ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントはミキタリアン代理人との泥仕合を危惧しなければならない!ドイツ紙《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】6月15日


ミキタリアン



ドルトムントはミキタリアン代理人との泥仕合を危惧しなければならない!



entry_img_1091.jpeg



ドルトムント


ヘンリク・ミキタリアンはBVBを一日でも早く出ていきたい。彼の代理人は激しい戦いぶりを見せている。しかしドルトムントではこれに対してリラックスした反応を見せている。


スポンサーリンク




ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは本来ならば休暇中だ。しかし回復するための時間がこのドルトムント会長にとってはほとんどないと言ってよいだろう。彼はほとんどの時間を電話とともに過ごしている。新たな選手が獲得されなければならないし、交渉も続けられなければならない。


最近になって、あまり喜ばしくない電話がかかってきた。ヘンリク・ミキタリアンの代理人であるミーノ・ライオラである。彼はミキタリアンが2017年までなっている契約を延長せず、マンチェスター・ユナイテッドに移籍希望であることを伝えたのだ。そしてこのイタリア人はその後“ビルト”紙に電話し、情報を流して攻撃を開始した。それによると、“ミキはすでに何か月もまえからこの夏移籍しても良いという約束を受けている。でもBVBのボスたちは今になってファンの反応を恐れたんだ。いきなりミキに、来年フリーで移籍するようにと伝えてきたんだよ。これは非常に悪いマネージメントだね。”


20160615191659647.jpeg




この批判に対してはヴァツケも反論している。“BVBのマネージメントを担っているのはライオラさんではないよ。”と彼は語る。“一度も移籍を認めたことはないよ。



ミキタリアンの契約は、契約期間が切れるまで有効であることをこの会長は強調した。つまり2017年までで、それが満たされなければならない。“これはボルシア・ドルトムントの委員会で決まっていることだ。”



BVBはすでにこの難しい代理人を経験している。


しかしこの代理人の攻撃が今後BVBにどのような影響を与えるか、なんとなく予想させることになった。ロベルト・レヴァンドフスキーの代理人はすでに契約満了の一年前に移籍を容認するように仕掛けてきたが、ドルトムントはこの要求をはねのけ、契約満了まで残すことを決断した。レヴァンドフスキーは一年間残ることになり、その年得点王になっている。ドルトムントではこれと同じような結果となることを期待している。新しいシーズンが始まれば事態は落ち着きを見せると。



まあいずれにせよこの水曜日は、補強においては大きな前進が見られた。ポルトガル代表のラファエル・ゲレイロがメディカル・チェックを済ませたことを協会が伝えている。この22歳はまもなく契約書にサインする予定だ。移籍金は1200万ユーロとなっている。







以上です。

やはりライオラのやり方はドイツではいろいろと波紋を呼んでいるようですね。ここまで代理人の名前が新聞にでてくることは普段はあまりありませんから、この代理人のキャラクターを良く物語っていると思います。

それはさておき、ゲレイロがメディカルチェックをパスしたようですね。これでほぼ決まりですね。念願のサイドバックの補強なのでこれは良い補強となりそうですね。


[ 2016/06/18 18:20 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(32)
来夏に出て行くとしても、せめてギュンドアンのように一年のみ契約延長して、移籍金を残していってもらいたい。
それがクラブへの恩というもの。
[ 2016/06/18 18:45 ] [ 編集 ]
ライオラはメディア使ってドルと交渉するより、ユナイテッドに交渉に行けばいいだけですよね
金だして、と。あそこはFFP何それ?というほど広告収入あるのは誰でも知ってる
十分な金だしてくれたらトゥヘルもシュルレ取りに行けて丸く収まる
[ 2016/06/18 18:52 ] [ 編集 ]
>イタリア人はその後“ビルト”紙に電話し、情報を流して攻撃を開始した
ここ少し笑いましたw
どの選手もそうですがブンデスの移籍の話になると圧倒的にビルト・ソースの記事が多いのはそういうことなんですね
クリロナ批判のビルトの捏造記事には呆れましたが
サールがBVBⅡからヴォルフスブルクⅡへの移籍が決まったり、下のカテゴリーから獲得だけじゃなく放出も順調に進んでいるようでCEOも大変!
[ 2016/06/18 19:05 ] [ 編集 ]
ゲレイロ良かった。思った通りドルトムントでプレーしたいと思う選手は多いし、人気だね。良い補強が着々と進んでいる。
勿論即戦力よりは若手が多いけど、自分で育てて自分好みのチームを作りたいという野心、嫌いじゃない。それも、まずは1年目はクロップの選手を大切に使い、自分の選手は控えとしてのパクとか地味に来たところも策士だけど、周りの反応確かめながら結果を残し、いざ2年目で大幅なリニューアルを画策中。王道だね。

個人的にはやはりクロップの人柄が好きだったし、ツゥヘルの事は人間性がイマイチ信頼しきれないモヤモヤが有るけど、純粋に監督として今やっている事は賛成だよ。

ライオラは賭けに負けた。ツオルクは覚悟を決めた。良い気分!!



