ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【速報】ゲッツェのドルトムント移籍完了!!ビルト詳細《ドイツの反応》




ビルト】ドイツ時間 7月20日22時41分



決定!


ゲッツェがドルトムンダーに!!!


entry_img_1111.jpeg



バイエルンはマンチェスター・シティとのテストマッチに1:0で勝利した、。しかしアリアンツ・アリーナでは皆2つの事柄に興味を持っていた。元監督ペップ・グアルディオラのカムバックとマリオ・ゲッツェのボルシア・ドルトムントへの移籍だ。


スポンサーリンク



ペップは夏の夕方、試合前に、非常にエレガントでリラックスした様子で後継者のアンチェロッティにあいさつした。そしてその後はまたいつもの姿に!彼は何度も第4審判に警告を受けることになったのだ。コーチングゾーンからはみ出すという理由で。フィールド上は退屈だったが、ペップはすでにチャンピオンズリーグのような状態だ。


201607210602198c3.jpeg


それより重要な事!ビルトの情報によるとワールドカップの英雄ゲッツェがドルトムントに帰ってくることが決まったようだ。後は契約書にサインをするだけとなっている。あとは木曜日に詳細が詰められるだけとなっている。


このテストマッチの前にバイエルン会長のルンメニゲはzdf(テレビ局)の司会カトリン・ミュラー・ホーエンシュタインにこう明かしていた。“ボルシアドルトムントと建設的な話し合いをしていると認めることができるよ。そして彼の代理人や父親ともね。明日には問題解決となる可能性は十分にあるよ。”



木曜日にはワールドカップ英雄のカムバックが公式に報道される予定だ!


2013年にゲッツェは3700万ユーロの移籍金でドルトムントからバイエルンへと移籍した。そして彼はそれよりも明らかに少ない、2200万ユーロから2500万ユーロの移籍金で、彼が成功を収めた街に戻って来ることになった。彼は2011年と2012年にユルゲンクロップの下で優勝し、ポカールも獲得している。


20160721060220481.jpeg



中国ツアーには不参加!


ゲッツェは中国ツアーには参加しない。ドルトムントは今日の夜中国へと旅立ち、シャンハイとシェンツェンでマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティと対戦する。


またゲッツェの親友アンドレ・シュルレもヴォルフスブルクからBVBへの移籍目前だ。これもあとは移籍金を詰めるだけとなっている。ヴォルフスブルクは3500万ユーロを要求し、ドルトムントは3000万ユーロを用意していたが、両クラブとも3200マンユーロで合意したようだ。


ゲッツェの最も重要なゴールをアシストしたシュルレがドルトムントにやって来る。2014年7月13日のワールドカップ決勝アルゼンチン戦では彼が左サイドからゲッツェをアシストしたのだ。



カリフォルニアで休暇


ゲッツェとシュルレはプライベートでも親友だ。フランスでのユーロ準決勝敗退の後で彼らはガールフレンドのアンカトリン・ブレンメル、モンタナ・ヨークとカリフォルニアに旅立っていた。彼らはマリブからドイツへ挨拶のメッセージを送っている。




シュルレとゲッツェ:ワールドカップの英雄たちが今トーマス・トゥヘルのBVBでタイトル獲得の助けとなる。



20160721060221b24.jpeg







以上です。

この報道のタイミングからいって、これは決まりではないかと思いますし、ドイツではビルト以外にも多くのメディアが合意の報道をしています。やはりルンメニゲの発言が大きいですね。ルーアナッハリヒテンでは移籍金は2200万+ボーナスと報道していますが、2200万での獲得はお買い得感がありますね。

後は公式発表を待つだけです。

さて、これでドルトムントの2列目のメンバーはなかなかすごいことになりましたね。ポジション争いは大変なものになるでしょうが、タイトルに手が届くチームになってほしいです。CLも楽しみですね!

