ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲッツェとシュルレの加入にもかかわらず危険!ドイツ紙《ドイツの反応》


西ドイツアルゲマイネ・コラム】7月22日


ゲッツェとシュルレの加入にかかわらず:ドルトムントの歩む道のりは危険なまま



entry_img_1115.jpeg


二人のワールドカップ優勝者がヘンリク・ミキタリアンを補ってBVBを助けなければならない。もちろんその二人のポテンシャルは十分だ。しかしその道のりは危険なままだ。コラム




スポンサーリンク




BVBはもう一度、財布に手を伸ばした。二人のワールドカップ優勝者が今シーズン黒と黄色のユニフォームを着ることになる。マリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレだ。この二人の攻撃的選手はマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したヘンリク・ミキタリアンを補わなければならない。彼らにはそのポテンシャルはあるが、それでもドルトムントの進む道のりは危険なままだ。


ゲッツェはトップ・フォームではない。

なぜなら新加入のセバスティアン・ローデやマルク・バルトラと同様にマリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレも元クラブで幸せなわけではなかった。ゲッツェはFCバイエルンではほとんど役割を果たさず、たいていベンチに座り、またしばしば負傷もしていた。もちろん彼は今でも素晴らしい選手であるが、まずは昔のレベルに達しなければならない。彼のユーロ2016でのパフォーマンスはあまり説得力のあるものではなかった。


またアンドレ・シュルレも後半戦に9ゴールしたにもかかわらず、ヴォルフスブルクでは決して満足のいくものではなかった。彼は2014年のワールドカップでマリオ・ゲッツェの決勝点をアシストするなど、力強いパフォーマンスを見せたが、25歳の彼は、これまでにキャリアにおいて少しばかりの挫折を経験しなければならなかった。FCチェルシーでの彼は力を発揮できず、ヴォルフスブルクでも彼は問題を抱えていた。彼はBVBでは力を発揮したいと思っている。



しかしこの危険もうまくいく可能性はある


ドルトムントは8人の選手を獲得した。ローデ、バルトラ、ゲッツェ、そしてシュルレを加えてドルトムントはようやく継続的に高いレベルでプレーするつもりでいる。4人の若きタレント、エムレ・モア、ミケル・メリーノ、ウスマン・デンベレー、そしてラファエル・ゲレイロはブレイクするかもしれない。まあこれがうまくという保証はまだないが。


何よりもこれらの選手から、勝利のメンタルを備えたチームを作れるかどうかは、トーマス・トゥヘルの手腕にかかっている。彼はそれができる事を昨シーズンに証明してみせた。今のドルトムントのメンバーには大きな疑問が残ったままだが、ポテンシャルが大きいことも確かだ。これは非常に危険な道のりだ。しかし危険が実を結ぶこともあり得る。







以上です。

ゲッツェ、シュルレフィーバーも少し収まり、このような記事が出てきましたが、至極まっとうな意見だと思います。8人の補強の内訳は、確かに若い才能4人+元クラブのベンチ4人みたいなものですからね。

