ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表監督!「鼻くそ」に続いて「あそこの匂いを嗅ぐ!」ドイツ中で話題に!《ドイツの反応》


朝から少し下品なネタですいませんが、ドイツでは盛り上がっておりますので紹介します。


問題の動画

https://www.youtube.com/watch?v=8vgE7yJWe7M



スポンサーリンク





過去に話題となった「鼻をほじる動画」


https://www.youtube.com/watch?v=YqHuBrLAFyg







関連記事


【ビルト】



レーヴとポケット・ビリヤード


ポドルスキー“誰だって卵を撫でるものさ!”(注:ドイツ語では玉の事を卵と表現します。)



entry_img_1084.jpeg


ルーカス・ポドルスキーのはっきりとした物言いは相変わらずだ。



ユーロで次のポーランド戦を前に行われた記者会見でポドルスキーは記者の大爆笑をかった。


ウクライナ戦でのヨアヒム・レーヴ監督がポケット・ビリヤード(注:ズボンに手を突っ込んで玉を掻くしぐさ。)に話が及ぶとポドルスキーは記者たちに向かって、“君たちの80%も僕もみんな一度は玉をなでなでしたことはあるだろう。だからこれはまったくもってOKさ!”


ビルトの記者、ティム・データリングは記者会見の場に居合わせたが、この素晴らしい雰囲気について語っている。


“誰だって卵を撫でるものさ!”


このポドルスキーのセリフの後で記者たちは大爆笑となった。そしてポドルスキーがいたずらっぽく会場を見回す隣で、ジェロム・ボアテンが笑いをこらえていた。


再び普通の記者会見に戻すためにドイツサッカー協会のメディア担当者が“これでこれに関する話はすでに着きましたね。”と語った。


しかし笑いはこれでは終わらなかった。記者がシュヴァインシュタイガーの結婚について質問すると、彼は“まだ彼が結婚することは知らないよ。彼が招待してくれたらもちろん行くけど、そうでなかったらケルンのどこかにいるだろうね。”と答えた。



ポルディーの機嫌は非常に良い。もしかしたら監督は、フィールド上での雰囲気を良くするために彼にチャンスを与えるかもしれない。





ドイツを中心に作られたコラ画像

※香水

13406931_596093920547593_1251367579198985907_n.jpg



※玉がかゆい時の助けに!

13418763_1702807013317984_4351987928048376388_n.jpg


以上です。

朝から下品なネタで申し訳ないんですが、面白かったので取り上げました。早速コラ画像がつくられてソーシャルメディアで取り上げられていますね。しかしこの代表監督、しゃべらないと結構良い男なんですけど、しゃべるとシュヴァ―ベン地方の訛りでイメージががらりと変わります。
まあ東北地方の田舎訛りを想像してください。彼はそんな感じでしゃべります。

[ 2016/06/15 06:50 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(27)
日本でもこのネタですでに盛り上がってますよ
次は何をやってくれるか楽しみでw
[ 2016/06/15 07:11 ] [ 編集 ]
ニベアは商品化のチャンスじゃないか。宣伝効果は十分だし。
既存商品とのパッケージ入れ替えしたらユーロ終了までに商品化できるんじゃね?

コンテも歓喜のあまりザザの腕がヒットして鼻血がでて、その後ふき取り不十分のまぬけな写真があったしレーヴは気にしちゃダメだよ
[ 2016/06/15 07:22 ] [ 編集 ]
管理人さん、おはようございます〜!
朝から爆笑しました‼︎リピートして、一日にやにやしそうです。
こんな記事が読めるのも管理人さんのおかげです。ありがとうございます。
[ 2016/06/15 07:30 ] [ 編集 ]
レーヴのこういう所だけは好きです笑
これで雰囲気良くなって調子上がってくれたら嬉しいです笑
[ 2016/06/15 07:37 ] [ 編集 ]
出勤途中にスマホを開いたら、まず最初にこの記事が出て来ました(笑)。

確かに下品なネタですが、何故かしら不快に感じないのは、結果を出し続けるドイツ代表の話だから…なんでしょうね。

遅くなりましたが管理人さん、いつもわかりやすい記事をありがとうございます。これらかも楽しみにしております。
[ 2016/06/15 08:02 ] [ 編集 ]
落ち着くための無意識の行為だと思うけど
あのクセはなんとかしないとなぁ