後は誰が放出されることになるのか・・それが気になりますね。

[ 2016/07/21 06:19 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(33)
ドイツ代表の二人が来るのだから来年香川も出て行きやすくなりますね。活躍してステップアップ出来るか中堅クラブに行くかは今季次第ですが。年齢的にはメガクラブよりそこそこのクラブを上に引き上げる存在になるのも悪くないとは思うんですが。
[ 2016/07/21 06:49 ] [ 編集 ]
真面目な話、前よりも後ろの選手を補強してもらいたい。ビルドアップできる選手がいないし、縦パスを入れる選手もいない現状だと、タイトル云々以前に低迷しそう。

攻撃は最大の防御といったサッカーをしようにも、ビルドアップできず縦パスも入れられずでは攻撃そのものが機能しないだろうし。
[ 2016/07/21 06:57 ] [ 編集 ]
トゥヘルのレギュラー構想に入ってないなら、移籍期間終了までに、代理人が動いて、クラブでの立場を良くする交渉をするか、移籍も検討した方がいい。印象操作で、先シーズン悪かったとか、何もしなきゃ干されそう
[ 2016/07/21 07:16 ] [ 編集 ]
普通に移籍してくるんやな
活躍したらサポも認めるか
[ 2016/07/21 07:30 ] [ 編集 ]
決まっちゃいますか…。

確かに競争は厳しいけど
バカンスでのんびりしてる選手には
絶対に負けないで欲しいです。
[ 2016/07/21 07:36 ] [ 編集 ]
公正、平等な競争を望みます。
ただそれだけ(たぶん無理だと思うけど。。)
フェアな競争であれば負けないと信じてます。
[ 2016/07/21 08:07 ] [ 編集 ]
ロイスゲッツェシュールレでバイヤンハンター決まり‼祭りになるんですかね…空気読めないトゥヘルが空気読むのか?案外シンジが練習良かったから使ったけどそれが何か?とかなさそうですね。って下げ記事ばっかりだとそう思えてきます。誰が二列目にパス出すんですかねぇ。香川選手の黙って結果で!という姿勢も好きなんですが、ここはそろそろ賢く動かなければ…と思えてきます。ライオラまでとはいかなくても。ユナイテッド当時のルーニーに勝てなかったのも残念でしたがまだ納得せざるをえませんでしたけど、ユーロは散々で太って彼女と親友とバカンス〜。ドルトなら試合も出してくれるっしょ?て思ってるやろ‼ってつい思いたくなるんですよねぇ。休暇はどう過ごすのかはもちろん自由なんですけど。でも外国人として活躍したいならここは勝ちぬかないとあかんのですよね。しかし二列目にそんだけお金使うなら、CBに使ってよ…って普通に思います。あと管理人さまはゲッツェ復帰はありでいらしたとおもうのですが、公平な立場でいて下さって色んな意見をあげて下さって有難い限りです。
[ 2016/07/21 08:07 ] [ 編集 ]
スボティッチの移籍は破談になったようですね。1000万€で合意してたらしいのですが……。手術が成功するように祈ってます。個人的にプリシッチ、パスラックの二選手はレンタルしたらどうかと思ってます。2列目は人員過多ですし、トップレベルでの実戦経験が今は大事でしょう。
[ 2016/07/21 08:09 ] [ 編集 ]
MFばっかりですね。
リーガ、CL、ポカールがあるといえ、ちょっと偏り過ぎな気がします。
[ 2016/07/21 08:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェよりもシュルレが高いなぁという気がします、諸事情でセットにしないといけないので仕方ないですが、ちょっと複雑ですな^^;;

