ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ドルトムントの大変革についてどう思いますか?」記者が議論!《ドイツの反応》




スポーツビルト




スポーツビルトの記者達が議論する



プロとコントラ:



BVBの大変革についてどう思いますか?



entry_img_1127.jpeg
引用元:Sportbild

BVBはまたバイエルンを追う存在となれるだろうか?それともこの変革はチームには大きすぎるだろうか?スポーツビルトが議論する。



スポンサーリンク





プロ:BVBのバイエルンへの攻撃は可能!記者:ロベルト・ヒアゼマン



マリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレという二人の補強が実現した今、BVBは本当にすごいシーズンを楽しみに待つことができる!ゲッツェは中央で働き、シュルレはサイドからエネルギーを注入するだろう。しかし今その陰に隠れてしまっているが、BVBでエンジン全開の姿を見せてくれそうなのは、ワールドカップ優勝者ではなく、ヤングスター達だ!

19歳のウスマン・デンベレーは上海で行われたマンチェスター・ユナイテッドとのテストマッチでは走り回った。それも気温40度、湿度70度の中でだ。またマルク・バルトラやセバスティアン・ローデもすでにチームに溶け込んでいる。ドルトムントの中では何か大きなものだ成長しているという事が感じられる。だからバイエルンへの攻撃が可能だ!


バイエルンとの競争を可能にするのはなんだろうか?それにはゲッツェとシュルレ、そしてヤングスター達がすぐに機能する必要がある。またシーズンを通して負傷しないという幸運も必要だろう。我々サッカー選手はこれを望んでいる。





コントラ:タイトルを獲得するには変化が大きすぎる! 記者:イェルク・ホブシュ


すぐに機能するなんてありえない!!フンメルス、ギュンドガン、ミキタリアンというBVBで長い間プレーしてきた絶対的な選手が去った後では。しかもバイエルンで失敗したゲッツェとチェルシーで失敗し、ヴォルフスブルクでぱっとしないシーズンを過ごしたシュルレ、そしてバイエルンの控えローデ、さらにはこれからまずはブンデスリーガで力を証明しなければならない若い選手たちが彼らを補わなければならないのだ。

この変化は非常に大きくきついものだ。まずはチーム内に序列ができるまでに時間がかかるだろうし、新加入がトゥヘルのアイデアを体現するのにも時間がかかるだろう。デンベレー、メリーノ、モア、ゲレイロ、そしてバルトラもまずは環境に慣れなければならない。言葉、プレースタイル、テンポ。ブンデスリーガは彼らにとってまったく新しい世界だ。

先を見ればBVBの補強は良いものだが、今シーズンはチァンピオンズリーグ圏に入れば喜んでも良いだろう。





読者アンケート

BVBはバイエルンを脅かす存在になる:72%

タイトルには変化が大きすぎる:28%








以上です。

まあ最初の記者の言っているようになってほしいですが、そう簡単にはいかないでしょうね。まあ去年のヤヌザイもそうだったんですが、若い才能が加入するととにかくメディアは騒ぎます。読者の大部分もそれに踊らされてしまっているように思います。

ちなみにこのプロとコントラというのは、スポーツビルトに毎回設けられているコーナーになります。いつも異なる二つの意見を掲載しています。



【おまけ今日のドイツ】

20160730045028d93.jpeg


ドイツで売られているコアラのマーチ
[ 2016/07/30 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(8)
プレースタイルとテンポに慣れる必要があるというのは頷けますね。メディア一押しのデンベレは才能豊かな若者であるのは間違いないですが、ドルトムントというチーム(組織)が出来上がったときのスタイル、トップリーグのトップチームに勝るとも劣らないテンポ(狭い場所でのパス交換や精度など)に適応できるのか否かはまだ判断できない状態ですから。

更にトゥヘルになって戦術が頻繁に変わるので、短い期間で訪れるその変化に対応できるのか否かということもあるでしょう。まあ、これはデンベレ以上にゲッツェのほうが影響が大きいとは思いますが……。なので、私の意見としては後者の記者寄りですね。しかも、フンメルスとギュンドアンというゲームメイクをしつつ、縦パスを入れていた選手がいなくなってしまったので、折角揃えた前線が機能するか否かも微妙だと思っていますし。