これからは世界中のカメラに狙われること必至
[ 2016/06/15 08:15 ] [ 編集 ]
ワロタ
[ 2016/06/15 09:00 ] [ 編集 ]
ほー
自分はスイスのドイツ語くらいしか判別できない(聞き取れなくてよくわからんため)ので勉強になります
今後もたまに訛りネタで一筆そえていただくとうれしいです
[ 2016/06/15 09:29 ] [ 編集 ]
この男いい男な上に名将なんですけど、なぜこんなことをしてしまうのか笑
[ 2016/06/15 10:12 ] [ 編集 ]
撮られてる事はわかってるのにやっちゃうのは何故だろう?
[ 2016/06/15 10:26 ] [ 編集 ]
 
更に東北訛り(イメージ)で喋んの!?
どこまでネタ監督なんだ
[ 2016/06/15 10:49 ] [ 編集 ]
テレビカメラがある場でじゃなしに普通外ではやらないよな
家の中でもやんないけど
試合のこと考えすぎて他はぼんやりしてんだろうか?
[ 2016/06/15 11:05 ] [ 編集 ]
ポドルスキとグロクロの二人本当好きだわ
[ 2016/06/15 11:29 ] [ 編集 ]
クラブはムヒタリアンを売ることを決めたらしい
現地情報期待してます
[ 2016/06/15 11:48 ] [ 編集 ]
え~レーヴって南の出身なんですね。あのルックスでシュヴァーベン方言でしゃべられたらそれはガックリ。まぁ鼻くそ食べるし、今回のコレだし、もう充分ネタ監督ですがw
[ 2016/06/15 11:51 ] [ 編集 ]
代表戦が始まったなーという感慨深さを感じる
[ 2016/06/15 12:31 ] [ 編集 ]
ドイツ代表選手はゴールした時のセレブレーションにこれを取り入れるべき。
[ 2016/06/15 12:36 ] [ 編集 ]
訛りの例えがわかりやすい!
そうなんですね
見た目、格好いいのになぁ
管理人さんのドイツ語がわかる人ならではのこういうちょいネタ大好きです
[ 2016/06/15 12:55 ] [ 編集 ]
ドイツのコラ職人もレベル高いですね。今ダグラスで買い物するとこの広告の紙袋になるんですね。(笑) 冗談はさておき、この行為を大事な試合でやるところがちょっとすごいですね。一流監督だけど人として何か大事なものが欠けているような。
[ 2016/06/15 13:51 ] [ 編集 ]
選手はその手で握手されるのはなんだかかわいそうだw
[ 2016/06/15 15:00 ] [ 編集 ]
確かに、あの甘いルックスとは正反対の声質&田舎臭い喋り方は、ドイツ話が分からない日本人でも「えっ!」て思うよ。
ギャップが凄い監督。
[ 2016/06/15 16:22 ] [ 編集 ]
ゴールセレブレーションに取り入れ(笑)
笑いすぎて苦しい。。
シュバインシュタイガーとポルディとミュラーなら、ノリノリでやりそうな。
ゲッツェは、また一つネタを作らないと、最近たるんどるから監督にお株奪われた(笑)
[ 2016/06/15 17:09 ] [ 編集 ]
天然でこうなんだろうなーやっぱ
[ 2016/06/15 18:22 ] [ 編集 ]
これはポルディにしかできない仕事だ!
連れてきたかいがあったね
やはりレーヴは名将だ
[ 2016/06/15 19:17 ] [ 編集 ]
ポーランド戦でゲッツェを使うか、それともゴメスを使うかは、ひとつ注目ですね。
[ 2016/06/15 20:58 ] [ 編集 ]
ある意味凄いよ。
試合中の監督なんてカメラで抜かれまくるのに、それを承知の上でまるで中年オヤジが家のリビングで試合観てるかのように振る舞ってるんだから。
そのうちビール片手にベンチに座ったりするんじゃないのか?
[ 2016/06/15 23:42 ] [ 編集 ]
俺(イケメン)も股間の匂い嗅ぐけど、カメラの前ではできない。よっぽどサッカーに集中してるんだろ。
良い監督だよ。


[ 2016/06/17 03:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。