ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル「またゲッツェの笑顔が見たい!」移籍後初コメント!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト】7月21日



ゲッツェのカムバック決定!



トゥヘル:“彼はどうしても戻ってきたかった。”



entry_img_1113.jpeg
掲載全写真引用元:BILD



BVBはマリオ・ゲッツェを両手を広げて迎えた!



トーマス・トゥヘル監督は中国についてからの記者会見でこう語っている。



スポンサーリンク




“すでに今から彼との最初のトレーニングを楽しみにしている。”同僚のマルセル・シュメルツァーは幸せそうに、“僕もこの移籍が決まって本当にうれしいよ。彼は素晴らしい選手だし、いいやつだからね。僕らは彼がまたチームの一員となって本当に大きな喜びを感じることになるだろうね、”


ドルトムントの選手たちはテストマッチのために中国にいるが、まだカムバックを果たしたゲッツェはいない。彼は中国ツアーの後にチームに合流する予定だ。


元バイエルンの彼はドルトムントと4年契約を結んだ。ドルトムントは2200万ユーロから2500万ユーロの移籍金を払ったとみられている。


トゥヘル:“この移籍が決まって本当にうれしいよ。彼はBVBに戻って来ると言う厳しい道を選んだね。彼がこのチームを去ったときの話はみんなが知るところだから。彼は外国に移籍して新たなスタートをすることもできただろうけど、どうしても戻ってきたかったんだ。彼は我々の下で元の力と取り戻したい意思を示し、また我々は彼をそこに導くことができるだろうという事も信頼してくれた。これは非常にハードな道のりだろうけれど、それを楽しみにしているよ。また彼の笑顔をみれるといいね。”


20160722045010a54.jpeg



しかしすぐにはそうはなりそうにはない。なぜならこれから彼に対して一種の公開処刑が行われる可能性があるからだ。彼が2013年にBVBを去ったことを多くのファンが許してはいないのだ。


シュメルツァーはこうした騒ぎも落ち着いたであろうと、希望的に見ている。“ファンはまた彼と友達になれるだろうと思っている。彼はまたチームの一部になったわけだし、他の選手と同様に支えてもらわないとね。”


遅くても彼が再び力を発揮するまでには。彼はミュンヘンで公式戦114試合に出場し36ゴールを決めている。それに対してBVBでは116試合で31ゴールだ。



落胆したドルトムントファンにとっては彼のゴールこそが心の癒しとなるだろう。










以上です。

現在休暇中ということですが、再来週あたりからトレーニングに合流するかもしれませんね。


トゥヘルのコメントは割と冷めていますね・・・。特に彼が欲したわけでもないのかなあ、なんて想像してしまいます。
やはり創造性のある選手はあんまり好きではないのでしょうか?まあその辺の起用法にも注目ですね。



【おまけ今日のドイツ】


20160721165916017.jpeg


ドイツでも旋風を巻き起こしている任天堂のゲーム ポケモンGO
今日のザクセン新聞に写真付きで記事が載っていました。


[ 2016/07/22 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(14)
あれ? 日本のドルサポ代表さんとやらの訳となんか違いますねw
監督のインタビュー内容を間違ったニュアンスで平然と伝えられるのは困りますので、ドイツ語が堪能な管理人さんが訳して下さるのは本当に助かります。
お忙しい中、いつもありがとうございます。
[ 2016/07/22 06:49 ] [ 編集 ]
トゥヘルとしてはクラブ主導でしかもゲッツェの復活という責任も負ってるので大喜びという訳にもいかないと思いますけどね。どちらかと言えば若い未知の選手たちを育てて行きたいだろうし。ただCLもあるしゲッツェの経験が役に立つ時もあるしロイスの不満を和らげる事も出来る。ただ香川もいるしどう使うか試行錯誤が今年も続きそうですね。
[ 2016/07/22 06:50 ] [ 編集 ]
ゲッツェも香川も。先々笑えるかどうかはトゥヘル次第なんでしょうね。
好き嫌いではなく、実力とコンディションでしっかりと起用を決めてもらえたら何の不満もないのですが…。

