ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独誌ビルトが新しいドルトムントのこれまでを評価!《ドイツの反応》




ビルト



新ドルトムント最初の評価!


デンベレーがすべてのショーを独り占め!



entry_img_1126.jpeg
掲載全写真引用元:BILD


ドルトムントはアジア・ツアーを終えて金曜日に再びドイツに戻って来る。合計19734キロメーターの飛行、過酷な天候、そして新たな経験。このツアーの最後にはマンチェスター・シティと対戦し、PKの末6:7で敗れた。ビルトが新BVBのこれまでを評価する!


スポンサーリンク




仕上がりチェック


いまのところは60%といったところだ。BVBはフンメルス、ミキタリアン、そしてギュンドガンの移籍により、ここ数年で最も大きな変革の途中だ。ゲッツェ、シュルレ、ゲレイロ、ローデ、メリーノ、モア、バルトラ、そしてデンベレーら8人の新加入がチームに合わなければいけない。

ゲッツェ、シュルレ、ピスチェク、そしてヴァイグルは来週からトレーニングに参加する。これは大きな挑戦だ。しかし今のところは上手く行っている。しかし何よりアジア・ツアーのマンチェスター・ユナイテッド戦(4:1)とマンチェスター・シティ戦(5:6 PK)では少しばかり疲れが見られた。




一番目立った選手は?

ウスマン・デンベレーだ。このフランス人は非常に素早く、彼のトリックと素早いドリブルで魅了した。フィールド外でのこのサイドアタッカーはシャイだが、フィールド上ではショーを見せるポテンシャルを持っている。


20160729190236b81.jpeg



チームの立ち位置は?

BVBの最大の希望は:トーマス・トゥヘルがマリオ・ゲッツェに目覚めのキスをすることだ。この失われた息子は3年の時を経てバイエルンから戻ってきた。もし彼が故郷で再び昔のレベルを取り戻せばドルトムントにとっては大きな利益となるだろう。トゥヘルはシュルレも調子を良くするつもりである。フンメルスの代わりであるバルトラは現時点では良い印象を残しているし、何よりも安定したボール捌きと、攻撃に関して説得力のあるパフォーマンを見せている。


20160729190237d7f.jpeg




前線はバイエルンよりもよい?

昨シーズンのドルトムントは合計82得点とバイエルンよりも2ゴール多かった。マネージャーのミヒャエル・ツォルクはすでに、“我々の攻撃メンバーは非常に良いね。もしかしたら昨シーズンよりも良いかもしれない。”と語っている。なによりも選手層においてドルトムントは強化されている。その点ではバイエルンに対しても胸を張ることができるだろう。




何が違ってくるか

今シーズンはボルシアはよりサイドで大きな圧力をかけてくるだろう。シュルレ、デンベレ、モアとトゥヘルはサイドに強い3人の選手を獲得した。昨シーズンのドルトムントの攻撃は大抵中央からのものだった。




新しいトゥヘルシステムの可能性は?

これはあまり変わらないだろう。昨シーズンのトゥヘルは4231と4141、そして時にはマルコ・ロイスのシャドー・ストライカーでの起用、または相手ポゼッション時の5バックなどのシステムを採用してきた。戦術狂いのトゥヘルはどちらかと言えば、ヴァリエーション豊富な戦術を少し減らしてくるかもしれない。


20160729190238e57.jpeg







以上です。

いよいよ来週から残りのメンバーも合流するという事で、トレーニングが本格化しますね。今から開幕が楽しみです。

戦術に関してですが、相手に対してある程度変えるのは悪くないのですが、これだけの戦力があるのですから、自分たちの戦力で相手をねじ伏せられるようなスタイルも確立してもらいたいものです。

[ 2016/07/29 18:59 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(17)
ドイツ紙はシュールレよりゲッツェに期待している傾向があるようですね
トゥヘルのゲッツェとシュールレのコメントに明らかに温度差があるにも関わらず
[ 2016/07/29 19:13 ] [ 編集 ]
本当に今季は監督の手腕が試されますね。
メンバー選びから戦術・システム、ターンオーバーに選手のモチベーション管理…
特に前線の選手層はビッグクラブ並ですし、大変な仕事になりそうですね。
[ 2016/07/29 19:38 ] [ 編集 ]
PSMで常に安定して好パフォーマンスのカストロについてはコメント無しですか・・
[ 2016/07/29 19:39 ] [ 編集 ]
デンベレが目立ってるようだけど過剰な期待は禁物。
スピードはあるんだけど相手のディフェンスとデフェンスの間に入って行けないし折り返しのクロス狙ってるわけでもなさそうだから公式戦で点に絡むのは今のところしんどいかな?19歳ということだけど香川やゲッツェが同じくらいの年齢の時と比べて明らかに下だしね。まぁ2~3年くらい先に10点取れればいいって感じ。

