ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部:ドイツ紙ビルトで特集記事!《ドイツの反応》



ビルト】8月11日



フランクフルトの国際イレブン



長谷部!僕たちならなんとかできる!!!


entry_img_1151.jpeg
引用元:BILD
スポンサーリンク




これはフランクフルトでも全く新しい実験だ。非常に多くの若いく才能のある選手達だが、ブンデスリーガの事はまだ知らない。この国際、多文化のイレブンはフランクフルトにどれだけ早く溶け込むことができるだろうか?




32歳の長谷部誠はチームメンバーの中でも最も高齢の選手の一人だが、そのため、チームメートをチームに適応させるための役割を担っている。


この日本のスターは:“僕自身も外国人ですね。でもこれでブンデスリーガ10年目になります。僕の意見ですけど:僕たちなら何とかできると思います!”


メルケル首相でも、これ以上信頼のおける言葉を発することはできないだろう・・・。



長谷部:“もちろんこんなに新しい選手も多く、解決しなければならない問題も多いですね。でもなんとかしなければなりません。そのためにはもう少し時間が必要ですけれど、僕たちには良いクオリティーがあります。”



長谷部は、守備陣の前で、監視する役割(注:守備的6番)を担うとされている。 “僕の長所はよりディフェンスにありますから。”コヴァチ監督は最近ではサボルチとマスカレルの二人をダブルボランチで起用している。


201608120409261c9.jpeg




だから長谷部が定位置を獲得したというわけではないようだ。“いえ、いえ、もちろん僕以外にも多くの選手がプレーできますよ。僕もスタメン争いはしなければなりません。”と説明した。


昨シーズンの“ハゼ”はいつも真っ先に走り回っていたが、今回はそれも彼にとっては難しいようだ。コヴァチのトレーニングは選手をみなへとへとにさせているようだ。



日本人:“きついですね。でも昨シーズンの後ですから、すごく効き目があると思います。良くなるためにも。”









以上です。


ビルト・フランクフルト版の記事ですが、久々に長谷部選手の事が話題になっていましたので紹介しました。

それにしても長谷部選手も10年目ですか。これは本当に素晴らしいですね。しかも日本人がクラブの中できちんと経験豊富な選手としての役割も期待されているというのは本当に素晴らしいと思います。今シーズンも活躍を期待したいですね。



【おまけ今日のドイツ】

DSC09622_convert_20160811013107.jpg


ドレスデン旧市街を周る観光馬車
[ 2016/08/12 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(8)
遠藤の後もいなくてベーハセの後もいない…
もう少し力強い印象を与えてくれる代表クラスの若手
どっかにおらんかのう…
[ 2016/08/12 06:51 ] [ 編集 ]
ヤットさんのような老獪でクレバーなタイプは日本代表どころか世界でも減少傾向だからしゃーない
長谷部の後釜は個人的には山口になると思ってたけど…
[ 2016/08/12 08:03 ] [ 編集 ]
メルケル首相でもって
それは褒められてるのか、安心できないって皮肉なのかどっちなんだ。
[ 2016/08/12 08:38 ] [ 編集 ]
長谷部ほど過小評価されてる選手いないな
守備も攻撃も本当に適切にこなす
スペイン中位くらいでなら十分やれるはず
[ 2016/08/12 10:01 ] [ 編集 ]
10年間ブンデスで活躍し続けるって本当に凄いですよね。真面目キャラをいじられてますが、真面目に精進し続けた賜物だと思います。ドイツ語のマスターも早かったですし。やはり外国人は言葉の習得も活躍の一要素では?と思います。
[ 2016/08/12 21:21 ] [ 編集 ]
今の日本代表で一番欠かせない選手だろう。
[ 2016/08/12 21:46 ] [ 編集 ]
一応ブンデス優勝チームでレギュラーを勤めたんだから、リーガエスパニョーラ中位以上の評価にしてあげましょうよ。
[ 2016/08/13 02:46 ] [ 編集 ]
初っぱながマガトだったのが良かったのかもしれないね
不遇な期間があって迷っただろうけど、それを乗り越えて今があるのは実力は当然で長谷部の精神力のタフさの賜なんだろうね
[ 2016/08/13 03:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。