ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

度重なる負傷のStパウリ宮市!「宮市、自分の体との闘い!!」ドイツ紙 《ドイツの反応》





ハンブルク】7月29日



FCザンクト・パウリ

宮市、自分の体との闘い!



entry_img_1132.jpeg



この日本人はシーズン開幕に向けたFCセヴィリアとのテストマッチに欠場する。このストライカーにとっては運命だ。



スポンサーリンク




ハンブルク:彼のチームメートたちが集中的に、自分たちの状態を仕上げるのに取り組んでいる横で、宮市亮はコッラウ通りの人工芝の上で一人黙々と一人でトレーニングしていた。彼は何度も羨望のまなざしでチームメートたちを眺めていた。この間の日曜日に行われたカーディフ・シティとのテストマッチ以来、この日本人は内転筋に問題を抱えている。“これは、これ以上悪くならないための措置です。痛みはありません。あと2、3日したらまたチームトレーニングに参加したいですね。”と宮市は語る。彼は、2部リーガ開幕のリハーサルとなるEL優勝チーム・セヴィリアとのテストマッチは欠場する見通しだ。“もしかしたらこれは運命かもしれないですね。体がセヴィリア戦ではプレーしないほうが良いとサインを送っているのかもしれません。”とこの攻撃選手は冗談交じりに語った。



振り返ってみよう:それは2015年の7月18日の事であった。ミッレルントーア(注:ザンクトパウリ本拠地)の夏らしい一日であった。シーズン2015/2016が始まる前の最後のテストマッチでザンクト・パウリはラーヨ・ヴァイェカーノと対戦した。ザンクト・パウリは4:2で勝利したが、これによって日本人に起こった出来事が舞台裏へと押しやられてしまった。まったく普通の空中戦で宮市は膝をひねったのだ。“今でもその時の音を覚えていますね。でもその時はそれ以上は特に考えませんでしたし、その後もトレーニングしたんです。そうしたらあのような診断が下されました。あれはショックでしたね。”とこの観客の人気者は語る。彼は2015年7月の出来事を良く思い出すとようだ。


膝十字の損傷によって、この技術に優れたサイドアタッカーは10か月も離脱することになった。さすがにこれには常に機嫌が良く、楽し気な日本人にとってもきつい時間だった。“僕は本当にStパウリの助けとなりたいという大きな希望を持っていましたが、このような事が起こってしまいました、これは本当につらい出来事でしたが、今戻ってきました。”と、ハードワークの後で夢のようなカムバックを果たしたこの23歳は語る。昨シーズンの最終節ではカイザースラウテルンを相手に5:2の勝利をおさめたが、そこで2ゴール1アシストの活躍をしたのだ。この成績よりももっと重要だったのは彼の膝が安定してきたという事だ。


“僕はより我慢強くなりました。”


宮市はプレーできずに観戦する事しかできなかった時期に多くのものを学んだ。“僕はより我慢強くなりました。”と語る。だから彼は痛みによって、準備期間に何度も個人トレーニングをしなければならなかったとしても気が狂ったりはしない。トレーニングはハードであるが、良い感じで過ごしていると語っている。宮市は夏の間に体重を2キロ増やした。“これで膝と体を支える助けとなりますね。”と宮市は語る。



彼の目標は8月8日にブンデスリーガ一部から降格したVfBシュトゥットガルトとの対戦でピッチに立つことだ。“そうなると良いですね。でもそれに間に合わなかったとしても、そう悪くはありません。まずは100%の状態にならなければなりませんからね。シーズンはとても長いですし。”と、私生活ではハンブルクにすっかり慣れた宮市は語る。



この日本人は何よりもヴァルデマール・ソボタ、ラッセ・ゾビエク、そしてマーク・ホルンシューと多くの時間を過ごしている。“僕たちは良く日本レストランに行きますし、彼らに日本語も教えていますよ。僕はラッセ・ゾビエクの日本語はけっこう良いと思いますね。”と宮市は笑いながら話した。彼自身の語学力はさらに向上させるつもりのようだ。彼はいくつかのドイツ語の文章は憶えており、彼はメディアに対して進んでヴオルフガング・ペトリやケルスティン・オットーの歌(ドイツ語)を披露して、その音楽的才能も証明したところだ。彼は妻のユカとともに、歌うだけでなく日常でのドイツ語も話せるようにドイツ語のコースに通う予定だ。







以上です。

宮市選手、度重なる負傷で個別トレーニングとなっているようですが、それほどひどい怪我ではなさそうですね。シーズンは長いですから焦らず準備してもらいたいです。

かなり宮市選手の言葉が引用されていますが、この新聞のインタビューでしょうか?元のインタビューも読んでみたい所ですが、見つかりませんでした。

ドイツ語の歌を披露したというエピソードやチームメートとの話は興味深いですね。ドイツに溶け込もうとする姿勢をドイツ人は非常にポジティブに受け止めてくれますので、どんどんやってほしいと思います。



[ 2016/08/02 06:00 ] 宮市亮 | TB(-) | CM(5)
くさるな宮市選手。
必ず成功するからくさるなよ。

日本から祈ってるから。
[ 2016/08/02 10:56 ] [ 編集 ]
けがに悩まされてきた宮市選手ですが、くさることなく明るく頑張っているようで感じのいい青年ですね。まだまだ伸びる余地があると思いますので、慎重に治してプレイタイムを延ばして欲しいです。
[ 2016/08/02 15:14 ] [ 編集 ]
年齢的にまだまだ期待しているので、どうかケガだけはもう勘弁してほしいという気持ち。
本人が一番悩んで辛いんでしょうけどね。
ポテンシャルあるし、輝いてほしい。
[ 2016/08/02 15:25 ] [ 編集 ]
無理せず頑張ってほしいですね
サッカーに必要なものは全て持っているので、怪我がなければかなり大成するでしょうから
[ 2016/08/02 18:43 ] [ 編集 ]
管理人さん、宮市選手のニュースありがとうございます

あぁ。いつものように(失礼f^_^;)大怪我のニュースじゃなくて良かった~
長期離脱だけは本当に勘弁です
最終戦の活躍から期待もされているだろうし、無理せず確実に復帰してほしいものです
[ 2016/08/03 03:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。