ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!中国ツアーから1000万ユーロを持ち帰る!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】7月29日



マンチェスター・シティに負けたにも関わらず、

BVBは中国から1000万ユーロを持ち帰る!!


20160730190755b2c.jpeg
引用元:BILD


金曜日の11時53分にユーロ・ウイングス1909の飛行機がドルトムントに到着する。



ボルシア・ドルトムントは中国でPK戦の末に敗れたが、それでも1000万ユーロを持ち帰って来る!

スポンサーリンク



ほぼ40度の気温の中で行われたマンチェスター・シティとの試合で、ドルトムントはPK戦の末に5:6で敗れた。90分が終了した時点では1:1(アグエロ、プリシチ)だったが、決定的なPKを新加入のスペイン人ミケル・メリーノが外した。



ポカールのバイエルン戦に引き続きドルトムントはグアルディオラにPKで敗れることになった・・・・。



飛行距離19734キロメーター、過酷な天候、時差ボケ、さらに常にPR活動。しかし経済的に見ればこれはドルトムントにとっては利益のあるものだった。ユニフォームのスポンサーであるエヴォニクとプーマが大きなボーナスを支払ったのだ。それに加えてインターナショナル・チャンピオンズカップの参加費だ。それらを合わせると1000万ユーロに上る。



またここの最近はこの極東からの直接の収入もある。ここ15か月で、マーケティング・ボスのカーステン・クラマーが新たに9つのスポンサーを集めたのだ。それらの収入は年500万ユーロにも上る。



entry_img_1128.jpeg
引用元:BVB公式ツイッター

さらに新たなスポンサーの獲得にも成功したようだ。ビール会社のチンタオがマンチェスター・ユナイテッドとの試合をBVBの招待で観戦したようである。そしてここ数年でアジアでの収益を年3000万ユーロにまで増やす予定だ。そのためにも来年もチームは中国ツアーを行うとみられている。




トーマス・トゥヘル監督はリラックスして、“これは非常にポジティブな出来事だね。我々をより成熟したものにさせてくれるし、新しい事に対しても常にオープンであることができる。これには非常に多くの価値があるね。”







以上です。


目に見える収入があったようで良かったですね。プーマやエヴォニクからもボーナスが出たようですが、やはりスポンサーにとって大事なのは強いかどうかよりも、一般的に有名かどうかでしょうね。ドルトムント、ここ数年のこうした活動でビッククラブとして広く認知されるかどうかが決まりそうですね。


[ 2016/07/30 19:59 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(5)
なんだかんだ言われていますが、中国市場はかなり熱いらしいですね。
単純に人口が10数億いるだけあって、当たったときのプラスが桁違いなんでしょうね。
余談ですが、ハリウッドでも最近、中国贔屓といって良いくらい重視されています。
[ 2016/07/30 20:55 ] [ 編集 ]
ここまで中国ツアーで儲けられるとなると、今後日本ツアーは期待出来ないだろうし残念だなぁ
[ 2016/07/30 21:01 ] [ 編集 ]
 中国のスタジアムには黄色いシャツを着たファンが沢山いましたね。驚くべきことに2010-2011年ものを着ている人がいるのを観ました。当時はアジアで注目されているクラブではなかったはずです。どこにでもコアなファンているものですねぇ。
[ 2016/07/30 21:19 ] [ 編集 ]
中国はいくら13.5億の人工がいると言っても、一人あたりのGDPはまだ7000ドル程度で、平均過処分所得は1500ドルに満たないとされています。

イメージで中国はジャブジャブにお金が溢れているように思われがちですが、どのサッカー球団もスタジアム、放映権収入では支出を賄えず、興行としてはどれも赤字です。また、有名チームが遠征でお金を受け取っていますが、これも中国側の収益が成り立っていません。

中国は選択的に海外のソフトを購入するように予算をつけられていますが、逆にいうと、中央政府からの(間接金融を通した)予算で成り立っており、純粋にサッカー界が自活しているわけではありません。予算が切られたらすべてが無くなると思っても差し支えないと思います。
[ 2016/07/30 21:36 ] [ 編集 ]
高騰する放映権やクラブ運営にとってのお金は
もちろん大切なんでしょうが
お金に踊らされて金満クラブと言われるクラブばかりに
有名選手が集中する昨今の事実に少々白け気味。

クラブへの忠誠を誓い真実の愛を示す既存の古参選手よりも
大切なのは勝利とお金

ロマンティック過ぎるのかも知れませんが
サッカーはビジネスという言葉が虚しくて
もはや試合を純粋に楽しめない。
[ 2016/07/30 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。