ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙:「香川とプリシチの二人が新加入に怯えなければならない!!」《ドイツの反応》



【ドイツ一般紙】



BVB:ゲッツェとシュルレ


二人の選手が新加入に怯えなければならない!



entry_img_1134.jpeg


この月曜日にマリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレがボルシア・ドルトムントでのトレーニングを開始する。彼らがBVBのクオリティーを高めることは疑いようもなく、しかし二人の新加入の選手が彼らのために席を譲らなければならない。

スポンサーリンク



ようやく月曜日がやってきた。ドルトムントのロイヤル・トランスファー、マリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレがユーロ大会後の休暇の後でBVBトレーニングに参加するのだ。



ゲッツェとシュルレへの期待は非常に大きい!



クラブのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケとマネージャーのミヒャエル・ツォルクはこの二人の代表選手に対して5600万ユーロを支払っている。それだけにゲッツェとシュルレへの期待は非常に大きい。



20160803041402bf7.jpeg




BVB監督のトーマス・トゥヘルはこの二人の新加入が新しい攻撃陣において中心的な役割を果たすであろうという、彼のコンセプトについて語っている。“僕はこの移籍が決まって本当に嬉しいよ。僕は彼の長所は中央だと見ているね。”とこのドルトムントの監督はゲッツェについて語っている。


トゥヘルはシュルレを褒める


トゥヘルは、3000万ユーロの男シュルレの事を、昨年のお気に入りの代わりとみているようだ。“我々はヘンリク・ミキタリアンというサイドの選手を失ってしまった。このポジションで彼のような選手はそう多くはないね。でもシュルレもその一人だ。彼らには、エゴを持たないにも関わらず驚異的な得点力、という大きな才能があるね。”



201608030414023ae.jpeg



これで最初のトレーニングを前に、二人の新加入にとっては一つの事がはっきりした。トゥヘルは彼らをスタメンとして計画していることだ。そしてこれとは反対に二人の選手が押し出されることになるだろう。香川真司とクリスティアン・プリシッチだ。



香川は中心的な存在だった。



この日本人は今のところ手堅い準備トレーニングをしている。昨シーズンの彼はチームの中心であり、29試合中26試合でスタメン出場している。そしてシーズン終盤にもゴールにおいて力強さを発揮している。



20160803041404d92.jpeg



この27歳は10番のポジションでプレーする事を好む。しかしトゥヘルはそこのポジションはゲッツェのポジションだとみている。そしてゲッツェがシーズン開幕にベンチになる可能性は低いであろう。まずは香川が後ろに回らなければならないだろう。




プリシッチはトップグループ入りをめぐって戦わなければならない




彼と共にプリシッチも今シーズンはトップグループ入りをかけて戦わなければならないだろう。このアメリカ代表は昨シーズンにおいてBVBの新たな発見であった。この17歳のタレントは後半戦4試合にスタメン出場し2ゴールを決めている。


201608030414050f5.jpeg



しかしドルトムントの攻撃陣のパワーはものすごく向上している。シュルレとゲッツェに次いでウスマン・デンベレー、エムレ・モアという二人の才能豊かなサイドアタッカーを獲得している。



プリシッチは香川のように次のステップに進みたがっていた。しかし今の状況でそれが可能だろうか?







この記事に寄せられたコメント



・この二人はBVBではまあせいぜいユーロと同じぐらいのパフォーマンスしかはっきりしないだろうし、まったくもって役に立たないだろう。本当にこの名前は役に立たないね。



・この二人に怯えなければならないような選手なら、そもそもブンデスリーガでプレーする資格はないね。



・この二人はチームでもドイツ代表でも役に立たなかった。この記事は父親の願いでも書いているのだろうか?それとも編集部は黄色と黒のユニフォームでも着ているの?



