力だけで生き残れる世界じゃないし、SNSの登録者もアップするし、世界中の記者が
嫌な記事書いたとしても、普段から多言語で自分の人柄を解ってもらう努力をしてたらそういう記事を信じるのも減るんだからメリットしかないと思うけど

そこまでやる気がないのにビッグクラブで成功したい、と思うのは私は甘えに見えるけど、メッシでさえプロ雇って多言語で発信してるのに、メッシのような
圧倒的な実力がない香川がプレーだけ、日本語だけで世界は自分の事を理解してもらえる、というのは怠慢じゃないの?
[ 2016/06/17 05:03 ] [ 編集 ]
普通はライオラみたいに代理人がメディアとつながってて選手のポジティブ記事とか情報発信するけど、
香川の代理人のクロートは全くやらないから、自分でやるしかないのは当然じゃないの?
誰かが香川の事を見つめていて、白馬の王子さまみたいに救いにきてくれるから日本語だけで十分って事?
[ 2016/06/17 05:35 ] [ 編集 ]
メッシは多言語で発信したからビッグクラブでスターになったんじゃなく、実力があってビッグクラブにいる世界的スターだから多言語で発信してるんでしょ?すべてのビッグクラブの選手がそうしてるの?SNS発信やパブリスト付けて人柄知ってもらうっていうけど、いくらパブリストだの付けてもポジティブなイメージだけが拡散されるわけじゃないでしょ。アスリートだけじゃなくミュージシャンや政治家だって有力なパブリスト付けててもちょっとしたことで揚げ足取られたり意図的に発言切り取られて悪いイメージ付けられたりする。過去の発言だってどんだけネットで捻じ曲げられてるか。ネットリテラシーの低下は日本だけじゃない。あとメディアが煽ったりソースなしで適当な記事書くのはどうしようもない。要所押さえてインタ受けたりSNS発信すればいいでしょ。今季だってベンチ外の騒ぎの後はビルトの記者のインタ受けてた。若手のライトナーやプリシッチに抜かれたんじゃないかって聞かれてそれはない、必ずスタメン取り返すって。でも他のメディアであんまり取りあげられてなかったよ。結局人の興味なんて一瞬で変わるんだからさ。スタメン取り返した後はインタ受けてちゃんと復活印象付けてた。移籍なんかは強い代理人いるといいけどライオラとムヒみてると逆効果な時もあるんじゃない?今季あんだけ鉄人で頼り甲斐のあるパフォだったのにポカールのPK拒否から移籍でもはっきりしなくて、すっかり繊細だとか勇気がないってイメージなっちゃったよ。
[ 2016/06/17 08:38 ] [ 編集 ]
fourfourtwoの香川のインタビューは日本語訳されたのじゃなくて、英語のまま読んだけど、アレは
読んで弱いと思ったよ。なんで英語記事なのに、日本人記者使って日本でよくやるインタビューを英訳したみたいな
記事にしてしまったんだろうか、と。
好意的に取ってくれるコメントしてくれる所の反応しか読んでないとそりゃ、成功になるけど、
ちょっときつめに言ってくれてる人のコメントの方にこれからの改善点となるヒントがあるよ

ベンメイブリーか忘れたけど、香川がユナイテッドで日本語→英語の誤訳騒動が起きたときに
まずいと思って即動いて訂正記事を載せるように独自で掛け合ってくれて、現地の人向けに香川をきちんと理解してもらおうと
手をかしてくれる人もいるのに、なんで日本人向けみたいな方法で情報発信しちゃったんだろう、と不思議でしょうがない。
ユナイテッド時代より成功したいならメディア対応含めて当時のままの日本人のやり方では通用しないのは解ってるんだから、
細部にもよりこだわらないと成功する未来はないんじゃないの?

