ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ケルン対ドルトムント 採点まとめ第二弾! 香川の評価分かれる 

前回は地元紙の採点と寸評を取り上げましたので、今回はそれ以外のメディアからまとめたいと思います。Goal.comのみ別の採点方式を採用していますが、他はすべてドイツの採点方式です。採点基準についてはこちらを御覧ください。




20141019040814e1f.jpg敗戦後ファンのもとへ挨拶に行く選手たち


【Goal.com】 1から5で5が最高

ヴァイデンフェラー 2

代表キーバーにとって散々な日。2:1となった場面では大失敗。それ以外の場面でも今日はほとんどが不安定な出来。

ソクラテス 2.5

フンメルスと共に後方で弱々しい出来を見せる。コーナーでは危険な存在でもあったが成功しなかった。

ピスチェク 2.5

何度も前へ進めようと試みたが、ほとんど成功しなかった。後方への戻りが不安定だった。

フンメルス 2

彼にとっては試合の最初は全く上手く行かず、見慣れないほど多くのパスミス。ドイツ代表にしてはまったく異例であった。

ロイス 3

いつも周囲とプレー可能であったが、前半は目立たなかった。1:1の場面では利己出来でなく、インモビレのゴールをアシストした。

ケール 2.5

この長い間務めていたドルトムントのキャプテンとしての姿は見る影もなかった。相手にリードされた場面では彼のリーダーとしての役割が必要だったが、それも見られなかった。

ミキタリアン 2.5

前半では多くのパスミスと、前へ行く動きが足りなかった。人々は攻撃においてはもっと良い彼に慣れている。68分でオバメヤンに交代。

グロースクロイツ 2.5

後方への働きは良かった。でもこのオールラウンダーの前への働きは見ることが出来なかった。

香川 3

何度も良いパスを出し、時折彼の能力を光らせた。全体的にはそれでも前方で危機となる事はなかった。


インモビレ 3

1ゴールを記録することは出来たが、それ以外は何もなかった。75分にラモスと交代。

オバメヤン 2.5

前の方ではほとんど成功しなかった。注目すべきプレーもなかった。


スポンサーリンク


【Spotal.de】 

ヴァイデンフェラー 4.5
ピスチェク 3
フンメルス 4.5
ソクラテス 4
ミキタリアン 5
ギュンドガン 3.5
グロースクロイツ 4.5 
ロイス 2.5
香川 4
インモビレ 3.5
オバメヤン 4.5




【ビルト】

ヴァイデンフェラー 5
ピスチェク 5
フンメルス 5
ソクラテス 4
ミキタリアン 5
ギュンドガン 3
グロースクロイツ 5
ロイス 3
香川 5
インモビレ 4




【Sport1】 テレビ局

ヴァイデンフェラー 5
ピスチェク 3.5
フンメルス  5
ソクラテス 4 
ミキタリアン 4.5
ギュンドガン 3.0
ぐロースクロイツ 4
ロイス 3
香川 4 
インモビレ 3
オバメヤン 4
ズボティッチ 3.5
ラモス 3.0





参考までに

【Gibmichdiekirsche】 ドルトムントファンが運営しているファンのための雑誌

ヴァイデンフェラー 4
ピスチェク 1.5
フンメルス 3
ソクラテス 3
ミキタリアン 4
ギュンドガン 1.5
フロースクロイツ 3
ロイス 2.5
香川 3.5 

まあまあの成果。いつも試合の組み立てにおいてよく関わっていた。、そしてケルンからボールを勝ち取っていた。しかししばしは試合から消えていた。


インモビレ 4




最後にクロップ監督の試合後のコメントです。

我々はまったく意味をなさない類のサッカーをしてしまった。とても多いパスミスと本当に痛いミスをしてしまった。それによって最後の力が失くなってしまったんだ。我々はこの失敗を取り除かなければならない。明日や明後日じゃなくて今だ。毎試合2失点するなんて馬鹿げている。我々がやり遂げなければならないし、誰も我々を助けてはくれない。




以上です。やはり採点はバラつきがありますね。なので、あまり点数は気にしても意味ないかな、というのが管理人の正直な感想です。ただ、毎回見ていると、それぞれの新聞の見方のようなものも見えてくるので、そういう楽しみ方はできるかな、と思います。

ただ、ここの所ずっと負けてますから、採点を見る楽しみが少ないだけかもしれません。香川選手をはじめ日本人選手、好きな選手が良い評価をされているのを見るのはやっぱり嬉しいものです。

