ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!シュルレ獲得の理由を明かす!ドイツ紙《ドイツの反応》


ビルト



BVB監督トゥヘルが語る


だから我々はシュルレを獲得したんだ!


entry_img_1117.jpeg
引用元:BILD


これはBVB史上最高額の移籍となった。

ドルトムントはアンドレ・シュルレのためにヴォルフスブルクに3000万ユーロを支払った。ドルトムントは一人の選手にそんなに多くの金額を払ったことは未だかつてない。しかしBVB監督のトーマス・トゥヘルにとってはこの移籍は緊急だったようだ。

スポンサーリンク





トゥヘル:“我々はサイドにおいてミキという選手を失ってしまったが、彼のようなサイドの選手はあまり多くはないね。でもシュルレはその一人だ。彼らにはエゴを持たないにも関わらず高い得点率という才能があるんだ。こうした選手の後ろで守る選手にとってはとても良いものだね。だから我々にはアンドレがすぐにも必要だったんだ。ミキと共にこうしたことが失われてしまったからね。”




シュルレはBVBで4年契約にサインしたが、このワールドカップ優勝者は2008年から2011年までマインツでトゥヘルの下でプレーしている。




シュルレはビルトのインタビューの中で、“トーマス・トゥヘルは素晴らしい監督で、僕もすごく評価しています。もちろん(移籍した)大きな理由ですね。”


20160724190537802.jpeg


しかしトゥヘルは彼に要求もしている、“攻撃において攻めるだけでなく、守備においても攻撃的に守ることが我々の選手としてはいつも大事だね。”


シュルレはデンベレー、メリーノ、バルトラ、モア、ローデ、ゲレイロ、そしてゲッツェに続いて8人目の移籍となった。



すでに1億ユーロ以上が使われているが、ミュンヘンですらこの金額に達したことはない。








以上です。シュルレの契約は文中では4年契約となっていましたが、実際には2021年までの5年契約ですね。結構いい加減ですね。

ドイツ紙が良く使う、ワールドカップ優勝者という表現に違和感を持たれる方が結構いるようですが、これはドイツではオリンピック金メダリストと言うのとまったく同じように使われていますね。一度ワールドカップを優勝すれば、一生ワールドカップ優勝者であり続けるわけですし、サッカーの人気があるドイツでは、やはりそれだけこのタイトルの価値は大きいと思います。

さて、シュルレがミキタリアンの代わりという事がはっきりしましたね。しかしトゥヘルはエゴという言葉を頻繁に口にしますが、そんなに嫌いなのでしょうか?エゴのある選手をうまくまとめる事こそが監督の腕の見せ所のように思いますが、まあそういうタイプではありませんね。



【おまけ 季節のご挨拶】

20160724191336677.jpeg

暑中お見舞い申し上げます。暑い日のざる蕎麦は格別です。
今シーズンも宜しくお願いします。
[ 2016/07/24 19:05 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(18)
個人的には海苔がある方が好きです(*´ω`*)
[ 2016/07/24 19:18 ] [ 編集 ]
エゴを上手くまとめ続けた監督はファーガソンしか知らないです。
あとはアンチェロッティとか上手いと思います。
あくまで主観です。
[ 2016/07/24 19:49 ] [ 編集 ]
 エゴの強い選手を組織に組み込むのは難しいですからね。アンチェロッティやファーガソンなどの名将達ならば容易く出来ますが、トゥヘル監督に同じものを求めるのは酷でしょう。
[ 2016/07/24 20:19 ] [ 編集 ]
管理人さま言いますねぇ。その通り!なんて思ったりして。
ゲッツェの時と温度差あるように思うんですけど…ま、自分がどうしても欲しかったんだし当たり前か。
[ 2016/07/24 20:25 ] [ 編集 ]
自分は常々、枕詞のように付く「ワールドカップ優勝者」という表現に違和感を感じてました(笑) が、ちょっと考えてみると、ドイツ(西ドイツ)では第二次世界対戦からのスイスワールドカップ優勝の流れが特別な意味をもってるんでしょうね。
[ 2016/07/24 20:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルもクロップもスターを嫌い、チームワークを大事にするところは同じですね。
それがドルトムントの良さ、強さだと思います。
[ 2016/07/24 20:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルは従順な人形が好きそうな感じが初期から感じ取れたので、エゴは嫌いなんでしょう。
[ 2016/07/24 20:44 ] [ 編集 ]
どうエクスキューズしようとシュールレ購入は俺にはパニックバイにしか思えないな。 
[ 2016/07/24 21:51 ] [ 編集 ]
良くも悪くも規律を大事にする監督ということがより際立ってきましたね。
マガトに代表されるような超ハードワークという訳でもなくあくまでシステマチックに動く選手を重用するとなると、ゲッツェ、香川あたりのクロップ時代のドルトムントをよく知る選手はイメージとのギャップに苦戦しそうですね。
二人とも好きな選手なのでなんとか適応して欲しいです。
[ 2016/07/24 22:22 ] [ 編集 ]
守備重視な、つか点取られんのにビビってる監督さんはエゴ嫌う(笑)
フォワードでもディフェンダーみたいなプレーしないと気が済まないんだ(笑)

