ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

移籍禁止のミキタリアン!ドイツ紙「彼の神経はそれに耐えられるほど強いだろうか?」《ドイツ紙》





ビルト



移籍禁止の後で、
ミキタリアンの神経はそれに耐えられるほど強いだろうか?




ドルトムントの会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケの判決が下された。


entry_img_1087.jpeg



ミッドフィルダーのスター、ヘンリク・ミキタリアンは2017年までとなる契約を全うしなければならない。その後彼はフリーで移籍することができる。これは非常に勇敢で、また理解できる決断だ。


スポンサーリンク



しかし重大な疑問が残る。ミキタリアンの神経はそれに耐えられるほど強いだろうか?



▶ミキタリアンは、精神面に大きく左右される選手だとされている。ユルゲン・クロップ監督の最後のシーズン、彼は弱弱しいパフォーマンスの後で何度も慰めてもらわなければならなかった。彼の当時の成績。42試合で5ゴール7アシスト。



ミーノ・ライオラ代理人によるとミキタリアンにはマンチェスター・ユナイテッドからオファーが届いているようだ。また数か月前にはBVBの会長たちが今夏の移籍を約束したとも語っていた。



▶ミキの問題:BVBボスのハンス・ヨアヒム・ヴァツケはそんな事はなかったとビルトに対して発言している。“ミキタリアンの契約満了以前の移籍を約束したことは一度もないよ。ミキは来シーズンもここに残るよ。”



ヴァツケはすでに一度、移籍を認めず、有効な契約を強調したことがある。2013年にロベルト・レヴァンドフスキーはバイエルン・ミュンヘンに移籍することができなかった。




その結果:非常にキャラクターの強いこのポーランド人はこの運命を受け入れ、20ゴールをきめて得点王に輝いた。そしてBVBをチャンピオンズリーグに導き、その後フリーでバイエルンに移籍している。



はたしてミキタリアンもこうなるだろうか?ただこのアルメニア人はトーマス・トゥヘルの計画では中心的な役割を担うということだ。



彼は新監督の下で初めて彼の力を証明することができた。そして今終わったばかりのシーズンでは公式戦で55ゴールに直接絡んでいる。


トゥヘルは来シーズンもミキタリアンの機嫌を保つことができるだろうか?

20160616171400052.jpeg


▶ビルトの情報によると:マンチェスターとスター監督モウリーニョはミキタリアンに2倍の給料の1000万ユーロでオファーをしているようである。



これからトゥヘルは説得力のある仕事をしなけばならないだろう。





以上です。

たしかに残したからといって彼がレヴァンドフスキーのようになるかは誰にもわかりませんね。ただいくらフリーで移籍とはいえ、良い成績を残さなければ良いオファーが来ないことは本人も十分承知していると思います。だから良いプレーするしかないですよねえ。


しかしこの数か月に及ぶ契約延長の交渉とはなんだったのでしょうか・・・それが良く分かりませんね。最初から残る気がなくて移籍希望だったらさっさと断って移籍先を探せば良かったと思います。残る気がないのに契約延長交渉をここまで引き延ばしたのは本当に良くなかったですね。フンメルスやギュンドガンよりも早い段階から契約延長の話が出ていましたから。