・彼らがユーロの様なパフォーマンスを見せるんだったらどのチームだっていらないよ。期待しすぎは良くないね。











以上です。

同じ日本人として、こういう記事には非常に腹が立ちますね。こういう見方をする人が一定数いることは仕方ありませんが、ジャーナリストとなると話は別ですね。やはりこういう時に外国人は不当に評価を下げる扱いをうけますが、それが外国にいるという事でもあります。ここドイツで何かを得たいと思ったらドイツ人以上の力を見せつけるしかありません。これは結構大変なんですが、香川選手には今シーズン是非とも頑張ってもらいたいですね。

それから少ないですけどコメントも載せました。記者と読者の温度差は以前の記事でも紹介しましたが、ゲッツェとシュルレの一般の評価とメディアの評価(願望)にはかなりの開きがあるとみて良いと思います。

本当は香川選手とゲッツェのコンビネーションが見たいんですけどね・・・。


さて話は変わりますが、今日の記事にはソースを明記していません。


以前からもブログのコメントで、当ブログの記事が盗用されているとご指摘いただいており、訳にフェイクを入れてはどうか、などとアドバイスをいただいておりました。しかし、それをやると意図的に嘘の情報をばらまくことになり、当ブログの読者の信頼を裏切る事にもなりますので、別の方法を考えておりました。


というわけで、試験的に香川選手の記事のソースは後から公開するような形で対処してみたいと思います。すぐにソースを提示しない事には多少の抵抗はありますが、フェイクを入れるよりは良いだろうと判断しました。まあ元記事を探すのはそんなに難しくはないでしょうけれど、探そうと思えばいくらか手間はかかります。本業の方にはすこしは手間をかけてもらいましょう。


しばらくしてからドイツ紙の名前をきちんとブログ上で更新しますので、しばらくの間ご理解よろしくお願いします。





【おまけ今日のドイツ】


20160803041955f1c.jpeg

小腹が空いた時に食べる子供用の菓子 マキシーキング

[ 2016/08/03 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(49)
父親の願いを書いてる!とか面白い表現ですねぇ、今度どこかで使わせてもらおうw
盗用対策効果があるかもしれませんね、ドイツ語分からないと検索も面倒ですし
[ 2016/08/03 06:19 ] [ 編集 ]
毎日3回はここを覗きにくるものです。
管理人さん機転がききますね。(^ ^)
[ 2016/08/03 06:37 ] [ 編集 ]
今はスポーツ選手もスポンサーが色々と付いているので、単純に実力云々とは行かなくなっているので、色々と大人の事情のあることが透けて見えてくるような記事ですね。若い頃から期待の新星と祭りあげて、次世代の中心とするべく各方面が色々と動いていたのでしょうし、それで選手が大成するのであれば必ずしもそれが悪いことではないでしょうから。

問題があるとしたら今現在のドルがタイトルを狙ってはいないこと(幹部がバイエルンのライバルじゃないとか発言しちゃったりCL圏内が目標と言っちゃったりする)でしょうか。タイトルを狙っているのであれば、勝点に余程の余裕がない限りは妥協の許されない采配になるはずですが、タイトルを狙っていないとなると意図的にスターを作り上げることで得られる収入を優先した采配になる可能性もありますから。