とはいえ、新シーズンはこの一年お預けだったCLがあり、各国の強豪チームと戦えるので非常に楽しみです。PSMでの試合は選手が揃っていなかったりチームが再構築中であったりして、どうしても緊張感にかけてしまうので、ガチ試合で手に汗握る一戦を早く観たいです。
[ 2016/07/30 06:32 ] [ 編集 ]
この記事には書かれてないですが一番この影響を受け一番のピークを若手育成や試合感のない太りすぎたゲッツェや自分アピが凄いであろうシュルレなんかのフォローに奔走しないとならないロイス香川オバメカストロらが重要になるのに新入りだけをアピールしすぎてちょっと嫌になってきてますね自分は。マッツやムヒやギュンが何故今出ないといけなかったかってのは間違いなくこの影響を一番良い時に受けることを知ってたからでしょう。タイミング的にもフリー手前だったから出れましたが他のメンバーは出ることができず相当苦労を強いられそうです。ゲッツェなんて今まで何をやってたかと思うほど遊びほうけて節制とは無縁な生活みたいですが干されてた半年だけでも身体作りはできたのにしてこなかった。こんな選手のフォロー役とかしんでもやらせないで欲しいですわ
[ 2016/07/30 08:54 ] [ 編集 ]
バイエルンで干され、契約も残り1年のゲッツェに大金を叩いたんだから当然なんだろうけど、香川がベンチなのは規定路線なんだね。
香川のスタメンに満足してれば、安値になる冬か、フリーになる来夏でもよかったんだから。
[ 2016/07/30 08:59 ] [ 編集 ]
おまけコーナーいつもありがとうございます。
コアラのマーチに持っていかれました!
[ 2016/07/30 15:14 ] [ 編集 ]
大改革も何も、監督が代われば面子が大幅にが変わるのは当たり前なんだけどな
[ 2016/07/30 21:59 ] [ 編集 ]
香川に不満があってベンチにするつもりなら、リーグを問わず香川以上にトップ下で好成績だった選手を獲得しないと意味がないんじゃないですか?
ゲッツェは結局バイエルンではほぼサブだったし、怪我もあってもう1年以上トップフォームにほど遠い状態が続いています。
その上、クラブでも代表でも長いことトップ下はやっていません。むしろ香川という安定した同ポジションの選手がいてこそ獲れる要リハビリの選手に思えます。

ゲッツェを1年かけて復調させるつもりなら、高額の移籍金もいきなりスタメンの重圧を背負わせる必要のない今のこのタイミングも理解できます。
安くなる冬やフリーになる来夏を待っても、バイエルンでベンチやベンチ外が続けばますます試合勘がなくなって、調子を取り戻すのにさらに時間がかかるだけですからね。
トゥヘルの会見を見てもシュールレのように即戦力として当てにしてる感じではないし、香川自身のパフォーマンスが影響した移籍ではないと思います。
[ 2016/07/30 22:50 ] [ 編集 ]
ゲッツェに大金って 笑
まだ24でドイツ人なのにバイエルンでの出来や代表での出来でかなり目減りしたんですけどね
まぁ新戦力でドイツ人なんだからどれだけ酷くても持ち上げるもんですよ
[ 2016/07/31 02:15 ] [ 編集 ]
練習試合で4231を使ってるけど、あくまで今練習に参加してる選手でできるオプションの一つでしょ。昨季は2トップや4141を何度も試してたし、いまのチームの状態みると前やサイドに放り込みしてるよね。サイドに足の速い選手とってるとこみると、トゥヘルはどの戦術でもトップとサイドの選手がスピードで押して得点する形にしたいんだと思うんだよね。トップ下を1人置くなら守備してスペース作りするだけ。スペースが適度にあれば自由に動けるけどトップ下が1人だと必ずマークされるし。ドイツ紙やドイツ人サポはやたらとゲッツェトップ下を推すけど、トゥヘルの4231だとすごい地味で守備で走り回るポジションだよね。正直、守備力をあげないと今のゲッツェは使いどころがない。トゥヘルがシュールレは絶賛してゲッツェには冷めた発言してるのにドイツ人って気がつかないの?
[ 2016/07/31 09:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。