[ 2016/06/16 17:15 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(21)
そもそもミキは一言も発してないからライオラが言う通り
本当にマンUとかに行きたくて仕方がないのかも分からないな
真面目な性格だから残ってもチームに貢献してくれるとは思うけど
ギュンやフンメルスが出て行って自分の負担も多くなる中で
残ろうと決意したのにこういう批判?みたいなのされたらちょっと良い気持ちではないかもね
[ 2016/06/16 18:15 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
しかし、異常事態ですね。二部落ちしたかの様に主力が逃げ出す準優勝クラブって‥。
ユナイテッドでもチェルシーでもリヴァプールでもCLが無いのにも関わらず監督のカリスマ性のみで、有力な選手が集まりつつある現状を見ると、ドルは情け無いですね。香川も日本のインタビューで、上のクラブを目指すと言ってましたしね。ロイスとオバがクラブに直訴した結果が、若手中心の育成年度ですからミキまでが居なくなるとロイスとオバまでケツが浮きますからミキ出さないでしょう。お金や待遇だけじゃあなくて、クラブ首脳陣や監督までもが、優勝を狙わないメンタルが一番問題だと思います。そりゃあダービー分けてニヤついてたらヤル気なくなりますよ。
[ 2016/06/16 18:54 ] [ 編集 ]
行くならユナイテッドよりアーセナルの方がいいと思うんだよなあ。
ユナイテッドは嫌な気しかしないわ…
モウリーニョがムヒタリアンを望むとも思えないし。
[ 2016/06/16 19:34 ] [ 編集 ]
まあ契約が残り一年だしオファーが移籍金2400万ユーロというのは仕方ない
かといって2700万ユーロだっけ?で獲得した訳だしその程度なら来シーズンきっちり働いてもらってCLとかの収入狙いにいったほうが良いだろうと思う
ただこんだけ若手獲得したんだからさっさと出して育成に専念するのでも良かったかな
[ 2016/06/16 19:49 ] [ 編集 ]
↑ミキは残ろうと決意なんかしてないでしょう。契約上ドルが売らないと決めたら出ていきたくても出ていけないだけですから。ギュンドアンやフンメルスが出ていってミキの負担が大きくなるとは?ここまで契約話を引っ張ったのはミキ側ですから、管理人さんの言う通りさっさと移籍しますとクラブに伝えれば良かったと思いますよ。まぁライオラが頑張ってマンUからもう少し移籍金つり上げたらドルも売るんじゃないですかね。フンメルスとギュンドアンよりも少ない金額では難しいと思うけど。
[ 2016/06/16 19:54 ] [ 編集 ]
これは愚かですね、あまりにも。すでに補強を始めているのだから、切り替えて若手育成すべきでは?来期に高値がつくかは分からないのだから、少額でも金に換えておかないと
[ 2016/06/16 21:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントにも意地が有るから、もう延長はしないし売りもしないよ。この先いくらお金積まれてもね。これで決まり。

本当にミキタリアンは謎だね。クロップの事は批判していたし、ツゥヘルが大好きなのは確かだから、残っても一生懸命やるだろうし、やらなければ次の良い移籍先は無い。もうドルトムントにさえ次は無い。

ライオラがイブラヒモビッチで移籍金取り損ねたから、次の優良物件のミキタリアンを焚き付けて移籍を煽っただけの気がする。プレミアならもっと給料出るから手数料も上がるだろうし。ミキは人の言動に左右されやすいのかねえ??
[ 2016/06/16 21:31 ] [ 編集 ]
他所のチームですが、ヴォルフスブルクはデ・ブライネの売却により多額の補強資金を手にしましたが、移籍市場が終盤にさし掛かっていたため
目立った補強はドラクスラーのみで、CLどころかELすら逃してしまいました。
ヴォルフスブルクと同じ轍を踏まないように、金額次第でミキタリアンの移籍を認めるなら、交渉を長引かせずに移籍市場が活発なウチに決断して欲しい。
[ 2016/06/16 21:39 ] [ 編集 ]
アーセナルがゲッツェ獲得に矛先を変えたようだね。
構想外なのに、ムヒより移籍金高くないかい…?
[ 2016/06/16 22:28 ] [ 編集 ]
ミキは確かに今季数字を出したんだけど、数字にかかわるとこだけであったのも事実なんだよね。

別な言い方すると、トランジッションにかかわるとことか黒子になるとこでの活躍は?だったからな。ドイツじゃプレシストというのかな、そういうとこな。MFとしては?だよ。ギュンのほうが全然いい。

まぁここまで話がこじれてんだからもうトレードにでもしたほうがいいと思うよ。

ライオラにガツンとやったほうがいい(笑)
[ 2016/06/16 22:52 ] [ 編集 ]
真面目ではあるけど同時に優柔不断でもあるのでしょう。
だからライオラのような代理人に利用され振り回される。
[ 2016/06/17 00:11 ] [ 編集 ]
ミキは守備でもかなり貢献してたしサイドで起点になったり黒子の役目もしたのに怪我なくフル活動してあの活躍だから文句のつけようがないと思う
それにしても安すぎる
[ 2016/06/17 00:11 ] [ 編集 ]
06/16 22:52さん
いやいや、ムヒタリアンは黒子役、泥仕事をめちゃくちゃやってましたよ。
数字もとてつもない上に、むしろ数字以外の貢献がとてつもなく凄かったんですよ。
ただ、それがドルトムントだからあのドリブルや体の強さが秀でて見えるのかもしれないし、同じタイプのプレミアであそこまで活躍できるかは分かりませんが。
あとはまあ、ビルドアップからゴールまで何もかも全部やってたのは、主にギュンドアンがいなくなった後半戦からですかね。
スター選手揃いの中でどれくらいやるかは見てみたいですね。
まあ柔軟で賢い選手だし、今シーズンのプレーを見たらどこでも活躍するだろうと誰もが思うと思いますけど。
ただギュンドアンの方がより人を使うパスやゲームメイクが抜群に上手いので、メガクラブクラスに需要があるのは間違いなくギュンだろうなあと。
ムヒタリアンは少しアクが強いように思うので、フィットするかどうかを躊躇するクラブがあるのも分かる気はします。
[ 2016/06/17 00:31 ] [ 編集 ]
来季ムヒに高値がつくかって言ってる方いるけど、来季はフリーで移籍だよ?
[ 2016/06/17 04:03 ] [ 編集 ]
ユナイテッドがさっさと払えばいいだけだよ。
出さないなら残留で、出すなら移籍させてくれるってシンプルな事。
ユナイテッドはFFPないんだから
[ 2016/06/17 05:37 ] [ 編集 ]
ミキはやっぱり臆病なのですね。いろいろ考えて優位に立ちたいから決断できないからこういう結末に。

