ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのスター選手達もポケモンに熱中!!ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】7月16日



チームバスの中でも大ヒット!


ドルトムントスター達もポケモンに熱中!



entry_img_1100.jpeg


※マルセル・シュメルツァーやピエール・エメリック・オバメヤン達もポケモンに熱中している。黒と黄色のモンスターであるピカチュウがすでにドルトムントスター選手の手にあるかは定かではない。


スポンサーリンク



大ヒットのスマートフォン・アプリである“ポケモンGO”はブンデスリーガでも留まるところを知らない。



ドルトムントのスター、マルセル・シュメルツァーはツイッターにチームバスの写真を投稿した。オバメヤンや、デンベレ、カストロらの選手たちがスマートフォンをいじっている様子が映っている。


そしてシュメルツァーは英語で“ほとんどのユングス(注:若者を指す若者言葉)が今新しいポケモンを探しているところだ。”とコメントしている。


BVBスターがポケモンに熱中している!!


しかしこの小さなモンスターをめぐるフィーバーとはいったい何だろうか?


ポケモンとはポケット・モンスターの略である。1996年にゲームボーイように、“ポケモン・レッド・エディション”と“ポケモン・グリーン・エディション”が発売されたのが始まりだ。当時はポケモンがこんなに大ヒットになるとはだれも予想していなかった。



現在“ポケモンGO”というアプリが大きな感動を呼んでいる。現在のユーザー数はツイッターのユーザー数を超えているのだ!!USAだけでも2100万人がプレーしているようで、その数はさらに増えている。


ポケモンの内容はいつも似たようなものだ。目的はポケモントレーナーとして成功する事。そのためには世界中を旅してポケモンを探しトレーニングし、リーグで別なトレーナーと対戦しなければならないのだ。


当時との違い:ゲームボーイの中の世界は現実の世界へと移った。そして今世界中のどこででもポケモンを捕まえる事ができる。


家の中、公園の中、そしてチームバス内で・・・






以上です。

ちょっとサッカーとはあまり関係ありませんがドイツでものすごく話題になっていましたので紹介しました。管理人はポケモン世代ではありませんので、今まで遊んだことがありませんが、ちょっと家にどんなモンスターがいるか見てみたい気もしますね・・

確かにピカチュウはドルトムントカラーですね。うまくドルトムントとコラボして世界中に(ドルトムント)ファンを増やしてもらいたいものですが、いかがなものでしょうか・・・。


【おまけ 夏の思い出】

CIMG3572_convert_20160717051226.jpg

棚田
[ 2016/07/17 06:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)
ハチのマスコットはクビかな?
[ 2016/07/17 07:12 ] [ 編集 ]
がんばれ、スピアー!
[ 2016/07/17 11:28 ] [ 編集 ]
完全にポケモン世代だからやってみたい
世界の任天堂誇らしい
[ 2016/07/17 11:56 ] [ 編集 ]
一度もゲームにハマったことが無い人間としては、この手の話題に全くついていけない…(笑) 確かにピカチュウはドルトムントカラーですし、ドルトムント自体も電光石火のイメージもありますね。まぁ、商売する側としては全ての人に人気になって欲しいでしょうし、特定の色が付くのは避けるでしょう。
[ 2016/07/17 15:49 ] [ 編集 ]
最近のポケモンはわからないけど、従来のキャラは息子達が小さい時、ゲームの進行を散々手助けさせられたので懐かしいです
やってみたらかなりハマりましたよ
ポケモンGOは各国で凄い人気で社会現象ににり、犯罪や事故も起きてますが、ドルメンにもブームなんですね
確かにピカチューとはコラボして欲しいかなw
あっでもエマが嫉妬するかw
[ 2016/07/17 21:44 ] [ 編集 ]
香川もポケモンやってるのかな
[ 2016/07/19 05:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。