とはいえ、ドルの補強が数年先を見越したそれであったことは確実なので、香川がドルで選手生活を続けるのであれば圧倒的なパフォーマンスを見せざるを得ないでしょう。まあ、レヴァに対する冷遇という前例があるだけに見切りをつけるときはさっさと見切りをつけるべきだとは思いますが……。
[ 2016/08/03 06:39 ] [ 編集 ]
香川とゲッツェは共存してナンボだと思います。
ロイス、香川(カストロ)、シュールレ、
と並び、左右の交代要員が好ましいと思うのですが、、何せ二人の息の合ったコンビネーションは驚異的でしたし。
[ 2016/08/03 06:45 ] [ 編集 ]
ゲッツェはまずはコンディションを整えなくてはいけないので開幕からスタメンは無いかな。
ただ議長が最近調子いいので、バイグルをボランチに据えて、議長とローデを中央に据える可能性はありそう。
視野の広さやパスセンスをとるなら香川だが、ミドルシュートや独力でグイグイボールを前に持っていく事を監督が求めるならスタメン争いは厳しくなってくると思う。
ターンオーバーで出場機会はあるだろうけれどまた大事な試合では使われないとかありそう。
[ 2016/08/03 06:58 ] [ 編集 ]
香川選手のブログ読みましたが、彼はゲッツェに負ける気はさらさらないように感じましたけどねぇ。
ゲッツェがまん丸顔のうちは負ける気しませんけど!
それでも昨シーズンのミキ並みに安定して半端ない活躍でなければ、トゥヘルもメディアも容赦ない感じはします(;_;)
そうなれれば、ステップアップできますけどね!
プリシッチも絶賛モードだった感じしますけど…外国人は辛いですね。
管理人さまには良質なこのブログを続けていだだきたいので、頑張って下さい!
[ 2016/08/03 07:42 ] [ 編集 ]
香川選手も、昨日のブログで、チーム内の競争は覚悟している、頑張ると言っていましたし、まあ前のコメントでもあるように、実力やチーム戦術に馴染んでるかどうかは関係ない、興行的部分が左右する可能性はないとは言えないかもしれませんが、中国ではかなりキレのある動きを見せてくれました。香川選手がきっと競争に勝ち抜いてくれると信じています!
[ 2016/08/03 08:01 ] [ 編集 ]
先日のシティ戦で香川アシストからのプリシッチゴールという結果(二人は内容も良かった)に焦りを感じて、こんな願望による世論誘導記事を書いたのかと勘ぐってしまいます。
若い有望株で昨シーズンは祭り上げられてたプリシッチに対しても、こんな事書いちゃうんですねw
改めてドイツ人の自己愛の強さを認識させられます。
[ 2016/08/03 08:14 ] [ 編集 ]
ゲッツェを獲得したという事は香川がドルを出て行く事を想定していると思います。香川自身もこの一年頑張って次のクラブに行く事を考えているのではないですかね。
[ 2016/08/03 08:24 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
手抜きで仕事をしている人は、ジャーナリストとは呼びません。
いたましいですね。
ある力が加わったり、情報操作をしたりするのが、
マスコミですが、わたしたちにも感じる力があります。

管理人さんの意図や方法のほうが、プロっぽいと思います。

香川真司を、さらに、今年は応援したい。
それが、日本サッカー界のためになると思っているからです。
今年は、アツイ。
[ 2016/08/03 08:55 ] [ 編集 ]
ゲッツェより香川がトップ下で後ろに回らなきゃいけないってなんでやねん笑 ゲッツェよりトップ下うまいやん。そんな無条件で後ろに回されるような国籍重視のクラブどうでもええわ。シュルレなんてヴォルフスブルクで9得点しかできてないのになにをそんなに期待してるの?たぶんムヒタリアンを投影してしまってがっかりする結果になると思うよ。
[ 2016/08/03 08:56 ] [ 編集 ]
管理人さんナイスです!!
盗用を見つけてから某電子雑誌もチェックするようになったので、そちらの動向もどうなるか見ておきます。
子供のおやつというと、やはり甘いのでしょうかね。食べてみたいです。

プリシッチは昨季活躍したみたいな記事よく見ますが、香川選手のスコアポイントを載せたりしないてすよね。
大衆紙かぁ。日本も同じような事あるのでしょうがないんですかねぇ。
[ 2016/08/03 09:03 ] [ 編集 ]
2列目は多すぎますね。特に若い選手がね。
あとトゥヘルが望んだのは(ミキの代わりとなる)シュールレであり、ゲッツェはフロントの方でしょう。
まだプレーすらしていないのだから、開幕してみないと何とも言えないですよ。
シーズン中でも調子によってメンバーも変わるでしょうね。
もちろん香川も先日のマンチェスターシティ戦のような高パフォーマンスを出し続ける事が求められます。
あの試合はマンオブザマッチと言っても良いキレでしたね。
[ 2016/08/03 09:15 ] [ 編集 ]
管理人さんグッジョブ
[ 2016/08/03 09:20 ] [ 編集 ]
私も管理人様と同様にゲッツェ選手と香川選手のコンビネーションが見たいです。
シーズン中は何があるか分かりませんし、怪我がちなロイス選手のことも考えると共存の可能性は充分あると思います。
[ 2016/08/03 09:34 ] [ 編集 ]
ま、記事をパクる様な所には見に行かないんでここしか見ないよ。