でもやはりドイツ代表のネームヴァリューは相当なものですから、この補強はクラブのアピールとしては成功したと思います。

ポテンシャルが大きいことは疑いがないので、とにかくこれでリーガとCLの両立をしてほしいですね。

[ 2016/07/23 18:40 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(21)
真偽は分かりませんが、オーバメヤン選手とロイス選手がタイトルを目指した補強を希望したという記事を見た事があります。これは公にはしていなくても、そう思っているという可能性は大いにあるので、その観点から見ればこれらの補強は意思表示になりますね。
[ 2016/07/23 18:50 ] [ 編集 ]
まさかのマリオ・ゴメス
[ 2016/07/23 19:05 ] [ 編集 ]
ゴメス獲得の件はドイツ国内で報じられてるのでしょうか
気になっています
[ 2016/07/23 19:40 ] [ 編集 ]
 ゲッツェやシュールレは調子が悪くても使い続けなければならないはずですから、そこが危険な部分といえるでしょうか。尤も、クラブは高い年俸を彼らに払うので、調子が悪かろうが試合に出て働いてもらわないと困りますがね。
 シーズンの展望としては多少躓くことがあったとしても、リーグでのCL圏内確保は手堅いと思います。CLでは格上の戦力を相手に采配で勝たなければならないので、トゥヘル監督では勝ち上がるのは難しいかもしれない。
 今シーズンがどうなるかの鍵となるのはゲッツェやシュールレではなく、もっと後ろのほうでしょうね。攻守の要であったフンメルスの穴を選手個人が埋めることは不可能ですので、トゥヘル監督が戦術的に対処する必用があります。これが出来れば、昨シーズン同様のまずまずな良い結果が保障されると私は思っています。
[ 2016/07/23 19:49 ] [ 編集 ]
前戦ばっかとってもなぁ。
CB足りてないのでは。
[ 2016/07/23 19:49 ] [ 編集 ]
オバメヤンは今期のフロントの補強に満足しているみたいですよ。個人的にバルトラに好印象を抱きました。スライディングの思い切りがいいですし、足元も上手い。何よりドルトムントで本当に成功したいという強い気持ちが見てとれます。僕は彼をレギュラーとして期待しています。
[ 2016/07/23 19:53 ] [ 編集 ]
この補強はバイエルンに勝つ事よりも代表選手を集めているだけの人気取りな気がする。
バイエルンに勝ちたいのならもっとバイエルンに通用する選手を選ぶはずだ
[ 2016/07/23 19:55 ] [ 編集 ]
タイトルを目指した補強には到底見えないが…。バイヤンは別格だが薬屋の方がいい補強してるし選手も無理矢理にでも残留させてタイトルを目指してるよ。
[ 2016/07/23 20:01 ] [ 編集 ]
個人的にはマリオ・バロテッリも獲って欲しい
[ 2016/07/23 20:03 ] [ 編集 ]
ゲッツェもシュールレも代表といっても、ユーロじゃまったく使い物にならなかったし先を危ぶむのも当然。
とにかく二人とも調子のよいころと比べてどう見ても下降線をたどっている。
ゲッツェは前にドルにいたころよりディフェンスとディフェンスの間に入っていくことがほぼなくなった。こりゃビビってるつか慌ててロストしたらどうしようと思ってる証拠。ベンチに座ってんのに慣れ過ぎた感がある。ベンチに座りすぎると失敗を怖がっちゃうようになるんだよ。それに一部サポには復帰を望まれてない状況での帰還だから、いいとこ見せようと思って焦んなきゃいいけどね。
シュールレはテクがないのをスピードで補ってたんだけど、最近どんくさくなった(笑)おかげでユーロじゃレーヴはドレクスラーをサブのファーストチョイスにしてたな。
いずれにしても移籍してきた選手に過大な期待は禁物だよ。元からいる選手たちだってフルシーズン活躍できるなってのは稀なんだから今季はそこそこやってくれればいいと思うよ
[ 2016/07/23 20:03 ] [ 編集 ]
トゥヘルもゲッツェに対する過度な期待を牽制してましたね。現段階では大胆な予想を立てない方がいい、と。
ゲッツェに限らず新加入の選手には適応のための時間が必要なので、ファンもこういう記事を読んで少し冷静になる必要があると思います。
まあ、トゥヘルはリアリストなので、ファンの要望に応じた見切り発車のような起用はしないでしょうけど。
CLもあることだし、戦力差のないスタメンを3パターンくらい組めるようになるといいですね。
[ 2016/07/23 20:18 ] [ 編集 ]
冷静な記事ですね。