でも、ゲッツェと香川の併用を早くみたいですね、トゥゲルがうまく使ってくれるといいのですが。。。
[ 2016/07/21 08:35 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます!
以前、管理人様がドイツ代表選手が複数人欲しいとおっしゃっていたのを思い出しました。
ポジション的なものはわかりませんが、長いシーズンですし、今季はCLがある事も考慮すれば選手層の厚さは強みになると思います。
また、トゥヘル監督も更に様々なオプションを持ってシーズンに臨めるのではと思います。
[ 2016/07/21 08:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェもロイスもしばらくはコンディション上がらんだろうから、その間に香川はどれだけアピールできるかですかね。ゲッツェに出場保証契約あるかが気になるところ
[ 2016/07/21 08:43 ] [ 編集 ]
規定によるバカンスなので、べつにサボっているわけではないよね。
[ 2016/07/21 08:44 ] [ 編集 ]
3米さん
香川は今期間の移籍はほぼ100%ないよ。
トゥヘルはゲッツェ不要と言っていたので戦力として評価しているし。
たとえゲッツェのコンディションがすぐに向上して、尚且つチームにフィットしたとしてもないな。主力が3人も抜けたのだから、トゥヘルは香川を計算できる戦力としておいておきたいだろうし。
なんにしてもチームを練り上げるのに時間がなさすぎる。マーケット期間どころか前半の大半を費やすんじゃないかと。今もこれからチャイナでPR活動だし…
てか、フロントはマーケティングの観点から香川を出すことはない。
契約期間と立場を考えれば、今の状態で代理人ができることはほぼないね。
[ 2016/07/21 08:51 ] [ 編集 ]
クバ、ギンター、シャヒンあたりが候補でしょうが、
ギンターとシャヒンは売らないで欲しいなぁ。シュールレも来るならクバは確実でしょうが、ヴォルフスブルクという記事が出てましたね。
クバはほとんど試されてないし、準レギュラーのような地位でも全く腐らないので、シュールレとの交換は納得いきませんね。
クバを売るとなると右の本職がいないので、ゲッツェが右になるのかなと予想します。
デンベレ、プリシッチ、モル、パスラックらの出場時間も気になります。
シャヒンは良かったときのことが忘れられないので、正直ローデなんかよりずっと期待しているのですが、どうなるでしょうか。
センターバックに関してはフンメルスが外されたときのパパとベンダーで組んだ試合が素晴らしかったのでそんなの心配要らないと思いますよ。ギンターは右SB、CB、ボランチで使えるし絶対売るべきじゃないと思うんですが、なんでトゥヘルは干しちゃったのかさっぱりわからないです。
whoscoreでもギンターの評価は凄く高いんですが。
[ 2016/07/21 09:18 ] [ 編集 ]
ヴァイグルが縦パス出来るようになれば良いんだが、現在のところは無理だからな
フンメルスもいなくなったし、後ろから誰がどうやって組み立てるんだろう
中盤省略縦ポンにするにしても精度なきゃどうにもならんぞ
[ 2016/07/21 09:36 ] [ 編集 ]
なぜかモヤモヤが…
ここ何年かのプレイをみて獲得しているのか?この記事も結局、W杯の活躍のゲッツェがとか、近々の活躍はかなりさかのぼる必要があるからでしょう。
[ 2016/07/21 10:05 ] [ 編集 ]
決まってしまったか、残念だ!
獲得するならもっとクラブでも代表でも活躍している選手にして欲しかった
あの体型で即機能するのでしょうか?
[ 2016/07/21 10:05 ] [ 編集 ]
いつまでワールドカップの英雄なんだろうか
ユーロで全くだったのに
[ 2016/07/21 10:06 ] [ 編集 ]
どんな顔して戻ってくるかな
てか本人もイヤじゃないんだろうか
[ 2016/07/21 10:17 ] [ 編集 ]
放蕩息子の帰還と言ったところでしょうか、BVBファンとしてはいろんな思いがあるだろうけど早くトップパフォーマンスに戻れるよう暖かく見守って欲しいね
[ 2016/07/21 10:21 ] [ 編集 ]
決まったのならば仕方ない‥ただオフェンスに偏り過ぎる移籍だと思います。
多分、シーズンを戦いながらカップ戦要員とレギュラーに振り分けしていくのでしょう。
一つ気になるのは、次のW杯予選が始まろうとしている時期に、W杯優勝の英雄扱いでバカンス中選手を、甘やかすのはどうなのかな?若くして大金持ちで、(出て行った経緯を見ても)クラブに対する尊敬もなく、干されているのに太り、周りが全てお膳立てしてマスコミが持ち上げる。在籍時は大好きな選手で香川とも合っていた。
有り余る才能を持ちながら消えて行く選手は数多いる。どう機能するか、トゥヘルは移籍選手を使いこなせるのか、マスメディアが自国選手を擁護しながら、どう外国人選手に責任(戦犯扱い)を被せるか、などなど違った意味でも、開幕が楽しみですね。でも試合時間が重り、香川がベンチならば迷わずプレミア見ますけれどね。
[ 2016/07/21 10:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルはゲッツェをさほど欲しがっているようには見えませんでしたが、フロント主導だとしてもこの金額でドイツ代表を獲得したとなると使わざるを得ないでしょうね。
ただ少なくとも現時点では、ドイツメディアが期待しているようにトゥヘルがいきなりゲッツェをスタメンのトップ下で重用することはないと思います。
トゥヘルの要求はとても高いと香川も言っている通り、並みのパフォーマンスではリーグのほとんどのチームに強固な守備ブロックを敷かれるドルトムントのトップ下は無理ですから。
フンメルスもギュンドガンも抜けてさらにハードルが上がった状態で、トップフォームにほど遠い今のゲッツェが即フィットするとはとても思えません。

