ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ズボンに手を突っ込んだ」ドイツ代表監督、ドイツサッカー協会と共にUEFAに抗議!!ドイツ紙《ドイツの反応》




スポーツビルト



「ズボンに手を突っ込んだ」ドイツ代表監督、ドイツサッカー協会と共にUEFAに抗議!!



entry_img_1088.jpeg


ボアテンのオウンゴールの阻止やシュヴァインシュタイガーのカムバック・ゴールの横で、多くのファンたちはウクライナ戦でとあることに夢中になったヨギ・レーヴがズボンに手を突っ込んだことだ。これはドイツサッカー協会にとっては決して面白いことではない。“Express”紙によるとドイツサッカー協会は、この映像に関してUEFAに抗議したようである。



スポンサーリンク




ドイツのテレビではレーヴがズボンに手を突っ込み、その後その手を鼻の前にもっていった映像が流されることはなかったが、イタリアのテレビ局Rai4ではこの映像が流れた。その理由は、このテレビ局がUEFAに対して、さらに多くのカメラ代を支払ったためとされている。この映像はソーシャル・メディアでまたたく間に拡散され、しまいにはドイツサッカーファンのスマートフォンにたどりついた。



しかしどうしてこの映像がそもそも流されることになったのかは疑問である。そしてドイツサッカー協会はその解答を要求している。なぜなら:UEFAは基本的に映像をコントロールしているからだ。スタジアムに設置された30台のカメラのうち2台は常に両監督に向けられている。すべての映像はHBSというプロダクション会社が管理している。演出家が場面を切り抜き、例えばフーリガンの映像などが映らないように管理されているのだ。例えばイングランド対ロシア戦のように。



だからドイツサッカー協会はUEFAから答えを聞き出したい。どうしてUEFAはこのレーヴの美しくない映像を流したのだろうか?







以上です。

この記事のように全てのカメラ映像がUEFAによって一括管理されているという事が前提にあるという事であれば、このドイツサッカー協会の要求は理解できます。

しかし各国のテレビ局が金額によってさらに多くのカメラ映像を予約できるというのは初めて知りました。監督のカメラ映像をしっかり買うところはなんかイタリアらしい気もしますね。

それからサッカー試合の間に移る観客席や監督の映像ですが、常にリアルタイムというわけではないようですね。何分か前の映像を、プレーが中断した際などに挿入したりすることは良くあるようですが、ファールのリプレイの後にまったく違う場面での監督の反応などが挿入されたりすると観ている人には誤解を与えてしまいますね。(注:本当は別な事で怒っているのに、あたかもその場面に対して起こっているように見えてしまうなど・・。)

まあサッカー放映もいろいろと演出されているという事は知っておいても良いかもしれないですね。
これとは別になりますが、最近では有料放送のスカイなどでは、戦術カムといってフィールド全体(小さいですが、全員の動きを見ることができる)の映像をずっと放送する事などもあります。



【おまけ今日のドイツ】


IMG_1456_convert_20160617045656.jpg


レストランにスクリーンが出てサッカーの試合観戦しながら食事をしています。一体感を得られて楽しいです。
[ 2016/06/17 06:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(9)
前のユーロでしたっけ?ドイツ人女性が泣いてるように映像差し込まれた演出があったのって?
でもUEFAはでもまだましですよ。日本は○○専用カメラとかTBSがやりますからね。

香川がユナイテッドの一員として来日した時、試合より香川しか映さないで
世界中のユナイテッドサポとか現地動画から解説してる人まで香川のアップじゃなくてサッカー見せろ、
とドン引きする事がありました。
ドルの時は普通に放送されてほっとしましたが
[ 2016/06/17 06:50 ] [ 編集 ]
あら、意外に勉強になる記事
ありがとうございます
[ 2016/06/17 12:22 ] [ 編集 ]
 どうしてUEFAは美しくない映像を流したのかって?
 面白いからです。私はレーヴ監督のこういう過剰にリラックスした行動が割りと好きですよ。クロップ監督のリアクションも楽しいです。試合中にコーチと喧嘩してる愉快なバイエルン監督もいましたね。観る者からすれば、それらもサッカーの一部です。
 レーヴ監督としては受け入れ難いかもしれませんが、面白いのだから仕方ないですよ。諦めて受け入れてくださいとレーヴ監督に申し上げたいところ。
[ 2016/06/17 12:52 ] [ 編集 ]
正直言って、この一件は他人事ではない(涙)
自分は、とくにトランクスを履いてる時、小ブリの息子が縮み上がるとポジションを直さずにいられなくなる。
ブリーフでも、頻繁に立ったり座ったりを繰り返すと、ポジションチェンジが必要になる。
もちろん、目立たないように直してるつもりだけど、固定カメラで撮影されていたら・・・。
立派な息子を持つ人間は理解できないだろう(涙)
まあ、レーブが自分と同様の理由で触ったのかわからないけど(笑)
[ 2016/06/17 13:02 ] [ 編集 ]
大部分の視聴率は「ライブ中継」という前提で映像を消化しますからね。録画映像の差し込み方次第で印象操作される怖さを感じます。管理人さん同様、自分も放映権料次第で使える映像の範囲が変わるというのは初めて知りました。今回のレーブの映像…使う側の品位を疑います。
[ 2016/06/17 14:29 ] [ 編集 ]
ズボンに手を突っ込む方がオカシイ( ゚д゚)
╮(๑•́ ₃•̀)╭ヤレヤレ
[ 2016/06/17 15:24 ] [ 編集 ]
ポドルスキーが擁護してたが
この仕草をしたことが無い漢など存在するのだろうか?否!
かくいう私も愛好家でね、フフフ
[ 2016/06/17 22:45 ] [ 編集 ]
ズボンに手を突っ込み         ←  まあ、理解できるとして
その後その手を鼻の前にもっていった  ←  なぜそれを公の場でした
[ 2016/06/17 23:50 ] [ 編集 ]
手に臭いがついてないか確認しないの?臭いがついてたら女の子とスキンシップしにいくんだろが!!

[ 2016/06/19 02:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。