そろそろ勝ってほしいです。

【おまけ 今日のドイツ】 

最近あまり良いニュースがありませんので気分転換に。

IMG_1561.jpg

近所のヴァッカーバルトという小さなお城。

IMG_1560.jpg

後ろに広がるのはワイン畑。ここドレスデンから、マイセン地方にかけてはワインの産地。ドイツでは発泡ワインのことをゼクトと言います。写真は白とロゼのゼクト。

[ 2014/10/19 17:43 ] 香川 | TB(-) | CM(19)
No title
こんにちは。所用で閲覧できませんでした。すみません。しかし、香川のドルトムントが調子が悪いのが心配。早く、以前のチームの姿に戻ることを期待します。PS.たまにサッカー記事以外もおもしろいですね。是非、この手の情報も続けて下さい。
[ 2014/10/19 18:08 ] [ 編集 ]
No title
香川は前在籍時がすご過ぎたせいか、期待のハードルが高くて大変ですね。
パス成功率(88%)も決定期演出(5回)も両チーム1位、客観的に見てチーム最低タイの評価はかなりの偏向です。

対人勝利:6 対人勝率:37.5% ボールタッチ:67 パス:52 パス成功率:88% 決定機演出:5 クロス:1
[ 2014/10/19 18:33 ] [ 編集 ]
No title
ムヒとロイスと香川は同じ役割で、誰がどういう場合に、どういう動きをして点を取りにいくのか話し合うべき。
ヒートマップを 見ると3人とも中央に寄ってる。
 ロイスは左サイドから中央ぺナ付近までを中心に動いてる。そして左の奥裏にあまりいってない。
 香川はロイスに被らないように中央ペナ前より後ろ、そしてロイスの行かない左奥裏にも行ってる。
 ムヒは右サイドと中に半分ずついる。上下の動きが少し足りない。 両サイド中に入りすぎて3人とも被ってる印象がある。サイド裏をもう少し使ったほうが良さげ。
[ 2014/10/19 18:33 ] [ 編集 ]
No title
>毎試合2失点するなんてバ○げている。
これは私も常に思ってました。なぜ毎回2失点なんでしょうね・・?
それと管理人さん写真はご趣味なんですか?
構図が凄く気に入りました。
[ 2014/10/19 20:13 ] [ 編集 ]
No title
守備のシステムが旨く機能していないのは事実ですね。もう少し状況に応じてDFラインを下げることが必要と思います。毎試合3点以上取らなければ勝てないチームじゃ勝てません。しかし香川のヒートマップ、パスマトリクスは異常。
美しい風景どうもありがとうございます。ドイツって洗練されていていい処ですよね。俺は好きだす。
[ 2014/10/19 20:16 ] [ 編集 ]
No title
前線はIQ高い頭脳派が多いから心配してない。問題は守備。主力を欠いてるとかいう理由じゃないと思う。
[ 2014/10/19 20:24 ] [ 編集 ]
守備
本当に、守備陣はどうしてしまったんだろう?
試合を見ていて、ヒヤッとする場面が何度もあった
昨日に限ってはローマンすらパスミスとかあったわけで

前半はパスがどんどん回って、おっ、今日は一味違うと
糠喜びしていたんですが、決定機が少な過ぎた
香川も思い切って狙いに行って欲しい時、回して失敗してた
どっかで他の人も書いてたけど、いいとこにいても香川にパスが来ないのが残念
最後の方はDFラインまで下がってたね…HSV戦の時と同じ
中盤から下が不安定でグダグダになってしまうんだよね〜、
見兼ねた香川が下がってるんだろうけど悪循環
クロップがどこに問題があるか見極めて、しっかり立て直してくれるのに期待
復帰第1戦のギュンドアン、ドゥルムに代わって左SBで出場したグロクロ、
試合初組合せのロイスと香川、まぁ色々あったと思う!
とにかく信じてるし、まだまだこれから先は長い、応援し続けるしかない!
と思って暗い気持ちを誤魔化している自分がいる…:(
[ 2014/10/19 21:02 ] [ 編集 ]
No title
香川システムが全く回っていないということなんでしょう。そもそも香川システムは後ろで正確な縦パスをダイレクトで中盤に送ることが第一条件。
ところがパスが正確でない。後ろのロストも多い。ミスが怖いからボールをキープしたままラインを上げてしまう。様々な要因が悪循環となっている気がします。
いきなり香川システムを元のように作り直せと言ってもクロップでも無理な話な訳で。まずはパスの正確さ、精度を上げないとどうにもなりませんね。
[ 2014/10/19 22:03 ] [ 編集 ]
No title
城かっけえ
[ 2014/10/19 22:16 ] [ 編集 ]
ロイスと香川とムヒタリアンは一緒に出るのを楽しみにしてたけど
まだそれぞれ消えたりするように見える
でもこれからどんどん得点するはず!

