ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント8人の新加入を中間査定!!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】8月7日



中間査定



BVBの8人の選手たちはこれまでに、これだけ達成した!!



entry_img_1144.jpeg
引用元:T-Online



バート・ラガーツ:4人の放出、8人の加入。ドルトムントはここ数年で最も大きな変革の時を迎える。それには新加入がどれだけ素早くチームに溶け込むことができるかが重要となるだろう。スタメン争いへの戦いの幕開けだ。

スポンサーリンク




アンドレ・シュルレ

もっとも高額移籍の選手だが、月曜日にトレーニングに合流したこともあり、最初のテストマッチ、サンダーランド戦では23分の出場となった。トーマス・トゥヘルはかつてのマインツストライカーの性格を非常に評価している。彼の長所は:代表55試合、CL32試合に出場した経験を持っていることで、これは他の若い選手には大きく欠けている部分だ。




マリオ・ゲッツェ

恐れられていたのとは裏腹に、彼のカムバックはキャンプ地のファンに暖かく迎えられた。2013年のバイエルン移籍での怒りは消え去ったようだ。ミュンヘンのグアルディオラの下とは異なり、このオールラウンダーに欠けていた注目性が戻ってきた。ワールドカップ優勝者は闘志をむき出しにし、“僕は絶対に元の姿を取り戻し、再びベストなサッカーを見せ、批評家たちを黙らせるような活躍がしたい。と語っている。




ゼバスティアン・ローデ

昨シーズンはキャリア終盤のセバスティアン・ケ―ルのような存在が欠けていた。リヴァプール戦での敗退で見られたように、大きな身体的な存在感で戦う事ができる選手だ。スポーツ・ディレクターは“我々はだから彼をしっかりした意図をもって獲得したんだ。”と語る。これまでのテストマッチでの彼は、手堅いパフォーマンスと長い走行距離など、説得力のあるプレーを見せている。




ウスマン・デンベレー

素早く、両利きでテクニックに優れている。この19歳のフランス人はこれまでのテストマッチで、どうして専門家たちが彼をヨーロッパの才能と呼んでいたのか、その片鱗を見せた。なによりもマンチェスター・ユナイテッド戦でみせた4:1のゴールは力強い印象を残した。デンベレがスタメン争いに有利なのはそれだけではない。トーマス・トゥヘル監督は、“彼は物凄い才能の持ち主だね。彼はなんでもできるんだ”、と、彼を褒め称えている。




ラファエル・ゲレイロ

このユーロ大会前に獲得した左サイドバック選手の市場価格はすでに上がっている。彼はユーロ大会のベストイレブンにも選ばれたのだ。この22歳はBVBで力強いプレーを見せ、シュメルツァーもスタメン落ちに怯えなければならない。しかしゲレイロ自身は競争があるとは思っていないようで、“僕がユーロで勝ったからと言って、マルセルがBVBのためにしてきた事とは比べることもできないよ。彼を尊敬しているんだ。”と語っている。




エムレ・モア

デンマーク育ちの彼はトルコ代表で出場したユーロにおいても、その才能を見せていた。この168センチのテクニックのある選手は、両サイドでプレーできるという長所を持っている。サンダーランド戦では少しばかり10番の位置でプレーした。モアは新鮮で勇敢に見えるが、経験のなさから、時間がかかるだろう。




マルク・バルトラ

彼にはフンメルスの後継者という重い遺産が残された。バルセロナではピケとマスケラーノを差し置いて出場することは少なかったが、今度はスタメンに入ることだできるかもしれない、“トゥヘルは僕に自信を与えてくれたし、この役割では劣っていない、チームにもあっていると言ってくれました。” 
しかし、彼のクオリティーがフンメルスと同等のものであるという事を彼はまだ見せていない。




ミケル・メリーノ

この最もお買い得な新加入は本来ならば守備的ミッドフィルダーとみられていた。しかしトゥヘルはまだ彼のポジションを考えているようだ。この前のテストマッチではセンターバックで出場したが、大きなクオリティーを生かし、ボール奪取では注目にあたる活躍を見せている。




201608081840267fc.jpeg
引用元:バルトラ選手のツイッター








以上です。

まあ加わったばかりの選手もいますから、査定というよりは新加入の紹介という感じのほうが強いでしょうかね。

その中でもモア、やバルトラはこの記者の期待よりはいくらか下だったのでしょうか・・。

まあいずれにせよオバメヤンを除いて、激しいポジション争いが待っていますね。モチベーションを維持しつつ、上手く融合してほしいです。






[ 2016/08/08 18:50 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(7)
ゲレイロ・・ったら なんという出来たコメントする奴じゃ。。 
[ 2016/08/08 19:05 ] [ 編集 ]
ゲッツェはさすがバイエルン&ドイツ代表だなと。
頭が良いし、ドルトムントレベルだとパスを捌きまくりですね。
サンダーランド戦の後半にヴァイグル、ゲッツェ、プリシッチらが見せたパス回しにゾワッと来たシーンがありました。
物凄く早い判断、物凄く速いボールスピード、物凄く鋭い軌道…
カストロやロイスもエグいパスを出しますが、日本人でああいうパスを出せる人は見たことがありません。
今シーズンはかなり破壊力がヤバい事になりそうです。
[ 2016/08/08 20:40 ] [ 編集 ]
ここ最近の報道では、デンべレはスタメン争いに有利という傾向がありますが、どうなんでしょう。確かに鮮烈なゴール決めてますし可能性は感じますが、ヤヌザイとかぶる面もあります。トゥヘルは、エゴの選手は嫌いだと言ってたわりには、デンべレを気に入ってるみたいだし、昨季のムヒもはじめはエゴでした。献身的な選手を好むと言うわりには、香川選手の扱いが悪いし、何を考えてるのかよくわかりませんね。
[ 2016/08/08 21:06 ] [ 編集 ]
トプラクの移籍金ケチって交渉決裂したらしいけどCBどうするつもりなんだろう
もしかしてパパ軸のバルトラ・メリーノでポゼッションやるつもりなのかな
[ 2016/08/08 22:47 ] [ 編集 ]
個人的な査定ですと
デンベレ:突破力は想像以上 充分戦力になりうる
ローデ:運動量があり、球際で頼りになりそう
バルトラ:ぼちぼち ビルドアップはまだまだ未知数
モル:良いタッチとスピードも球離れの悪さと軽さを感じた
メリノ:見た試合ではあまり特徴見えず
ゲレイロ、ゲッツェ、シュールレについてはまだこれから
という感じでしょうか。

関係ないかもしれませんが、ドイツ内のオリンピックサッカー熱はどうですか?
[ 2016/08/08 23:24 ] [ 編集 ]
それにしても、レギュラー当落線上の選手がユーロベストイレブンだの、トルコ代表で活躍だの、豪華な話だなぁ。
ムヒ・ギュン・フンメルスの穴は簡単に埋まらないけど、特に若い新加入選手は底を見せていない分、ブレイクを期待してしまうな。
[ 2016/08/09 00:22 ] [ 編集 ]
まぁ降格争いしているサンダーランド戦の評価なんて何の参考にもなりませんからね
これから相手がベスメンの強豪と当たった時が本当の評価でしょう
[ 2016/08/09 07:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。