チームのツアーちょろっと見た感じでは、気温の高いとこでハードに走れてたんでヨーロッパ戻ればいい感じでキレてくるかなという印象です。昨日のゲームではシャヒンがよくなってたな。たぶんコンディションは今までで一番いいかも。あとはゲーム勘ですね。この人が戻ってこれるんならフンメルスやギュンの穴は埋まるというかおつりがくるね。
[ 2016/07/29 19:40 ] [ 編集 ]
>確立してもらいたいものです。

 そうですね。クロップ監督はそれが出来ましたからね。引き継いだトゥヘル監督もなんとかしてほしいですね。
[ 2016/07/29 20:08 ] [ 編集 ]
いつも楽しんで読ませて頂いてます。
デンベレ推すしかネタがないような記事ですね。
実際に良かったのはカストロだったと個人的には思いましたが名前がないな 笑。
開幕はこのままだと
オバ、シュルーレ、デンベレ、香川、カストロ、ヴァイグルな感じになりそうです。
ゲッツェはすぐには戻らないように思うので。
バルトラに期待してます。
[ 2016/07/29 20:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェの出来次第だな
[ 2016/07/29 21:17 ] [ 編集 ]
香川キレキレで調子良さそうで楽しみ
[ 2016/07/29 22:27 ] [ 編集 ]
カストロ好きだけど、昨日盛大にチャンス外したからじゃないすかねw
[ 2016/07/29 22:57 ] [ 編集 ]
メイン補強のゲッツェ・シュールレ共トゥヘルが再生させる前提なんですか
トゥヘルも大変ですね
[ 2016/07/29 23:20 ] [ 編集 ]
やっぱりビルトだなぁというかんじです。
ゲッツェとシュルレにいつも焦点を当てたり、ヤングスターを作り出したいとことか。
見ていて面白いですが、あまり参考にはならないですね。
[ 2016/07/30 00:22 ] [ 編集 ]
中盤は香川、力ストロ、ローデでやってみて欲しい
ゲッツェ、シュールレはサイドで使えば良いんじゃないかな ロイス怪我してるしクバが戻るのかわからんし
個人的には右サイドピシュチェクもいいけど去年の前半戦のギンターも良かったから右SBで使って欲しい
あとはシュメルツァーのきちんとしたバックアップがほしい
[ 2016/07/30 03:50 ] [ 編集 ]
デンベレ19ですし…同じ頃の真司くんと比べるとさすがにデンベレのが余裕で上かと…
これでチームプレーが更に浸透すれば最強な人材!育て方となにより本人次第だけど、どの世界でも若手に注目集まるのは仕方がない
[ 2016/07/30 03:53 ] [ 編集 ]
バルトラ、デンベレ、カストロ、プリシッチ、香川あたりは、仕上がりを早くしてアピールしたい気持ちが出ていると思う。ただ、今は他の選手が合流前か仕上がってないだけで、まだ当てにならないと思う。
[ 2016/07/30 05:07 ] [ 編集 ]
香川の活躍が楽しみですね。香川(長友も)はシーズン進めばいつのまにか不動のスタメンになるので。
獅子奮迅のミキタリアンと縦パスいれられるフンメルス...今のメンバーにこの二人がいたら優勝できそうなのが悲しいです。
[ 2016/07/30 06:11 ] [ 編集 ]
シティ戦、見ていましたが香川選手も良かったですがゴンゾも仕上げてきたなぁと思いました。確かに壮大に外しちゃったけど…ローデにも期待しますが、やっぱりシャヒン‼頼む‼とも思います。香川選手がコミュニケーションの大切さをインタビューで話していましたが、年齢的にも残り少ない二連覇組としてもチームを引っ張るという気持ちが見えるなぁと思っています。色んな国の若い選手が増えましたからね。まとまるの大変や。
トゥヘルはやはり個人的には好きではありませんが(^^;;シュールレとゲッツェの再生にまたチーム作りやり直しにオーバの移籍の心配に、手腕が問われますね。ペップは自分のあとはトゥヘル推しって記事も出たようなので、頑張るでしょう。アンチェロッティの次、狙ってるんやろな〜。
[ 2016/07/30 11:50 ] [ 編集 ]
日本人は心配してるだろうけど中盤は香川とカストロが中心だと思うな
香川はチームに慣れてるのもあるけど他の選手よりは上の選手だと思うよ
デンベレは良い時は凄いけど悪い時は邪魔にしかならないから早く変えろって時もあると思う
ゲッツェとシュールレは調子戻すのが最優先だし代表戦もあったりCLで忙しくなる10月~12月頃にはローテーション出来るようになれば良いと思う
[ 2016/07/30 12:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。