[ 2016/06/18 19:08 ] [ 編集 ]
ライオラの取り分を減らすためだけにフリー移籍させてもいいような気がして来ました。
まあ、それは冗談ですが、ミキが今どんな気持ちでこの交渉を見守っているのか気になりますね。
何にせよ、新加入の選手たちのやる気溢れるコメントを読んでだんだん前向きな気持ちになって来たので、この問題も早く決着させて欲しいです。
[ 2016/06/18 19:31 ] [ 編集 ]
ミキはやはり、移籍したいんでしょうね
これだけこじれてしまうと移籍させたほうが良いのでは、、、っと思います
それも狙いなんでしょうか?
BVBとしては、ミキの代わりを取れるか?、、なのでしょうか?

若手中心とはいえ、かなりたくさんの選手が移籍してきましたが、、出る選手は今のところ2人だけですよね?

[ 2016/06/18 20:26 ] [ 編集 ]
ライオラさんはゴネ過ぎて、自分の首絞めちゃったね
ムヒが可哀想になってきた 彼自身はどうしたいんだろうか
移籍したいなら、もっと早くから移籍したいと言っといたらよかったのかもね
[ 2016/06/18 21:13 ] [ 編集 ]
ですね管理人さん!

あとはポストできるFW、ズボが移籍ならCDF、堅実で飛び出し判断のいいGK取れたらいいけど全部は難しいか。
[ 2016/06/18 22:40 ] [ 編集 ]
この件はもういいけどさ
やっぱ香川が「もっと上行きたい」って言ってるの聞くと悲しい
いやドルトムントこそ最高のチームだろ!って言い返せないもん
「毎試合8万人の観衆が~」とか言っても空しいだけだし
ほかの選手もそう思ってんだろうなあ
本気でCL狙ってほしいんだけどなあ
[ 2016/06/18 23:07 ] [ 編集 ]
香川移籍に関しては短い選手時代に悔いを残さないようにチャレンジして欲しい
たぶん次が年齢的にもピークだし
[ 2016/06/19 00:35 ] [ 編集 ]
移籍金って言うから解りづらくなってるけど、ただの違約金だからな
移籍金残していかないとならない義務なんてどこにも無い
[ 2016/06/19 04:21 ] [ 編集 ]
ここにいても監督のタイトル争いにおける消極性がある内はへなへなってなるわ
[ 2016/06/19 04:25 ] [ 編集 ]
ようやく不良債権から脱して活躍したと思ったらゴネるんだから
ミキもしょうもない、マンU行きたいって本当に思ってるのかな
[ 2016/06/19 04:53 ] [ 編集 ]
何かこの問題もズルズルいきそうですしトゥヘルはどうミキを使うのかな?と興味はそっちにいってます。
2年目は1年目を完全に越える結果、内容を求められるのが普通ですからね。
確実に来年フリーで居なくなる選手を咋シーズンみたいに聖域にするのかしないのか、使えば確実に戦力ですが…サポは微妙でしょうし…そこも監督としての力量が問われますね。
[ 2016/06/19 06:28 ] [ 編集 ]
ギュンドガン、フンメルスの移籍金が6000万ユーロで、
ローデ1500
デンベレ1500
モル1000
バルトラ 800
ゲレイロ1200
メリーノ400
で大体合計が6500万ユーロだから、
誰かを売らない限り補強は終わりですかね。
ズボティッチを売るなら1000ー1500万ユーロ位にはなるでしょうか。
CBはパパ、バルトラ、ベンダー、ギンターで一応枚数は大丈夫だと思うので、
あとはラモスも売るならそこそこのFWが取れるかもというところですが、後半のラモスのフィットを思えばリスクを犯して新しいFWを取る意義は低そう。超大物はどうしたってとれないし。
[ 2016/06/19 09:28 ] [ 編集 ]
ここまでゴネて何が何でもガチで移籍希望って事ならば
冬移籍を狙うってのが最終的な折り合いをつけられる移籍の本筋だろね
[ 2016/06/19 09:37 ] [ 編集 ]
香川は来年は遅いんじゃないの?
今年が本当は一番いい
完璧なタイミングを待つより、フットボールのキャリアは短いから若ければ若いほうがいい。
失敗しても若いなら次があるし、最高のものを見付ければ良い