例えになるか解らないけど、香川の出身は神戸でKOBEだけで発信したら、日本以外ではコービーと読まれるでしょ
コービーブライアンとの事で。だからといってそれを放置するのではなくて、KOBEと聞いたら日本人以外は
コービーブライアントの事を想像しちゃうかもしれないけど、彼の名前は神戸ビーフから来たんですよ!
そしてお父さんは実際に日本でコーチもやってくれたんですよ。知ってました?と
そして、日本語ではコービーじゃなくて神戸(こうべ)って読むんだよ。覚えてね、そして食べに来日してね!って発信した方が世界中の人に理解してもらえるでしょ。
そういう視点と努力が足りてないんじゃね?というだけで。震災のチャリティーだって英語で発信したら世界中の人も
忘れないでいてくれるし、手を貸してもらえるチャンスだって広がるんだから。
[ 2016/06/17 11:34 ] [ 編集 ]
香川が日本人にだけ解ってもらえればいい、というスタンスなら別に今のままでいいんじゃね?
[ 2016/06/17 12:32 ] [ 編集 ]
13:49ですが記事は原文で読みましたし、記事に対するコメントも全て記事のコメント欄、英語のツイート、英語のフォーラムなどの反応を英語で読んだものを書いています。
そもそもモイーズとファン・ハールを監督にしたことはユナイテッドにとって失敗だったのでこういう反応が多いのだと思います。
香川に限らずチチャなど同時期にユナイテッドを離れた選手が活躍していますので、今季は何度も離れた選手を惜しむ記事やファンの間の議論がありましたから。
勿論不運だったがどんな状況であれ結果を出さなければという意見もありますので、それは香川に限らずチチャや他の選手もこれから結果で証明していくだけでしょう。
香川に限らずどの選手の発言もどの国でもニュアンスが変わって伝わったり歪曲されて書かれたりしますし、その全てに対処している選手はいないと私は思います。
それから香川は日本人記者にだけ対応しているわけではありませんよ。
リクエストがあったり今季のベンチ外の時の騒動などの時はドイツメディアを含めた外国のメディアに対応しています。
例えばベンチ外の時はビルトの取材を受けていましたし、試合の後などは通訳がいなければ英語でインタビューに答えていました。
海外のファンに対しては試合前後のファンへのコメントや日本でのチャリティーイベントやファンサービスなどのことなどはfacebook、twitter、ブログで英語やドイツ語で発信をしていますし(facebookは翻訳機能も良いです)新しく始めたshinji houseは英語版もあります。
これからもっと増やしていくつもりなのではないでしょうか。
クラブや監督と合わなくて干されたり移籍先を探すのに揉めたりすることはありますので、確かにクラブやメディアへの対応はもう少し駆け引きに強い代理人などがいれば良いとは思います。
ただ強い代理人などがポジティヴな記事を書かせてもやはり結果はみられますし、メッシのように多言語で対応をしても、どの国でもメディアやファンなどが発言を歪曲することはありますし、受け取り方は人によって違いますので意図通りに発言が伝わるとは限らないと思います。
次から次へとああいえばこういうということもあるでしょうし。
メッシクラスになれば膨大な捏造・中傷・批判記事やファンの発言などが出るでしょうから、多数のエキスパートを雇って対処しているでしょうが。
結局は香川自身が代理人などを選びメディア対応などを決めていますし、必要なら周囲の意見を取り入れながらこれらも取り組んでいくだけでしょう。
[ 2016/06/17 19:36 ] [ 編集 ]
19:36に訂正です。
日本でのチャリティーイベントやファンサービスの報告です。失礼いたしました。
[ 2016/06/17 20:40 ] [ 編集 ]
意見を交わすのはいいけれども「これからの改善点となるヒント」をここで言ってもね
本当に改善を勧めたいなら香川のブログに改善点を書かないと
結構ブログに意見を書き込んでいる人がいるよ
香川が読むかどうかは別として
[ 2016/06/18 02:20 ] [ 編集 ]
私は英語以外の媒体も読んだ感想を言ってるだけなんだけど
コメント受けてインタビュー受けてたけど、それを多くの人が読むよう努力してるか?と言われたら
違うよ。大手メディアがそのインタビューを拾って、さらに広げた、とかはしてないから自己満足で終わってる。
英語でインタビューが広がったか?とか言われたらNO。
ドイツのすべての人が読んでくれた、ドイツでも読んでもらう努力はした?知ってもらう努力はした?