もしかするとフロントも香川が来夏に出て行きそうなのを感じて、1年間かけてゲッツェのリハビリとトップ下復活を目論んでいるのかもしれないですね。
トゥヘルはもう香川をIHの位置では使わないと思うので、トップ下で誰にも文句を言わせない活躍をして、来夏にステップアップになる移籍をするのが理想でしょうか。
何にせよ、香川の今後を決める大事なシーズンになりそうです。
[ 2016/07/21 10:33 ] [ 編集 ]
ドルトムントが若手とドイツ人を主体のチームにするのは、理にかなっていると思います。若手なら、その年代最高レベルの選手の獲得競争でメガクラブを差し置いて優位に立っている現状ですし、ドイツ代表選手を取りこむと、CL以外でも代表選で世界の目に触れさせることができるので、それだけ世界からのファン獲得がやりやすくなります。ブンデスは地味なリーグなので、プレミアやリーガと比べて他国のファンを獲得しにくいし、他国、とりわけ東南~東アジアからファンを増やさないと、メガクラブと競争できるだけの資金力を獲得できないですから。
でも、そう考えると、香川はそろそろ結果を出して他のチームに移ることも考えるべきでしょうね。良いチームですが、チームのコンセプトに合わなければ双方に取って悲劇ですし。まあ、アジア人でもあるので、チームは大事にしてくれるかもしれませんがね。
[ 2016/07/21 10:54 ] [ 編集 ]
やっと決まったか!嬉しい。
早く見切りをつけて移籍すればいいのに!とずっと思ってた。
結局3年も粘ってしまって、調子も評価も急降下...。だけどまだ24才。絶対復活してくれると思う。
ステップアップの為に移籍し、ベンチでくすぶり、でもその非凡な才能は信じられていて、古巣に復帰というストーリーは香川とかぶるな。
香川は大歓迎され、ゲッツェはブーイングを受けそうな所は大きく違うけど(笑)
ドルトムントはサイドの人材は豊富だけど、10番の適性は香川しかいなかったから、ゲッツェが入ることでバランスが取れるし、香川にとってもいい刺激になると思う。
香川もそうだったように、調子を取り戻すのには少し時間が必要。シーズン序盤は交代要員でいいんじゃないかな。
調子が戻ってきたら、トゥヘルが上手くローテーションを組むと思う。
[ 2016/07/21 11:37 ] [ 編集 ]
管理人さん、翻訳ありがとうございます。
これでゲッツェの移籍が完了したら、3年を掛けた壮大な茶番が完結しますね。
あの時のフロントが獲得に動いているのですからね、茶番度が増しましたよ。
[ 2016/07/21 15:09 ] [ 編集 ]
なんか楽しみが増えた感じかな
多分地元も話題が増えてよかったんじゃない?
香川の出番が少なくなりそうだけど、意外とコンビで活躍でもしたら面白いことになるしどっちかだねー
[ 2016/07/21 15:53 ] [ 編集 ]
現役のドイツ代表選手でポジションがかぶる選手が来たらまともな競争なんてないでしょ。しかもゲッツェはレーブの寵児。去年もレーブは外国人が使われてドイツ人の出場機会が確保できてないって文句をいってたし。香川がずっと不調ってイメージにされてるのはやっぱりゲッツェ復帰への布石だったね。ドイツ代表のリーグだから当然なんだけれどもワールドカップ予選を控えて代表選手の調整は最優先だし、当然契約に出場保証もついてるでしょ。ゲッツェの給料は噂では800万で使われないわけがない。ムヒには700万しかオファーしなかったのにね。レバの時と同じ。