ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤンに7000万ユーロで新オファー?!マン・シティが獲得に動く!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】7月26日



ドルトムントのスターに新たな移籍アタック!



イングランドのクラブが彼に7000万ユーロを支払うつもり!



entry_img_1122.jpeg
引用元:Bild

ペップ・グアルディオラは手を緩めることをしらない。イングランドの新聞“エクスプレス”によると元バイエルンの監督は引き続きピエール・エメリック・オバメヤンを熱望している。


スポンサーリンク




ペップは彼をどうしてもイングランドに呼び寄せたいようだ。それには7000万ユーロを支払う用意もできているらしい。それに加えてこのスーパー、ストライカーの年俸は1000万ユーロを超えるとみられている。



7000万ユーロ!!マンチェスター・シティがオバメヤンにアタック!ドルトムントはこれには折れてしまうだろうか?



マネージャーのミヒャエル・ツォルクはビルトに対して、“こうした噂はすでに夏中聞いているね。我々は彼が2020年まで契約を残していることを繰り返していう事が出来るし、彼もBVBを気にいっているよ。これからもそうであり続けるべきだね。”



ドルトムントには文書でのオファーが届いていなかった。でもオバメヤンとクラブとはすでに接触しているようだ。そしてイングランドでは伝統的に8月に入ってから移籍が本格化する。



マンチェスター・シティのオーナーはグアルディオラに5億ユーロのもの補強費用を用意している。それによって彼が理想のチームを組み立てられるように。ギュンドガンとノリトの移籍がすでに決まっている。



さらにシャルケのザネーのようなスターが続くとみられている。なのでまもなくオバメヤンへのアタックが本格化するとみられている。



201607270325303b0.jpeg
引用元:Bild



ドルトムントはギュンドガン、フンメルス、そしてミキタリアンに続く損失を防がなければならない。でももし本当にこのオファーが届いたのであれば、ドルトムントの責任者は考えなければならないだろう。



しかしそうなるとこれは2重の損失となる。このオバメヤンはトゥヘルのチームでのお調子者というだけでなく、ピッチ外ではチームメートの面倒も見ているのだ。最近では新加入のウスマン・デンベレーをバーベキューパーティーに招待していた。







以上です。

今度はマンチェスター・シティですか・・・こういった噂は何度も聞いていますが、もし7000万ユーロが本当だったら考えるかもしれませんね。

とはいっても本人はレアル・マドリッド以外に移籍するつもりは今のところ内容なので安心していますが。

それからオバメヤンが中国ツアーを抜けて早くもどる事になりましたね。クラブ側は移籍の可能性を早速否定しています。どうやら第2子の誕生がもうすぐのようですね。といっておきながらイングランドで発見されたり・・しませんよね・・。


【おまけ今日のドイツ】

20160727034255617.jpeg


ベルリンの噴水
暑い日はこういうものがあると涼ます。
[ 2016/07/27 06:02 ] オバメヤン | TB(-) | CM(10)
2列目の選手だったら、正直1人ぐらい売っても問題なさそうですけどねw
今、オバメを売ったら終わりますね
[ 2016/07/27 10:04 ] [ 編集 ]
これは移籍じゃなくて銭闘でしょう。ゲッツェの給料はオバメの倍ですから、
給料アップで落ち着くでしょうね
[ 2016/07/27 10:34 ] [ 編集 ]
 英メディアはBVBに随分と関心を持つようになっていますね。昔はそんなことなかったはずですが、近年MUTDに移籍した選手が複数いることと、クロップ監督が在籍していたことによる影響でしょうか。
 記事の内容はともかく、英語メディアに注目されることは良いことですね。英語の情報は世界的に広がりますし、BVBの国外マーケットの開拓にも役立つでしょう。
[ 2016/07/27 10:37 ] [ 編集 ]
これはオーバメ側が流した噂じゃないの?イングランド発とか。
香川とクロートみたいに、クラブの事情を察してあげてスポンサー持ち出して、クラブに文句言わない上に戦わない、という
典型的な日本人ぽい受け身のやり方の方がやる気あるの?とみられるし、フットボール界では相当異端。

ドイツ人じゃないから、ドルではこうだからしょうがない、じゃなくて外国人であろうと家族が増えるから給料上げて、と戦うのは
当然の権利。そもそも戦わないと結果はついてこないから、こういうニュースはオバメはきちんと戦ってる証拠に見える
[ 2016/07/27 12:59 ] [ 編集 ]
またドルかよ
バイヤンと密約でも交わしてんのか?
[ 2016/07/27 13:48 ] [ 編集 ]
ミキタリアンもロンドンで家探しをしているという噂がありましたね。
本当のことは、後になってわかることもある、かも。
うふふ。
でも、もうメンバーは固定する印象がします。
[ 2016/07/27 14:01 ] [ 編集 ]
グアルディオラはマンCに行くときに
ライバルを弱体化させる契約でもしてるのだろうか。
[ 2016/07/27 16:09 ] [ 編集 ]
「エクスプレス」なんて英紙でもテレグラフやインディペンデントなど高級紙と違って「メトロ」に並ぶくらいの飛ばしのメディア
信憑性0だよ
[ 2016/07/27 18:48 ] [ 編集 ]
シティがオバメヤンを欲しがっている記事は、ずっと前から出てましたよね。
そりゃオバメヤンほどの点取り屋はどのクラブも欲しいよね。
ペップはドイツ代表選手やブンデスの優秀な選手が好きなんだなあ。
やはりテクニック&戦術理解が高い選手を求めてるんですね。
今季ドルトムントからは3人のワールドクラスが取られてしまいましたが、あとメガクラブに狙われるのは、ヴァイグル(かロイス)辺りですかね。絶対に死守してもらいたいです。
しかしオバメヤン、ロイス、ムヒタリアン、ギュンドアン、ヴァイグル、フンメルスって、昨シーズンは物凄いレベルだったなと…みんな知的な選手ばかりですもんね。
[ 2016/07/27 19:20 ] [ 編集 ]
ペップどんだけドルの選手好きなんだよ
ドルの監督になれや
[ 2016/07/28 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。