[ 2016/07/22 07:56 ] [ 編集 ]
シュメルツァーの発言は反対派も賛成派も刺激しない、良いコメントですね。
トゥヘルの発言は、自分は望んでないけどゲッツェが戻りたかった、という雰囲気を醸し出してますがね〜
[ 2016/07/22 08:28 ] [ 編集 ]
トゥヘルって冬にマインツのマリとか欲しがってたけど今は全く聞かなくなっちゃった。
トゥヘルのお気に入りっぽかったけど?
ゲッツェは一応ドイツ代表だし、W杯の事もあるし復活させないと。


このHP右上のよく読まれてる記事!の「ドイツご意見番マテウス好調の理由に言及」の中で

大きな戦術理解力を持った3人の魔法使い(香川・ミキ・マルコ)がいて、その前でパスを有効に活かす特急電車(オバ)だ。
そしてそれはすごく良く機能している。もちろんそれは彼らに自由が許されているからでもある。
彼らは決まったパターンに無理やり押し込まれること無く、常にポジションチェンジをしている。 
  
 ‥‥ってあるんだけど今シーズンまたこんな試合見れないかな~~。
ゲッツェも香川も創造性のある選手でプレーが好きなんですが、トゥヘルの好みじゃないような気がして‥‥。
どんなチームになるんでしょうかね。 

まずはメンバー集まるスイス合宿を楽しみにします。 これからはゲッツェや新加入選手に注目が集まりそうですね!

[ 2016/07/22 09:14 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
何やらトゥヘルには、あまり権限が無いように思えますね。ドルトムント首脳陣とスカウトが会議で決定し、トゥヘルに事後承諾‥代わりにマスコミに対して、時間がかかる、バイエルンの立場を脅かす事は出来ないなどと、開幕前から白旗を揚げておく。ゲッツェ含めて若手を沢山獲得したのも、上手く育てて高く売る腹積りも見え隠れします。
冷静に考えれば、ドルトムントのクラブ理念には叶っているのかな〜〜そこそこ強く、無理な獲得、引き留める為の高額な年俸提示の拒否、根底にあるドイツとドイツ代表強化の礎。いわゆるビッククラブへの道など望まない。
ゲッツェも才能は有るのだから、活躍させて高く売るのも視野に入れているのでしょう。
監督人事もこの理念に納得するイエスマンで、高額じゃあ無い、高みを目指す若手と考えればトゥヘルはピッタリ。
この理念に合わないフン、ギュン、ムヒ、レバ、クロップなどは出るしか道がなかったのでしょう。
私ゃあ香川ファンなので、連覇しポカール優勝を見て、勝手にドルトムントは世界に躍り出る‥ビッククラブの道を目指すと勘違いしてました。やはり、中堅の上クラブなのでしょう。
本田や長友も残留しそうですし、長谷部も宇佐美もゴリちゃんも頑張って欲しい、日本人選手に幸あれ!
[ 2016/07/22 10:18 ] [ 編集 ]
なんか歓迎しているようで、けっこう突き放したコメントですよね。
本人がどうしてもうちでリハビリしたいって言うから来てもらったよ、大変だと思うけど、いい結果になるといいね、みたいな。
まあ、やはりよく言われているようにトゥヘルの希望ではなくフロントと協会主導の移籍なんでしょう。
自分が熱望していた選手なら、「彼は才能ある素晴らしい選手。チームの力になってくれると確信している」くらい言うでしょうから。

いずれにせよ、トゥヘルの言う通り、ゲッツェ復活は非常にハードな道のりだと思います。
チームはもう始動してるし、ヴァカンスは早目に切り上げてトレーニングを開始した方がいいんじゃないですかね。
香川も数日ですが予定を前倒しして帰国していました。ゲッツェもそれくらいのやる気は見せて欲しいです。
[ 2016/07/22 11:21 ] [ 編集 ]
代理人を選んだのは自分だし、フットボール人生は短いと判ってる
から自分の利益の為になる代理人じゃないと感じた選手は代理人を変える。
自分のキャリアプランにクラブはのんびりつきそってくれないし、
やりたいことをやりたければ一緒になって掴み取る姿勢の代理人に変えてでも
掴まなきゃ何も手に入れられない、ということでしょうね。

