ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポルトガル代表ゲレイロ、今日中にもドルトムント移籍決定か?ドイツ紙《ドイツの反応》





ビルト


ユーロの最中にメディカルチェック!



今日中にもゲレイロのドルトムント移籍が決定か?

entry_img_1086.jpeg



ユーロの最中にメディカルチェック!



ポルトガル代表のラファエル・ゲレイロはフランスの新聞によると、パリでメディカルチェックを受けたようである。ボルシア・ドルトムントのために!

スポンサーリンク




FCロリエントの左サイドバックはBVBサイン間近だ。彼は4年契約が提示されたとされている。移籍金は1200万ユーロであるが、あとは優勝ボーナスなどについて話し合いという事のようである。



ゲレイロは、火曜日のユーロ初戦でスタメン出場し、アイスランドを相手に1:1とがっかりだった。彼は手堅いプレーをしていたが目立つことはなかった。



ゲレイロはポルトガル人の父とフランス人の母を持っている。彼は19歳になるまで、ポール・ポグバやラファエル・ヴァラーヌなどと共にフランスのジュニア代表でプレーしていた。しかしその後彼はポルトガル代表でプレーする事を決心していた。





以上です。

そう言えばポルトガル戦でプレーしていましたね。あまり真剣に見ていませんでしたが、次の試合ではゲレイロに注目してみてみようと思います。しかしポルトガルは結構楽そうなグループの割に、初戦引き分けとか、どうなるのでしょうか…。





[ 2016/06/16 06:25 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(9)
ゲレイロは良かったですよ。
ただ前掛かりになりすぎて後ろのスペース狙われまくってましたけど。
でも両SBともに同じだったので監督の指示だとは思いますけど。
ほとんどのFK、CKを蹴ってましたしキック精度とテクニック、スピードはかなり良いと思います。
シュメとスタメン争い出来るSBでバルトラに続いて二人目の即戦力の補強だと思います。
モルはまだまだでしたが上手い選手ですね、ミキが居なくなるならウイングの即戦力が欲しいところです。
なかなか居ないですけど。
[ 2016/06/16 06:41 ] [ 編集 ]
しかしめっちゃ多国籍になりますね(^^;
リーグも移ってくる選手が多いし、まとめるの大変だろうなあ。
ユーロがあるから練習期間が心配ですね。
[ 2016/06/16 07:03 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
ん⁈優勝ボーナス‥。なるほど、ドルトムント優勝すると結構な優勝ボーナスが出て行くのかもね。
名誉なんかじゃ釣り合わないと二連覇時に懲りたのかな?優勝を望まない様な首脳陣の言動と辻褄あうね。
[ 2016/06/16 10:54 ] [ 編集 ]
個人的な印象ですが攻撃のレパートリーはゲレイロの方がシュメルツァーより豊富な感じがしました。中の選手とパス交換しながらPA内に侵入したり……。ポルトガル代表のレギュラーサイドバックなので期待大ですね。
[ 2016/06/16 15:44 ] [ 編集 ]
ついにシュメレを脅かす選手の登場となるのでしょうか。
[ 2016/06/16 15:50 ] [ 編集 ]
大量にいた放出候補の情報は入ってきませんね
ラモスには残ってほしいんだけどなあ
[ 2016/06/16 19:30 ] [ 編集 ]
勘違いしてる人がいるが優勝ボーナスは移籍金の上乗せ分
香川がユナイテッド移籍したときと同じように、優勝すると追加で移籍金が発生するって契約だよ
[ 2016/06/16 19:59 ] [ 編集 ]
オバメとデンベレとゲレイロはフランス語で会話するのかな
[ 2016/06/16 20:52 ] [ 編集 ]
オーストリア戦を見たけど、ロナウド決めてくれよ!ってシーンをいくつか作ってたね。
テクニックがあり頭のいい選手だと思った。
[ 2016/06/20 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。