多分、実力よりも代表人気を取ると思う。
ドルは1位をとるのを諦めて商売に走ってると思う。
[ 2016/08/03 10:02 ] [ 編集 ]
戻って来て早速10番貰えるなんて、ゲッツェにとってはチョロいクラブですね。
フロントはユニが売れたら何番でもいいんでしょう。
で、売り出し中のアイドルみたいな各方面からのゴリ押し・・・。あ、ゲッツェはアイドルでしたね。
ライバルとされる選手にとっては誰が見てもすごい結果じゃないと10番様ゴリ押し組が納得しない
でしょうから、香川選手はじめとして、ライバルには圧倒してほしいです、シーズンの初めから終わりまで。
シュールレはすでにお気に入り枠なので、ライバルはそれよりもっと大変です。
言われてるような攻撃陣の共存なんで有り得なさそうです。
監督のお気に入りもしくは「ワシが育てた」選手がそこにいないじゃないですか。
[ 2016/08/03 10:13 ] [ 編集 ]
こういう不当な記事が一番腹立つ
日本人は外国人に対してこのような扱いはしないのに
[ 2016/08/03 10:48 ] [ 編集 ]
 二人に対するファンからの風当たりは厳しいようですが、トゥヘルは二人を軸に起用していくと思います。高い給料を払ってベンチに座らせ、彼らの半分の給料の選手をプレーさせてしまったら、何の為に獲得したのかわかりませんから。
 しかし、ドイツ代表の二人で結果が伴わなかった時、ベンチにいる選手に契約延長してもらうのは簡単ではないでしょうね。
[ 2016/08/03 11:47 ] [ 編集 ]
外国人というだけでここまで下げられるとは悲しいですね。香川選手いなかったら負けてたよねって試合もいくつかあったのに。ソース載せないのいいですね!これで向こうは記事の掲載に時差がありそうですね。向こうから管理人さんにコンタクトがあったりして。
[ 2016/08/03 12:02 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。

最近、ドイツ誌のドイツ代表を必死に持ち上げている記事を見ますと、逆に安心しますね。
協会・クラブに守られ、マスメディアに持ち上げられ、ドイツ人監督には先発からポジションまで優遇される‥ボンボン待遇で活躍出来なきゃあ、ドイツ人以外には笑い者ですね。
コレだけ過保護な贔屓をされると、香川の活躍が逆に楽しみですが
正当で公平な競争はトゥヘルには望めない。
ビッグイヤーや優勝を棄ててまで、ゲッツェ再生の年にするつもりならば、香川も抜け出せば済む話。主力移籍にはサポも免疫ついてますしね〜いっそオールゲルマンを目指せば良いのに‥。
理不尽さや、外国人枠待遇はユナイテッドとトゥヘルのおかげで、私も免疫がつきました。
極東の田舎町から、応援しています。
[ 2016/08/03 12:19 ] [ 編集 ]
管理人さんGJ!
[ 2016/08/03 12:39 ] [ 編集 ]
管理人さんGJ!
[ 2016/08/03 12:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェは真ん中の選手とか簡単に言ってしまうところにトゥヘルの監督としての能力の限界を感じます。ゲッツェのための布陣を敷くのだとしたら昨シーズンかなり不当に冷遇された選手に対してしめしがつきますか?戦術のためと外された選手と何一つタイトルという形で結果を残せなかった監督がいる事実にもっと目を向けてほしいですね。
[ 2016/08/03 12:46 ] [ 編集 ]
フェイクもすぐ訂正するレベルで一度だけやってみては?どこがやってるのか確認できるだけでも大きいと思いますよ。そもそもフェイクではなくて本当に間違えて書くこともあるでしょうし。ここの読者ならわかってても突っ込んだりしませんよ(笑)失礼しました。
[ 2016/08/03 12:49 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
香川選手は自身のブログで
ポジション争いもありますが、僕はそれを理解した上でこのチームで戦うことを決めていました。
簡単だと思っていませんが、ベストを尽くさずに最初から諦めることや
挑戦する事を止めたくはありません。
と。
セレッソ大阪時代の寮長が亡くなられたことにも触れ…今シーズンにむけての
真っ直ぐな気持ちが伝わってきました。
頑張って欲しいですね!
[ 2016/08/03 13:00 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
盗用する人には、なにか正式な申し立てができればいいんですけどね。
本業の人が個人ブログをパクるというのは、悲しいです。
それだけメディアの精神が幼稚化しているのでしょうか。
[ 2016/08/03 13:01 ] [ 編集 ]
『やはりこういう時に外国人は不当に評価を下げる扱いをうけますが、それが外国にいるという事でもあります。ここドイツで何かを得たいと思ったらドイツ人以上の力を見せつけるしかありません。』