気持ちの切り替えは、ピッチ内でもピッチ外でもトッププロにはとても重要なファクターだと思います。
マッツやギュンに先を越されたことでの結末でしょうが、潔さを感じません。移籍したいのなら、やはり痛みは必要です。マッツやギュンはファンから非難にさらされましたが、結局は自分の意志をはっきりさせたことで、クラブに対しても義理を果たしていると思います。

クラブは3月いっぱいに結論を出すように促してましたよね。ミキは代理人を仕切れていない気がします。



[ 2016/06/17 11:30 ] [ 編集 ]
ミキタリアンには、当初あてこんでたほどのオファー実際には来なかったんでしょうね。
身贔屓な視点で活躍ばかり取り上げてると見落としがちですが、今季の個人数字によって逆にムラというか、じゃあ昨年のは何だったんだというのが際立ってしまって結果、たしかに順応性も柔軟性もあまり高くはなさそうに見られますし。

ユナイテッドは熱望したら糸目つけないはずですから、この場合はライオラが「どうにか漕ぎ着けた」と実際そんなところなんじゃないでしょうか。
ただ本当に移籍したいんだとしたら不憫ですし… クラブが納得できる金額で決まるよう交渉、粘ってみてほしいです。
そして去った後はミキタリアンなしの戦術を練る、そこにこそ策士トゥヘルの腕を見せてみてくれよ、と。
[ 2016/06/17 18:03 ] [ 編集 ]
6/16 18:54さん
>ユナイテッドでもチェルシーでもリヴァプールでもCLが無いのにも関わらず監督のカリスマ性のみで、有力な選手が集まりつつある現状

これは少しちがうと思います。正確には「監督のカリスマ性とプレミアリーグの資金力で」有力選手が集まっているのだと思います。

クラブがミキを残す決断をしたのは理解できます。ロイスは経過次第では前半戦間に合わない可能性も残っているわけで、リーグとCL両方崩れたらミキの移籍金以上の損失の可能性がありますよね。
[ 2016/06/17 18:56 ] [ 編集 ]
移籍したいのなら、契約延長のために監督条項なんて要求しなければいいのに。ものすごく高い移籍金を払ってくれるオファーがくれば、ドルトムントのフロントも移籍を認めるかもしれないけど、来年フリーで取れる選手に高い移籍金を払うビッククラブがでてくるでしょうか?ライオラもミキのためにいろいろ駆け引きをしてきたのだろうけど、すべて裏目にでてるみたい。いい印象はないですよね。
[ 2016/06/17 19:52 ] [ 編集 ]
ギュンドアン(※怪我中)とペップシティのような相思相愛ではないっぽいですね…
こういうゴタゴタはムヒタリアンにとってもマイナスだし、キャラに合わない気がするんだけどなあ。
プレミアのクラブはもうちょい払ってくれないものか…
そこまでして欲しくないんだろうか。
フリーだと取れたらラッキー程度で各クラブの本気度も分かりませんよね。
[ 2016/06/17 21:05 ] [ 編集 ]
精神面に大きく左右されるってされない選手っていないんじゃね?
今季あれだけチーム勝たせたのにこういわれちゃうんだからさ
ライオラってメディアコントロール下手すぎだろ
代理人が選手の評判下げてどうすんだって感じ
ライオラの顧客は何かしら問題があるってレッテル貼られるよ
それとも類友で問題がある選手がお騒がせライオラを選ぶのか
[ 2016/06/18 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。