来年までまって1年でそこそこなら29だと年齢からスパーンと切られる
ザキオカは移籍先がビッグクラブじゃなかったしレスターだから
甘えに評価してもらえて、ちょっとレアなケース
[ 2016/06/19 12:16 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンはメンタルが強くないため、移籍には同ボジションにライバルがいない、もしくはレギュラーへの確約が条件だろう。ビッグクラブになるほどムヒタリアンの条件と合致しなくなる。
来期、今年と遜色ない成績を残す事が出来ればビッグクラブに条件を突き付けて移籍する事も可能だろう。
ドルトムントとの契約を一年延長した場合、2年間ドルトムントに在籍させられる事を危惧して、トゥヘル(レギュラー確約)の条件を突き付けているのだろう。
ドルトムントはトゥヘルの強豪クラブに勝てない采配に疑問を持っているため、後1年トゥヘルの新加入選手への扱いを含め猶予を与えているように思える。
実績のあるクロップが1年成績が悪かっただけで辞任したのは、監督責任を全うした結果。
来期、トゥヘルが今期以下の成績だった場合はトゥヘルの解任は十分にあり得る。
代理人としては、契約延長した上で、ムヒタリアンに今期同等の成績を残し、ビッグクラブからの破格のオファーを待つしか方法がないようだ。
[ 2016/06/19 12:42 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
代理人の言っている事が、ある程度事実ならばドル首脳陣の態度が変化した理由は、ロイスとオバの直談判じゃあないかな?フンとギュンまでは容認できるが、それ以上の主力流失と補強が為さなければ私達も考えますよ‥って事じゃあないですか。ミキでも一儲けと流暢に構えていた首脳陣は、ミキは出せないと結論を出したのでしょう。株主の手前もありますからね。プラス、ロイスが開幕に間に合わない可能性。
このギクシャク感と(即戦力になり得るか?)若手移籍組の連携で、スタートはどうなるのか‥トゥヘルの手腕が本当に試される開幕が、有る意味楽しみですね。香川も前半の扱い次第では、冬に動きがあるかもしれませんね。
[ 2016/06/19 13:25 ] [ 編集 ]
もっと上に行きたいはほっとしたと同時に、もっと早く言えよと思ったけどな。
流石に後半戦の使われ方とか日本からツアーがでて、「本場のサッカーを見に行こう」とかいう日本語広告までボードに出してたのに
ベンチ外にされても競争がーとか状況を受け入れるなよ、と思ったもん。
あれなら、香川にきつく接したら日本から金が出る、とか舐められる前例作るだけでしょ。

他の選手は金出せとかそんな扱いされないから、香川も舐められないために闘えばこれからの日本人選手の為にもなるのに、
受け入れるとか香川の周りのスタッフ含めて自己評価低すぎじゃないの?
[ 2016/06/19 22:34 ] [ 編集 ]
香川は今年が一番いいだろうね。
本人はドルで名前を上げて、とか言ってるけど来年移籍すると表明しても今年移籍表明しても
回りから帰ってくるリアクションは懐疑的なものしか帰ってこないよ。

監督変わってもドル以外ではダメな例としてドルやユナイテッド以外の記事でよく香川の例とか出してる時々コメント見かけるから。
ブンデスは見てない人が多いから、フォーメーションとかかわってるのを知らない人のコメントだけど、そういうイメージがついてるから
来年CLでいくら評価を上げて来季移籍を表明してもこういう声は上がるのは絶対に避けられないから、移籍希望先から声がかかってるなら
年齢を重要視するべきだよ
[ 2016/06/20 00:02 ] [ 編集 ]
2017香川、2018ロイス、2019オバ。
この辺の主力は改革期中に引き抜かれそうか。
怪我の多いロイスは出て行く勇気があるかどうか不明だけど。
シュメ、ベンダーあたりはクラブから切られない限り留まり続けるという感じかな。
この一年間でどれだけ新戦力が適合し、若手が伸びていくか。
どのようなサッカーを展開していくのか。
とりあえずは、一刻も早くヴァイグルとさらなる契約延長をしてもらいたい。
遅くなるほど、またエラいことになってしまうからね。
[ 2016/06/20 00:21 ] [ 編集 ]
ミキのモチベーションは心配だけど、彼もプロだからね
残ったとしても、活躍してくれるんじゃないの
香川は来年には移籍するだろうけど、ミキの進退によっては拗れる可能性あるかもね
別にビッグクラブじゃなくても、彼がより向上出来るところに行って欲しいな
[ 2016/06/20 00:41 ] [ 編集 ]
てか、去年ボロボロだった時に提示された金額(ユーベとかリバポ)と、現在の金額が全然変わらんがな…
[ 2016/06/20 03:39 ] [ 編集 ]
ビッグクラブじゃなくて、技術が向上するところとか成長できる監督の元が一番大事だよね。
時々ここのコメントでも夢見てる人がいるけどバルサとかはイニエスタ見てたらありゃ、シャビさんと同じで35すぎても普通のプレーヤーより上だから
イニエスタをビッグゲームで休ませるプレーヤーになるより決定現実路線の移籍が大事。
[ 2016/06/20 10:39 ] [ 編集 ]
別に香川の発言って出て行きたいって事じゃなくて子ども向けに欧州で成功してるけど向上心を忘れてないよって手本になるために発言しただけでしょ
あれを移籍宣言のように扱うのはどうかと
[ 2016/06/20 11:09 ] [ 編集 ]
さすがに他クラブのスカウトはフォメや役割やら等々調べてるだろうから、香川がドルトムントでしか~っていうのはないだろう。
コメ欄に書き込む一般人から懐疑的な声があがるのはもう、どうしようもない。
実際に試合見ない、フォメや役割も知らない、嘘を並べた記事を信用する、印象操作されている人達だから。
悔しいけど、、聞く耳を持たない人達には何言っても無駄。
[ 2016/06/20 11:34 ] [ 編集 ]
だから、懐疑的な人は香川がCLで結果を出しても文句言うんだから、そういう人たちの為に自分を証明しなくてはならない、
と考えて来年移籍、とかいうより行きたいところから話が来たらさっさと移籍すればいいんだよ、というつもりで言ったんだけど
[ 2016/06/20 18:05 ] [ 編集 ]
■香川真司
「まだまだ満足していないし、もっともっとできると信じている。もっともっと上の選手になり、上のクラブへ行って活躍したいと思っている」