クロートがそういうことをしないのは解ってるなら自分でやるしかない。
コミュニケーションって伝える努力をすることだからね。発信して、インタビュー受けたからこれで多くの人が読んでくれる!で終了じゃない。
そこからさらなる伝える努力をするのがコミュニケーション。
ビッグクラブに行きたいらしいけど、今のままでは、きついいい方したらスポンサー入れたらビッグクラブには入れるだろうけど、ユナイテッド時代と
同じ事やってたらユナイテッド時代と同じ結果しか生まないんじゃね?ビッグクラブで生きき抜く準備ができてないと思っただけで。
ビッグクラブによくいる、あの選手は実力があるけど、試合にでれない、という選手の一人にまたなりそうだな、と

英語とかそこまで難しく考えなくていいんだよ。
例えば日本には世界中のファンがいるアイドル猫とかいるけど、ああいうのが複数成功してるのはシンプルだけど理解してもらいたい、という姿勢で
コミュニケーションを大事にしているから見てる人も好意的に取ってくれてるんでしょ。その姿勢が必要なんじゃね?と言ってるだけで
[ 2016/06/18 08:24 ] [ 編集 ]
日本じゃスーパースター()だから、適当に情報発信しても何もしなくても自動的にマスコミが取り上げてくれるし
SNSNに書き込んでくるのもなんでも好意的に取ってくる人ばかりだからね。
否定的なコメント書くためにいちいち書き込んだりはしないでしょ
[ 2016/06/18 08:47 ] [ 編集 ]
代理人変えるたって日本人の代理人になってくれそうなやり手代理人がいるかって話
メンデス、バーネット他南欧、南米選手主の代理人はやってくれんだろ
シュトゥルートはゲッツェの件でペップを叩いたが全く効かず
挙げ句おそらくゲッツェの意思を無視して移籍話を進めた
お騒がせライオラじゃフロント、ファンにウンザリされて評判おとすのがオチ
クロートは派手じゃないが選手の意思を尊重していざってときに動く 
乾、キヨ、ローデのケースだってさ
442は香川に辛口しかも記事は日本語→(リョーカ◯)→英語→(不特定多数)→日本語他
リョーカ◯って時点で信頼度低ランク
かといって特定の媒体や記者を閉め出したら延々と叩かれる
細部までこだわって発信したところで記者次第でどうにでも書かかれるさ
フンメルスのやらかし、移籍記事然り ミキの記事然り
多言語で発信ってもJPさんレベルのハイスペック人材はそういない
パブリシストつけて発信、記事の内容をコントロールしたって弱気だの強気だの批判されるだろ
粗探し、誤解、曲解されるなんて日常茶飯事
誰でも情報発信できるネット社会でコントロールするの難しいだろ、実際
香川に震災のチャリティーに手を貸してって英語で発信させればって
それこそ日本中心で海外のファン向けじゃないしさ
日本は先進国なのに日本人は何やってんのって感じだろ
ドイツ人、欧米人からしたらシリア難民問題に手を貸してっていいたいさ
[ 2016/06/18 15:36 ] [ 編集 ]
>否定的なコメント書くためにいちいち書き込んだりはしないでしょ

香川のブログの米欄を読めばわかるけれども苦言や改善点も書かれているよ
プレーだけでなくプレー以外の事も色々と
代理人変更等の意見は書き込んでも問題ないかと
まあ香川が読まない可能性もあるけれども
[ 2016/06/18 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。