やはりファンとしてもこの前提を理解しておくことが大事ですよね
ドイツで実際にお仕事をされている管理人さんのご意見なので尚更説得力があります。

[ 2016/08/03 13:56 ] [ 編集 ]
香川もプリシッチも怯える必要はない、つか今季のスタートはどう見たってこの二人+ラモスを攻撃の中心にしないとロクに点取れないよ。
ロイスはケガで不透明だし、オバメヤンは相手にバレて対策たてられてフォームが崩れたまま。シュールレはおっさんになっちゃってユーロでもまともに使われなかったし、ゲッツェはサポとのトラブルがありそうだしデブになりすぎてもいる(笑)
[ 2016/08/03 14:09 ] [ 編集 ]
香川の特徴は足し算としては一見物足りないようでも、組み立てや起点、アシストなど掛け算としての働きは世界でも屈指の選手だと思うんだよなぁ。
そして、一見個が物足りないような印象も蔓延ってるけど、トップ下より下がった位置のインサイドハーフで今季リーグ9得点。なおかつ高いキープ力や、ドリブルと、ボールを受けての反転の切れ味。ゲーゲンプレスをこなす運動量に、的確なパス妨害の位置取り。これだけ出来る選手が世界に何人いるだろうか。そして世界にトップ下とそれより下で香川超えの10得点した選手がどれだけいるのか。

香川は過大でも過小でもないしっかりとした評価を受けて欲しい。サポーターは賛否入り乱れても仕方ないけど、クラブの中では。
[ 2016/08/03 14:28 ] [ 編集 ]
これでここの記事が転載されなくなったら、記者はソースを探すことすら手抜きしたいアマチュアということになりますね。

さて、現地記事について。まだ二人ともチームにフィットするのかもわかっていない状態で、スタメンが間違いないような文章を書けるんですから、大した度胸ですね。
当然、ドルトムントは2000~3000万ユーロを控え選手獲得の為に費やすようなクラブではないので、主力として期待をかけているとは思うのですが、香川も格と実績で劣るとは思いませんし、プリシッチの将来への期待値も相当に高いものと思いますし、もうかなり力をつけてきていると思います。
さて、どうなるでしょうか。
[ 2016/08/03 14:49 ] [ 編集 ]
移籍金が高い選手だから期待は非常に大きいってのは大きな間違いだと思いますけどね、どれだけショボくてもドイツ代表だからでしょ
どこのメディアか知りませんがトゥヘルはシュルレを褒めていたのは事実ですがゲッツェとはかなりの温度差を感じましたよ
管理人さんもいろいろ大変ですね
[ 2016/08/03 15:49 ] [ 編集 ]
シュバイニーがユナイテッドのアンダーに移されたヒステリックな記事をみたあとなので、別に驚きませんね。
[ 2016/08/03 16:27 ] [ 編集 ]
シュバイニーのスポーツ1の記事面白かったですね。もし暇があればあれを訳してほしいな、と思いました。
[ 2016/08/03 17:09 ] [ 編集 ]
昨シーズンのその2人と香川の成績はどっちが上なんだ?お?(威圧)
[ 2016/08/03 17:10 ] [ 編集 ]
久しぶりのコメントです!
少し悲しくなる記事ですね。でもそれ以上にゲッツェと香川が一緒にプレーしている姿を見れると思うとワクワクして仕方がないです!
定期的な更新で大変だと思いますが、試合後の記事楽しみにしています。管理人さんも体調には気をつけてお過ごしください!
[ 2016/08/03 18:03 ] [ 編集 ]
自分もゲッツェは、真ん中で使ってほしいですね。香川は、後半ジョーカーでいいと思います
[ 2016/08/03 18:03 ] [ 編集 ]
いつも拝見しております。
移籍市場が開かれてドルトムントも積極的な活動を展開してきましたね。
記事の盗用は管理人様になんとかして対処してもらえたらなぁと思っていたところなのでこのような対処をして頂いて頼もしく感じます。
[ 2016/08/03 18:16 ] [ 編集 ]
ご苦労様です!!
いつも楽しみにしています。
ネイティブにドイツ語を操るのは、盗作をするような人にはハードルが高いと思いますので、いい対策だと思います。
人の苦労を安易に利用するようなのは、本当に腹が立ちますね。
[ 2016/08/03 18:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェは、後半ジョーカーで良いと思います。
少なくとも、今の体型&試合勘なら。
[ 2016/08/03 19:10 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
私もゲッツェと香川のコンビが見たいです!
香川もブログで「ポジション争いもありますが、僕はそれを理解した上でこのチームで戦う事を決めていました。 」と頼もしいことを言っているので、今年も熱く応援したいと思います。
[ 2016/08/03 19:35 ] [ 編集 ]
香川とプリシッチだけ名指しですか。ドイツメディアもなかなか露骨ですね。まあ、長年欧州でプレーしている香川はこういう扱いにも慣れているでしょうけど。
他を寄せつけない圧倒的なパフォーマンスで一日も早くこの手の記者を黙らせて欲しいですね。香川ならやってくれると信じています。