まぁそれは置いといて、今のドンくさいシュールレ獲るくらいならギンターをウィングにしたほうがいいよ。ディフェンスする側からすると、自分より背が高くて足元があると異常にやりにくいからね。懐が深いから下手に飛び込めないんだよ。ギンターは他のチームのサイドバックより背が高いし、点に絡めるというのは去年で実証済みだからぜんぜんOKだと思うよ
[ 2016/07/24 22:33 ] [ 編集 ]
ミキって、クロップの時はエゴ丸出しって感じがしていたんですが、確かにトゥヘルになってから、一変して従順になったかもしれません。でも私はクロップの時のミキのイメージが強くて、こういうトゥヘルの表現はあまりすんなり入ってこないというか……そんな感じです。
[ 2016/07/24 22:37 ] [ 編集 ]
会見でムヒ、プリシッチ、デンベレなど気に入った選手を謙虚って褒めてますもんね。
[ 2016/07/24 23:01 ] [ 編集 ]
「ワールドカップ優勝者」やっぱりこらからも枕言葉みたいに使われるのには違和感があるな
ヨーロッパの強豪と戦い優勝するほうが実力的には上だと感じてますからね、つまりユーロ優勝こそが最強だと思ってますので、しつこいようで申し訳ないですが 笑
ムヒの変わりにシュールレって昨シーズンの成績を考えると何だかなとは思いますが、トゥヘルが熱望した選手なんだから使い方のイメージは湧いているだろうし覚醒させてくれると信じています
ゲッツェとの温度差は確かに感じますね
[ 2016/07/24 23:16 ] [ 編集 ]
更新いつもありがとうございます!
いつも楽しみに読んでいます。新シーズン、待ち遠しいですね。
さて、ドルトムントの選手にエゴを感じたことはあまりなくて、正直、一番エゴがあるのは監督だと思うんですが。。
だからいけないというのではなく。。。
(それもまた勝利への原動力ですものね。)
バイエルンより、シャルケより、勝ちたそうだったリバプールに負けたトゥヘル監督の進化を次シーズンに向けて願っています。
[ 2016/07/24 23:35 ] [ 編集 ]
エゴを嫌う?自分はどうなの?
ミキがお気に入りだったのは分かりますが、選手の扱いに贔屓があるのは、エゴではないのですかね
エゴを出さないお気に入りの選手を重用してリーグでもCLでも制覇してみせてほしいですね

[ 2016/07/25 06:58 ] [ 編集 ]
この選手層ならCLもリーグ戦も両立できるね
[ 2016/07/25 08:10 ] [ 編集 ]
つかパクだってトゥヘルが望んで獲得した選手じゃん
ドルで通用するかどうかは怪しいと思う
まあ選手が大量に入れ替わったから今なら適応が容易いかも
[ 2016/07/26 02:43 ] [ 編集 ]
香川もクロップのお気に入りでしたよ。
クロップもスターを嫌っています。
最近のクロップの記事を読めばトゥヘルと同じ考えだと分かります。
[ 2016/07/26 04:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。