ドルトムント以上のクラブにまた行きたいと思っているのは確実ですね。
[ 2016/06/20 18:09 ] [ 編集 ]
香川がドル以外でダメな例として時々コメントがある、イメージがついてるって、クラブのフロントやスカウト、監督がそれを重要視するとでも?
不調や怪我、戦術や監督フロントと合わない等々で移籍を失敗してレッテルを貼られる選手は大勢いるだろ
複数リーグの上位クラブを渡り歩いて失敗続きの選手だっている
今夏のフリー移籍目玉商品の問題児ベン・アルファがいい例
ユースから天才と呼ばれリヨンでレアルが目を付けるほどだったがマルセイユでなかなか開花せず
それでも期待されてニューカッスルに移籍したが怪我や不調、監督と衝突でそこそこ成績を残したのは2年目のみ
最後はプレミア下部リーグにローンまでされてフロップと呼ばれ移籍のゴタゴタで引退する気だった
ところが今シーズンニースで大活躍でPSG、レスターなど上位クラブが争奪戦を繰り広げてる
最近の日本人の中じゃイメージだけだったら清武だって何も日本ばかりじゃなく怪我が多くて、所属チームが降格するって懐疑的にみられるとこもあったがセビージャへ
酒井宏はさほどサポやメディアの評価は良くなかったがマルセイユへ
選手の評価はクラブによって千差万別で欲しい選手はチーム状況によって日々変わるもんさ
選手の怪我離脱や入れ替わりなどタイミングがよければ1シーズンの活躍で上位クラブに行くケースもある
実績関係なく監督の好み、フロント主導、協会らの推薦、マーケティング面などで決まったりもする
どう移籍しようが移籍後のチームと個人の成績次第で選手の評価は変わるんだしさ
香川の上のクラブへってコメントはプロ選手として当然であって今すぐ移籍を意識したコメントじゃないと思うが、上のクラブっても何もCL常連クラブばかりじゃないだろ
所謂クラブの格、選手の個人能力、給与面みたら順位が入れ替わるプレミアの中位クラブも入る
給与面抜きなら他のリーグの中位も入るし資本増強で来シーズンに一気に躍進するクラブだって出てくる
日々状況は変わるんだから移籍は香川が思うようにするまでといいたいが、現実はドルのバイアウト無しの契約に2018年まで縛られてるんだから移籍はフロント次第さ
[ 2016/06/20 18:11 ] [ 編集 ]
何故、さもバルセロナ一択かのように書いてる人がいるのだろうか…
上のクラブといえば、レアルマドリー、アトレティコマドリー、マンチェスターユナイテッド、マンチェスターシティ、チェルシー、アーセナル、バイエルン、ユベントス、PSGなどあるわけで。
その中でも、現時点でバルセロナ、レアルマドリー、バイエルンの3つは格が違うけども。
[ 2016/06/20 21:35 ] [ 編集 ]
ユーベとPSGは欧州の実績から見て同格だと思うけれど、好みで卑下するのは日本人サポーターの悪い癖だよ
香川が移籍するならリバプールアトレティコ辺りが現実的だね
[ 2016/07/01 05:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。