ブログを見て、代理人に接触して来たクラブがあったのかな?と思ったんですが、どうなんでしょう? あえて今はまだここで戦うことを決めた、と言っているような気がしたので。
深読みし過ぎかもしれませんが、清武にも刺激を受けているでしょうし、実際に移籍するにしろしないにしろ香川がまだまだ上へ行く野心を持っているのなら嬉しい限りです。
新シーズンが終わったとき、ドルトムントは、香川はどうなっているのか…不安も有りますが、今はそのドキドキを前向きにとらえて楽しむことにします。
[ 2016/08/03 21:11 ] [ 編集 ]
ゲッツェはサイドだと他の選手に勝ち目がないよ。スピードが無いから。だから、中央しかない。でも、中央は香川の方が優先順位がたかい。だから、トゥヘルは、ゲッツェの移籍を、厳しい選択をしたと言ったんだ。もちろん、香川もパフォーマンスが落ちたらゲッツェにとって変わられるけどね。
[ 2016/08/03 21:41 ] [ 編集 ]
香川とゲッツェのコンビが見たいですか・・
自分はそもそも何でゲッツェ・シュールレという昨シーズン結果が出てない選手を2人も獲得したか分りませんけどね
強豪なら結果が出ている選手を獲得するのが当たり前だと思ってますし、優勝争いを諦めたクラブでありドイツ代表を再生させるクラブなんだなと思ってます
ドルトムントが優勝争いすることがこれからなくなるなんて悲しいです
[ 2016/08/03 22:20 ] [ 編集 ]
メディアが何を言っても現状は香川の方が上ですよね
トゥヘルも勝ち負けに拘るなら香川に拘るはずですよ
[ 2016/08/03 22:24 ] [ 編集 ]
香川選手は真ん中で。
ゲッツェは後半ジョーカーでいい。
[ 2016/08/03 22:34 ] [ 編集 ]
ロイスやシュールレとの連携を考えればゲッツェにとってアドバンテージはあるだろうけど、とりあえずテストマッチで見てみないと全く分からないね。
一番気になってるのはモチベーションだよ。自信を失っているのは明白だからね。
まあ、そういう状態でもぽろっと2点くらい決めそうな得点力はあるから、香川にはとにかくゴールかアシストを毎試合記録してもらいたい。
野心をもっているのは香川の方であり、まだ未知の部分・爆発力が香川にはあるように感じている。
[ 2016/08/03 23:27 ] [ 編集 ]
まったく不当な記事には思えないけど
[ 2016/08/04 22:57 ] [ 編集 ]
同時に出すという選択肢はないのかしら?
[ 2016/08/05 07:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。