綺麗なところですね
ドイツは食べ物も良さそう、ワイン、ドイツパン、肉料理…
[ 2014/10/19 23:09 ] [ 編集 ]
No title
ヴァッカーバルト、ググってみたよ。これですか?

"ヴァッカーバルト宮殿:最初の体験ワイナリー
ザクセンの極上 - 常にシュロス・ヴァッカーバルト宮殿のモットーでした。
陸軍元帥で帝国伯爵のクリストフ・アウグスト・フォン・ヴァッカーバルトが事業に着手し、
現在、欧州最初の一般に開放した体験ワイナリーとなっています。
その名声はザクセンの境を越えて知られるようになりました
- ワインだけでなく、最高のスパークリングワインのゼクトも有名です"

いつか行ってみたいものです。
[ 2014/10/19 23:51 ] [ 編集 ]
No title
近所にお城があるなんて、いいですね!
ゆったりと出来そうで羨ましいです。記事毎回有難うございます。
[ 2014/10/20 02:11 ] [ 編集 ]
No title
得点も香川の安定した奪取をロイスとの連携でとれたし個人の能力は素晴らしいから私情挟まなければ平均以上なのはまともな採点。ただ結果を残せてないからと見る採点もあるからバラけて当たり前。2連覇の時は香川がいなければやっぱり負けてた試合が多かったんだよな。アン○はのっかただけって言うけど今あの時のように点に拘って決勝や先制多ければ負けてない試合ばっかだから香川のお陰で連覇できたんだよ。レバも相当悪い時あったが香川が点とってたからバランス良かった。香川が頑張らないと1冠もできないクラブ
[ 2014/10/20 04:56 ] [ 編集 ]
No title
今回の先発メンバーは、復帰組も揃ってまだ数日だろ。

よく出来たほうだわ。
[ 2014/10/20 08:26 ] [ 編集 ]
No title
ロイス、香川、ミキを一緒に出す場合、4-2-3-1はあまり良くないみたいですね。ここのコメントにもありましたがロイスもミキも中央に入ってきてしまいお互いスペースを消しているところもあるので。ダイヤモンドとかどうでしょう?あと、バイエルンよりもドルの方が3バック上手くいくかもしれない、と思ったりしました。チーム状況悪いですが、色々と選択肢はあるのかな、と思います。
失点を防げば苦しくても勝てると思うので、何とかしのいでほしいです。来期のCL出場権だけは逃してほしくないので最低でも4位には入ってほしい・・・。2位まで追い上げられたら軌跡ですかね?完全に諦めたわけではありません!ドル&クロップファンですから!あ、もちろん香川ファンでもあります(笑)
[ 2014/10/20 09:36 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントは見るに堪えないパスミスの多さ、息も合わないしけど、怪我明けの面子との調整に期待。少ないチャンスをモノにした大迫は半端ないす。
今回はお城が一番良い話題!小ネタが嬉しいです。
[ 2014/10/20 12:35 ] [ 編集 ]
ドルトムントの不調の理由が知りたくて、ドルトムント−不調−理由 で検索したら、2011年の9月ごろの記事がわんさか。シャヒンの穴が〜、とかレヴァの足に玉が落ち着かなくて〜、とかw。今では笑って読める訳で、不調好調の波は今までの道のりにもあったし、今しっくり来なくてもまたきっと良くなるはずですよね。
ケルン戦は、怪我からの復帰も喜ばしいけれど、個人的にはイモービレがゴールを決めてクロップに駆け寄ったシーンにジーンと来ました。うまく噛み合ってなくて一番消沈してるのは選手たち本人、早く報われる日が来るといいな。
[ 2014/10/20 12:51 ] [ 編集 ]
No title
香川のゴールが見たい。
もちろん連携も大事だけど、こういう不調の時こそ先制点が大事。みんなそれで落ち着くし守りに集中できる。とにかく先制点を取ろう。香川がどんどんシュートし出すと相手も読みにくくなると思う。今は多分香川はパスすると相手は読んでるよ。それが大体当たるから守り安いのだと思う。とにかく可能性があればシュートを打ってほしい。
[ 2014/10/21 21:49 ] [ 編集 ]
No title
真司くんのファンになってちょうど2年。
ずっと苦しんでる真司くんを見てる。今度こそハッピーになってほしい。神様真司くんを助けてあげてください。お願いします。それから真司くんに可愛くて素敵なお嫁さんが当たりますように。
[ 2014/10/21 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。