元々ドイツ人選手を優遇してるクラブだし、ドイツ代表選手が増えればクラブの広告塔になって営業面でも利点があるんだからしょうがない。自国選手が使われなければメディア・自国民からも批判が出るし。補強した選手は2、3列目過多で年齢からもフロントは香川と契約更新する気がないのかもね。ゲッツェや新入りがフィットして勝てるようになれば将来的なチームのプランから外れてたらたとえ結果を出してても外される。勝てればいいんだから。これもクラブの観点からみればしょうがない。香川は行動しないとね。8月末までまだ時間があるんだから。
[ 2016/07/21 16:37 ] [ 編集 ]
 さて、クラブの予算的にも誰かが誰が去らなければならないのかな。若く年俸の安い選手は控えに適しているので残すでしょう。放出するのはそうでない選手である可能性が高い。トゥヘル監督とヴァツケは急いで決断しなければなりません。
 とりあえず、トゥヘル監督はシーズンを通じてターンオーバーをしたことがありません。おそらくターンオーバーしない前提でスカッドを考えているでしょうね。
[ 2016/07/21 18:54 ] [ 編集 ]
トゥヘルは昨シーズンもターンオーバーしようとしてただろう。前半終盤に控えをリーグ戦で使い始めたのはターンオーバーしないと後半の過密日程がやばいのがわかってたからだよ。前半は一部選手をカップ戦とリーグに分けて使ってた。それでも怪我・病気で離脱者が出始めて駒が足りなくなるような状況だったがね。
後半は若手を試合に慣れさせて何とかEL、ポカール、リーグを乗り切ろうとした。一部選手はは固定するしかなかったけど疲労が溜まったら案の定パフォーマンスが落ちたよ。結局狙ってたカップ戦のタイトルは獲れず。今季は選手がフレッシュなうちは一部メンバーを固定しても、昨季と同じようにやってちゃCL、ポカール、リーグで勝てないのはトゥヘルもフロントもわかってるよ。
まあさすがにとりすぎだから人員整理するだろう。怪我人は出せないけど給料は保険でカバーできるはず。若手も古株もレンタルか移籍させるかだろうな。昨季はクラブが出したくなくても出ていったカンプルやホフマンもいたけど今年はどうなるか。
[ 2016/07/21 21:55 ] [ 編集 ]
少しくらい安く売ることになってもスタメンで出れてトップフォームになってドイツ代表に貢献してくれればいい

そんな考えが透けて見える

調子悪くてもかなり優遇された起用されそう

シュールレも来たら香川はかなり厳しそうだな

明らかにドイツ人より出来が良くないとスタメンでは使ってもらえ無さそう
[ 2016/07/22 02:52 ] [ 編集 ]
ドイツ代表はバイエルンとBVBで構成されてるようなもんだからね。
ゲッツェの復帰は代表のリハビリの場感がするけど、トゥヘルはクロップほど思い入れはないかもしれないね。
いずれにせよ、ゲッツェはファンを、納得させるために結果を残さないといけないし、香川にとっても正念場になるのは間違いない。どういうメンバーでやっていくのかは気になるとこだけど、香川には奮起してレギュラーを勝ち取って欲しい。
[ 2016/07/22 09:26 ] [ 編集 ]
ドイツ代表、ドイツ代表とやかましい人が多いですね…
ドルトムントであろうと、日本代表であろうと、香川自身がまず調子の波をなくし、コンスタントに活躍しなければいけないのです。
[ 2016/07/26 06:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。