ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「フンメルスの代わりは新加入バルトラだ!」《ドイツの反応》




ビルト】7月27日



新加入のBVBディフェンダー・エース



バルサ・バルトラがフンメルスを!


entry_img_1124.jpeg
引用元:BILD


BVBはフンメルスの移籍を一対一で補う事は出来ない。しかし新加入のマルク・バルトラは少なくともそれを試すべきだ。

スポンサーリンク




ドルトムントの新たなディフェンダーのエース、マルク・バルトラがフンメルスになる!



なぜならベンダーとギンターがオリンピックに出場するため、バルトラはセンターバックとしてソクラティスの隣で開幕スタメンで出場する可能性が高い。彼らの役割ははっきりしている。相手の攻撃を妨げるソクラティスの隣で、バルトラは攻撃においての役割も担うという事だ。



この役割はこれまでフンメルスがこなしていた。しかしバルトラは元クラブであるバルセロナで度々、彼もワールドカップ優勝者のような組み立てのクオリティーを持っていることを見せていた。



201607281954585be.jpeg
引用元:BILD

マネージャー、ミヒャエル・ツォルク:マルクはビッククラブからやってきたので、流れを知っているね。また彼は組み立てにどのように参加するべきかも分かっている。彼は非常に引き締まっていて素早いね。



彼は非常に引き締まっており(痩せている)、ドルトムントの中ではヴァイグルだけがもっと引き締まっている。二人ともスタイルが非常に似ており、フィールド上では見分けがつかないぐらいだ。



バルトラとヴァイグルはまるでマラソンランナーのようだ。ヴァイグルは186センチで71キロ、バルトラは183センチで74キロだ。



ディフェンダーとしてはこれはかなり珍しい。でも二人ともサッカーにおいては信じられないぐらい良いパス成功率を挙げている。


201607281954573f0.jpeg
引用元:BILD



バルトラはにんまりして:“まだ誰もからもそれについて(二人が似ていること)聞いた事はなかったけど、二人の間にいくつか違いはあるよ。”と語る。



ヴァイグルは:“まだ彼とは直接会ってはいないけど、確かに似ているかもね。”と語った。



それはさておき、もしバルトラがヴァイグルのように素早く力を発揮すれば、この似ている二人が観客を魅了する事になるだろう!










以上です。

フンメルスから始まり、最後はヴァイグルと似ているという話でしたか。まあ新加入の選手を一般に広めるという点では悪くはないかもしれませんね。

バルトラはまだきちんと見てはいないのですが、ディフェンダーとしては割と小柄なんですね。パスはバルセロナ仕込みでしょうから、バルトラーヴァイグルあたりで上手く展開してくれると良いと思っています。それから今シーズンはヴァイグルは結構マークされる事になりそうですね。その兆しは後半戦から見られましたが、さらなる成長を期待しています。


[ 2016/07/28 19:55 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(3)
うーん、ドルトムントはどんどん小柄な選手が集まってますね。
パパは185だし、高さが狙われる将来が見えてきます。
ボランチやSBは体格の良い選手を揃えたいですね。
[ 2016/07/28 20:16 ] [ 編集 ]
 フンメルスの役割は攻守におけるパワーヘッダーとしても高さも大きな効果をもたらしていましたから、小柄なことは少々問題で、単純にバルトラがCBとして役割を埋められるかというと厳しいでしょう。バルトラはDMFや3バックのSBとして起用される可能性もあるかなと思います。近年はCBではなくSBを基点に試合を展開するケースも増えていますから、彼はトゥヘル監督にとって使い方を考えるのが楽しい駒になるかもしれませんね。
[ 2016/07/28 20:33 ] [ 編集 ]
どうでもよい感想ですが、ドルトムントって、兄弟みたいな感じ多くないですか?
フンメルスとスボティッチも最初凄く似ているなと思いました。
オバメ、香川、ロイス、ゲッツェ、ミキも、自分には兄弟的に見える…気のせいですね。
[ 2016/07/29 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。