私はゲッツェの己の欲望に忠実な所は好きです。
人生一回きりでいつまでも若くないのに、年功序列とか、順番待ちとか
相手に期待してる時点で負け
日本では厚顔無恥とか言われるけど、いい人コンテストじゃなくて
実力以外に政治と代理人の力が必要な弱肉強食のフットボール界のゲームの1コマだなーと
[ 2016/07/22 12:23 ] [ 編集 ]
このオフシーズンでかなりの戦力補強ですね
反応見てる限り、シュメルツァーの見方通りで好意的なファンのほうが多いのは驚きました
結果が出せないと叩かれ方も尋常じゃないでしょうが、活躍すればすぐ受け入れてくれるでしょうね
[ 2016/07/22 14:22 ] [ 編集 ]
香川は新加入の選手に対して新加入だから、という気持ちは捨てた方がいいね。

どんなに可哀相で、トラウマを抱えていたとして、それを支えて欲しいと言っていたとしても、
香川の気持ちはどうなる?新加入の選手とゲッツェとドルは香川を支えてくれた?この期間の報道の仕方を
と考えたらNOだと解る。

誰も組立てだきないから、と自分ばかりが組み立てやおぜん立ての負担を抱え込まなきゃならない、
それを「お願い」してきても、それを受け入れようとしてはダメだよ。上に行けない。
[ 2016/07/22 15:34 ] [ 編集 ]
〜なるといいね。
て翻訳は日本語にするとそういう風になってしまうけど、ドイツ語だとまた違うしな。

そもそも穿った見方をし過ぎのような気もするけどね。
当然強化部門はトゥヘルと別にあるし、
SDという役職があるのだから事後報告みたいになるけど、監督の承認や要望も聞いてるに銀河系決まってるし、将来有望な選手を獲得する事が売ることには繋がらないよ。
経営面は切り離して考えれないのは確かだけど、良い選手を予算内で獲得しようと思ったら若い内に獲得するしかないからね。
しかもヴァイグルのように即戦力候補ばかりだしね。
[ 2016/07/22 18:22 ] [ 編集 ]
?? 特に冷めた発言とは思いませんでしたけど。。
普通に戦力になることを期待してるんだろうなと思いました。
すべての補強を監督が決めるわけでもないですし。
でもいつもいろんなトゥヘルの発言を聞いてる管理人さんですから、
きっとそうなんでしょうね。
となると来期の先発は全然読めませんね。
個人的には面白いチームが見られるのではと思ってます。
[ 2016/07/23 03:23 ] [ 編集 ]
この復帰劇はゲッツェの強い希望であることが前面に押し出されていて少し異例な表現を用いていると思います
尚且つ代表でも活躍していた以前のような状態ではないとはっきり言われている以上
このまま加入してもすぐにスタメンは与えないっていうトゥヘルのメッセージに聞こえますね
これを厳しいと受け止めることなく楽観視しているようではバイエルンと状況はあまり変わらないでしょう

冷めているというのはシュールレ獲得に対するコメントと比較すればよく分かると思いますよ笑
[ 2016/07/23 18:54 ] [ 編集 ]
復帰後、ゲッツェが初めてホームのピッチに立つのはスーパーカップのバイエルン戦ですよね?
いや〜もう…凄い…凄すぎます。
しかも相手にはフンメルスもいますからね。
さすがに笑えてきますよ、この状況は。
視聴者数も物凄くなるんじゃないですかね。今から楽しみです。

トゥヘルもこういった複雑な状況では色々と気を使うだろうし、出戻りはもう勘弁してくれよという感じですかね。
少し同情します。
ここ数ヶ月のゲッツェは確かに良くないですが、まだ24歳だしドルトムントなら十分に時間を与えてくれる環境があるので、やってくれると思います!
[ 2016/07/26 05:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。