上手く新しいチームが作れるのかは、トゥヘルの手腕にかかっていますね。
彼の言動や人間性にはうんざりする事が多かったんですけど、新しいシーズン期待しています。

私は選手の身長が高くないのが気になるのですが、セットプレイの時とかどうなんでしょ?
[ 2016/07/23 20:29 ] [ 編集 ]
どうもメリーノもCBとして育てるつもりのようですね。
ユナイテッド戦をみる限りパパとベンダーがスタメンで、
バルトラ、メリーノ、ギンターがサブなんでしょう。
メリーノは足元は相当うまいですからうまく育てば期待できますね。
枚数は足りてますよ。
[ 2016/07/23 21:37 ] [ 編集 ]
前線が過多気味なのは新加入の選手も既存の選手(ロイスや香川ら)もどこかでダウンするという前提なのかも
たしかに選手層の薄さがドルトムントの欠点ではあった
[ 2016/07/23 23:20 ] [ 編集 ]
ドイツ紙もいつまで「ワールドカップ優勝者」って頭につけるんでしょうか
移籍が確定してようやく直近のユーロでのパフォーマンスや前クラブでの成績について冷静に分析できるようになったのはよかったかなと思います
今期一番試されているのはどの選手よりもトゥヘル本人だと思います、昨シーズンは主力が誰1人出ていかずベストな形で望めましたから
トゥヘルもパフォーマンスが上がらなければドイツ代表でも外すという選択に加えどう勝ち点を積み上げるかに集中して欲しいものです

[ 2016/07/24 01:29 ] [ 編集 ]
そりゃオバは公に補強に不満があるなんて言うわけないでしょうが、新入りがもう来てんのに。
元々そんなに良くないのに昨季と一緒で守備は不安でしょ。ゴールキーパーがビュルキとヴァイデンで相変わらず不安。センターバックはフン抜けてスボも実質抜けて、バルトラはよさそうだがメリーノは未知数。サイドバックはゲレイロとシュメの左サイドは昨季よりいいが、右が昨季と同じ状態。DMFはローデとメリーノ。主力に怪我人や病人が続いたらぎりぎりだしブンデスに慣れてない選手も多い。下位チームにはどうにかなっても中位・上位やCL相手にはきびしいよ。
[ 2016/07/24 04:56 ] [ 編集 ]
シュールレもゲッツェも名前だけで評価しすぎ。今の彼らは香川を脅かすほどの選手じゃないだろ。シュールレなんてヴォルフスでもまともなプレーできてなかった。大したやつじゃない。日本人だからって香川の力を舐めすぎですよ
[ 2016/07/24 06:20 ] [ 編集 ]
個人的には26年ドイツ代表を応援して昔からブンデス好きなおれにとっては、国内の若手にもっとチャンスを与えて育てて欲しいかな。シュールレもマインツでホルトビーとやってる頃のパフォーマンスになれば期待大だけど。
[ 2016/07/24 13:15 ] [ 編集 ]
攻撃陣ではムヒとギュンが抜けたけどギュンの後継者らしい後継者は補強してない
タイプ違いでローデが入っただけ
一方ムヒの後釜orプレー可能な選手が大量に加入した結果、前線過多になってることからロイスはドイツ代表キャプテン枠で怪我以外ではほぼ無条件でスタメン確定と予想
オバメもFWとしては唯一無二なので他で割りを食うとなると間違いなく香川になるのは明白
[ 2016/07/24 14:27 ] [ 編集 ]
ロイス 香川 ゲッツェ
を一回ぐらい見たいもんですが、
ゲッツェについて、トゥヘルは中央の選手といっていましたね。
オーバメヤンが怪我した時が一番心配ですが、
ペップ好きのトゥヘルは偽9番もやりますかねぇ?
[ 2016/07/24 17:46 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンはとにかく膨大なタスクを、1試合の中でこなしてましたからね。
あの代わりができる選手なんていませんから、同じものを求めてはいけませんね。
ロイスが怪我している今、トゥヘルがSHに一番求めているのはやはり得点力。
若手だけではまず無理なので、シュールレを獲得したのは分かるし、心強い存在になると思います。
[ 2016/07/26 05:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。